« 意外な場所で意外な人と | トップページ | 大後悔時代 »

2006年5月18日 (木)

悲しみの布教その2

後藤羽矢子です。

友人に咎狗を布教しようとして、負け戦だった話を先日しましたが、その友人からメールが来て「キミの本を読んでちょっとハマりそうになったけど、読書中にキミの顔がちらついてなんとか踏み止まれた

踏み止まるなよ!

まあ確かに近しい人間の書いたエロは、あまり没頭できないものではありますね。
しかし感触よさげなので、今後も隙を見て布教しようと思っています。

ところで今日はイトコが家にやってきまして。
イトコは、一般人よりはアニメや漫画を嗜む人で、一般の人からは「オタク~」と言われ、オタクの人から見れば、全然ぬるいという微妙な立ち位置にいる人です。
そして彼女は私が咎狗にハマっているのを知っています。

私が流しっぱなしにしている咎狗スクリーンセーバーを見て「いいね。私も何かこんなふうにひとつのことにハマってみたい」などと呟くイトコ。
一瞬、彼女を巻き込もうかと思いましたが、そもそも彼女はボーイズラブ系はまったく未経験なのです。さすがにそんな人に薦めるのはちょっと憚られる気分です。

スクリーンセーバーがオープニングムービーバージョンになった時に、イトコが「どれが主人公なの?」と聞くので「どれだと思う?」返すと
「この仮面の人?」
な ん で だ !
違うと言うと、画面を見つめて「あ、この人でしょ!」とリンを指差す。
「違う!この人」と私がアキラたんを指差すと、彼女は「え…なんか普通の人だね
帰れ!ウソですウソです。

このようになかなか布教というのは、ままならないものです。

拍手お返事。反転してます。

17日サトミさま あの講座すごく勉強になってますよ~。Ctrl押しながらレイヤークリックはすごく便利です。まだ全然フォトショの機能噛み砕いてないなーとしみじみ…絵の完成、楽しみにしております~。

今日の一枚。
openCanvas私も使ってみました。ペン入れはopenCanvasでしたのですが、お、重い…。
何故?サトミさん軽いって言ってたのになーと悩んでたのですが、相方の話によれば、(あくまで予想ですが)うちのパソはハイパースレッティングといってデュアルCPUの真似事ができるのですが、フォトショップはデュアルCPUに対応しているけどopenCanvasはしてないんじゃないかとのこと。そんなわけで途中で重さに耐え切れずフォトショに乗り換えて塗りました。力尽きて激しく投げやりに…。でもいろいろなブラシがあるので、がんばってまたチャレンジしたいと思います。

Akira060518

|

« 意外な場所で意外な人と | トップページ | 大後悔時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/10132520

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しみの布教その2:

« 意外な場所で意外な人と | トップページ | 大後悔時代 »