« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月30日 (水)

うちのライさん

後藤羽矢子です。

うちの近所を徘徊する白ネコさんがいます。
私と松本さんはシロさんと呼んでいます。
隻眼で(目が潰れてるわけでなく、片目に膜が張っていて見えてないっぽい)筋肉ムキムキですごいつれない。
…ライさん?
いや、ライさんというには、美しさが決定的に足りないのですが、でも体型が野生の豹みたいにしなやかで、そういう意味の美しさはあると思うんですよ。
で、私は松本さんに「これからシロさんのことライさんて呼ぼうかな」と言ったら「や、やめっ!  それはイタすぎる!」と止められました。
私は以前にも、シロさんを「デスノートのLに似てる」と言い張り、(目ヤニがLの隈に似てたから…)周りを呆れさせたのですが、それよりは、似てると思うんですけど…。

でもそのうち、黒猫をアサト、茶ブチ猫をコノエたんと言い張るうちの子自慢するひとが出てくると思うんですよね。私は猫大好きなので、早くマイリビカ自慢が見たいです。
でもバルドさんは…あれは猫というよりトラだよね…。

あ、昨日はたくさんの拍手とコメントありがとうございました~。
お返事は後日に。
それと、今週土曜日、9月2日にチャットを予定しています。時間は午後10時から午前2時ぐらいまでの予定。これもそのときのノリによって可変します。
話題は、いつもどおりキラル雑談系です。バカ萌え話に終始すると思いますので、お気軽にご参加ください。当日になったらアドレスを貼ります。

今日の一枚。
シロさん。この鋭い目がライさんに…(まだ言うか!)

Siro060829

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月29日 (火)

しつこく一周年御礼

 松本蜜柑です。

 あれよあれよと一周年です。
 つまりは咎狗にハマってから一年なのです。早!
 基本的に、このブログは後藤さんが金を払って借りているものですし、アニバーサリー女も後藤さんのほうなので、いつもの何ヒットだとかのお礼などは後藤さんに投げっぱで私はノータッチなのですが、さすがに一周年は感慨深いものがあります。どうもありがとうございます。

 というわけで、今回は私もアニバサリってみました。

 後藤さんが毎度のことながらチンコチンコうるさいので、今度ばかりは真面目に取り組み、そして拍手絵用として後藤さんに投げ渡したのです。
 もしかしたら、いやもしかしなくても人生で初チンコ絵です。
 てゆーか、いつもチンコチンコ要求する後藤さんもかなりどうかと思いますが、かれこれ何百年かやおい女を続けているくせに今さら初チンコという私もどうなのか。
 という話はさておいて、あの女は、人にチンコを要求しておいて自分はチンコ描いてないって、そりゃいったいどういうことなのかと問いたい! 私だけチンコ出して、それなんて羞恥プレイ?!

 そんなわけで、ようやくさきほど拍手絵更新したらしいので、よかったら初チンコを見てやってください。
 って、そんなの本来の「拍手」じゃないですよね。今日からしばらくの拍手はわりと高確率で拍手ではない、とは心に言い聞かせておきます。

 そんなわけで、本日の一枚は沙耶の唄の沙耶です。
 このブログをはじめてから、咎狗のこともてんこ盛り語ったしこれからも語るつもりなのですが、咎狗以前からニトロファンでもありましたので、ニトロゲーに関する話題もいっぱいできて嬉しかったしこれからもまだまだ語りたいです。
 今はまだ天使の二梃拳銃の途中なので、それが終わったらまた語らせてください。

060829saya


 拍手レスです。
 23日21時久高さん。白衣着る意味はないですよねえ、家庭教師…。でもシキさんはカタチから入る人なので、教師=白衣だ、と考えたのではないかと。
 26日1時B&Wさん。まったくもって、実家にネット環境ないと、帰りたくなくなりますよね。文明開化して欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月28日 (月)

開設一周年

後藤羽矢子です。

今日でこのブログ開設一周年になります。
表の自分のサイトでホモ萌え語りをするのもなんだしと軽い気持ちで始めたブログ、まさか一年も続くとは思ってませんでした。
やはり松本さんと二人でやることによって萌えが一人のときより高まっていたのでしょう。
ラメントでいえば、お互いが闘牙で賛牙みたいなものですよ。

で、一周年記念に久々に拍手絵でも更新すんかーと話し合って、しかし私ら毎日のように絵を更新してて、今さら新しい絵が一枚増えたところでお得感ゼロ。
なので今回は、拍手でがっつりとしたエロ絵を描こうということに。(私はここでもエロ絵ばっかり描いてるけど…)
そして松本さんのエロ絵のラフを見たら、股間部分が省略されてるので「こういうときぐらい、ちゃんとチンコ描きなよ!チンコ!」と責め立てる。
ふと私は松本さんに「チンコ描け」とばっかり言ってるのを思い出してブルーになる。
しかし私のほうが、チンコが描けなかった…。体位的に…。
一周年記念になんでこんなにチンコチンコ言ってるんでしょう…私は。
そんなわけで閲覧してくださっている皆様。ありがとうございました。そして咎狗萌えもまだまだ持続してるし、もうすぐラメントも出るしで、これからも突っ走っていきますので、お暇があれば、これからも覗いてやってください。どうぞよろしくです。

拍手お返事。反転してます。

26日 めぎ様 20万おめでとうメッセージありがとうございます~。これからも頑張ります。サンプルボイスも夜7時から公式に貼りついて更新を待っておりました♪
B&W様 ありがとうございます。まだまだ萌えは消えそうにないのでおつきあいくだされば幸いです~。
3時の方 ああ、同じ発音の方がいた…。ホッ。アキラと同じ発音だと素で思ってたんですよねー。
11時の方 平坦な発音ってつまり「由香里」と同じ発音ですよね。そう聞くとそれも悪くないなーという気がします。しかしラメントすごい高スペック要求してきますね。それもまた期待を煽ります。
13時の方 同じ発音の方がいると安心…。しかし発音ひとつでこんなに物議をかもすとは、ラメント恐るべしですね。
15時の方 本を買ってくださったのですね…。ありがとうございます。男描くの苦手ですけど、描いてて楽しいのでがんばります。

