« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

アフロプラスパラダイス ネタバレ

後藤羽矢子です。

今週のアフロプラスパラダイスに、緑川光氏がゲストに出るというので、拝聴。

前半はデモベ話で後半が咎狗話。デモベはまだやってないので、内容が噛み砕けずちょっと残念でした。私もデモベやろうかなあ…。咎狗話はあいかわらずジョイまっくす(以下ジョイ)のいれこみぶり脱帽。
緑川氏の「咎狗の収録が終わったあと、なんか物足りないと思ったら喘いでなかった」の言葉に吹く。「いや、別に喘ぎたいわけじゃないんですけどねっ」がまたダメ押し的におかしかった…。

そして先割れスプーン氏がゲストの時同様、ジョイが選んだお気に入りのシーンBEST3を緑川氏に演じてもらうという厨的リクエストコーナーが。
「これ普通に演じたほうがいいんですか?それとも笑いいれる方向で…」という緑川氏の言葉に「むしろそっちでお願いします」とジョイ。

かくして、「事後、刀の手入れをするシキとアキラの会話」を栃木弁のシキで。
それに続く会話をオカマのシキ
このオカマのシキがねー…上手かったです。
おおげさなオネエ言葉では全然なく、むしろトーン低め。シキのキャラ性が全然壊れてなくて、それどころか萌えました…。
そして最後は「渇いた水」のエロシーンなのですが、これは真面目に演じてくれました。

…しかし…。
前回は、異様ともいえるテンションでケイスケを熱演したジョイ。そんなジョイが今回はアキラたんを熱演してくれたわけで…そして「渇いた水」のエロシーンといえば喘ぐアキラたんなわけで…
きめえええええええええっ きめえよ!  喘ぐジョイ

いや、ジョイは真剣でした。しかしジョイが真剣に演じれば演じるほど、聴く者の血が下がっていく仕様になっていました。いとうかなこ女史の絹を裂くような笑い声が、心中の引きっぷりを表わしていたような…。

しかし緑川氏は上手い…。そのシーンを演じる前に「(元の演技と)半音下がったりしただけでも「キャラと違う!」と言われたりしますけど、そこはロボットじゃないので若干ズレたりもしますけど(許してね)」と言っていたのですが、全然ズレてなかったです。
やっぱりプロだな~と感動しました。そしてまだシキというキャラとつきあっていきたいと言ってくれたのが嬉しかったなー。というか、やっぱりこれアニメ化の伏線じゃないのか?

そんなわけで楽しかったです。
これで次のお楽しみはコミケ!
本当に10月なんてあっという間に来てしまいそうです。

今日の一枚。
オカマシキさん。

Siki060730

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

今ごろ『完全BLゲームガイド』の話

 松本蜜柑です。

 ただいまシュラバ中ですが、今回、なぜか手が絵のかきかたを忘れてしまっており、大苦戦です。夏コミには2種出したいとか言っていたのはどこの誰だったのか思い出せません…。
 でも、よく考えてみたら、もう机の上がイッパイなので、これ以上本を出しても置けないのでした。すでに前ジャンルの本を持って行くのはあきらめました。それでも、咎狗本も、なにか在庫なくならないと新しいのが作れない状態です。困った…!
 とゆーことに気づいたので、なんかもー、一種類でもいいかなってゆーかむしろ一種類じゃなきゃ!…みたいなナイス逃げ道が、今私の前に。

 そんなカンジで入稿をほぼあきらめかけている2種めは、じつは、ぶっちゃけナノシキ本で、しかもナノたんが女、という、ものすごいビミョーな本の予定でした。よく考えたらたぶんほとんど需要もないです。…はっ、またナイス逃げ道が私の前に。
 まあ、コピー本で10冊くらい作っていくとか、ネットにアップするとかでもいいかなと。

 そんな負け犬宣言はどーでもいい!

 巷ではアフロ+パラダイスの話題で熱いようですが、くやしいことにウチのMacでは聴けません。今までも、後藤さんに聴いてもらって内容を教えてもらっていたていたらくです。リアルタイムで話題に乗れないのは寂しいなー。

 そんな私は、今ごろ『完全BLゲームガイド』をねぶねぶとめくっているのです。
 発売日に後藤さんちにいたので、もうとっくに中身は知っているのですが、知っているがゆえに、買う買うそのうち買うーとか言いつつ結局いまごろになってしまったという…このパターンすごい多くて、たまに買ったつもりになっていてじつは買ってなかったなどというポカが発生するのでヤバいです。
 いや、そんな事も、どうでもいいです。

 それで、この本についてなんですけども、だいたいのところはすでに後藤さんが話してしまっていますし、もともとたくさんのBLゲームのなかのひとつとしての紹介だし、ゲームスチルの抜粋なので目新しいものはない(表紙以外)……のですが、ちょっとだけ。
 エロスチルがグンジとリンたんとシキさんのしかないんですけど、そのリンたんとシキさんのエロスチルを見ていると、あらためて、「あー、兄弟だなあ…!」という気持ちになります。
 リンたんのは、アキラのをぱくっといってるやつ、シキさんのはへそピをねろっと舐めてるほうです。ほら、並べて見ると、金と黒の兄弟が、右から左から…。構図的に対なカンジで、ちょ、このエロ兄弟、ほんと似たもの兄弟ですよ! ちょっとほんわかしてしまいました。
 あと、他の攻略キャラのはないのに、なぜかグンジのエロスチルがある件…。しかもけっこー大きく。
 でもなんか、わかる気がします。だって、このスチルのグンジ、すごい美人さんだから!
 他は、顔が見えてないか、見えててもイッてしまった表情で鉤爪ぶんまわしてて、このスチルではじめて「うわ、このアヒャヒャな人、きれーな人だったんだ!」って思うんですよねー。そーすると、一気に妄想広がるんですよねー。

 ……とか、なんかちょっと、いろいろなつかしい気持ちで眺めました。しばらく咎狗プレイしていないので、そろそろまたアンインストールしてひと回りしたいです。

 と、ここで、淵井さんのインタビューのラメント話についていろいろ感じるところがあったのでそれを書こうとして、実際書いたんですけども、アップする前に削除しました。
 やっぱりラメント関係はマジで語るのはまだ早いかと思いますので。

 とにかくすごく楽しみです。はやくプレイしたいなー。

 本日もろくな一枚はなく、こないだ一部分だけアップした表紙絵のラフに線画だけ書いた状態を。
 

060729doujin


 まだ色も塗っていません。アップできる本文の絵もまだない……。わー、やばいよやばいよ、ペル3とかやってる場合じゃないですよ!

