« エロかわいいコトブキヤの咎狗フィギュア | トップページ | におう男たち »

2006年3月30日 (木)

咎狗香水

後藤羽矢子です。

咎狗香水、私のもとへも届きました。
さっそく嗅ごうと思い、開けようとしたらフタがすさまじく硬い。
フタの隙間に親指の爪をねじこみ、なんとか開けましたが、松本さんの記事を読むと「すーはーすーはー」なんて書いてあるし、難なくフタを開けられたモヨウ。
普段、ペットボトルのフタも容易に開けられないのに。
あの非力な女にあの硬いフタが開けられたのか…」と感心しているとまさに松本さんから電話がかかってきて「フタが硬くて開けられないよう!」
どうやら記事では見栄をはっていたみたいです。

ところで肝心の香りですが。
キャラのイメージがどうこうではなく、純粋に香りだけでどれが一番好きかというと、やっぱりアキラたんかなーと思います。
ケイスケもさっぱりした香りで、長くつけていられそう。
シキさんは…ちょっと薬品くさい。でもそのクセのある香りがシキさんの一筋縄ではいかないキャラ性を表わしていると思います。
リンの甘い香りもティーンぽくて合ってる。源泉は唯一、本当に「男性」ってカンジの匂いがします。ナノの匂いが一番微妙…?香り自体はいいんですけど、あっさりめというか薄めというか、主張がなくて、まあその茫洋さがナノたんぽいといえばいえるかもしれません。

ところで最初に箱を開けてみて思ったことが「なんで源泉のだけ、こんな尿ライクな色なの!?」ということでした。
松本さんも同じことを思ったらしい…。
やっぱり年寄りだから…(最近源泉に関して、なんでもそれで片付けてる私…)

そんなわけで、今日は一日、これとビジュアルファンブックで楽しんだ私でした。
ビジュアルファンブックの話は明日に。
あー…爪が痛い。

今日の一枚。
アキラの匂いを嗅ぎまくるケイスケ。

Keiaki060329

|

« エロかわいいコトブキヤの咎狗フィギュア | トップページ | におう男たち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/9326316

この記事へのトラックバック一覧です: 咎狗香水:

« エロかわいいコトブキヤの咎狗フィギュア | トップページ | におう男たち »