27日16時の方 わわわわ~。素で間違えてました…。お恥ずかしい。でもめっさ似てる名前ですね。私以外にも混同している人多数とみた。
17時の方 うひゃーツッコミありがとうございます。谷山は「きしょう」で杉山は「のりあき」なんですね。初めて知りましたー。

28日14時18分の方 ちょっとアサト子供みたいになっちゃいました。でかい図体のいい大人が子供みたいなとこがアサトの萌えなんですけど~。でもお褒めいただいて嬉しいです。
14時42分の方 おおお!  本名「コノエ」さん!自分の名前でプレイするのってちょっと楽しそうですねー! 

今日の一枚。
一周年ってことで、一年前に初めて描いたアキラたん…。あまりのイケてなさに頭痛が…。(いまがイケてるかというと全然ですが…)この時は精神的な壁が高くて、咎狗絵を4コマ絵以外で描くこともとてもできなかった。あーメモリアルと黒歴史は常に表裏一体です。

Akira

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月27日 (日)

Fate感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

Fate stay nightのDVD版が出たのを機にプレイしてみたのですが、発売直後に買ったのに全ルートクリアするのに最近までかかってしまいました。
面白い!面白いんだけど…すごく長いです。なので1ルートクリアすると、かなり消耗してしまって次のルート始めるまですごく気力がいるのです。

感想は…本当に面白かったです。シナリオの構成力には唸りました。同じキャラ、同じ設定、同じ世界観で、ルートごとに全く違うストーリー、けれども最後は同じところに終着する。キャラクターもルートごとにスポットが当たったり完全な脇だったり、温度差が激しいところも面白かった。

そもそも何でFateをプレイしようかと思ったかというと、咎狗のレビュー巡りをしているときにあるサイトで「アキラがFateの士郎なみに弱い」と書かれていて、それ以来気になっていたからです。
で、実際プレイしてみると、確かに弱い!
しかも、セイバールート、凛ルート、桜ルートとルートを重ねるごとにどんどん弱体化していくのです。
桜ルートの時なんて、あまりの無力ぶりに「いったいこの状況下でどうやって聖杯戦争に勝てるっていうのー!?」とハラハラしてしまいました。

しっかし、桜ルートはずるいよなあ…。私はカップリング的には士郎×凛が一番好きなのですが、(シナリオはセイバールートが一番好き)桜ルートをやってしまったら、桜がカワイソウで他のルートが楽しめなくなった…。
だって桜は士郎だけがすべてだから。セイバーも凛もたぶん士郎がいなくても生きていける人だけど、(つーかセイバーは英霊だし)桜は違う。もちろん何もかもを諦めて自分の感情をすべて殺して今までと同じように生きていけるかもしれないけど、それって幸せじゃないもんね。
つまり咎狗でいえば、他のルートでケイスケが生きているようなモンですよ。
そう書くといかにカワイソウがわかると思います。

士郎にとってセイバーは「同じ信念に囚われた似たもの同士」凛は「盟友」、で、桜は「すべてを投げ打ってでも守るべきもの」ってカンジがします。
士郎は「正義の味方になりたい」という信念を、セイバールートでも凛ルートでも崩そうとせず、私などはその意固地ぶりに「おめーはこの期に及んでまだそんなこと言うか!」とちょっとイライラしてしまう局面もありました。士郎の信念を作中では、どちらかというと「愚かしいもの」のように描いていたからなお更。(もちろん愚かしいから美しいのでありますが)
けれど、その信念を桜ルートで捨ててしまう。「他のものを犠牲にしても桜一人だけを守りたい」というある意味エゴな考えにシフトする。実際桜ルートでは、分岐で他のキャラに情けをかけるような選択をすると、バッドになります。桜は士郎の気持ちが他に向くことを決して許さない。なんという女の業。でも萌えた。

それにしても桜は最初、ファントムの藤枝美緒や、ヴェドゴニアの白柳弥沙子のような「騒動の中心からちょっと離れたところで主人公に想いを寄せるポジ」かと思っていたら、けっこうなどんでん返しでびっくりしました。ファントムの美緒がひたすらウザかったのは、あんまり裏表がなさすぎてキレイすぎるとこだったのかなあ…。白柳弥沙子は、それなりに鬱屈を抱えてて面白かったのですが。
あ、そういえば弥沙子の名前を私は覚えていなくて(いま、これを書くにあたってマニュアル見返した)松本さんに彼女の説明をするときには、いつも「ほら、あのパンク聴きながらオナニーする女」と言っていました…。まあどうでもいい話ですが。

そんなわけでFate、堪能しました。しかしニトロでもキラルでもボブゲでもない話、ここでするなよってカンジですが、えーと、スタッフにグラフィック協力でニトロのスタッフがいるしー、アニメのFateの士郎の中の人がグンジと同じだしー…ってすっごいムリヤリですね。すいません。(と思ったら中の人間違えてましたー!恥ずかしい…)

拍手お返事は明日いたします。
今日の一枚。
Fate絵。Fateには萌える男もいっぱい出てきますが、現在脳が疲れていて女子しか描けなかった…。

Fate5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月26日 (土)

イントネーション

後藤羽矢子です。

仕事明けでぼろぼろになった私を癒すタイミングで公式でサンプルボイス発表。
コノエたん、デモではちょっと甘い声と思いましたが、しっかり男らしい声と演技で、かなりぐっときました。デモでは一言しかなかったバルドさんも、今回は長台詞。やっぱり声も色っぽいというかドンファン風で「こんな声だったら、そりゃハチミツプレイもするわなあ」と松本さん。
アサトは声というより台詞に受けた。「コノエを悪く言うな!」ってお前の世界はすべてがコノエ基準かよ。みたいな。