 はっ、そういえば、コノエたんのオサレブーツの話題で、けっこー拍手コメントをいただいていたんでした。でも今日はもうタイムアップなので、次回にお返事いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

咎狗一周年

後藤羽矢子です。

今日は、私が咎狗を始めて、ちょうど一年めにあたる日です。
えっ!ちょっ…もう一年!?とあまりの時の速さに呆然としております。

始めたのは、この日ですけど、フルコンプをしたのは、ちょっと間があいて8月にはいってからでした。何故かというと、最後のナノたんルートがあまり攻略する気になれなかったから…(ひどい!)しかしフルコンプして初めて怒涛の切なさが私に襲い掛かってきたカンジでした。

とにかく、自分は誰がいいのかわからない、みんないい、決められない、こんなこと今までなかったと激しく困惑して、友人のしゃーりーに電話して「私にはヤリマン願望があるのかもしれない…」とバカさ極まる相談をしたりしていました。
しかし咎狗やってる方々は、わりと雑食性の人が多いですよね。きっと私みたいな気持ちに襲われた人多いんじゃないかなあと思います。
みんなホントに好きだなあ。アキラもケイスケもリンもシキさんも源泉もナノも、みんながいてこその咎狗なんだよなーと、すごい初心にかえってしみじみしましたです。

拍手お返事。反転してます。

27日サトミさま ありがとうございます~。やっぱりオヤジにラーメンって合いますよねー。カップ麺食べ終わったあとの容器を灰皿にしてたら完璧です。(侘しい…)

28日4時の方 女体化ですかー!女体化ってキライな人も多いそうだから、ちょっとどうかなーと思ってたんですけど、希望してくださって嬉しいです。またイラスト描きますねー!

今日の一枚。
オンリーで出したコピー誌「ラブなえ」のオフセ版表紙。
中身はバカエロマンガなのに、なんか湿った絵になりました…。

Lovenae3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

食べ物その2

後藤羽矢子です。

前回に続き、今回も食べ物の話題。
前回の記事を書いたあとに、ふと思ったのが、いったい源泉はトシマで何を食べていたかということです。ケイスケルートで、リンに「オッサン、今ソリド持ってる?」と聞かれ「いんや。俺ぁアレは嫌いなんだ。あのいかにも合成して作りましたって味が好かん。何もない時は我慢して食うけどな」と聞かれてもいないのに自分語りを始める源泉。

そのときファーストプレイ中だった松本さんが、ボソリと「オッサン、聞いてへん」と呟き、直後に「オッサンの好みはいーから」と激しくリンがツッコミ。松本さんとリンがシンクロした瞬間でした。
それはともかく、つまり源泉は普段はソリドを食べてないってことですよね。
いったいあのトシマで何を食べて生きていたのでしょうか。
クラブには、ビールやカクテルなどもあったようなので、それなりに物資は流通してるようです。でもやっぱり生鮮食品をトシマで得るのは難しいっぽい。

なんか私が勝手に思ってることなんですけど、カップヌードル食ってたんじゃないかなー。
いや、なんかお湯使うぶん、ソリドより料理っぽいじゃないですか。ENED時代に家にも帰れないくらい忙殺されてたらしいし、そういう時にも白衣着たままズルズルやっているような図が浮かんできます。

その図は源泉自身が若いこともあって、わりとしっくりきましたが、トシマのクラブでお湯もらってカウンターでカップ麺をすする源泉を想像したら一気に萎えました…。
そういえばコミックB'sLOG版では「オイチャンはタバコで足りてる」と言ってました。
もしかしたら一時期の中島らもみたいに、本当に酒とタバコだけで生きてたのでしょうか。
イロイロ謎な男です。源泉。

拍手お返事。反転してます。

23日の方 あーラメントには、同族食いありましたね!どこまで描かれるかわかりませんが、それもすごく楽しみです。食欲は刺激されないでしょうがw

24日の方 トマト味とチーズ味、なんとなくいっぺんに食べてみたくなって…wでも本当に美味しかったので同時食い、マジオススメです。

今日の一枚。
カップヌードル食う源泉。CM風味で。

Motoaki060726_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

夏コミに向けて

 松本蜜柑です。

 ただいま夏コミの原稿中につき、あんまり更新できてません。すみません。
 自分の本は、本当に2冊出せるのか危ないカンジになってきましたが、まあ、コミケではキラルのセットが買えたら満足だ、みたいなカンジです。
 冬コミ時点ではラメントが発売されているはずなので、この夏コミのセットがたぶん咎狗メインになる最後だと思い、かなり鼻息荒く気合いの入っている私です。コミケ当日は、並びに行ける時間が来たらソッコーで並びに行く所存ですよ! とくに、今回は待ち望んでいた淵井さんの咎狗SS総集編が出るので、すごく楽しみです。
 淵井さんの咎狗SSはもちろん全部読んでいるのですが、じつは自分で原物を持っているのはナノたんのだけなのです。ほかのはみんな後藤さんのを横から読んだだけです。これだから、遅ハマリはせつないですね…。

 あとニトロのセットも楽しみなんですが、ニトロはブツより次回作の情報が楽しみです。デモベ組はこないだ大仕事を終えたところだから、きっと次は脚本も原画も別の人だと思うんですけど、私としては、虚淵さんはまあ別格なのでおいといて、奈良原さんの脚本2作目が来たらいいなーと思っています。また剣客もので…! そしてギャグは控えめで!!(重要ポイント)


 えーと本日の一枚とゆーほどのものはないです。
 今ペン入れ中のヴィスキオ本の表紙のごく一部分から抜粋。

060723doujin


 私がパソコンでこれをペン入れしていたら、横からチラ見した後藤さんが叫びました。「チビキャラのチンコくらい描けよ!
 えええっ。
 いや、チビキャラのチンコも描けない、とゆーわけではないんですよ! なにか、隠れてたほうがカワイイかと思って…。
 しかし、漫画とかの絵ヅラで風呂場のおもちゃはあひるが定番なのは、なんでなんでしょうね? 実際に自分は子供の頃そんなもの持ってなかったし、よそんちでも見なかったように思います。
 絵ヅラで定番といえば、四角い紙袋からフランスパンをハミ出させて歩くとかも、実際には見たことないなー、と今日ペルソナ3をやっていてふと思ったのでした。ってペルソナやるなよ。原稿描けよ。

 拍手レスですー。
 20日23時のかた。リビカが人間よりも敏捷性があるというのは、きっとそうでしょうね。しかし、だからってあのヒールで旅は!(笑)
 21日1時のかた。男に女性向っぽいヒールのブーツはかせるのが流行、なのですか! なるほど、知りませんでした。っていうかそれはいったい、リアルの流行なのか、二次元の流行なのか…。でも絵ヅラはとてもかわいいなーと思います。
 22日0時のかた。そうなんですよ、公式トップで気づいてなかった私のバカ…。とくに、ちゃんと絵が出る前のシルエットだとオサレヒールがありありとわかるんですよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ物

後藤羽矢子です。

キラル公式でギャラリー追加。やっとバルドさんがコノエたんのしっぽブラッシングスチルきました!やっぱりこれはいい絵です。コノエたんつま先が丸まっていて、きっとくすぐったいの我慢してるんだろうなあと思います。しかしバルドさんの持ってるブラシでけーな…。

バルドさんといえば、携帯待ちうけで昼時に彼に会いにいくと、昼飯に焼き魚を勧めてくれます。しかし夕方五時ごろ行っても、まだ「昼飯にどうだい?」などと言ってくる…。バルドさんの宿屋のランチタイムはかなり長いようです。

