« アシさんから絵を強奪 | トップページ | 皮膚服 »

2006年7月 5日 (水)

『斬魔大聖デモンベイン』ネタバレ感想

 松本蜜柑です。

 ようやくデモベ終了しました。
 『機神飛翔デモンベイン』じゃありません、『斬魔大聖デモンベイン』のほうです。遅いことは牛(ry
 今回の感想はネタバレありです。
 

 一気にプレイしたわけではなく、何度も途切れ途切れに進めていたからということもありますが、そうでなくとも長い話でした。
 ルートは攻略キャラ3人ぶんで大きく3つあり、そのひとつひとつが長い長い。ボリュームという点では、誰も文句のつけようがありません。

 前回、アルとライカさんルートまで攻略した時点で、ある程度の感想は述べており(2006年4月12日)、全体の印象はそのときと変わりません。
 結論から言うと、おもしろいし、人様に十分おすすめできるけど、私個人的には、あまり萌えないし心に響かなかった……という印象です。
 でもそういう、心に響くかどうかなんてことは、個人的好みの問題なので、デモベのどこが悪いというものではないです。

 今回はようやく覇道瑠璃を攻略したわけですが、なにかこのルートが一番いろんな脇キャラの活躍が見られるというか、あっちこっちでいろんな人の見せ場があって、あー、これは瑠璃が攻略キャラ中唯一の一般人であり、主人公九郎と一緒になって戦う戦力を持たない、バックアップする側の人間だからかなー、と思いました。

 とくに、他ルートにはない、ジョン&パンチ………じゃなくてトミーとマツ………じゃなくてタカとユージ…………でもなくて、えーと誰だっけ、あのデコボコ刑事コンビの奮闘が嬉しかったです。やっと警部さんの本気キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
 こういう人、本気出したらじつは強いっていうのがお約束なんだけどなー…本気出すとこは描いてくんないのかなー…とやきもきしていたので、非常にすっとしました。
 でももーちょっと激しく活躍してくれてもよかったのに……とは思うものの、それはまあ、ただの人間が魔術師であるアンチクロス相手に、対等にやれたら嘘くさいというものなので、しょーがないですよね。この刑事さんたちの存在は、おおむね人間のはるか頭上でなんか知らんがジョーシキぶっちぎりの闘いをしている魔術師たちとは対照的に、地を這うちーさいちーさい人間たちの戦いへのかかわりかたをかいま見せてくれて、よかったなーと思います。
 あーなんか今、公式を調べたら、名前はストーン君とネス警部でした。(自力で思い出してやれよ!)

 それから、ティトゥスと執事のウィンフィールドさんの第3ラウンドキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
 すぐ上で「ただの人間がアンチクロス相手に対等にやれたら嘘くさい」なんて言っておいて大変アレなんですが、このウィンフィールドさんはマジ嘘くさいほどにただの人間の範疇をぶっちぎった強さで、アンチクロス相手に対等にやってくれましたが、それはそれでイイ! まあ、こっちは人間vs魔術師と言っても、それ以前に、武人の魂の対決ですから。人間でありつづけた武人の強さvs人間を捨て剣を汚してまで強さにしがみついた武人の弱さ、という構図なので、対等に戦ったあげくに人間が勝ってもいいんですよ! 嘘くさくてもいいんですよ! 燃えるんですよ!
 前二つのルートでは最後だけ九郎においしいところもってかれちゃって、どーしてそこで執事さんと闘わないのか、死ぬなら執事さんと戦って死ねよティトゥス! と不完全燃焼だったので、胸がすきました。

 ストーリーは、やはりアルが本道、ライカさんは脇道、瑠璃は正道、みたいなカンジですね。瑠璃ルートにはアルのルートではわからない九郎の過去の謎の種明かしなどもあって、面白いです。
 もっとも、いろいろあったけどラストで皆全部忘れちゃって(あるいはなかったことになって)普通の暮らしを最初からはじめましょう……というパターンの話は、せつなくも美しくキレイに決まるのはわかっているんですが、個人的にはあまり好きではないので、少なくとも主人公くらいには戦いの記憶や皆が一生懸命だったことを忘れて欲しくないなーと思ってしまいます。
 とゆーわけで一番好きなルートは、アルの神エンドです。

 それはそうと、Niθさんの男絵は、なぜああもいちいち全員ムキムキしているのか。
 マギウススタイル(戦闘時)の九郎や武闘派のアンチクロスのみなさまがムキムキしているのはしょうがないとして、しょぼい探偵である普段の九郎…もまあ探偵は肉体労働だし…と百歩譲ってこれもしょうがないとしましょう。
 しかし何度も何度も「少年のような」とか美しさをやたら強調されるマスターテリオンの、あの腹の昆虫のような肉ブロックは…!
 そしてマッドサイエンティストなドクター・ウェストの、白衣を脱いだ腹のブロックは…腕の隆々とした筋肉は……!
 先日のチャットでも、Niθさんの描く男のチンコのでかさについてちょっと話題になったりしたのですが、とにかくNiθさんの男体はいろいろもりもりしすぎています。いいえ、もりもりがキライなのではないのです。もりもりなキャラもいていいいのです、むしろいて欲しい、ぜひいて下さい。でも、全員もりもりというのはちょっと…。
 Niθさん、たたなさんにチンコもっとでっかく描くようにせまったりなさるより、ご自分のお描きになるチンコ(と筋肉)をもうちょっと抑え目にお願いしたいのであります……。

 あと、マスターテリオンのお衣装ですが、かなり股間の切れ込みがヤバゾーンまで達しており、うっかりすると毛が見えそうな位置まで開いていらっしゃるので、私、ハラハラして何度も目をこらして覗いてしまいましたが、よく見えませんでした…。大導師はプラチナブロンドでいらっしゃるから、ちょっとぐらい見えてもわからないのでしょうか。
 と思ったら、アルの神エンドでの九郎の衣装が、マステリもびっくりの超恥丘ギリギリデザインで、私もびっくりしたのしないのってどっちなんだ。
  思うにあの世界では、男が人間を超えた存在になってしまうと、衣装が股まで裂けるお約束なのでしょうか。でもそんな九郎の毛もいまひとつよく見えませんでした。九郎はマスターテリオンと違って黒髪なので見えそうなものなのに………………………………あーまさか剃…っ……。

 でもNiθさんの描く絵は男も女も華がありますよね。
 (て、とってつけた感ありありの〆ですが、本当です)
 個人的には、中央東口さんの地味な味わいのほうが好みではあるのですが、Niθさんの華やかさはパっと目をひいていいなーと思います。

 そんなこんなでデモベ終了です。

 次は唯一未プレイの虚淵ゲー『天使ノ二挺拳銃』か、もしくは『マスカレード』をやろうかなと思っています。

 というわけで本日の一枚は、デモベからドクター・ウェスト。デモベでは、エルザとこの人のコンビが一番好きです。

060705west


 ところで、ダメ絶対音感のない私には、知っていてもこの人とナノたんの中の人(Prof.紫龍)が同じに聴こえません…。声優さんてすごいな…。

|

« アシさんから絵を強奪 | トップページ | 皮膚服 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/10803728

この記事へのトラックバック一覧です: 『斬魔大聖デモンベイン』ネタバレ感想:

« アシさんから絵を強奪 | トップページ | 皮膚服 »