しかし、その後、ネットでの反応を見て愕然。
アサトの言う「コノエ」の発音に違和感という声が多数。
え、えええっ?私、まんまアサトのいう「コノエ」の発音で正しいと思ってました!もちろん松本さんも。
で、でも多くの人は「コ→ノ→エ」だと思っていたってことですよね。な…なんか、これってジェネレーションギャップってヤツですか?
そういえば咎狗でも、リンやケイスケの若者組が「ク→ラ→ブ→」と発音しているのに、源泉だけが「ク↑ラ→ブ→」と発音してて哀愁って以前の記事に書きましたが、もう源泉を笑うことはできないかもしれません…。

でもアサトの発音が公式ってことでいいんですよね…?アサト一人が訛っているということではないですよね?
まあ、もし訛っていたら、それはそれでカワイイとは思うんですけど。

今日の一枚。
世界のすべてがコノエなアサト。

Asato060825

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月25日 (金)

20万ヒット御礼

後藤羽矢子です。

仕事が逼迫しているここ数日、フィギュア特典CDを視聴して大笑いしたり、Nitro SuperSonicLiveに行くぞーと意気込んでたら、チケ売りが今日、キラルセットの通販開始と同じ日で、私たちはコミケで買ったのに、すいません鯖重くしてすいませんと謝りつつログイン頑張ったのに結局チケット売りきれてしまってたりとイロイロありました。

それにしてもCDはホントに最高でした…。お笑いであえて同じギャグを繰り返すことで笑いの増幅を狙うことを天丼というのですが、まさにあのふたつは天丼効果100%でした。
アキラの独白→シキ登場→ツッタカターツッタツッタツッタカター…デンデンデンデデーンデンデンデンデデーン…と、まったく同じ流れに私は腹筋がひきつるほど笑いました。

シキさん、コートの下にタクシー運転手の制服って、やっぱり半袖から長袖が出ちゃってるのでしょうか。しかしシキさんはそんな自分をカケラも恥ずかしいと思ってなさそう。なんてマヌケでカッコイイのでしょうか。シキさん最高!

そんなことをしているうちに、いつの間にかカウンターが20万越えていました。
何度か言っていますが、ブログのカウンターはバカウンターなので、あまり当てらならない数字ではあるのですが、何か企画をやるひとつの機会としてちょうどいいなと思っています。
で、恒例のチャットをやりたいと思っているのですが、仕事が逼迫しているため、今週末は無理そうなので、来週末あたりにでも。詳しい日程が決まり次第お知らせしますです。

そんなわけで、閲覧してくださる皆様にお礼申し上げます。バカ妄想語りブログではありますが、まだ松本さんと二人、炎上中ですのでテンション高めに続けていきたいと思っています。

今日の一枚。
20万ヒットお礼アキラたん。

Akira060824_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

シキさんが来る!

 松本蜜柑です。

 コトブキヤさんの咎狗フィギュア特設ページに特典CDの視聴がー! たった10秒かそこらなのに、なんですかこの破壊力は! 私も後藤さんも、腹がよじれきってすっかりへもへもになりました…。

 こういうのを見ると、しみじみ、やっぱりシキさんは最高のショウマンだなー、と思います。

 とりあえず、今日の一枚はシキさんフィギュアのほうの家庭教師編から。

060822siki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月21日 (月)

かわいこちゃんヴォイス

 松本蜜柑です。

 コミケ後、帰省もかねて大阪のシティに行っておりました。シティでいらしてくださった方々、ありがとうございます。
 しかし、帰省するといつも激しくツライことは、実家にまったくネット環境がないことです。今どきじじばばでもインターネットくらいやってるだろうに、なんですかうちの一家は原始人ですか。
 というような原始環境ただ中でマンモーの肉を頬張っていた私のもとに、後藤さんから「ラメントの新しいデモ来たよー!」と携帯メールが届き、悶絶するかと思いました…。

 そんなわけで、とっとと実家から戻り、私も新しいラメントのデモ見たのですが。

 コミケのときは、音が割れててよくわからなかったので、コノエたんの声がクリアに聴こえるのが感動です。悪くない、悪くないですよ、コノエたん!
 声優さんが発表になった当初、激しくぐぐっていろいろと別ゲームのサンプルボイスなどを聴いたときには、ちょっと受っぽすぎるっていうかかわいこちゃん風味すぎるかなー、などと思ったりもしたんですが、やっぱり役によって演技も変わるものですよね。コノエたんは、アキラよりはちょっとかわいこちゃん風味ですが、ちょうどいいくらいのかわいこちゃん風味だなー、と思いました。
 アサトは、けっこう喋っているけど、なんか声を荒げた場面ばっかりなので、普段のあのインディアン嘘つかない風味のセリフがどんな喋りか想像つきません。でもキライじゃないです、この声。
 おっさ…バルドさんは「くっそう!」って、それだけか! くっそう言いたいのはこっちですよ、相変わらずわかりませんよ…。誰なんですかブラッキー様! でも楽しみだ…!
 ライさんの森川さんは、私が別のアニメでひいきにしているキャラ(ぶっちゃけアクエリオンのト−マ様…って私は何回おんなじことをぶっちゃけたら気がすむのか)の中の人なんですが、あっちはマイ脳内では受の人なので、「おおー、森川さん、今回は攻なんだー」とか新鮮な気持ちでいっぱいです。世間的には森川さんはバリ攻声優さんなのに、なんか、すいません…。中の人事情にはうといので、勉強しなおしてきます。

 本日の一枚はライさん。前にちょっと描いたときはバストアップで、チャームポイントのぶりぶりぶっといしっぽが描けなかったので、今回は全身で。でもいろいろ細部はごまかす方向で。