ラメントは、なんとなく食べ物がイロイロ絡んできそうで楽しみです。咎狗は食べ物と言ったらソリドかビトロパンか木の皮という、じつにしょっぱいラインナップですが、ラメントは、トキノの家にも得体の知れない野菜があるし、バルドさんの持ってる料理も美味そうだし、わくわくします。私は創作物のなかの食べ物が大好きなのです。ソリドにしたって、私はうまそーだなー食べてみたいなーと思ってプレイしていました。
あ、そういえば、グリコの「BLANCE ON」のトマト味とチーズハーブ味を一緒に口の中にいれて咀嚼すると、オムライス味ソリド食べてる気分になりますよ。

拍手お返事。反転してます。

21日 サトミさま ありがとうございます~。最近少し男子絵のココロがつかめてきたような…。コノエたんのほうがアキラたんよりちょっと幼いカンジなので、コノエたんのほうが描き易いんですけど、好きなのは男らしいほう…と理想と現実がなかなか融合しないんですけど

今日の一枚。
お魚食べてるコノエたん。

Konoe060722

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

完全BLゲームガイドネタバレ

後藤羽矢子です。

昨日の予告どおり「完全BLゲームガイド」早売りゲットー。
表紙は軍服アキラたんと、「絶対服従命令」のルイーズとキア。
軍服アキラたん、ラフの時より若干かわいめ。なんというかフレッシュさんというか、初めて軍服に袖を通して鏡に自分の姿映してポーズとってみました、みたいなー。
そんな初々しいアキラたんをガン見する、攻めコンビ二人…。完全に狙っている目です。
アキラたん逃げてー!
いや、ここにはいないけど、きっと総帥が近くで見張っていてくれてるはずです。たぶん、きっと。

そして裏表紙は、たたな女史による、キアとルイーズ、そして間に捕まった宇宙人状態のコノエたん…。
見た瞬間噴いた。もしかして、リビカって猫が進化した種族だし、この大きさがデフォルトなの?と思いましたが、目次のとこに「実際のリビカの大きさとは異なります」と書いてあったのでホッとしました。やっぱり人間と同じ大きさがいいよ…。

中身はカラー写真多めで(というか、ゲーム紹介ページはフルカラー)見ごたえがありました。他のBLゲームのこともよく知れてためになりました。
咎狗の紹介ページでは、ガチなエロスチルが、シキさんとグンジだけという、ややバランスの悪いことに。他のゲームはどのキャラもまんべんなくフォローしてるのに…。

ゲーム紹介以外の記事も、たたなさんと由良さんの対談や、淵井さんのロングインタビューなど読み応えたっぷしです。ぜひ買いです!…太田出版の回し者みたいな今回の記事です。

拍手お返事。反転してます。

20日 一時の方 確かにB'sLOGってBLよりも乙女ゲーのほうをフィーチャーしてるせいか、乙女テイストですよねー。でもたたなさんのコラムもあるし、つい買ってしまいます。

6時 ayakoさま あ、やっぱり18禁ダメでしたかー。なんかアニメの記事もあるし、低年齢の腐女子に向けてる雑誌なんでしょうか。

今日の一枚。
猫サイズコノエたんと軍服アキラたん。

Akira060720

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

オサレブーツで旅に出る

 松本蜜柑です。

 今月のB'sLOGを見て、コノエたんのブーツに驚愕しました。
 コ、コノエたん、なにそのオサレブーツ
 命の危険にさらされて、村をおん出てこれから旅立つ、みたいなキャプションつきなのに、そのヒールの高さは…!

060720konoe

 明日をも知れぬ逃避行のくせにえらい優雅な旅立ちですよ。
 バリバリ長く森の中を歩いたり、戦ったり、そういうことをちっとも想定していないかのようなこのオサレブーツ、このビミョーな抜け作テイストに、あーなんかコノエたんてけっこー育ちがいい子なのかなー、とか思ってしまいます。育ちがいいと言っても、お金持ちという意味ではなく、こう、親に愛されてすくすくぽややんと育ったのかなー、みたいな…。

 前にあまりデータのない状態でコノエたんを描いたときには、旅装束なんだからと思って、ワークブーツみたいなイメージで描いてしまいましたが、脳内を修正しておきます。
 コノエたんはオサレブーツ、と……。

 いや、これはすでにもう、公式のTOP画像でもあるあのコノエ&ライ&&アサトの画像なんですけど、そこでは画像の足元がなんとなく暗くて気づいておりませんでした。でもよくみるとちゃんとオサレヒールですね!

 あーなんか、かわいいなあ…。

 なんかもう、なんでもかわいいなあ…!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

B'sLOG9月号ネタバレ

後藤羽矢子です。

B'sLOG早売りゲットー。
今回は初出スチル三枚。
バルドとコノエのエロ…らしきものが一枚。あと一枚もバルド関係。あとはアサコノ。
しかし、毎回思うことなのですが、B'sLOGはエロ関係のスチルをいつも変なトリミングする…。バルコノらしきスチルも下半身部分が思いっきりぶったぎられてます
というかB'sLOGってエロNGなのでしょうか。

あとB'sLOGは、アオリとかキャプションがちょっとハズい…。
バルコノスチルのキャプションが「心休まる甘いひととき…」などと書いてあるのですが、そのバルドがすごい不敵なニンマリ顔で、コノエたんは全然心休まってないと思います。
ラメント以外の記事では、咎狗フィギュア情報もあったのですが、アキラたんフィギュアの写真に「タイプの違う男たちを虜にするのは主人公・アキラ!」などとキャプションがついており、(´゚ω゚):;*.ブッとなりました。
いや、確かに全く間違ってないんですが、もう少し言いようというものが…!マーク使ってまで強調したいことなんでしょうか。
シキはシキで「狙った獲物は逃がさない孤高のカリスマシキ見参!」とやっぱり微妙に恥ずかしいキャプションです。

それでも情報的には満足でした。新しい背景画も何点かお目見えしましたし。
大雨警報のなか、頑張って買いに行った甲斐がありました。
明日は「ボーイズラブゲームガイド」の早売りを買いに行きます。
たとえ大雨でも。

今日の一枚。
トキノ初描き。持ってる瓜は別に特に意味なし。
トキノの自宅画像に野菜が描かれていたので、猫でも野菜食べるんだなーと思って…。

Tokino060719

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

夏コミの思い出

後藤羽矢子です。

夏コミのキラルの販売情報がアフパラで発表されましたね。
SS集が出るというのは、大変嬉しい。私は「渇いた水」の載ってるCool-Bをヤフオクで5000円で落としてしまいましたが、それでも嬉しい。たとえ未来の私があのときの私に「一年待てば、SS集でるよ~」と教えてくれたとしても、一年も待てなかったと思います。

私が咎狗をプレイしたのが去年の7月末。松本さんが咎狗をプレイしたのが8月11日。コミケ直前に二人してどハマりして、夏コミでオフィシャルワークス販売を知り「わー!嘘!絶対欲しい!!」と大騒ぎしておりました。あの夏は本当に熱かった…(遠い目)オフィシャルワークスにしても、一ヶ月ちょっと待てばアニメイトでも売りに出てたのですが、もし事前にそれを知ってたとしても、待てなかったと思う。最近は年寄りになってすっかり辛抱のきくようになっていた私ですが、あんなに我慢のきかない気持ちは久しぶりでした。

