« 『斬魔大聖デモンベイン』中間感想(ほぼネタバレなし) | トップページ | 青海で鳥海 »

2006年4月13日 (木)

コミックB’sLOG5月号ネタバレ

後藤羽矢子です。

コミックビズログ5月号ゲット。

今回はイロイロ笑いどころが多かったです。羅列していくと

さかさまになって奇抜に登場したのに、シキさんに華麗にスルーされるグンジ。

シキさんの「人の話を聞け」というツッコミ。シキさんの口からこんな台詞が出るなんて!
その台詞、周りの人はみんなシキさんに言いたいと思います。

こんな状況下にあって「やっぱいまの平和が一番」などというケイスケのおめでたさ。

またも野良猫にびびらされるアキラたん。

ビトロの異様にやる気なさげな部下たち。

「およげたいやきくん」の替え歌を歌うグンジ。即興でアレンジを加えつつ歌ってるのがまたいい。

そしてカワイイポイント。

ケイスケに手持ちのナイフを渡し、「俺はいい…接近戦ならブラスターで慣れてる」と言いつつ、手をグーパーグーパーと握ったりひらいたりするアキラたん。

帰り道がわからないから帰れないというケイスケに呆れるあまり、ゴミ箱につまづき、そのまま座り込むアキラたん。

「俺アキラを守るよ」と意気込むケイスケに、「どうやって?」と露骨にため息をつくアキラたん。

リンにアキラとの仲を羨ましがられてテレテレになるケイスケ。

グンジに絡まれやり過ごすものの、魂抜け気味になるケイスケ。

源泉を紹介され「フツーの人間もいるのか…」と考えるアキラたんのファンシーすぎる顔。

ビズログ版は、皆さん表情がすごく豊か。シキさんはクールビューティーなのであまり変化はないですが、グンジもケイスケもリンも表情がくるくる変わって生き生きしてて可愛くて可愛くてしょうがないです。本来表情の乏しいアキラにしても、呆れたり驚いたり緊張したりとすごくバリエーションがあって、上手いなーと唸ってしまいます。

そんなわけで今月も堪能したんですけど…。
本来なら今月はMAGAZINE ZEROが出るはずだったんですよねー…。
しかも咎狗が表紙の予定だったんですよねー…。
ケイスケが黒化したとこで続いてて、すごく先が楽しみだったのに、出版社倒産の憂き目にあうなんて…。
こっちのコミカライズも大好きなので、このまま宙に浮いて欲しくないです。
たぶん、よその出版社が連載を引き取るということはないと思います。
出るとしたらラストまで描きおろしてコミックスを別の出版社で、という形になるんじゃないかと思います。
イロイロ大変かと思いますが、なんとか完結してもらいたいです。

今日の一枚。
ちょっと描いてほったらかしておいたラフを清書。

Akira060411_1 

|

« 『斬魔大聖デモンベイン』中間感想(ほぼネタバレなし) | トップページ | 青海で鳥海 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/9562887

この記事へのトラックバック一覧です: コミックB’sLOG5月号ネタバレ:

« 『斬魔大聖デモンベイン』中間感想(ほぼネタバレなし) | トップページ | 青海で鳥海 »