060821rai


 とらのあなプリンセスサイドリブレットに蜜柑堂のほうの夏コミ新刊『狗洗い一匹百円。』が入っています。よろしくです。
 女の子パヤパヤのほうの新刊は後藤さんがまだ納品していないので、もうしばらく後になりますが、そのうち入りますのでまたお知らせいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月20日 (日)

中の人に思いを馳せる

後藤羽矢子です。

公式でデモが配信されたので、早速落として延々リプレイ。
コノエたんは、文句なし。少年ぽい声質でありながら「わからない…何に負けたくないのか、何と戦おうとしてるのか」の台詞の口調に色気を感じました。
アサトは思ったより低い声、でも台詞からして恫喝してるっぽいし、普段の口調はもっと朴訥なのかもしれません。逆に普段優しい声音で闘いの時は一転、ドスがきいてるとかだったら萌え。
ライさんもぴったり…やばい…ますます心がライさんに傾いてしまいます。
バルドさんは一言しかなく、判別不可能。

とはいえ、私は声に関しては出されたものは美味しくいただくたちで、演技が下手でさえなければ、声質がイメージに合ってないと思うことは、まずないです。
昔のアニメは度肝を抜かれるほど下手な人が平気で主役を張ってたりしてましたが、今は声優のなり手も多いのか、新人さんでも上手く、本当に安心して聞いていられます。…しかし、「刃鳴散らす」では、久しぶりに聞いてて手に汗握ってしまうような、演技に気をとられて台詞が頭にはいってこないような惑乱を味わえました。
キラルのキャスティングは全面的に信頼していますが、あのようなことが二度とありませんように…。ナムナム。

あ、そういえばラゼルさんの声、犬野忠輔さんなんですね。
キャスティングの羅列を見ても、わからない人だらけのなか、知っている名前を見るとホッとします。
しかし…私が知っている犬野氏は「マスカレード」の犯人さんでしかない…。
犯人さんといえば、あの名台詞「陰茎ってなんですかー!?」を真っ先に思い出します。
他にも「メガネ割るぞ!」とか「整列!扱け!右向け右!  挿入!」とかまあ正直言ってまともな台詞のほうが少ないんですけど。

先日の記事で、先割れ氏の声をアキラたんで初めて聞いたので、アキラたんのイメージが染みついてしまったみたいな意味のこと書きましたが、犬野氏に関しては、犯人さんが染みついてしまっています…。ラゼルさんの声聞いて、笑いがこみあげてきてしまったらどうしよう…。どうか犬野氏の演技で犯人のイメージからラゼルさんのイメージへと上書きしてくれますようにと願うばかりです。

拍手お返事。反転してます。

18日 0時の方。確かにシキは侍ですね。ストイックというか、求道的?ひとつのことにすごくまっすぐというか、ひたむきですよね。電波といわれようとシキさんのそういうとこ、好きですね~。
14時の方 あれは淵井さんが初回限定版の特典冊子のなかで言ってたのです~。淵井さんてけっこう言うこと面白いですよね。ところで酸辣湯ってなんですか?

20日 1時の方 ナノたんてやっぱりNicole・Premierにならなかったら文系キャラですよね。そんな人が兵器になっちゃうとこが萌えですよね。
22時 橘さま お、お久しぶりですっ。なんかすごくいいタイミングで眼鏡ナノを投入してました。好きな食べ物を言い当てられたことといい、橘さんと時々シンクロしているような気
がします。

今日の一枚。
いまだ犯人さんのイメージを払拭できないラゼルさん。
初描きがこれかよってカンジですが…。
すいません、すいません、すいません…。

Razel060820_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月17日 (木)

B'sLOG10月号ネタバレ

後藤羽矢子です。

今日、仕事が終わったあと、「まんがのまめや」に行くと、おいちゃんが満面の笑みで「来ると思ったよ。B'sLOGもうはいってるよ」と言ってくれました…。
そんなわけでB'sLOG早売りゲットー。

今月号は激しいネタバレもなく、情報はだいたいCool-Bとラメントガイドの後追いですが、新規スチル一枚アリ。一応反転します。
ライさんが牙をむき出しにして不敵に笑っている図。バーサーカーモード?シキさんのホームランスチルにも似たテイスト、つまりはイッちゃってる顔です。

なんか…やっぱりライさんツボかもしれない。堅物に見えてエロそうだし、意外性ありげなキャラっぽい。それに私はやっぱり広告塔キャラに弱いようです。

たたなさんのコラムは今回は、キラルくんが代わり。絵はウルキルがべったりとくっついてるツーショット、線画にバケツ塗りしただけの簡単なもの。この絵はスチルに使われるものなのか、それとも販促絵の一環でしょうか。…ウルキルも人気でそうだなー…。

あ、あと、キャラたちの持つ、武器の3DCGもお披露目してました。
コノエの小ぶりの剣、アサトの両手持ちの大剣、ライの短剣と長剣、バルドの短剣(やっぱりおいちゃんも得物持ってるんだ…)そして悪魔たちのも。
らぜるとカルツは剣、ヴェルグは斧。…何故かフラウドのは無し。
…やっぱりあの手に装着されてるものが武器なのでしょうか。

なんだかホントにわくわくしてきました。
闘いもエロもいっぱいありそうです。
…でもそろそろ、前情報いれるの自粛しようかなーという気も。
もっと楽しみをとっておきたい…。
でもやっぱり雑誌が出たら買っちゃうんだろーなー…。

拍手お返事。反転してます。
15日6時の方 それ飛影…。確かにああいうストイックなキャラの意外な一面って萌えますよねー。まあシキさんは全然ストイックじゃないですけど。しかし何故か共通の萌えを感じます。

7時 久高さま 私がケイスケ描くといつも、ちょっとヒドイ目にあわせてしまう…。でもツボってくれて嬉しいです~♪

今日の一枚。
コミケの時に、ナノたんのコスの方をお見かけしたのですが、オサレメガネをかけていて、なんかフレンチの香り漂うナノたんでした。あのナノたんのズルけカーディガンもオシャレでやってるように見えます。Nicoleの適合者にならなかったナノたんは、こんな人だったのかもしれないなあと思って、オサレメガネナノたんを描きました。

Nano060817

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月15日 (火)

グンたんの猫は元気か?

