« ホワイトデー | トップページ | 名前その2 »

2006年3月15日 (水)

本道あるところ脇道あり

 松本蜜柑です。

 入稿も無事終わったので、オフライン情報のページなどつくってみました。右のメニューからいけます。
 そして、原稿中は読まずにとっておいたコミックビズログの茶屋町勝呂さんの咎狗コミカライズも読みました。そういえば、なんだかこれ、初回のとき感想書きそびれていたような……。

 すごくいいカンジのコミカライズで、私は大満足です。
 巴里さんのほうは原作にできるかぎり忠実に話を展開し、茶屋町さんのほうのはそのスキマを埋めるような展開。
 限られたページ内で咎狗の本道を追っていくと、どうしてもメインとなるアキラ、ケイスケ、あとナノ……以外の部分は、おいてけぼりになる、というかむしろ積極的においてけぼりにしないと話が散漫になります。漫画はゲームと違って分岐などないのですから、よけいな部分は、それがいくらおいしいエピソードでも、削らないと話がまとまりません。そしてこの場合、よけいな部分にあたるのは、どう考えてもリンと源泉のルートです。あー、シキさんも、よけいといえばこれほどよけいな人もいないんですが、あの人は人気に支えられているので…いや、どうするんだろうマジで…。
 で、その、本道を追う巴さんバージョンのコミカライズでおいてけぼりになる運命のリンと源泉のあたりを、茶屋町さんバージョンで埋めて行くわけですねー。それ、イイ! うまいことやるなー、と思いました。最初、同じ原作のコミカライズがなんで同時進行で2本も?と思ったんですが、こういうことなら、わかります。

 でもこれって、ちょっと巴さんバージョンのほうがワリをくってるというか、制約多くて仕事としては大変ですよね。茶屋町さんのバージョンのほうは、言ってみれば同人誌がやるような作業なので、自分なりの遊びもいろいろ入れられます。茶屋町さんバージョンのほうが、だから読んでいてこっちも楽しい……んですけど、巴さんもがんばって!超がんばって!応援してます!

 咎狗の耳は巴さんバージョンも茶屋町さんバージョンも両方応援しております。

 拍手おへんじ。
 12日9時橘さん。偶然にしてはすごすぎます。マジでいつかお食事でもー。
 
 というわけで、今日の一枚は茶屋町さんの咎狗でキャラ立ちまくりと評判のミール・オブ・デューティーのマスターと、源泉のツーショットを。とここまで書いたところでふとこのブログを確認したら、後藤さんがホワイトデー絵をアップしてます! しまった、今日ホワイトデーだったのか! そんなアニバーサリーな日にマスターと源泉のツーショットだなんて、なんかホンモノ臭がします。あ、でももう午前0時をまわってしまったので大丈夫ですね。
 しかし、マスター、猛に殺されなきゃいいけど……。

060315motomi

|

« ホワイトデー | トップページ | 名前その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/9095843

この記事へのトラックバック一覧です: 本道あるところ脇道あり:

« ホワイトデー | トップページ | 名前その2 »