そんなわけで、今年の夏コミもバッチリ並ぶ所存です。じつは去年の夏は並ばなかった…。松本さんのご友人に並んで買ってもらったというど外道なことをしてもらったので、今年は自戒をこめて夏の殺人光線をジリジリと受けてきます。
その前に原稿なんですけど…(遠い目)

今日の一枚。
若ナノ

Nano060717

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

ディアプラスポスター

後藤羽矢子です。

新書館の「ディアプラス」というBL雑誌に、たたなさんの描きおろしアキラたんポスターがつくと聞いて速攻で買いに行く。

そして帰宅してさっそくポスターチェック。
…ん?このアキラたん成長してる?
全身に水が滴っているアキラたんがカメラ目線できつく睨みながら、Tシャツを脱ごうとしている図。カッコイイし色っぽいんだけど、なんか25歳くらいにみえます。別人とまでは思わないけど、これは確かにトシマでのアキラたんじゃないのかも。

たとえば…ケイスケED後、仕事を終えて汗びっしょりになってるアキラたんがTシャツを脱ごうとしてふと視線を感じると、ケイスケがアキラたんを視姦する勢いでガン見。「…お前、なにやってんだ」と呆れと苛立ちをこめた視線をケイスケに投げ返す。
というシチュエーションだと思うと、けっこう萌えませんか。
Tシャツがパッツンパッツンなのは、5年のうちに洗濯をくり返して縮んだのでしょう

ところでこの日は公式もイロイロ更新がありましたね。ギャラリーもできたし、夏コミ情報も出たし、わくわくです。
ところでラメントに関して、私はある考えがずっと頭を離れないんですけど。
うたうたいってもしかして女じゃないかなあ。
いや、目だけじゃなく、アゴまで隠しているところがなんか…。それにちょっと鼻の線が柔らかいような気がします。
そんでねー、声というか歌がいとうかなこなの。…そうだったらいいなという妄言がはいってます。スルーしてください。

それにしても、たたなかなさんはラメントもやって、こういうよそに載せる絵仕事もやって、たぶん夏コミのキラルセットにもイロイロ描くだろうし、働きすぎで心配になります。
本当に身体を壊さないでほしいと思います。たたな信者なので一枚でも多く新作がみたいのは本音ですが、やはり息災であることのほうが大事です。
どうぞご自愛、ご自愛を。

拍手お返事。反転してます。

14日 紅真秋さま 開設当時から見てくださっているとは…ありがとうございます。そういえばもうすぐ一周年ですね。記念になんかまたネタっぽいことやるかもです。
アニメ化は、多少クオリティ的に不遇でも、やってほしいなーと思います。もっと咎狗に盛り上がってほしいので~。

15日 9時の方 見ました見ました。たしかにラメントっぽいですね。塗りとかも。私は絵が変わることについては否定的じゃないので、これも全然オッケーです♪カッコイイですよね。

16日 0時の方 絶望イルレに萌えてくださってありがとうございます~。あのコミビズのショック受けてるシキさんのアップが、絶 望した!を連想させてつい描いてしまいました。これからもネタやらエロやら頑張って描きます!

今日の一枚。
毛づくろいコノエたん。

Konoe060716

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

ナイフは2回落とされる

 松本蜜柑です。

 私もコミックB'sLOG8月号の話題をー。
 今回、あまりにもいろいろ萌えやらカワイイとこやらツッコミやらが多すぎて、後藤さんがシキさん中心、私がナノたん中心に、と取り決めをしていたのでした。

 今回、私が一番笑った(&萌えた)のは、二回もせっせとアキラにナイフを届けるナノたんです。
 前回までにアキラがケイスケに貸してうっかり落とされてしまったナイフを、わざわざ拾って届けに来てくれたナノたん……でもそれをまた今度はシキさんにソッコーぶん投げられて窓から落とされてしまうアキラ! またかよ! と思ったら、またまた律儀にソッコーでお届けに来ちゃうナノたん……って、せっかくあげたナイフを、わたしてもわたしても他の男に落とされてしまうので、そーとーおかんむりですよ! その怒りのほこ先は、かわいそうなシキさんに…。
 あのシキさんをバカにする血文字のS、すんごいでっかい(人間の2倍くらいある)し、足場もないから描くの大変だったと思うんだけどいったいどうやったんだろう……と後藤さんに言ったら、後藤さんは「こう、死体もって跳びつつシャシャシャッ…!
 ナノたんの すごい プルミエクオリティ!

 最初、アキラがシキさんに追われて窓際でナノたんと遭遇したときも、ナノたん窓の外にドーンといて、私はてっきり上から直立ポーズで落ちて来つつブアッっと波動拳かなんか撃ったのかと思いました。
 すげえ!あのナノたん落ちながら戦ってる!…みたいな。
 まあ次のページで、細ーい電線の上に立ってることがわかったのですが、なーんだ、そうだよねーとか思いつつ、いやいやそれもすごいですから!

 本当に、もうめっきり人外ちゃんなナノたんですが、あのアキラへのいたれりつくせりっぷりと、シキさんへのバカにしっぷりが、二面性バリバリで本当にかわいいです。これからもシキさんを踏みにじってくれたらいいなーと思います。

 ほかのキャラもいちいちかわいかったー。グンジが猫拾って頭に乗せてるのがすごいかわいいんですけど、でもグンジだと、かわいがった後で殺しちゃいそうでちょっと怖いです。「カギ爪のまま遊んでて、加減忘れて殺しちゃったりとかねー」と後藤さん。あー、ありそう…。「ジジーーー、なんかコイツうごかねー????」「バッカそりゃ死んでんよ…」「えええーーーー??マジー!」みたいな…。猫逃げて! 超逃げて!

 あとオイチャン、ラブホがどーとかって、それは……。


 本当に、コミビズ茶屋町さん版咎狗は、キャラがイキイキしていて毎回全ページ見どころです。11月にコミックスが出るらしいですが、たぶん今のペースだと1巻完結ってことはなさそうですから、最低でも2巻…だとするとあとゆうに半年くらいは楽しめることに。とか考えるとウキウキします。

 ラメントももちろん楽しみではありますが、まだまだ狗もねぶり足りません。もっと私に狗分を与えたまえ…。

 というわけで、本日の一枚はナイフ落とされておかんむりのナノたんです。
060714nano

 拍手レスですー。
 9日1時のかた。おー。九朗の恥丘ギリギリ衣装、見ていただけましたか!すごいですよねー。にしーさん…。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

コミックB’sLOG8月号ネタバレ

後藤羽矢子です。

コミックB'sLOG8月号ゲット。
早売りをすでに11日の昼に買ってたものの、更新が間に合わず。言いたいことがありすぎて転げまわっておりました。

今月は源泉もかなりおいしかったですが、やっぱり耳的にはナノシキアキラ祭でした。
ハンターの目をしながら、じつに嬉しそう~にアキラたんを追い詰めるシキさん。
シャワーで濡れ濡れのアキラたんとシキさん。
アキラたんを負け犬負け犬とエッラソーに嘲った直後に、ナノたんに盛大なギミックを用いて負け犬呼ばわりされ、ガーーーーーーーンと見開きどアップでショックを受けるシキさん
ここマジで笑いが止まりませんでした。やっぱりナノシキはいい!しかしこのへんのことは、たぶん私より松本さんのほうが100倍語れるので彼女にお任せします。

それにしても。
コミック版はおそらく誰ともラブに突入しないと思われますが、だからこそ逆にどのキャラともほんのりいいカンジになっています。
もし個別ルートだったら、シキさんとのやりとりも、ナノたんとのやりとりも源泉とのやりとりもすべてもうフラグがたってる状態ですよ。
しかし、一番あからさまなリンのアプローチがことごとく空振りなカンジなのが、またおかしくも切ない…。あー、あとケイスケもおバカさが増しててカワイイんだけど、なんかあんまり鬱屈してなさそうに見える…。アキラがもしきついこと言ってもあのファンシーな顔に縦線いれただけで済ませてしまいそう。ホントにケイスケ黒化するのかな。もう今のケイスケカワイイから黒化しないでもいいよ。ムリか…。

あ、あとこれは、完全な憶測なんですけど。
源泉が盗み見た書類にあったENEDのロゴ。コマの下にシーNitro+CHiRALと書いてあって、つまりこのロゴはキラルが作ったってことですよね。
こんなものを今さら作るってことは、ひょっとして新しい展開がある?アニメ化の噂ももしかしたら本当?とかなり穿ったことを考えてしまいました。まあ憶測ですので聞き流してください。

他にもアキラたんの寝顔がカワイイだの、子猫を頭に乗せてるグンジがカワイイだの、マスターにナイフのカバーに変な装飾品つけられて青ざめるアキラたんがカワイイだの(全部カワイイかよ!)本当に今回も全ページみどころです。
来月も楽しみです。

拍手お返事。反転してます。

11日の方 ありがとうございます~。本当にカードいれ戻ってよかったです。人の情けが身にしみます。それと確かに咎狗猫科の人ばっかりですね。リンも雄猫って呼ばれてたし。犬はケイスケぐらい?

13日の方 私もついついシラスうめーんだーとか口ずさんじゃうんですよ。英語の歌詞全然わからないもんで…。

今日の一枚。
さよなら絶望イルレ

Siki060713

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

ソラミミ

後藤羽矢子です。

カード入れは、次の日新宿駅に届けられていました。日本はいい国です…。

ところで以前の記事で「STILL」のサビの部分が「シラスうめーんだ~シラス(・∀・)イイ!!  」というふうに聴こえると書いたのですが、咎狗のサントラのトラック3の曲が、私には「早くどんどん♪早くどんどん♪早くどんどん」と聴こえるのです。
仕事しながらこれを聴いていると、精神的に追い詰められてうわあああああとなります。 …嘘だよ。(バルド@携帯待ちうけ)

あとトラック4の曲、メロディに「…フー…スー…フコー…」とどう考えても寝息みたいな音がかぶさってくるんですけど。この曲は眠ったアキラたんが過去にナノと会った夢をみるときに流れるのです。つまりこれはアキラたんの寝息と考えていいのでしょうか。アキラたんの寝息といえば、シキドラマCDの寝息たてるアキラたんは可愛かったなあ。
本編では聴けないので、アレはけっこうなお得感でした。

しかも面白い。
アキラ「…俺は誰のものでもない。俺のものだ」
シキ「そうだ…。それでいい」
   間
シキ「おい
アキラ「スー…クー…

なんか絵にしたら、シキさんがフッと決めゼリフを吐いたのに、アキラたんはスルーして眠っててシキさんが「うぉい!!」ってなってるような場面が浮かんできます。
この場面は何度聴いてもシキさんのマヌケな可愛さに笑いがこみあげてきます。
こういう製作側の意図とはずれたシチュに聴こえてしまうのも、ある意味ソラミミと言えなくもないかもしれません。(強引なシメ)

ところで。
ココログが11日の14時から13日の14時までメンテを行います。
丸2日もメンテって…どーなの…と思いますが、現在ココログのサーバーが激重で、更新するのに一時間もかかってしまうという状態が続いているので、それが改善するなら、まあしかたないかみたいな気持ちです。
そんなわけで、明日から2日ほど更新が途絶えます。ご了承ください。

拍手お返事。反転してます。
8日 B&Wさん そう!なんかケイスケのほうが綺麗好きでアキラのほうがずぼらなカンジしますね~。何日も同じシャツ着っぱなしみたいな。アキラの汚れ物を脱がしてのしかかるのもアリですが、ひっそりと汚れ物の匂いを嗅ぎまくるのもいいと思います。

今日の一枚。
眠りながらのびするアキラたん。

Akira060710_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

ありえない話

後藤羽矢子です。

ただいま、お友達のしゃーりーの家にいます。
お引越しをした彼女の新居を見るのと、液晶ペンタブレットと、フォトショップCS2の使いごこちを試すためでした。(こっちメインぽい)

ところが私は、ロマンスカーに乗って新宿に行くまでの間に、クレジットカードのはいったカード入れをどこかに落としてしまったのです。
あ り え な い ! ! !

新宿駅でそれに気づき、途方にくれる私…。カードとサイフを別にしておいたのは幸いだった…。いやいっしょにしておいたら落とさなかったか?
とにかく、パパンのケータイに電話をかけ、カードはすぐに止めてもらったので、とりあえずは事なきを得たのですが、カードいれにはまだ二千円ぶんくらい残ってるSuicaや市民I・Dカードなども入っていたので、どんより気分に…。

こんな時、人は自分よりマヌケな者を思い出し、心の均衡を保つものですが、私はコミックビズログ版のケイスケのことをずっと考えていました。アキラたんから借りた大事なナイフ落とすなよ!しかもあんなデカいもの、落としてすぐに気づかなかったのかよ!とかイロイロ思ってましたが、悲しくなってきたのでやめました。

しゃーりーは「大丈夫。よくあることだよ」と慰めてくれました。
彼女もそうとうマヌ…いえドジっ子で、先日もオートロック式のマンションなのに、鍵を忘れて出かけてしまい(しかもエレベーターに乗るのにも鍵をかざして認証させないといけないという…)夜中だったので管理人も帰っていて途方にくれたとのことです。

そんなわけで(どんなわけだ)今日の一枚は、しゃーりー宅で描いた女体化ナノたん。
フォトショCS2は7.0とあまり変わりません。液晶ペンタブはすごい熱を放射するので描いているうちに手が熱くなってきます。描き心地はとてもよかったです。

Nano060708

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『天使ノ二挺拳銃』スタート感想(ネタバレなし)