 松本蜜柑です。

 遅くなりましたが、コミケで蜜柑堂にいらしてくださった方々、ありがとうございました。差し入れしてくださった皆様も、ありがとうございます。つたない本しかありませんでしたが、少しでも楽しんでいただけただろうかとドキドキしております。気が向かれましたらひとことでも感想などいただけたら嬉しいです。
 それはそれとして、私と後藤さんは気合いを入れて朝一番でキラルに並びに行き、無事キラルセットをゲットできました。冬コミより時間がかからず、並んでいた正味時間は30分くらいでラクでした。デモで声も聴きました。音が割れ割れでいまひとつよくわかりませんでしたが、あーなんかもうこんな風に声が録られてるんだーと思うと、いよいよ感がせまってきますね!
 …と、このあたりのことは後藤さんがとっくに書いているので、このくらいにしておきます。
 咎狗スペースもバリバリ回って本もいっぱい買えました。咎狗以外のジャンルにまったく手が回らなかったのは不満ですが、咎狗については本当に満足なコミケでした。

 ところで、いつもながら遅い私もコミックB'sLOG9月号読みました。

 エマさん老けてるー!
 茶屋町エマさんは美人ではあるもののわりと老け顔なので、あの乳見せコートがちょっと年寄りの冷や水っぽく、でもそれはそれで迫力あってイイです。美人の年増ってそれだけで迫力ですよね。

 驚きつつも激しく受けたのは、まるで同人誌みたいなヴィスキオの家族団らん風味の食事風景でした。ビトロとグンたんとキリヲさん、いつもあんなふーに同じ食卓囲んでたのか! なんて殺伐としつつもぽっかぽっかな団らんでしょうか。
 結局先月拾った猫を飼ってるグンたんに、捨ててきなさーいと叫ぶビトロのおかんっぷりもすごいハマってて、マジ楽しいヴィスキオ一家ですよ。
 キリヲさんはそろそろ潮時を感じているふうでしたが、なんかこのおもろい家族団らんが失われるのはもったいないです。できればシキさんに殺されることなく、ヴィスキオまるごとトンズラENDを迎えてほしいなーと思います。

 あと、グンジが猫の首を口でくわえてぶら下げて運んでいるのも、激しくかわいいです。
 鉤爪のまま猫をかわいがっていてふと力加減を間違って殺しそうなカンジだ……とこないだ書きましたが、いちおう鉤爪つけたまま運ぶときは手を使わないようにしてるのかなーグンたん。
 でも、それでも、やっぱり飽きたらはずみで殺しそうな危うさがあるのがグンたんクオリティ。
 もっとも、あの猫はかなり生き汚そうというか根性ありそうなので、ヴィスキオファミリーにお似合いかもしれません。いっそ猫ごとヴィスキオまるごとトンズラENDでお願いしたいです。

 そういえば、グンジが好き好きスーとか言ってましたが、あの世界のニホンにマイメロが放送されているのですか?!

 というわけで、本日の一枚は猫と遊ぶグンジです。

060815gunji
 拍手レスです。
 9日9時のかた。おおおマジなナノシキOKですか! ありがとうございます。いつか必ず。
 9日20時のかた。え、女ナノたん、アインに見えますか。髪がベタじゃないので自分ではそんな気はしていなかったんですが、たしかにラフだとそう見えるかもですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月14日 (月)

コミックB'sLOG9月号ネタバレ

後藤羽矢子です。

コミックB'sLOG9月号買い。

今月は表紙が咎狗。せっぱつまった表情で金網にすがるアキラたん、唇のはしが少し切れて血が滲んでいる。エロい。
本編の表紙はケイスケ。同じく金網にとりついてて、雑誌の表紙と対になってる…と思うのだけど、アキラの表情に比べちょっと呑気っぽい。なんかコカコーラのCMみたいな爽やかさが…。なんとなく…なんとなく、これが最後の白ケイスケって気がする…。

そして内容も今回はケイスケ祭。
悪夢を見てとび起きたアキラに頭突きをかまされるケイスケ。
鼻血をだしながら「ヴん…アギラなんか…うなされてて起こそうか悩んでたら…」と言うものの絶対アキラの寝顔見ながらハアハアしてたよなーと思わせてしまうケイスケクオリティ。

ケイスケのイグラ参加のためヴィスキオの城に行く三人。ゲーム本編ではすごい序盤のイベントってイメージがあったので、やっとかー!って気が…そして律儀に一回参加をお断りしてくるケイスケ。MAGAZINEZERO版のほうでは、一回で参加表明してきたので、こっちもそうするかなーとなんとなく思ってたのですが、やっぱりヘタレのケイスケが本心からイグラに参加したいと思うには、これぐらいの葛藤が必要なんだよなーと改めて感じいる。

あ、それとアキラとケイスケのいた孤児院が「トシマ兎園」って…。
もちろんRabbitと関わりがあることの伏線なんだけど、なんかカワイイぞ。
仮面をつけて戻ってきたケイスケに対し、心のなかで「似合う」と呟き、さらに「悩んだけど参加はやめておいた」というケイスケに「悩んだ?やる気あったのか…」とさらに呟くアキラたん。地味にひどい

あと激しく萌えたのが、ベッドに寝転がるシキさん!やっぱりあの部屋、寝起きに使ってたんだなあああ…。ベッドに寝転んでナノたんの屈辱の思い出を反芻するだけなのですが、知られざるアイドルの素顔を見たようなすごいお得感が…。まったくシキさんは肩をはだけただけでも大喜びしてもらえるし、おいしい人ですよ。今回なんてまともに映ってる顔、一コマもないのにすごい存在感。目のアップ、すごいまつげ量。こんな濃ゆい人だからこそ、出し惜しみするぐらいでちょうどいいのかもしれません。

