« 魔改造その2 | トップページ | コミックB'sLOG11月号ネタバレ »

2006年10月10日 (火)

ネタバレの許容範囲

後藤羽矢子です。

ラメント発売も近づいてきて、わくわくすると同時にある不安も湧いてきます。
こんなに前情報と思い入れを持ってプレイして大丈夫なのかという。

何度か書きましたが、私は咎狗をプレイするさいに、なんの期待も、思いいれもしていませんでした。どちらかというと一緒に買った「沙耶の唄」のほうが本命だったのです。
でも、だからこそあそこまで咎狗が染みたんじゃないかという気持ちもあります。とにかく咎狗とラメントでは、プレイ前の心情からして全然違うのです。

ちなみに咎狗は思い入れはなかったものの、ネタバレは見まくっていました。
何故なら常駐している某画像掲示板で、咎狗発売直後に盛大な咎狗祭があったからです。
おかげでケイスケモツスチルも淫靡たんスチルもほとんど見てしまいました。
しかし何故か私はモツスチルを「ケイスケが自分のモツを引っ張り出して悦にいってる」とカンチガイ。(だってケイスケの服が血だらけだったから…)淫靡たんに至っては、あれをアキラだと思ってなかったので、話を楽しむうえではなんの支障もありませんでした。

私は元々ネタバレをものともしない人間で、「沙耶の唄」に関しても、沙耶の唄&天使の二挺拳銃オフィシャルワークスを先に買っていたのです。というか、それを読んで沙耶をプレイする気になったのでした。
こういうネタバレから始まる愛も確実に存在します。

ただ「戒厳聖都」をプレイしたときのラスト近くのどんでん返しでホントーーーにびっくりしたことを考えると、やっぱりネタバレなくキレイな気持ちでプレイするのが一番いいよなーと初心に還る私でした。

とにかくラメントプレイ中はせめてネット断ちして、ネタバレをいれずにやりたいと思います。

拍手お返事。反転してます。

7日0時の方 シキさんのあの青二才ゆえの味わいは、ちょっと他にはないもののような気がします。一般的な俺様系攻めの方々よりちょっと受けくさいところが、またいいなーと思いますね~。
23時の方 魔改造、受けてくださってありがとうございます。またなんかいい小道具が見つかったら突発的にやるかもしれません。他のキャラも出てくれたらもっといいんですけどねー。

今日の一枚。
黒になりかけケイスケ

Keisuke061009

|

« 魔改造その2 | トップページ | コミックB'sLOG11月号ネタバレ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/12221626

この記事へのトラックバック一覧です: ネタバレの許容範囲:

« 魔改造その2 | トップページ | コミックB'sLOG11月号ネタバレ »