« 戒厳聖都感想(音楽その他編) | トップページ | 咎狗コミカライズ感想第二話 »

2006年1月28日 (土)

竜恋感想(それほどネタバレなし)

 松本蜜柑です。

 サバト鍋内の『竜恋』もクリアしました。
 ゲームと言っても咎狗同様のサウンドノベル系で、攻略方法もクソもない、ものの2時間ほどもあれば終わるコンパクトなボリュームです。そのコンパクトさが手軽で、明るくテンポよくまとまって音楽も軽快でいいカンジ。
 イキナリ天から美少女が降ってわいて、おしかけ恋人に…といった萌えテンプレ系でありますが、テンプレがイケナイというわけではありません。そこに作家の個性が感じられる肉付けがなされていればそれでいいのです。まあ、非テンプレ物より評価は落ちるし、チープ感はただよいますが、そのチープ感をわざと狙っているんじゃないかな、この作品。
 そしてコンパクトなわりにきっちりエロシーンもあります。べつにここでエロ入らなくてもいいんじゃ…ってゆーかむしろエロがジャマ…などと思う事が多いニトロのエロゲにしては、驚く程自然な流れで、痛々しさやじんわりとした後ろめたさや疚しさ(そういうのはキライではないというかむしろ好きですが)などもなく、なんだか普通のエロゲをやってるみたいな気分になりました。
 ただ、個人的には、あんまり萌えなかったのが残念。
 おかしい。ヒロインは、デザイン的にはそれほど好みではないですが萎えるほどではないというか普通にカワイイとも思いますし、俺様な性格も設定が普通の人間の女ではないので許容範囲というかむしろ好き。「死ね」が口癖のちょっとヒネた性格の主人公もまあいいし、近親相姦する気マンマンの母ちゃん(実母。見てくれはロリだが軍人)などはかなりいいキャラだと思います。そして私は異種族婚姻譚が超大好物なのです。それなのに萌えなかった…。なぜだ…。異種族婚姻ものにつきもののタブー感とか生きる世界や寿命などの違うせつなさがほとんどなかったからでしょうか。本作は、そこらへんをねちねち描かずに、あえてサラっとキュートにまとめたんだと思うので、それが失敗とは言いません。ただ、私は、萌えなかった。
 でも、私が萌えなかったというだけの話で、わりと女子にはオススメです。これのためにサバト鍋と買えとまでは言えませんが、刃鳴散らすファンなら戒厳聖都は「買い」なので、そうして買った人はついでに竜恋もやってみたらええ!…と思います。

 サバト鍋にはもう一本、ニトロキャラてんこ盛りのシューティングゲームが入っていますが、反射神経にぶにぶの私がこれをやることはたぶん一生ないです。でも『戒厳聖都』と『竜恋』の2本で十分元はとれました。

 そうそう、戒厳聖都の倉田畢竟について、拍手コメントで、刃鳴散らすの特設ページの奈良原一鉄氏の雑記の最終回に載っている、とお教えいただきました。27日20時のかた、ありがとうございました。
 うお、本当だ、載ってます。けど…………結局どーゆー人なのかよくわからないよ! あっちは小学生男子ですよ! でもとにかく戒厳(雑記では雪ちゃん)のサポートキャラなのだな、とゆーことはわかりました。

 本日の一枚…は竜恋であるべきなんだと思いますが、竜恋にはいまひとつ描きたい欲がわくキャラがいませんので、刃鳴散らすより一輪さん。現在自サイトのトップにしてあるものですが、ちょっと大きめのトリミングでドウゾー。サムネにしてます。
 一輪さんは、初期設定資料の中にある和服っぽい衣装のほうが絶対いいと思うんですけど、なんで決定稿はあんな萌えないうらぶれたヘビメタみたいな衣装になったのか謎です。その初期設定衣装を想像で彩色してみました。あー…もっと黒っぽいほうが、らしかったかもしれません。

060128itsurin

|

« 戒厳聖都感想(音楽その他編) | トップページ | 咎狗コミカライズ感想第二話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/8371463

この記事へのトラックバック一覧です: 竜恋感想(それほどネタバレなし):

» サウンドノベル [萌えてるじゃぱん]
サウンドノベルサウンドノベル(Sound Novel)はアドベンチャーゲームの一種で、チュンソフトの商標|登録商標である。それまでのアドベンチャーゲームとは異なり、小説をモチーフとしているため画面全体に文章が表示されるのが特徴。コンピュータゲームである特性を活かし、効果音、BGM、映像効果が盛り込ま...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 1日 (水) 03時53分

« 戒厳聖都感想(音楽その他編) | トップページ | 咎狗コミカライズ感想第二話 »