 松本蜜柑です。

 『天使ノ二挺拳銃』を開始しました。

 が、こないだの記事で「唯一未プレイの虚淵ゲー」と書いたら、虚淵ゲーではないとの突っ込みが…。うおっ、はずかしっ! 今まですっかり勘違いしてました。公式に行って確認してみたら、むーたろう/小形修一さん、となってました。ごめんなさい。
 もちろん、虚淵ゲーじゃなくても、そのうちニトロゲーはすべてプレイ予定なので、べつにいいといえばいいのです。
 しかし、あと一本虚淵ゲーが残ってると思っていたのが違ったとなると、もう虚淵ゲーは同人の『浄火の紋章』までも含めてやりつくしていたことになってしまいます。
 なんだか知らないうちにあると思っていた貯金が底をついていたような寂寥感がします…。

 それはそれとして、天二をとりあえず2〜3時間やってみたのですが、なんとゆーか、こりゃめっちゃ『ベルリン天使の唄』だー!
 いえ、パクリとかじゃなくて、『沙耶の唄』が火の鳥だったみたいな、まああれです、インスパイアですよね。たぶん。

 『ベルリン天使の唄』は、あまり映画をみない私がえらい昔に劇場で観た数少ない映画の一本です。一般にはともかくおたくにはメジャーな作品だと思うので、説明するまでもない気もしますが、ちょっとうらぶれたコート姿のおっさんの天使が人間の女に恋をする話です。とにかく映像が美しく、モノトーンで描かれるおっさんの天使がどっか塔の上から人間界を見下ろす姿がステキでした。
 天使が空から人間界を見ている。人間には天使の姿は見えない。天使は人間に干渉できない。天使は見ている。ただ見ているだけ。同僚の天使は彼を止めるが、彼はどんどん人間に興味をもちはじめ、人間の女に恋をする。もちろん天使が人間に恋をするのはタブーだけども、実際そのタブーを破るとどうなるかは、天使自身にもわかっていない。
 …みたいなカンジ。ねー。
 『天使ノ二挺拳銃』とは、もちろん違う設定もいろいろありますが(銃とか終末っぽい世界観とか)、イメージはここからなんだろーなー。それもたぶん私などが今さら言うようなことでもないんだと思います。

 『天使ノ二挺拳銃』も、雰囲気はすごくステキです。
 中央東口さんの絵も、静かに滅亡しつつある世界と、生きている人間に干渉できず見ているだけの天使たち、という、静かできれいなイメージにぴったりです。
 ニトロの中ではあまり評判よくなかったみたいですが、今のところは私は好きなタイプなので、先が楽しみです。最後まで楽しかったらイイナ!(マイメロ)
 一ルート終了したころにまた感想を書きます。


 そーいえば昔、某ジャンルの同人誌で『ベルリン天使の唄』のイメージをちょっといただいてパロを描いたことがあるんですが、その時は某警察ドラマの黒コートオールバック三十路男が天使でした。ちょっと使ってみたい設定ではありますよね。同人ごとき一緒にすんなと言われそうですが、同じものにインスパイアされてる作品を見ると、あー同世代かなーとぼんやり思ってしまいます。

 とかなんとかで、本日の一枚は天二のヴィムさん。中央東口さんの男キャラってみんな受っぽいなー。と思うのですが、どうか。

060708tensi


 拍手レスですー。
 6日0時のかた。そんなわけで、すみません、天二も虚淵シナリオだと勘違いしてました。ご指摘ありがとうございましたー。
 6日2時のかた。九郎の超恥丘ギリギリデザインの衣装は、ぜひご自分でプレイなさってごらんください。一見の価値ありですよ。

 あーそれからずっと告知忘れてましたが、こないだの新刊シキアキ『歳月、君を待つ』がとらのあなプリンセスサイドさんとリブレットさんに入っていますので、よろしかったら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

皮膚服

後藤羽矢子です。

ケイスケEDでアキラとケイスケのツナギの下のシャツが5年まえと同じというのは、咎狗のツッコミどころとしてわりとメジャーかと思われます。
本当に同じものか、それともこだわりがあって同じものを何着も持ってるかは、意見の分かれるところですが、私は全く同じものに一票。

ずーっとずーっと同じシャツを着ていると、だんだん生地が薄くなってきて、着ていることすら忘れてしまうような、なんとも軽やかな着心地のものになります。
これを俗に皮膚服というそうです。皮膚のような一体感があるからだそうです。

自分事になりますが、私もかつて5年くらいひとつのTシャツをヘビーローテーションで着続け、しまいにはガーゼのようになって、庭に干していたら隣のおばあさんに「これぁ、何よ…?」と怪しまれた過去がありますが、それほど皮膚服というのは、気持ちのいいものなのです。

オシャレに関しては、アキラよりケイスケのほうが関心度は上かと思われます。
アキラはオシャレとかには興味なさげですが、本体の品質がいいので、多少ダサいものを着ていても見場が落ちることはありません。あの髪にしたって伸びてきてジャマになったところをハサミでジャキジャキ切って、あちこち跳ねまくったのではないかと思われます。
だって美容院に行ってるアキラたんなんて想像できない…。
でもアキラたんなら、そんな頭もオシャレでやってる?と思われることでしょう。

まあそれはともかく、ケイスケとアキラの同棲生活では、衣食住の衣の部分はかなりケイスケが管理してるんではないかと思います。(ここから妄想過多になります)
しかしケイスケが新しいシャツとか買ってきても、アキラたんは例のシャツばかり着続ける。ケイスケが問うと「まだ着られるのに勿体ないだろ」そしてケイスケもアキラにつきあって、古いシャツばかりヘビーローテーションしてるうちに、皮膚服の快感に目覚めていく…。とかだったら面白いな。

たんに貧乏で服が買えないという可能性もありますが、それはなんかシャレにならないのであまり考えたくないです…。

拍手お返事。反転してます。

4日 サトミ様 公私混同もはなはだしい職場ですね。我ながら…。松本さんと二人だけの時は咎狗のドラマCDかけてたりして、さらにイヤな職場になっております。

今日の一枚。
雨降りで洗濯したジーンズが乾かず、部屋でパンいちアキラたん。

Akira060706

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

『斬魔大聖デモンベイン』ネタバレ感想

 松本蜜柑です。

 ようやくデモベ終了しました。
 『機神飛翔デモンベイン』じゃありません、『斬魔大聖デモンベイン』のほうです。遅いことは牛(ry
 今回の感想はネタバレありです。
 

 一気にプレイしたわけではなく、何度も途切れ途切れに進めていたからということもありますが、そうでなくとも長い話でした。
 ルートは攻略キャラ3人ぶんで大きく3つあり、そのひとつひとつが長い長い。ボリュームという点では、誰も文句のつけようがありません。

 前回、アルとライカさんルートまで攻略した時点で、ある程度の感想は述べており(2006年4月12日)、全体の印象はそのときと変わりません。
 結論から言うと、おもしろいし、人様に十分おすすめできるけど、私個人的には、あまり萌えないし心に響かなかった……という印象です。
 でもそういう、心に響くかどうかなんてことは、個人的好みの問題なので、デモベのどこが悪いというものではないです。

 今回はようやく覇道瑠璃を攻略したわけですが、なにかこのルートが一番いろんな脇キャラの活躍が見られるというか、あっちこっちでいろんな人の見せ場があって、あー、これは瑠璃が攻略キャラ中唯一の一般人であり、主人公九郎と一緒になって戦う戦力を持たない、バックアップする側の人間だからかなー、と思いました。