そんなわけで今回も楽しめました。あ、あと付録のしおり!!
ぐ、軍服アキラたん、激烈色っぽい(;´Д`)ハァハァ
茶屋町さんのアキラたんは、カッコイイしカワイイけど、ちょっと色気が足りないなと思ってたけど、そりゃーまだ男を知る前だから当たり前なんですよね。シキさんに愛されてるアキラたんは、こんなに色っぽくて美人なんだなーーー!まさに高嶺の花です。ケイスケのアキラたんも初々しさの残った色気で、それもまたイイ。

コミビズは、BL展開ないだろうけど、やっぱりアキラたんがニュートラルで終わるのは惜しいです。以前、MAGAZINEZERO版のときにも言ったけど、エッチがなくてもいいから、相手シキさんじゃなくてもいいから、誰かと恋に落ちて、艶っぽくなったアキラたんが見たいなあと思います。

今日の一枚。
白くま食べて、頭キーンてなるケイスケ。

Keisuke060814

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月12日 (土)

コミケ御礼 キラルセットネタバレ

後藤羽矢子です。

昨日はコミケでした。
蜜柑堂に足を運んでくださった皆様、どうもありがとうございました。
私は松本さんのスペースに寄生していただけなのですが、現在松本さんが仕事逼迫中につき、代わりに私が御礼申しあげます。

もちろんニトロ、キラルブースにも行きました。
冬コミの時は一時間ぐらい並んだので、今回もそれぐらいを見込んでタオル(処刑人タオル)冷えピタ、さらさらパウダーシートなどの暑さ対策をしていったのですが、当日は薄曇りで、あまり暑くもなく、さらに列もサクサクと進んだので、待ち時間は前回の半分ほどの印象でした。
キラルセット購入したあと、デモも拝見。
キャラボイスは、あまりクリアに聴こえなかったのですが、ライさんはビシッと合ってるカンジ、コノエも悪くない。ちょっと甘い声だと思ったけど、コノエは、アキラたんより幼いと思うし、いいんじゃないかと。アサトとバルドさんは、判断できるほど聞き取れませんでした…。

同人誌もいっぱい購入できたし、いいコミケでした…ってなんか終わった気になってます。
明日は自分のサークル参加なのに…。

で、キラルセットなんですけど。
概ね満足なんですけど、やっぱり「咎狗の血外伝」は、ケイスケ以外のSSをすでに持っているのでちょっと物足りなかったのが残念でした。あー、未読の方々は脂汗でるほど満喫しているんだろーなー…。羨ましい…。私も頭打って、記憶喪失にでもなってもう一度満喫してーよ…。あ、でもケイスケのSSは楽しみました。あいかわらずケイスケがおバカでよかったです。

ラメントのガイドブックもよかったです。画像には古文書ライクなフィルターがかけてあるものの、新規絵もありましたし。
世界の章と生物の章に分けて、ラメントの世界観を説明。しかし何故「原始的な生活」の項にエロスチル3枚もいれておきますか。いや確かにセックスは原始的な行為かもしれないけど…。
「虚ろ」に関しての具体的(なようなそうでもないような)説明もアリ。確かにこれはきつい現象だ…。物語の膨らみが期待できます。

そんなわけでまるっと楽しめました。
あ、ゆーぽんアキラフィギュアはちょっと顔がうつむき気味なので、目線より高い場所に置くことをオススメします。

ホントはコミックB'sLOGの話もしたかったのですが、それはまた次回の講釈で。

今日の一枚。
リンゴが「虚ろ」に冒されてないか、ビクビクするコノエたん。

Konoe060812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

トシマの季節

後藤羽矢子です。

雨が降って、じとじとして、急に冷え込んだりしているここ数日、「なんかトシマみたいねえ」と考えてしまうBLゲーム脳な私。

そこで時々浮かんでは消える疑問。
咎狗本編の季節っていつなんでしょう。

以前もチャットで話題になったりもしてたのですが、特に結論はでませんでした。
私のなかでは、6月説が根強いのですが。

やたら雨が降る。
薄着のやつらが多い。リンもケイスケも薄着だし、シキさんは半袖。グンジにいたっては、パーカーの下は裸ですよ。
しかし…この6月説の確定を阻むのが、アキラ、キリヲ、エマらのファー軍団なわけですが、アキラみたいな着るものに無頓着なタイプって季節が変わるギリギリまで、同じもの着続けてたりするんですよねー。コタツを暑くなるまでしまわない人、服版みたいな。

それとやはり、あの時代のトシマは、太陽があまり出ず、現代の6月よりもだいぶ肌寒いのではないかと予想。聞いた話では、イギリスのように一日の寒暖の差が激しいような場所では、ノースリーブ着た人のそばにニット着てる人がいたりで、着るものの統一感ゼロ状態になったりするらしいです。トシマもそんなカンジ?

…と、ここまで書いて、ふと、初夏じゃなくて初秋なのかなあと思い至る。最初から至れよ! ってカンジですが。
しかしそうなると、シキさんとグンジの服に違和感が…。まああの二人は体感温度が人より違うっぽい。グンジなんか、雪のなかでもヒャハハハハハッ!と言ってあの格好ではしゃいでそうなイメージ。

まあ私が夏にこだわるのは、たんに自分が夏にプレイしたせいかもしれません。
漠然と夏気分でいたせいか、濡れ濡れになって源泉と温めあうシーンとか、それほど寒々しく思わなかったのですが、冬にプレイされた方はブルブルきたのでしょうか。

…やっぱり私は初夏説を支持したい。だってあんなに何度も雨ざらしになってたら、寒いですよ。風邪ひきますよ。本編中、やたら疲弊してボロボロになってるアキラたん、せめて気温ぐらいは体に優しくあって欲しいと思います。

今日の一枚。傘をさすアキラたん。

Akira060810

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 9日 (水)

ケミカルな身体に野生の心

 松本蜜柑です。

 コミケと大阪シティについてのオフライン情報を更新しました。右サイドの一番上からどうぞー。

 後藤さんは、ナノたんが猫が好きでと書いていますが、そ、そうかなー。なんかナノたんは、動物に懐かれるけど、好きキライとかはない人な気がします。懐いてくる猫をなでなでしたその手で、お腹が減ったらためらいもなく喰っちゃいそうですよ。スチャダラの歌に「猫だいすきー かわいいから あと牛も好きー おいしいから」ってありますが、そういう、かわいいとかおいしいとかが脳内で渾然一体となっていそうなナノたん…。
 超ケミカルな身体に野生の心、本当にナノたんは二面性がすばらしい。リアルでこんな人いたら、超重いし迷惑ですけど…。

 迷惑といえばシキさんも迷惑きわまりない人ですし、だから私は、アキラ七変化の中で、とくにナノたんのアキラとシキさんのアキラ(廃人エンドの)が好きなのかもしれません。男女カップルでも、ろくでもない相手に惚れて苦労させられてる女、好きなんです。テツとヨシ江はん(@じゃりん子チエ)とか…。

 今日の一枚は女ナノたん。今回落としてしまったナノシキ本のナノたんです。

060808nano


 拍手レスです。
 29日12時のかた、14時のかた。30日9時のかた、11時のかた。ナノシキでナノが女などというキワキワなものを、読みたいと言ってくださってありがとうございますー。今回は結局あきらめてしまいましたが、そのうちどのような形ででも、描こうと思います。でも、もしかしてギャグを御想像なさっておられたら、すみません、めっちゃマジなのです……!やっぱりニーズはほぼなさそうな気が…!
 1日10時のかたと、ブログコメントのかた。(うちのマシンからだとなぜかコメントが入れられないのでここで失礼します)なろほどー、ケイスケのSSはメイト特典だったのですね。入手こそしていなくても、たいがいのものは見たし読んだ、と思っていたのに、まだ知らないのがあったとは、私もまだまだ甘いです!
 8日21時のかた。コミケ参加スペースは蜜柑堂のほうには書いていませんが、この耳のページのオフライン情報(右の一番上にあります)にすでに書いてありますので、よろしくおねがいしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 8日 (火)

最終兵器ナノたん

後藤羽矢子です。

某イラストプログさまのところで、とても素敵な最終兵器彼氏ナノたんを拝見して、私のなかでまたひそかにナノたん萌えが…。

松本さんも再三言っておられますが、ナノたんの魅力はその二面性。アキラの前では、ピュアぶって彼の父性を刺激し、シキさんの前では悪魔のようなふるまい。
そしてナノたんの「悪」は無知ゆえの悪でなく、ちゃんとわかっててやってる悪。

ちょっと思ったんですけど、ナノたんってNicole・Premierにならなかったら、どんな性格だったのでしょう。シキさんが同じNicoleの血を継いでも、アクティブかつ前向き(イヤな前向きだけど)だったことを思うと、どうも素から湿った性格なような気が…。

本が好きで、ネコが好きで、好きとキライだけで普通がないの(byクリーミィマミ)って、なんか資質オタクっぽい。あ、あと妙に捻ったしゃべりするところもオタクっぽいと思います。
もし被験者になってなかったら、眼鏡かけて図書室にいりびたっていたりしたのでしょうか。萌え…。

今日の一枚。
最終兵器ナノたん。最終兵器彼女の絵をネタ元にして描いたら、ナノたんが単なる女体化になりました。

Nano0608072

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 5日 (土)

入稿完了

 松本蜜柑です。

 アキラ+ヴィスキオの本は入稿しました。
 後藤さんもシキアキを入稿していますし、明日くらいにはオフライン情報も更新したいと思います。

 ラメントの声のこととか、とめどない咎狗の妄想とか、いろいろ語りたいことはあるのですが、今激しく体がボロボロなので、とりあえず入稿報告のみで失礼いたしますー。

 画像は表紙絵の色ぬったやつです。

060804doujin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

ラメントキャストきた!

後藤羽矢子です。

いろんな事柄が逼迫しているさなかに、公式にてキャスト発表キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!
しかも現在でているキャラクター全員の!
一人づつ上から順番に見ていって、ヴェルグさんのところで固まる。
オ、オイリーはな!!!
オイリーはなさんといえば、「刃鳴散らす」で伊烏さんを演じた人ではありませんか。
そして私のなかでは「下手じゃないけど、あんまり上手くもない人」という認識が…。す、すいません!

なんせ主役の赤音さんを演じた方がかなりへ(ryだったので、それに惑わされて気づきにくいですが、伊烏さんも感情抑え気味の演技がたんなる小声だったり、イマヒトツだった印象が…。でもあれから成長されたかもしれませんし、案外はっちゃけた演技のほうが合っているかもしれません。声質自体はわりと好きなほうなので、不安を20%ほど混ぜ込みつつ期待したいと思います。

それにしても他は、森川智之と中原茂しか素でわかりません。もしかしたら聴けばピンとくるのかもしれませんが、他の役の印象のまったくない人のほうがいいのかもと思います。
たとえば先割れ氏などは、私にとってはアキラたんの声が、ほぼ初めて聴くものだったのでもう他の作品に出ててもアキラたんとしか思えない…。ラメントの方々もそう思えるようになるといいなと思っています。

今日の一枚。
没下描きに着色。

Akira060804

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 1日 (火)

Cool-B9月号ネタバレ

後藤羽矢子です。

ネットでもうCool-Bの早売りが出てると聞き、私も買うー!と夕暮れの街に飛び出しました。
しかし「まんがのまめや」に行くと、おばちゃんが「まだ買いつけから戻ってきてないのよー」と。なんでも流通にのりにくい雑誌や本はおいちゃんが直接買いつけに行ってるそう。
すごいな、おいちゃん…。

