« 愛は戻らないのかどーなのか | トップページ | オイチャンの愉しみ »

2006年10月 6日 (金)

あやかしびと感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

最近PS2版が発売された「あやかしびと」ですが、当然のようにパソコン版をプレイしております。だってエロがないと達成感が得られないのです。
で、オールクリアしたら感想を書こうと思ったのですが、訳あってデータが全消えしてしまいました。一人クリアして、二人めが、盛りあがってまいりますた!みたいなところで…。
ヽ(`Д´)ノ ウワァァン!!  あやかしびともFateほどではないのですが、かなりのボリュームです。もう一度最初からやる気になんてなれないよーーーー!

というわけで、もう感想を書いてしまいます。

これを出してるメーカーのpropellerは最近事務所に雄の三毛猫の子猫が迷い込んできて「幸運のエロゲメーカー」ともっぱらの評判のところ。(スタッフのブログを見てください)
あやかしびと購入を決めたのは、その三毛猫にお布施する気持ちが三分の一、あとは絵師が中央東口さんなのと(これを見て中央東口さんがフリーになったことを知った)あと素敵キャラを先割れスプーンさんが演じていることでした。

その素敵キャラの説明をする前に、ざっとあらすじを書きますと…。
あるとき、「妖怪のような能力」を持つ者が生まれるようになってしまった日本。
彼らは人妖と呼ばれ普通の人間にとって、差別と迫害の対象だった。
能力の発動する年齢は人それぞれ。主人公は幼少の時、ショタペドのオッサンに性的イタズラをされそうになり、思わず能力発動、オッサンを半殺しにしてしまい、孤島にある施設に収容される。そして10代後半までをずっとそこで過ごしていた。

施設近くの森で、本当の妖怪、九尾の狐の少女と知り合い、二人でその島を脱走。
逃走中に知り合った親切なオヤジの手筈で、神沢市に移り住むことになる。
神沢市は、人口のほとんどが人妖の街。ある意味人妖を隔離するための街ではあるけど、常に迫害を受けてきた彼らが穏やかな日常を過ごせる街。

そこで主人公と狐少女は高校に入学して、今までできなかった学園生活を満喫することになる。
で、前述の素敵キャラですが、学園の生徒会長である一乃谷愁厳さんです。
美形で成績優秀、武芸にも秀で料理が得意。感情をあまり表にださないものの、照れ屋さんでよく顔を赤くする。…ってなにその萌えキャラ!
しかも生徒会長にだけ許されるという白の学ランを着てるって…。なんかこの生徒会が絶大な権力を持っているというのがまた昔の少女漫画みたいでいいカンジ。
こんなキャラを先割れが演じてくれるなら…もう買うしかないと思ったのです。

とはいえこれはエロゲですので当然一乃谷愁厳さんは攻略キャラではありません。
でもある意味攻略したようなものでした。
最初に攻略したのは、その愁厳さんの妹の一乃谷刀子さん。おしとやかでやはり武芸にも料理にも秀でています。しかししばらくプレイしていると、ある事に気がつきます。
生徒会の集まりや主人公の歓迎会…二人が一緒に場にいることがないのです。
もしや…と思ってたらやっぱり!愁厳さんと刀子さんは二人で一人。肉体を共有しあう身だったのです。

刀子さんの肉体の時は愁厳さんは内面世界にいて、寝てたりもしますが感覚を共有しているときも多く、つまり刀子さんと主人公がフラグを立ててる間も愁厳さんには筒抜けなわけですよ。同時に主人公と愁厳さんも友人として新密度をあげていき、一粒で二度美味しい一乃谷兄妹。

そしてイロイロあって刀子さんとエッチ…。もちろん愁厳さんも中にいます。
いいのか…これ…。たぶん愁厳さんのことだから妹の初体験にご一緒するなどという無粋はせずに眠りにはいってしまったと思うのですが、それでも萌えました。
フィニッシュの時に、中に出すか外に出すかという選択肢が出ます。
当然中に出す私。
この、中に出すか否かで、EDが変わるのですが、私は中に出したときのEDのほうが好きだなあ。出さないほうが正規っぽいけど。

ラストは泣けました。全員クリアして初めて話の全貌がわかるつくりだと思うのですが、このルートだけでもすごくよかったです。
今までやってきたゲームで、まったり日常描写があまり好きではなかった私ですが、(そんなのはいいから早く話の核心に触れてーとか思ってしまう)このゲームはその日常描写がよかった。周りがみんな普通でない者たちなので、みんながその普通をすごく大事にしている。日常を楽しんでいる感じが伝わってきて、すごく暖かい気持ちになります。

しかし…私はどうすべきか。覚悟を決めてもう一度やり直すべきか。
松本さんがうちに来たときに代わりにやってもらおうか。
ラメントが出る前にはなんとかしたい私です。

今日の一枚。
一乃谷兄妹

Ayakasi061005

|

« 愛は戻らないのかどーなのか | トップページ | オイチャンの愉しみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/12168669

この記事へのトラックバック一覧です: あやかしびと感想ネタバレ:

« 愛は戻らないのかどーなのか | トップページ | オイチャンの愉しみ »