 とくに、他ルートにはない、ジョン&パンチ………じゃなくてトミーとマツ………じゃなくてタカとユージ…………でもなくて、えーと誰だっけ、あのデコボコ刑事コンビの奮闘が嬉しかったです。やっと警部さんの本気キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
 こういう人、本気出したらじつは強いっていうのがお約束なんだけどなー…本気出すとこは描いてくんないのかなー…とやきもきしていたので、非常にすっとしました。
 でももーちょっと激しく活躍してくれてもよかったのに……とは思うものの、それはまあ、ただの人間が魔術師であるアンチクロス相手に、対等にやれたら嘘くさいというものなので、しょーがないですよね。この刑事さんたちの存在は、おおむね人間のはるか頭上でなんか知らんがジョーシキぶっちぎりの闘いをしている魔術師たちとは対照的に、地を這うちーさいちーさい人間たちの戦いへのかかわりかたをかいま見せてくれて、よかったなーと思います。
 あーなんか今、公式を調べたら、名前はストーン君とネス警部でした。(自力で思い出してやれよ!)

 それから、ティトゥスと執事のウィンフィールドさんの第3ラウンドキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
 すぐ上で「ただの人間がアンチクロス相手に対等にやれたら嘘くさい」なんて言っておいて大変アレなんですが、このウィンフィールドさんはマジ嘘くさいほどにただの人間の範疇をぶっちぎった強さで、アンチクロス相手に対等にやってくれましたが、それはそれでイイ! まあ、こっちは人間vs魔術師と言っても、それ以前に、武人の魂の対決ですから。人間でありつづけた武人の強さvs人間を捨て剣を汚してまで強さにしがみついた武人の弱さ、という構図なので、対等に戦ったあげくに人間が勝ってもいいんですよ! 嘘くさくてもいいんですよ! 燃えるんですよ!
 前二つのルートでは最後だけ九郎においしいところもってかれちゃって、どーしてそこで執事さんと闘わないのか、死ぬなら執事さんと戦って死ねよティトゥス! と不完全燃焼だったので、胸がすきました。

 ストーリーは、やはりアルが本道、ライカさんは脇道、瑠璃は正道、みたいなカンジですね。瑠璃ルートにはアルのルートではわからない九郎の過去の謎の種明かしなどもあって、面白いです。
 もっとも、いろいろあったけどラストで皆全部忘れちゃって(あるいはなかったことになって)普通の暮らしを最初からはじめましょう……というパターンの話は、せつなくも美しくキレイに決まるのはわかっているんですが、個人的にはあまり好きではないので、少なくとも主人公くらいには戦いの記憶や皆が一生懸命だったことを忘れて欲しくないなーと思ってしまいます。
 とゆーわけで一番好きなルートは、アルの神エンドです。

 それはそうと、Niθさんの男絵は、なぜああもいちいち全員ムキムキしているのか。
 マギウススタイル(戦闘時)の九郎や武闘派のアンチクロスのみなさまがムキムキしているのはしょうがないとして、しょぼい探偵である普段の九郎…もまあ探偵は肉体労働だし…と百歩譲ってこれもしょうがないとしましょう。
 しかし何度も何度も「少年のような」とか美しさをやたら強調されるマスターテリオンの、あの腹の昆虫のような肉ブロックは…!
 そしてマッドサイエンティストなドクター・ウェストの、白衣を脱いだ腹のブロックは…腕の隆々とした筋肉は……!
 先日のチャットでも、Niθさんの描く男のチンコのでかさについてちょっと話題になったりしたのですが、とにかくNiθさんの男体はいろいろもりもりしすぎています。いいえ、もりもりがキライなのではないのです。もりもりなキャラもいていいいのです、むしろいて欲しい、ぜひいて下さい。でも、全員もりもりというのはちょっと…。
 Niθさん、たたなさんにチンコもっとでっかく描くようにせまったりなさるより、ご自分のお描きになるチンコ(と筋肉)をもうちょっと抑え目にお願いしたいのであります……。

 あと、マスターテリオンのお衣装ですが、かなり股間の切れ込みがヤバゾーンまで達しており、うっかりすると毛が見えそうな位置まで開いていらっしゃるので、私、ハラハラして何度も目をこらして覗いてしまいましたが、よく見えませんでした…。大導師はプラチナブロンドでいらっしゃるから、ちょっとぐらい見えてもわからないのでしょうか。
 と思ったら、アルの神エンドでの九郎の衣装が、マステリもびっくりの超恥丘ギリギリデザインで、私もびっくりしたのしないのってどっちなんだ。
  思うにあの世界では、男が人間を超えた存在になってしまうと、衣装が股まで裂けるお約束なのでしょうか。でもそんな九郎の毛もいまひとつよく見えませんでした。九郎はマスターテリオンと違って黒髪なので見えそうなものなのに………………………………あーまさか剃…っ……。

 でもNiθさんの描く絵は男も女も華がありますよね。
 (て、とってつけた感ありありの〆ですが、本当です)
 個人的には、中央東口さんの地味な味わいのほうが好みではあるのですが、Niθさんの華やかさはパっと目をひいていいなーと思います。

 そんなこんなでデモベ終了です。

 次は唯一未プレイの虚淵ゲー『天使ノ二挺拳銃』か、もしくは『マスカレード』をやろうかなと思っています。

 というわけで本日の一枚は、デモベからドクター・ウェスト。デモベでは、エルザとこの人のコンビが一番好きです。

060705west


 ところで、ダメ絶対音感のない私には、知っていてもこの人とナノたんの中の人(Prof.紫龍)が同じに聴こえません…。声優さんてすごいな…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

アシさんから絵を強奪

後藤羽矢子です。

先日、激ありえない夢をみました。
槙原敬之の新曲のPVの素材に咎狗が使われている夢でした。;`;゙;`(;゚;ж;゚; )
歌はなんだか切な系の曲で、それに合わせて線画のみでわずかに一部に青い色のついたシキアキが荒いコマ落としで寄り添って歩くアニメーションがかぶさっていて、それを仕事場で観ていた私は、アシさんやら松本さんがいるというのに、感動のあまりボロ泣きしてしまうという夢でした。
痛 す ぎ る !

ラメント情報も出てわくわくしてるのも本当ですが、やっぱり私はまだ咎狗に飢えているんだなあと目覚めてからしみじみしました。

話変わって。
先日、アシさんが咎狗を始めたとのこと。
私は「クリアしたらアキラたんの絵、描いてね」と一方的にハナシをつけてたのですが、彼女も日々多忙らしく、最初リンルート、そのあとシキルートをクリアしてから、なかなか先に進めません。彼女が仕事場にくるたび「……(ためらい)咎狗終わった?」「い、いえまだです…」などという会話を何回かくり返し、とうとう私は仕事中だというのに「アキラたん描いて!」と彼女に原稿用紙とオフィシャルワークスを突きつけました。
「あの私、まだ一度も描いたことないんですけど」という彼女に「じゃあこれで練習して」とコピー用紙を何枚か渡しました。
菩薩のように優しい私の(自分で言うな)こんな厳しい一面を彼女は初めて見たのではないでしょうか。

一時間後、「これでいいですか?」と下描きを持ってきた彼女に「んー…アキラたんは、もっと髪の毛がこうハネてるんだよね」と容赦なく添削をする私。傍でそれを見ていた松本さんが「な、何様だー」と叫び、空間は混沌としていきました。
こうして絵を強奪したわけです。
彼女はいまのところシキED3が萌えたと言っておりましたが、松本さんのように最後でどんでん返しのようにナノに激ハマり、みたいなこともありますし、早く彼女がクリアして咎狗ハナシをできればいいなと思っております。

拍手お返事。反転してます。
30日9時の方 女体化ナノに萌えてくださってありがとうございます。ちょっとロリ過ぎて自分的にリベンジしたい気分です。もうちょっと飄々として人を食ったような女体化ナノが描きたいです。

今日の一枚。アシさんから強奪したアキラたん。塗りは私。カッコイイな!

Akira060701

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地下鉄がどこから入ったかは知っているけど

 松本蜜柑です。

 キラルオンリーイベント開催するんですって!(宴2
 心待ちにしていたので、すごく嬉しいです。楽しみで楽しみで夜も眠れません。

 しかしまあ、その前に夏コミです。
 スペースもらえたからには、はりきって本をつくらねばなりません。今回は、普通にアキラinヴィスキオのギャグ本と、もしかしたらちょっと頭のおかしい本が出るかもしれません…。そのあたりは、ハッキリしましたらインフォメいたします。
 そして自分の本よりなにより、キラルセットがどーゆーものか気になって気になって夜も眠れません。
 例の軍服アキラたんはキラルセットの仕込みではなかったですが、なにか一枚でもたたなさんの咎狗描きおろしがあればいいなー。ラメントも楽しみですが、そっちはこれからいっぱい新しい絵を見られるから、やはり咎狗の描きおろしが欲しいなー。

 そしてそして、キラル公式のほうで、ラメントのキャラのバストアップなどがいっぱい追加されて、いよいよ感が増してまいりました。今まで公開されていたのと違う角度のバストアップを見ると、自分がフライングして描いていた憤怒のラゼルさんとかけっこービミョーな髪型とか違ってたな、と反省しました。
 ルックス・デザイン的にはラゼルさんとバルトさんが好きです。今まで公開された情報からうかがえる性格的にはアサトが好き…かな?

「アサトって、ケイスケからウザさを抜いたみたいな子かな?」
 と後藤さんに言ったら、
「ひどい! あ、じゃあライさんはシキさんから電波を抜いたみたいなんかな?」
 て、おめーもひでーよ!

 まあ、あんまし咎狗キャラとラメントキャラを重ねて、誰と誰が似てるとか言うのは、いい事ではないとは思いますので、ファーストプレイ時にはなるべく素の状態で臨むつもりです。
 咎狗のとき、最初キモキャラだと思っていたナノたんに思いっきりハマった前例もありますし、思い掛けないキャラに心奪われたりするのも楽しいですよね!

 とにかく、ラメントはどんなんだろうと想像すると、気になって気になって夜も眠れません。

 これから、夏、秋、冬と、眠れない夜が続くのが、嬉しくて楽しいです。もっとにぎやかになーれ!

 とゆーわけで本日の一枚は、淫靡たん…のつもりで描いたんですけど普通のアキラたんと大差ないですね。もちょっと細く描くべきか。

060702akira


 拍手レスです。
 30日6時のかた。アホウなエロ待ち受け妄想に、受けてくださってありがとうございます。これからも妄人(@クーロンズゲート)よろしく24時間妄想パワー全開でいきたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

マスカレード感想ネタバレその2

後藤羽矢子です。

キラル公式でキャラクターページの更新があったにも関わらず、今日はマスカレードの話題です。あ、でもひとつだけ!フラウドさん可愛すぎる!なに、そのうふふみたいな微笑み…。そばにあるお花がよく似合うこと…。

で、まあ。マスカレードなんですけど。
前回の記事でも書きましたが、エッチシーンは多いけど全然萌えない。特に異物挿入のシーンは、トロフィー、鉛筆、試験管、縄跳び、ピンポン玉、アルトリコーダーなどじつに多彩にぶちこめるのですが、あまり嬉しくない…。やっぱり私はぶちこむのならチンコがいいです。しかしCGを埋めるために頑張って、6人にせっせとぶちこみました。
だいたいこのイベントにおいて入手できるアイテムは最高で3つ。そして一人1アイテムしか入れられませんので、ロードしては何回も何回もそのイベントを繰り返すことになります。

そして私は誰に何を入れたのか、ごっちゃにならないように表を作りました。
「えーと…刑事にピンポン玉いれてー…姫原に試験管と…」などと呟きながら世界一情けないリストアップ作業をしていました…。

しかし、萌えがないわけではないのです。
いじめっこ姫原は、じつはヒロシが好き。そしてヒロシも姫原を「こんなに酷いことされてるのに…何故なんだろう。キライになれない」などと憎からず思っています。
序盤、まだ人質が、ヒロシ、姫原、先生だけの時に、犯人はヒロシに「どちらかを選んでやれ」などといきなりキツイ選択を強要。

ここで先生を選ぶと、もちろん先生とやることになるのですが、先生はバツイチではあるものの、男性経験はまったくなし。「ど、ど、どうすればいいのか、わからない」とキョドりまくります。ヒロシがおずおずとリードしつつ、なんとか挿入するのですが、下手なものだからヒロシのケツは切れてしまいます。
それを見ていた姫原は内心穏やかではありません。
「バカっ…そんないきなり突っ込んだら…」とヒロシを心配し「点野のヤツ、何やってんだ…」と苛立ちを隠せません。その姫原…萌え…。

そして逆に姫原を選ぶと。
表向きは、ただのクラスメートですが、じつはすっかりできあがってる二人なので、先生や犯人の目の前というとまどいはあれど、比較的スムーズにことは進みます。
ヒロシ「ぼ、く、や、あっ、ああっ──ぁっんん、こ、んな、あああっ」
姫原「……ッ、はあっ、はっ──中…動いてる…、うっ…はあっ……っく、ぁあっ……!」
とあいかわらず喘ぎ長めで盛り上がっていきます。
虐待目的でやらせたのに、すっかりいいカンジになられて、
「やめろ!!」バーン!(机を叩く音)
と犯人もブチ切れです。

とにかく私は、姫原×ヒロシの極限下のなかの共有関係が萌えどころでした。
その後のフェラチオ合戦で姫原と組むことになったとき、ヒロシがこそっと「よかったね。僕たち慣れてるから…」と囁いたときに少し呆れる姫原もカワイかったです。

大人組は、人質になるルートでは、なんだかいいとこなしですが、人質にならないルートでは俄然萌えを発揮します。
その話はまた後日するかもしれません。(しないかもしれません)

今日の一枚。
オナニーさせられるヒロシ。
エロなのでサムネ。

Mask060630

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »