« フィギュアまだ来ない… | トップページ | やっとフィギュアきた… »

2006年9月26日 (火)

ボケとツッコミの狭間

 松本蜜柑です。

 なかなかフィギュアが届かなくて、スルっと店頭で買った私を恨んでいる後藤さんですが、私だってあの魔改造タイム後は手元にフィギュアがありません。なぜかというと、後藤さんちでダンボール箱につめて「これうちに送って」と言い残して自宅に戻ったところ、ヤツはまだ送ってくれないのです…。
 すぐ送ってくれと言ったのに、貴様、復讐のつもりか! ダンボール箱の中には、期間限定自家通販のための貴様の本も入っているというのに!

 そうそう、その通販メルフォですが、更新のたびにずんずん下に下がってしまうのはよくないんじゃないかということで、期間中は右のオフライン情報のところに置いておくことにしました。30日を過ぎたらはずしますね。今現在いただいているお申し込みにはすべて受付メールを返送しておりますので、届いていない方がいらっしゃったらお知らせ下さい。あと、『Family!!』は完売です。ありがとうございました。他の本はまだありますので、よろしくです。

 えー、そんなわけで、例のオマケCDもまだ一度しか聴いていないんですが、面白かったです…というか、久々にシキさんとアキラ(とついでにビトロ)の声を聴けたことにドキドキしました。もちろん、中の人たちの声はいくらでも聴いておりますが、シキさんとアキラたんとして喋ってくれるとやっぱり格別なのです。
 世間ではビミョーにアキラがアキラっぽくないという評判もあるようですが、まあギャグだし……っていうか、メイン登場人物が二人しかいないので、片方がボケたらもう片方がツッコミ入れるしかなく、当然ながらボケ担当はシキさんなので、アキラたんが多少なりともツッコミ入れないと、シキさんボケっぱなしになっちゃって収拾がつきません。ゲーム本編のアキラたんは本来、誰かがボケたりツッコんだりしているような局面では、あきれるか困惑するかして黙り込むタイプだと思うんですが、まあここはちょっとだけはじけた(?)ギャグ仕様のアキラたんを微笑ましく楽しむことにしようかと!

 ところで、ボケとツッコミといえば、人はおおむねどちらかのスタンスに分類できると思うのです。
 そこで、咎狗の人たちはどっちだろうかと、ちょっと考えてみました。

 アキラたんは、さきほど申しました通り、ボケとツッコミの狭間で黙り込む人…。ってそりゃどっちって分類できてねえ! でもどちらかというと、周りがボケだらけなので、がんばってツッコミ入れないといけないけどいまいちうまくできない不器用なツッコミ…というカンジですか。しかしやや天然ボケ分も含有します。

 ケイスケは文句なくボケ。しかも本人はボケているつもりのないまごうことなき天然ボケ

 リンたんは自覚のあるツッコミ。器用なのでボケもできる。相手や場合によって使い分け可能。…ってそりゃなんだか別の話のようですね。

 源泉は自覚のあるボケ。自覚があるというか、ある程度わざとボケて場の空気をコントロールしたり人をけむにまいたりする、ボケることが大人の処世術、みたいな…。でも素でもやっぱりどっちかとゆーとボケなんだと思います。そして、わざとボケているときはツッコミ入れられても平気でいなせるけども、素でボケちゃったときにツッコまれたらあせっていらないボロを出したりしそうです。

 シキさんは自分ではツッコミのつもりのボケ。って言ったらたぶん本人は不本意だろうなー。

 ナノたんはふだん天然ボケだけども、じつは本気だしたら最強ツッコミ。とくにシキさん相手だとえげつないツッコミっぷりが冴えわたります…。こわいよナノたん、ナノたんこわいよ!

 あとは、エマさんはどつき漫才系ツッコミ。グエンさんは遠慮がちなツッコミ。ビトロはテンパったツッコミ。
 グンジはバカ系のボケで、キリヲさんはやる気のないツッコミ。キリヲさんがだるがってツッコミをさぼってもグンたんはまったく意に介さず勝手にボケ続けることができそうです。

 というわけで本日の一枚はツッコミ練習するアキラたん。

060926akira

|

« フィギュアまだ来ない… | トップページ | やっとフィギュアきた… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/12045754

この記事へのトラックバック一覧です: ボケとツッコミの狭間:

« フィギュアまだ来ない… | トップページ | やっとフィギュアきた… »