« HP | トップページ | 業務連絡 »

2006年4月29日 (土)

ぱふ6月号ネタバレ

後藤羽矢子です。

ぱふ6月号ゲット。表紙がラメントだとは思いませんでした。ぶらーんと逆さまになってるアサトが可愛すぎ。ちょっとした仕草も猫っぽさを意識しているんだなーと感心しました。

そしてたたなさんのインタビュー。特集が「今日から始める絵師の道」ということで、絵師を目指す人たちへのアドバイス的な内容だったのですが、すごかったなあ~。
なんというか、たたなさんが目指すものがすごく高いところにあるというのがわかる。
そして色んなものが「わかってる」というか「見えてる」。
特に唸ったのが(一応反転) 「「人を惹きつけるものとはなんだろう」ということを直感だけでなく理屈でも説明できるくらい、しっかりとした考えがあるといいですね。「どうしても目についてしまう」というのは、必ず何かそこに仕掛けがあるはずなんです」
の一文。
若いうちってわりと感性重視というか、理詰めでものづくりするの避ける傾向にあると思うのです。ふわふわとよくわからずに描いてるうちに、だんだん見えてくるというか。
たたなさんは、あの若さでもうその領域に踏み込んでいるんだなあと、改めてその才気にシビレました。私はもう完全にたたな信者です。どこまでもついていきます。

拍手お返事。反転してます。

28日の方 アサト可愛いですね~!彼はやっぱりピュアキャラなんでしょうね。ホントに早く本編のアサトに会いたいです。

今日の一枚。
ぶらんとしてるアサトを見て、今週の絶望先生(またかよ)にあった、逆さまになって蛍光灯にぶら下がるマリア太郎を思い出しました。(褐色黒髪がかぶる…)
そんなわけでそれ風味アサト。

Asato060429

|

« HP | トップページ | 業務連絡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/9814223

この記事へのトラックバック一覧です: ぱふ6月号ネタバレ:

« HP | トップページ | 業務連絡 »