« じいさんとガマガエル | トップページ | 楽園を出るまであともうちょっと »

2006年10月31日 (火)

ラメントアサトルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

ラメント熱に浮かされて、ここ数日、ずっと頭の芯がボーッと熱く、4時間以上続けて眠れません。思えば咎狗のときもそうだった…キラル恐るべし。

で、今日はアサトルートの感想です。
以下感想。

とにかくライルートで不憫だったアサトを幸せにしたい一心でプレイしていました。

コノエ好き好きを隠さないアサトにつられて、コノエたんもいやに素直。
何気ない会話もすごい微笑ましくて、ニコニコしてしまいます。

しかし発情期イベントでは、ライとバルドがコノエたんに生中出ししてるのに、アサトだけ扱き合いでカワイソウ。でもしょうがないね。アサト童貞だし…でも童貞二人がわけもわからずおずおずと事を進めていくのが、甘酸っぱくてじつにイイ。
ところで、この二人の乳繰り合いは、たぶんアサトとコノエ、両方の父親に見守られてるのですね…。うたうたいはコノエたんを加護する者だし、カルツも常にアサトをどこかで見てるみたいだし。

それはともかく、アサト…喘ぎエロいね。
コノエたんも、ここの喘ぎが一番好きだ。ちょっと抑え目なほうが声質に合ってるかもしれないと思いました。

それだけでも十分可愛いのに二回目のHのときの(すごいはしょりっぷり)アサトの
「俺は…おまえのものになりたい」に萌え死ぬ。
その後のコノエたんの「アサトは俺のものになってくれるのか」にもやられた…。
ああもう可愛すぎる。泣ける。

でも、アサトがクリーチャー化したとき、別に戻らなくてもいいと思った。(ところでこのクリーチャーアサト、激しくヴェドゴニア臭が…。絶対これデザインしたのたたなさんじゃないと思う)
まあでもアサトが元に戻ることの甘さを、コノエたんが右腕を失うことで相殺したんだと思う。うたうたいと最後の語らいをしたあと、怪我が治るんで右腕も戻るのだろうかと思ってたら、戻らなかったので胸が痛いと思いつつ納得。

ところで何故かアサトだけ、リークスにとどめを刺すときと、BADEDの曲とEDテーマが違うんですけど、それだったら全員変えて欲しかったなーと思いました。
特に!話ちょっと逸れますが、ワタナベさんの挿入歌、あの雑な使いどころはなんなんですかっ!あれをバルドのEDのほうに流して欲しかったなー。今回曲とか最高のものばかりなので本当に勿体ない。うー歯がゆいー。

そんなわけでアサトルートも激しく満喫いたしました。
ところでEDスチル、二人とも雪ふる真冬に半袖、ノースリーブだったわりに、春なのに厚着だね。でもこのアサトの一皮剥けた男らしさにまた萌え…。

今日の一枚。
アサコノ。プレイ後に描いた、初めての本当の意味でのアサコノ絵。
プレイ前に描いてたのと、激しく違うものに…。

Asakono0610302_1

|

« じいさんとガマガエル | トップページ | 楽園を出るまであともうちょっと »

コメント

発情期イベント、バルドは中出ししてませんよ~。
確か寸前で抜いて、腰?かどっかにかけてた様な。
床上手ならではの心遣いですかね(笑)

投稿: 通りすがりの猫スキー | 2006年11月 1日 (水) 02時02分

確かめてみたら本当でした~
男同士で外だしする意味ないかと思ってたんで、すっかり中出ししてたと思いました。
でも考えてみたら、中出しするとおなか痛くなるから、やっぱりバルドさん気遣ったんでしょうねー。

投稿: 後藤羽矢子 | 2006年11月 2日 (木) 04時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/12496732

この記事へのトラックバック一覧です: ラメントアサトルート感想ネタバレ:

« じいさんとガマガエル | トップページ | 楽園を出るまであともうちょっと »