しかたなく、「ガンスリンガーガール」の最新刊を買おうとしたら、サイフを忘れてました。(またかよ!)カードはあったので、お金を下ろして戻ったら、おいちゃんも戻ってきていてすでにCool-Bがガンスリと一緒に袋に入れられていました
もうすでに私はBL好き女認定されてるのかしら…。
おいちゃん、私がお店に行くと「もうB'sLOGはいってますよー」と声かけてきたり、「B-Boy」は買わないんですか?」とか言ってくるし…。いや、私はBLならなんでもいいってわけでは…。

長い前ふりでしたが、Cool-Bネタバレを。
しかし発売日3日前のネタバレはアレすぎるんで、今回は反転の嵐になります。
(発売日過ぎたので反転状態直します)

まず、メインキャラ、キャスト発表ー!
コノエ 新波俊也 ライ 森川智之 アサト 春野風 バルド 舞幸運

…素でわかったの森川しかいない…。でももうBLゲーや乙女ゲーでいやっちゅうほど名前を見てる人とかでなくて、かえって新鮮でよかったかも。

新キャラ追加!
コノエたちに立ちふさがる凶悪っぽい双子ネコ。…ごめん、黒ケイスケに見える。
さらに猫たちの「共鳴」について新たな説明あり。
新規スチルは、ライとコノエたんが双子ネコと戦ってるところ。

これがすっごくカッコイイです…。しびれた…。

エロスチルは、B'sLOGで不自然なトリミングっぷりをされていた、バルコノの下半身部分まで映っているもの。
バルドさん、コノエたんをテーブルに乗せて、股間にハチミツ塗りたくってます。私は一瞬コノエたんが放尿してるのかと思いました。
そしてバルドさんのケツも見えてたのですが、しっぽの境目が明らかにされていました。
尾てい骨からいきなり黄色いしっぽが
生えていました。でもこんなものかも。私も腹や腰まわりはすべずへなのに、太腿からいきなりスネ毛もじゃもじゃになる人を知ってますし。
…いま見返したら、バルドさんケツ出してなかった。服の尻のとこに穴が開いててそこからしっぽだしてるみたいです。
す、すいません。私視力は1.2なんですけど認識する脳のほうが終わってて、たまにこういう間違いをするのです。

その他情報、キラルくんによれば「ラメントは咎狗の倍のシナリオ量なのでEDや分岐は相応の数になる」とのこと。
た、楽しみー!

そんなわけで、期待煽られまくりました。
あ、咎狗4コマの連載も始まってます。まだまだ咎狗も終わってません!

拍手お返事。反転してます。

31日 Kさま ありがとうございます~。私たちもよくこんなに語ることがあるなーと自分で呆れてしまいますが、語っても語っても咎狗は飽きないんですよねー。語りも絵も頑張りますのでこれからも見てやってくださいねー。
10時の方 オカマシキに萌えてくださってありがとうございますー。アフパラは聴かれましたか?あのオカマシキさん、ぞくぞくしますよねー。本当に緑川さんは芸達者な人だと思いますです。

今日の一枚。
今日入稿した、咎狗本原稿の一枚。
私はホントにフェラ描くの好きだな…。

Lovenae17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シキさんはサバ持って

 松本蜜柑です。

 まだまだシュラバ中なんですが、ちょっとだけ。

 公式にキラルセットの詳細きましたね!
 最初、いくらかわいくてもフィギュア系は保存しにくいから、たくさんあるとちょっとツライかなー、とか思っていたんですが、もう、もんのすごいかわいいですよ! もう、もう、あんなにかわいくては、しょうがない…。
 とくに私がかわい死ぬと思ったのは、キリヲさんとシキさんです。キリヲさん、あの三白眼が、すごくキリヲっぽいのにめっちゃかわいいです。そしてシキさん、コートの裾がまるでAラインのワンピースみたいに身体のまわりにくるーり広がって、チビなのにいっちょまえに刀もって、なんとおかわいらしいイルレ様。しかし、画像が小さいので、一瞬、えっシキさんなんでサバ持ってんの?!と素で思ってしまいました。まあ、光り物ってところは一緒か…。
 いまひとつかなーと思うのは、ナノたんとオイチャンです。たぶん、どちらも髪型が立体にしにくかったんだろうなあ…。ナノたんは髪のくるりん感がまったくないし、オイチャンは絵に描くときでさえうっかりするとGSの呪いがかかるので、立体化するとすごくもったりした髪に…。
 気になるのは当然シークレットですが、今写真に出ていないキャラだったら、狗たんかエマ&グエンか猛(&由香里ちゃん)の3択だろうと思うのですが、しかしアキラたんの別バージョンとかいう説もあるので、どうなんでしょう。
 私の個人的な好みで言うなら、せっかくゆーぽんさんの絵柄なんだから、かわいい狗たん希望です。あと、ありえない事を言うと、エマさんで台座がグエンのやつだったらイイナ! スキスキスー。

 はっ、そういえば淵井さんの咎狗SS集『咎狗の血 外伝』ですが、私は全部読んでいるつもりだったんですけどケイスケの『小径』だけ憶えがないです。書き下ろしではないみたいなので、たぶん当然ながら私がはまるより前のものなんでしょうが、いったいいつ何に載ったものなんだー。ぐぐっても出て来ないのはなぜだー。
 きっと後藤さんにきけば、ヤツは情報は早くがっつりつかむ女なので(私はザル)わかると思うんですが、電話するのめんどいので、後回し!
 しかし、読んでないのがあったんだと思うと、入手するのがますます楽しみになってきました。

 本日もろくな一枚がないので、テキトーに描きかけの原稿から。今回、激しくキリヲさんばっか描いてる気がします。

060801doujin


 拍手レスはまたシュラバあけにー。
 は、前回、オサレブーツについての拍手おへんじも後で、みたいなことを書きましたが、それはもうしていました…。頭がわきわきです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »