« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月31日 (火)

声を味わうその3

後藤羽矢子です。

キラルの携帯サイトから、アキラたんのサンプルボイスを落としたのですが、携帯から聞くとすごい音が割れてガビガビな声…。
どこもそうなのかなーと思い、BL倶楽部に飛んで、着ボイスを落としてみる。

杉田智和のがあったんで「どれ」と思い、ダウンロードすると、その台詞は
ほーら、すごいことになってきたよ」でした。
いったい何がすごいことになってるんですか!?
しかも、すごいいやらしい言い回し…。こんなの着ボイスに設定してる人がいたら勇者ですよ!そして音はやっぱりガビガビでした。

ところで声といえば、ゆりかもめの構内案内を一駅づつ声優さんがやるそうですね。
詳細はこちら
青海が鳥海さんだそうで、これはもう行くしかないと思いました。
いつから導入されるかわかりませんが、スパコミの時に乗ってみようかな…。でもイベントの時には乗りたくないなー…と逡巡する私。
でも口調は構内案内らしく、爽やか軽やかなカンジなんでしょうね。そういう鳥海声をあまり聞いたことがないので、それも楽しみです。

ところでアキラたんのエロ声で一番気に入ってるのは、シキさんドラマCDでシキさんに指フェラするところの「んっ…んっ…ふっ…んぶっぶふぉっ」ってところです。
あのむせてるカンジがとても可愛いと思います。
あれだったら着ボイスに設定してもいいな。いや、ウソです。

今日の一枚。
6月のオンリーイベント用に描いたサークルカットの再利用。松本さんと、お前描けお前描けと醜いなすりあいをしたのですが、結局私が描きました。
普通に描いても女体化っぽい私の絵…。

sikiaki060131

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月30日 (月)

壁紙

後藤羽矢子です。

パソコンの壁紙をラメントにしました。ちょっと前までキラルセットパケ絵のアキラたんを壁紙にしてたのですが、やっぱり微妙に恥ずかしい…。アキラたんが色っぽすぎて…。
ラメント壁紙は目にも心にも優しいです。

ところで先日、友人のしゃーりーとおでかけしたのですが。
彼女はケータイを新しくしたばかりで、まだ壁紙画像がひとつも手持ちにないというので、「じゃあ私がなんか画像送ろうか?」と自分のデータフォルダを開きました。
犬や猫やリスザルの画像があったので、そのなかのどれかでも…と思ったら、彼女は画像一覧を見て「このシキさん送って」と言うではないですか。
えっ…いいの?君はビトロが好きなんじゃないの?と思いましたが、彼女の希望に従いその画像を送りました。
そして彼女は、「渇いた水」のアキラたんの手首レロレロシキさんを壁紙に設定しました。
そんな…シキさんを愛する私でさえ恥ずかしくて設定できないシロモノを…。

ところで私のほうもケータイを新しくしてたのです。
だって、前のケータイじゃ、キラル携帯サイトから壁紙が落とせなかったんです…。
もちろん充電が切れるのが早くなっただの、開閉がゆるくなっただのの理由はありますが、決め手はやっぱりそこかもしれない。
生活のアレコレを狗に支配されてる私です。

拍手お返事。反転してます。

26日B&W様 保険医源泉の妄想膨らみますね。アキラも何かにつけて入り浸ってそうです。やるならちょっと漫画じたてにするかもです。

27日1時の方 ナノは保健室で寝てばっかいそう!源泉が追い出してもまた人知れずベッドに潜り込んでそうですね。ああ、また妄想が膨らみます。
8時の方 ビトロの違和感のなさに、私も驚きました。というか、ビトロは素でコスプレっぽいからなんでしょうか。

29日5時の方 女体化だのアジアだの、ホントにマイワールドですね…。でもやっぱり自分は咎狗の世界が好きなので、ちょっと初心に帰りたいと思いますー。

今日の一枚。
初心に帰って描いてみたアキラたん。

akira060129

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

咎狗コミカライズ感想第二話

後藤羽矢子です。

MAGAZINE ZERO買いました。
今回は咎狗特集号といってもいいような号でした。
「必死屋DAY」という体験レポート漫画では、キラル潜入レポート、裏表紙は咎狗小説の広告、読者プレゼントはアキラたんのジャケットなどなど。

そしてコミカライズ第二話ですが、面白かったー。
今回はページもぐっと増えて53ページ、そのためか前回かなり駆け足ぎみだったのが、今回はキャラ同士のやりとりもゆとりがあるカンジ。
表紙は、シキさんの日本刀、リンのスティレット、ケイスケ(猛)のナイフなどに地面に縫いつけられているアキラたん。エロー。アキラたんの総受けっぷりを如実に表した一枚です。

シキさんも登場!うわああ! かっこいいかっこよすぎる!ナノたんにイカイカさせられるシキさんも描かれていて前回寂しかったシキ者には嬉しい第二話です。
しかし今回、私が一番心に残った部分は…。
ホテルのソファーに寝ているケイスケが「むにゃー、俺もう食べられないよ…」と寝言言ってるとこでした。
大半の方には、どうでもいい話なのですが、私は昔から漫画などで、キャラが「むにゃむにゃ…もう食べられないよー」とか言ってると、胸がしめつけられて切なくなるのです。
私の友人たちは、そのことを知っていて、松本さんなどは自分の同人誌でわざわざ自画像にそんなこと言わせたりして私を切なくさせるのですが、その私のピンポイントど真ん中のせつなワードをケイスケが言うなんて! 
またケイスケが言うとせつなさ五割り増しってカンジ…。

まあ私の胸中なんてどうだっていいんですが、とにかくこのコミカライズは素晴らしいの一言に尽きます。アクションがかっこいいし、画面構成が唸るほど上手いです。ロングのコマはすごい引いて、決めるとこはパンッと大ゴマで決めて緩急のつけかたがカッコイイ。
絵はもうため息がでるほど美しいし、話のシェイプの仕方も見事です。

ただ…やっぱりBL展開はないのかなーという気がします。
そうあえて重箱の隅をつつくように不満点をあげるとしたら色気が足りない、その一点だと思います。まー100歩譲ってSEXはしなくてもいいから、せめて誰かと恋に落ちて欲しい。
カップリングも文句はいいません。シキさんじゃなくてもいいです。
とにかくアキラたんの人間性に大きく揺さぶりをかけるような他者との触れ合いがあってほしい。
たぶんこのまま普通にいったらケイスケルートだろうなーと思います。でもナノたんとも、ちょっと運命感じてるっぽい描写もあるし、どうなるのかわかりませんけど。
ナノたんについてもイロイロ書きたいことがあるのですが、それは松本さんに譲ります。
先日のリンたんCDの感想の時は、草木一本残らないほど語ってしまったので…。

拍手お返事は明日いたしますです。

今日の一枚。
アジア風味シキアキ。
久しぶりにちゃんと男を描こうと思ったのに、淫靡たん描くとたいして女と変わらなくなる…。

sikiaki060128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月28日 (土)

竜恋感想(それほどネタバレなし)

 松本蜜柑です。

 サバト鍋内の『竜恋』もクリアしました。
 ゲームと言っても咎狗同様のサウンドノベル系で、攻略方法もクソもない、ものの2時間ほどもあれば終わるコンパクトなボリュームです。そのコンパクトさが手軽で、明るくテンポよくまとまって音楽も軽快でいいカンジ。
 イキナリ天から美少女が降ってわいて、おしかけ恋人に…といった萌えテンプレ系でありますが、テンプレがイケナイというわけではありません。そこに作家の個性が感じられる肉付けがなされていればそれでいいのです。まあ、非テンプレ物より評価は落ちるし、チープ感はただよいますが、そのチープ感をわざと狙っているんじゃないかな、この作品。
 そしてコンパクトなわりにきっちりエロシーンもあります。べつにここでエロ入らなくてもいいんじゃ…ってゆーかむしろエロがジャマ…などと思う事が多いニトロのエロゲにしては、驚く程自然な流れで、痛々しさやじんわりとした後ろめたさや疚しさ(そういうのはキライではないというかむしろ好きですが)などもなく、なんだか普通のエロゲをやってるみたいな気分になりました。
 ただ、個人的には、あんまり萌えなかったのが残念。
 おかしい。ヒロインは、デザイン的にはそれほど好みではないですが萎えるほどではないというか普通にカワイイとも思いますし、俺様な性格も設定が普通の人間の女ではないので許容範囲というかむしろ好き。「死ね」が口癖のちょっとヒネた性格の主人公もまあいいし、近親相姦する気マンマンの母ちゃん(実母。見てくれはロリだが軍人)などはかなりいいキャラだと思います。そして私は異種族婚姻譚が超大好物なのです。それなのに萌えなかった…。なぜだ…。異種族婚姻ものにつきもののタブー感とか生きる世界や寿命などの違うせつなさがほとんどなかったからでしょうか。本作は、そこらへんをねちねち描かずに、あえてサラっとキュートにまとめたんだと思うので、それが失敗とは言いません。ただ、私は、萌えなかった。
 でも、私が萌えなかったというだけの話で、わりと女子にはオススメです。これのためにサバト鍋と買えとまでは言えませんが、刃鳴散らすファンなら戒厳聖都は「買い」なので、そうして買った人はついでに竜恋もやってみたらええ!…と思います。

 サバト鍋にはもう一本、ニトロキャラてんこ盛りのシューティングゲームが入っていますが、反射神経にぶにぶの私がこれをやることはたぶん一生ないです。でも『戒厳聖都』と『竜恋』の2本で十分元はとれました。

 そうそう、戒厳聖都の倉田畢竟について、拍手コメントで、刃鳴散らすの特設ページの奈良原一鉄氏の雑記の最終回に載っている、とお教えいただきました。27日20時のかた、ありがとうございました。
 うお、本当だ、載ってます。けど…………結局どーゆー人なのかよくわからないよ! あっちは小学生男子ですよ! でもとにかく戒厳(雑記では雪ちゃん)のサポートキャラなのだな、とゆーことはわかりました。

 本日の一枚…は竜恋であるべきなんだと思いますが、竜恋にはいまひとつ描きたい欲がわくキャラがいませんので、刃鳴散らすより一輪さん。現在自サイトのトップにしてあるものですが、ちょっと大きめのトリミングでドウゾー。サムネにしてます。
 一輪さんは、初期設定資料の中にある和服っぽい衣装のほうが絶対いいと思うんですけど、なんで決定稿はあんな萌えないうらぶれたヘビメタみたいな衣装になったのか謎です。その初期設定衣装を想像で彩色してみました。あー…もっと黒っぽいほうが、らしかったかもしれません。

060128itsurin

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年1月27日 (金)

戒厳聖都感想(音楽その他編)

 松本蜜柑です。

 じつは今『竜恋』(これもサバト鍋の中の一本)プレイ中なんですが、またちょっとだけ戒厳聖都の話。

 戒厳聖都はほぼ刃鳴散らすのありもの素材を使い回ししているのですが、ちょこちょこ新作CGがあります。主に戒厳たんがらみのものが。
 そして音楽も、聴き憶えのない曲が?! ラスボス戦のときの「胸に秘めた傷は 消せない絆……」と歌っている曲などは初耳です。まさか録りおろし?!
 ……と思ったら、後藤さんによると、あれってニトロプラスダイレクトで刃鳴散らすを買ったときについてきた特典CDの中の『創傷』という曲なんだそうです。私は金を惜しんでアマゾンで予約してしまったので、その特典CDは知りませんでした。でも、刃鳴散らす本編にはカケラも入っていない曲が、なんで予約特典だったのか…? 挿入歌として作ったものの没になった曲、なんでしょうか。それとも最初からこの戒厳聖都に使うのを見越して作ったのか、はたまた単なるイメージソングのつもりで作ったが今回再利用となったのか…。謎です。
 この曲、これだけで聴くと多少陶酔したカンジで恥ずかしく感じますが、これがかかった戒厳聖都のあのあたりを思い出すとかなりじわ〜んと来るんですよ。刃鳴散らすのサントラにも入っていないですし、ニトダイで予約した人しか持っていないなんてもったいないので、ぜひシングルカットして販売して欲しいです。もしくは『サバト鍋』のサントラとして出してくれたらいいなあ。竜恋の曲も、どれもかなりイイ感じです。

 あー、あと戒厳聖都で謎が…。ここ以下はネタバレなので未プレイのかたはご注意ください。

 倉田畢竟はいったい何者なんですか。
 私は主人公が赤音だと思っていたときは、畢竟の中身は伊烏さんかと思っていました。でもそれは違っており、そしてあの畢竟の最期のシーンで兜が落ちてちらりと中の顔が見えたわけですが……えええええ、アンタ誰ー
 なんですかその無駄な美形顔は。もしかして女? 女なの? それとも女顔の男?
 しかしあれだけ刃鳴散らす本編メンツで固めておいて、畢竟だけ今回の新キャラなんてことがあるでしょうか。新キャラなら新キャラで、もうちょっとどういう背景のある人なのか、説明があってもいいでしょうし、もしかしたら私の知らないニトロの他作品脇キャラとかでしょうか。ニトロ信者な私ですが、なにしろ最近までWinマシンを持っていなかったマカーですので、やっていない作品がまだいろいろあるのです。
 もしどなたか、畢竟が何者かご存知だったら、教えてください…。

 拍手お返事。
 25日15時サトミ様。オイチャンGIFアニメで癒されてくださってありがとうございます! でもリアルであんなにせわしなく煙草ふかす人が側にいたら、癒されるどころか憎しみがわきそうですよね。


 今日の一枚は伊烏さん(中身も)です。着流しの裾がはだけるのとか色気があっていいですよね。しかしなにも見ないで刀の動作描くのはそろそろ限界です。いいかげん剣道の本でも買おうと思います。シキさん描く時にも役に立ちそうですよね。
060125igarasu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月26日 (木)

名前

後藤羽矢子です。

ビトロの女体化絵、もうちょっと後にアップしようと思ったのですが、ビトロファンの友人しゃーりーさんが「早く見たいなー」と言うので仕上げました。
ところでタイピングで語られてるところによれば、ビトロは本名ではないとのこと
工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 じゃ、勝手に自分で名乗ってるのー?
ペンネームとかだったらまだしも、別に創作活動なんてしてないじゃん…あ、奴隷を創作してるか。彼なりにあれも作品なんでしょうね。匠の名ってやつですか。
しかしそんな名前を律儀に呼んであげている源泉…いい人だなあと思います。

オフィシャルワークスの、38ページの上のほうにいる、メガネ七三分けのお兄さん、たぶんあれENED時代のビトロだと思うんですけど、やっぱり日本人ですよね…彼。
ビトロの本名なんていうのかなー。
源泉の下の名前、ナノたんの本当の名前に次いで知りたい名前であります。

拍手お返事。反転してます。

25日1時の方 ビトロできました。確かに全然違和感ないですね~。

5時の方 私も描いてて萌えました…。ていうか処刑人の初描きが女体化です…。

8時の方 二次創作のネタは誰のものなんて決まってるわけでないので、全然かまわないと思いますよ。サイトでの女体化イラスト楽しみにしております。

15時サトミ様 いつもありがとうございます~。自分のモトアキ絵にももう少しサトミさんのような大人の色気みたいの加えられたらいいなーとか思ってます。

22時の方源泉は保健の先生…あ~そんなカンジですねえ! 生徒の悩みとか聞いてくれる親身なオバチャン先生なんでしょうね。でも女体化するならもう少し若くしたいですね。

今日の一枚。女体化女子高生ビトロ。さすがに仮面は無しにしました…。
制服は独自の美学に基づきカスタマイズ。ビトロだけだとキモいんで、シキアキも追加。
ビトロはアキラをとりまきに加えたいんだけど、シキはそれを許さない。故にシキとビトロはとっても仲が悪いです。

bitro060126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

携帯待ち受け用煙草ぷかぷか源泉GIFアニメ

 松本蜜柑です。

 前から後藤さんと話していたんですが、咎狗の攻略キャラって全員一人称「俺」なんですよね。
 普通、こーゆー複数キャラ攻略ものだと、バラエティー感を出すためというかキャラの個性をわかりやすく際立たせるために、ナノたんあたりは「私」、リンたんあたりは「僕」、になりそうなところだと思うのです。でもナノたんもリンたんも「俺」。
 だがそこがいい!
 ナノたんが「俺」なのはちょっと最初にきいたときには意外なミスマッチ感があって、でもそこがナノたんの、大人で子供、知的で痴的、イノセントでヨゴレ、ノーブルでケダモノ、といった意外性とゆーか二面性を強調しているように思います。
 リンたんも、僕じゃなく俺なところが、カワイイけどカワイすぎず、中身はたいへん男らしいリンたんに似合っています。
 てゆーか時代が時代だし、あの人たち全員けっこー荒くたい育ちですよね。リンたんとシキさん兄弟はどうもいいとこの生まれっぽいですが、その後の人生はかなり荒くれていますし、あーゆー世界で「私」とか「僕」とか言ってたら、キモがられるか舐められるかのどっちかだという気がします。リンたん、舐められるの超キライそうですから、もしかしたらBl@sterを始めたころにブチ切れて「僕」をやめて「俺」にしたとかだったらカワイイなあ。いますよね、それまで母親を「ママ」と呼んでいたのに、ある日突然「おふくろ」とか「ババア」とか呼び出す男子とか…。カワイイなあ!


 ところで、ちょっとインフォメを。
 29日のコミックシティ東京は東5ホールのト-19aに「蜜柑堂」で参加しております。
 咎狗本は、東京初売り(8日の大阪新刊)の『トシマは大ヘンだ!』(オールキャラっぽい)と、既刊の『ゆめみるけもの』(ナノアキ)があります。どちらも私がメインですが、後藤さんもゲストで描いてくれております。
 余裕があったら他になにか…とか言ってましたが、なさそうな気がします。

 あと、その新刊『トシマは大ヘンだ!』をとらのあなプリンセスサイドさんとリブレットさんに卸しましたので、通販ご希望のかたはそちらでよろしくです。既刊『ゆめみるけもの』はリブレットさんではもう残部僅少のようです。
 多少の手間と時間がかかってもお金を節約したいかたと、他ジャンル(バッテリーとオリジナルエッセイ漫画)の本も欲しいと言ってくださる天使様は、蜜柑堂のほうへメールでお問合せくださいませ。

 ひさびさの拍手お返事。
 23日23時のかた、戒厳聖都ご購入の決意をされたとか。バラ売りもうすぐですよねー。もう買っている私も、これでまたやっている人が増えるかと思うと楽しみです!
 23日23時ayako様。あわわ、まだプレイしていらっしゃらないのにネタバレ見ちゃって大丈夫ですか?でも受けてくださって嬉しいですー。
 24日16時のかたと20時のかた、やっぱり、プレイしたかたは皆、あのエロシーンでそう思いますよね。なんて間抜けなんだ伊烏さん…。でも天然ボケの伊烏さんらしいとは思います。

 本日の一枚は、煙草ぷかぷか源泉GIFアニメです。携帯待ち受け用にタテヨコ215ピクセル20kと、136ピクセル28kのものを作りました。よろしかったらお持ち帰りください。
 例によって小さいほうが重いのは中間色アリでキレイだからです…が、なぜか大きいほうの色味がアニメにしたときに変になってしまいました。なぜだ…。まだまだGIFアニメにはわからないことがいっぱいだ…。
 ナノ、シキ、源泉ときたので、次はリンかケイスケです。そのうちいいアクションを思いついたら作りたいです。
060125motomi-215
060125motomi-132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

処刑人ちゃんたち

後藤羽矢子です。

女体化ネタは、もうやめるといったのに、すいません!
拍手コメントで「源泉に女子高生は無理でもビトロはすんなりと嫌味なお金持ち女子高生に化けそうな気がします」というお言葉をいただき、ムラムラと描きたくなってしまったのです。
当然とりまきに処刑人ちゃんたちがいるんだよねーと思い、まず処刑人ちゃんから描き始めたら、ビトロ描いてる時間がなくなった…。
基本的にこのブログでは、下描きから始めて2時間以上かかる絵は描かないをモットーにしてますので、処刑人ちゃんだけでタイムアウトなのでした。でももうペンまではいれてあるので、後日仕上げます。

キリヲ、難しい…さすがにこれは髪型をそのまま女変換にはできなかった…。
キリヲの女体化というと、「ファントム」のリズィが頭に浮かびます。
リズィは人間的にとてもいい人なのですが、なんせ、いかつい女性で、一応巨乳ではあるのですが全然嬉しくない人です。
松本さんと「どうせ脇キャラなんだから、彩りとしてもう少し可愛くできなかったものかねー」としみじみと言い合う。
まあそれを敢えてしないのがニトロのニトロたるゆえんかもしれませんが。

拍手お返事。反転してます。

24日 0時の方 金持ち女子高生ビトロのお言葉に、頭のなかで図が速攻で浮かびました。近日公開します。お楽しみに~。
3時の方 黒タイツと黒ネクタイが自分的萌えポイントです。。゚+.(*'ω'*)。+.゚。
15時の方 黒タイツ、人気!シキさんは女体化しても肌の露出少ないんです。
17時の方 処刑人描きました~。モトアキ絵にもコメントありがとうございます。

今日の一枚。
処刑人ちゃんたち。グンちゃんはチュッパチャプスが好き。

gunkiro060124

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月23日 (月)

戒厳聖都超ネタバレ感想(エロシーン編)(まんまだな!)

 松本蜜柑です。

 後藤さんが女体化で激しく喜ばれて拍手やコメントをたくさんいただいている姿をハンケチを噛みしめて涙ぐみながら見つめつつ、私は今日も戒厳聖都の話をします。
 ネタバレ激アリなうえ、今日のは絵すらもネタバレですのでご注意くださいませ。

 えー、こないだできなかった、戒厳たんのエロシーンの話でしたね。

 戒厳聖都には、途中でちびちび分岐がありますが、たいていは、どっちかがすぐバッドエンドにつながる軽いものです。
 だから、攻略的には、分岐の前にセーブして、その場でどちらも試してみるのがいいと思います。バッドになるときはすぐなるので、片方の分岐でバッドを回収したら、本道に戻ればいいだけです。

 しかし、ひとつだけ、わりと大きな分岐(後の流れに響く分岐)があるのです。それは、渡に死霊騎士の弱点を聞くか聞かないか、というところです。
 聞くと、死霊騎士に投げかけたらウボァーとなるであろう、あるNGワードを教えてくれて、渡は逃げます。
 聞かないと、そのまま渡をずんばらりです。
 …まあ、ここではその具体的なNGワードはふせておきますが、ともかく死霊騎士は三十鈴なわけで、私はというと、そのようなひどい言葉を三十鈴に投げつけたくはないと思いました。(うは、自分、だいぶ入ってます)
 三十鈴は大きな罪を犯したし、その報いを受けたのは当然だったとは思いますが、しかしそれはもう十分です。これ以上彼女を貶めるのはどうか。たとえ赤音らしき主人公が記憶を失っていてその言葉の意味をわからないとしても。
 …と考え、渡を殺してしまったのが、まず間違いでした!
 やー、ここで渡を殺してしまうと、どこの流れが変わるかというと、まず死霊騎士(三十鈴)へのNGワードのかわりに、ある武器を手に入れないといけなくなります。まあ、これはいいのです。死霊騎士のエリアの奥にいる吸血鬼を倒したら入手できるので、それを装備して闘えば、ある技が出せるようになるので、死霊騎士が戦車を降りたところで使いましょう。カンタンプーに勝てます。
 渡を殺さないルートでは、NGワードで死霊騎士に勝ちます。

 で、その後のラスボス戦あたりで、また流れが変わるのです。
 渡を殺してしまったルートでは、赤音VS伊烏対決の前に、赤音さんと戒厳たんのエロシーンが挿入されるのです!
 渡を殺さないルートにはありません。ふつーに赤音VS伊烏対決になだれ込みます。

 いや、いいのですよ…。エロシーンはサービスですから。と言いつつサービスにしてはえらく控えめなエロシーンでしたが、そこんところはニトロクオリティということで無問題です。
 しかし、このエロシーンが入るのが、すごい蛇足感アリアリなのです。
 今にも赤音さんと伊烏さんの対決が始まろうという局面だというのに、その前に戒厳たんが赤音さんと自分が対なるものであるかのような語りをはじめてしまい、戒厳と赤音ふたりだけのアハハウフフな世界を形成してしまいます。いや、ここでは対なるものは赤音と伊烏であるべきで、そこにそんなふうに割って入られるとちょっとうざいんですけど、戒厳たん…。これは腐女子心で言っているのではありません。焦点がボケてしまうということですよ。
 しかも、このエロ…とゆーかぶっちゃけレイプシーン、伊烏さん(身体は赤音さん)の目前ですよ…ね…?
 え、なに、伊烏さん、赤音さん(身体は伊烏さん)が戒厳たんをがっつんがっつんれーぷしている横で、じっと終わるのを待ってたのですか。…その絵ヅラ、もんのすごいマヌケです…。れーぷが終わって、ふうやれやれで赤音VS伊烏対決…ってそれちょっとどうなんだ。
 ですから、こっちのルートは、たぶんオマケであって、戒厳エロを仕込むための道だったのだなあ、と思いました。本道は渡を殺さないほうです。私は先にエロ道を通ってしまいましたが、本当は先に本道を通って赤音VS伊烏対決を堪能した後、エロ道を通ってごほうびエロを回収するのがいいと思います。ネタバレをものともせずに未プレイでこれを読んでいるかたは、そんなわけなのでできれば渡からNGワードを聴いてやってくださいね。

 そのようなマヌケなエロシーンですが、しかし本道とは別と切り離して考えたら、かなり楽しいです。
 戒厳たんはかわいいし少女の姿をしてはいますが、中身はどうだかわからないので、れーぷでもあまり心が痛まないというかむしろ幸せエッチシーンなど戒厳たんには似合わない。これでちょうどいいです。それになにより、刃鳴散らす本編ではエロのかけらもなかった清純派の伊烏さんの初エロシーンが拝めた(中身は赤音さんですが)のがすごく得しちゃった感があります。とゆーか、よかったね伊烏さん、身体だけでも脱童貞できて!と言ってあげたい。(伊烏さんが童貞だと決めつけている私)

 と、なんだかまたえらく長っ喋りをしてしまいました。戒厳たんれーぷシーンなんかのことで…。
 このブログは咎狗メインですし、ましてや刃鳴散らす本編ならともかく戒厳聖都ですから、あんまり誰も読まないどころか引かれているかもしれませんが、後藤さんがちゃんと咎狗ネタでやっているから、ちょっとくらいいいかと。(ちょっとじゃないです)

 とゆーことで、本日の一枚は、そのれーぷシーンで伊烏さんが待っている間抜けな絵ヅラを再現してみました。ネタバレになるのでサムネです。OKなかたのみ、クリックして大きくして見てください。あんまし見てくれる人はいないと思いつつ、いたずらに時間のかかっている絵です。無駄な時間を…。
 次回からはちゃんと咎狗に戻ります。
060123hana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女体化

後藤羽矢子です。

私は興がのると同じネタを続けてしまうことが多いのですが、女体化ネタもそろそろ大概にせねばと思います…が、あと一回だけ。

女体化ネタの発端は、equinoxのayako様に、女体化ナノたんのリクエストをいただき、絵を進呈したことからなのです。そこで私は当然のように「シキさんを女体化したらどんなんだろう」と考えたのですが、シキさんのパーソナルをそのまま成人女性に置き換えるとヤバさがシャレにならなくなることに気づき、愕然としました。
しかし女子高生に置き換えると不思議としっくりくるのです。
まあシキさんの半分はイノセントでできてるので、少女のほうが合うのでしょう。

そして、キャラ全員を女体化した咎狗の妄想をネチネチとしていた、ここ数日の私…。
ナノたんは施設を脱走して街を徘徊するホームレス女子高生、だけど最強。
シキさんは、そんなナノたんを追っている。いいとこのお嬢さんだけど家に反発してあまり帰ってない。常に日本刀携帯のデンジャーさ。
アキラはシキさんと同じ学校の下級生。シキさんに目をつけられ、彼女の隠れ家に監禁される。(当然この妄想はシキアキルートがベース)
リンは、ミッション系の学校に通う高校一年生。なのに小学生に間違えられるロリ体型が悩み。シキを追っている。
なんか私の頭のなかで、エアマスターとホーリーランドを足したような話が展開しています。

それにしても、咎狗キャラってそのまま女体化変換しても、みな差し障りのない髪形してますよねー。源泉にしたって…いるよね。ああいう髪のオバサン。(さすがに源泉を女子高生にする気は…)

ところで。話変わって。
松本さんと二人して拍手お礼絵を差し替えました。
松本さんがケイスケのことを忘却しまくってたので「ケイアキ描いてケイスケに詫びをいれろ」と迫る私。すると松本さんは「じゃあ、だったら君はモトアキ描いて」と、何がじゃあで、何がだったらなのかよくわからないのですが、そう言われたので初めて本気でモトアキ絵に取り組みました。いや、本気なんですよ!あんな絵でも!モトアキって難しいです…。

拍手お返事。反転してます。いつもありがとうございます。

19日8時の方 巨乳ナノたん描いてみました。どないでしょう。equinoxさまのところに置いてあるナノたんもよかったら見てやってください。
18時の方 湧き水、読んでくださってありがとうございます。やっぱり自分のなかでED1が一番好きなので書いてて楽しかったです。

20日0時の方 あの黒タイツが自分でもキモだと思います!制服も黒づくめシキさん…素敵
8時の方 巨乳のシキさん…。こ、今度がんばってチャレンジしてみます。
13時の方 攻略、お役にたてて嬉しいです。もうクリアされましたか?泣けたでしょー?

22日5時の方 ナノたんは勝ちます!乳をぶるんぶるん振りながら…。そのシーン描きてーと切に思っています。
7時の方 また隙を見て描こうと思います。ところでカワイイ顔文字ですね。私も辞書登録させていただきました。

今日の一枚。

女体化ケイアキ。ケイスケはさすがにちょっと名前をいじりましたが、アキラはじつは女名前でもあるのでそのまま。

keiaki060123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

リン以下同文

 松本蜜柑です。

 前回は心のおもむくままに戒厳聖都の話を長っ喋りしすぎたので、反省し、戒厳たんエロシーン語りは次回にまわして今回は咎狗に戻ることにしました。

 とはいえ、私もリンたんドラマCD話をしようと思ったら、すでにほとんど後藤さんに語りつくされてしまっていました。後藤、貴様…。
 とゆーわけで、以下同文ってことでヨロシクなのです。

 今日の一枚は大人リンたん。だいぶ前の記事で後藤さんも書いていましたが、シキさんの形見の刀は、できればリンたん自身に持っていて欲しかったなあ。アキラに渡すんじゃなくて。
060122rin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンCD感想

後藤羽矢子です。

リンCD買いました。なんか評判あんまりよくないみたいだったので、不安だったのですが、けっこう楽しめました。なんというかドラマCD特有のいたたまれなさが少なく、楽しい気分で聴けたからかもしれません。

今回のナレーションというか、説明という名のモノローグ担当はアキラたん。
シキさんCDやケイスケCDがモノローグの嵐なのに比べると、ごくごく控えめ。アキラたん内面でも口数少ないんだね…。
そして内容をタイトにまとめるためにイロイロつぎはぎしてるのですが、一番驚いたのが、黒ケイスケとアキラのすったもんだに処刑人が乱入してきたこと。

黒ケイスケとキリヲがやりあってる間に、なんとグンジがアキラたんを襲おうとしているではないですか!しかもグンジENDのときの台詞のやりとりがあったりして、このまま本気でアキラたんがグンジに犯されてしまうのかとハラハラしました。
リンだけ処女のアキラたんが貰えないなんて、かわいそう!
と、思ってたらなんとか助かりました。

そうこうしてるうちに、リンとのエロシーンに突入しました。
やっぱりドラマCDの一番の楽しみは、エロといっても過言ではないでしょう。
音声のみの世界なので、ゲーム時より若干喘ぎが派手になるのが、じつにいいです。
今回も、リンが派手に喘ぎ、それに負けじとアキラたんも攻めのくせに、あんあん言ってて耳福耳福。

今回リンCDなのに、やたらアキラたんのかわいさが目立ったなー。
リンと別れて、源泉と日興連に向かう前、ゲームでは「自分でも知らないうちに泣いてた」のが、はっきりと嗚咽をあげていて、それがカワ(゚∀゚)イイ!! あんなアキラたんの嗚咽を聞いたら源泉だってフラッときてしまうでしょう。たぶん。

あとラストのリンとの再会のとき、ゲームではなかったアキラたんの台詞。
「待たせすぎだ」と、ちょっとふてくされたように言うのがカワ(゚∀゚)イイ!!
あとリンが「アキラ、小さくなった?」と問い、アキラが「お前が伸びたんだろ」というやりとりが、すごくリンアキっぽくてよかったです。

ところでカズイの声、平川大輔なんですね。平川大輔といえば、巌窟王の不憫つことフランツ。リンの声はアホことアルベール。
「よかったね…不憫、ここでは不憫じゃなくて」と松本さんと言い合う。
そんなわけで、わたし的にはいいCDでした。
あとはホントに、源泉とナノのCD出てくれないかなーと願うばかりです。

拍手お返事は明日にいたします。

今日の一枚。
女体化女子高生シキさんが、妙に受けたので、ちょっと漫画じたてにしてみました。
画像大きいのでサムネです。

manga060121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月20日 (金)

戒厳聖都超ネタバレ感想

 松本蜜柑です。

 サバト鍋の戒厳聖都、クリアしました。
 RPGとしてはまあ問題は多々ありますが、ありもののCGを使って簡単に作ったファンサービスのおまけ的ソフトに「ロード時間が長い」とか「操作性が悪い」とか「ボリュームがない」とか言うほうがどうかしていると思うので、そんな事はどうでもいいです。このソフトの価値は、シナリオです。ファンサービスとしては、もう感涙の、あのシナリオです。
 最初は、シナリオなどに関しても、お遊び感覚のなんちゃってシナリオだろうと思っていたのですが、違っていました。
 すごくマジでした。

 記憶をなくした赤音さんと思しき主人公が、戒厳に核で破壊されて死者の街となった東京を舞台に、なんだかわからないけども「なにか」を求めて彷徨う話…という説明でいいのかな。

 以降激しくネタバレしますので、プレイするつもりのない人か、もうプレイした人のみ読んでください。これからプレイする人が読んでしまうと、驚愕のオチがバレバレになって損をします。

 主人公には記憶がないので、なぜ自分が彷徨っているのか、なにを探しているのかもわかりません。でも『刃鳴散らす』ファンであるプレイヤーにはわかりますよね。君がそんなにも求めて探し回るなら、そりゃーあの男しかないでしょ。ヤツとまた闘うために、彷徨っているんだよね。でもあの決着では満足できなかったのかしら、赤音さん…。まあこれはお遊びのファンサービスだからなー、あの二人がまた見られるなら、それでいいかー。などとぶつぶつつぶやきつつプレイする私。
 しかし、進めるにしたがって、あ、なんか、違うかも…とわかってきます。この話は、なんちゃってシナリオではないです。かなりマジ入ってますよ。
 各中ボスは本編においてかつて敵として味方としてまみえたキャラですが、記憶がないので赤音さんらしき主人公にはそれが誰だかわからない。
 エロメガネはまた美少年愛好家のエロ心で身を滅ぼすことになりますが、それはそれですがすがしいです。美少年風味な赤音さん(らしき主人公)の腕の中で、それも悪くないかもね、みたいなことを言って死んでいくエロメガネは、むしろあっぱれでした。主を失って生きる意味も死ぬ意味も失った八坂もせつない。あいかわらずの渡の小悪党っぷりもいいです。
 そして三十鈴を手にかけるわけですが…。

 …あー、その話の前に、ラスボス戦のことを。

 主人公が技を出した瞬間は、本当に「えええええええー?!!」でした。魔剣………………(とひっぱりにひっぱって)昼 の 月 ! ですよ。えええええええー、あんた、ってゆーか俺、ってゆーか、赤音じゃなかったのおおおー?! 身体は赤音さんでも、中身は伊烏さんだったのかあああああー! 謎はとけてすべた!
 瞬間、とても、いろいろ腑に落ちました。
 ああ、だから、君はあんなにも求め彷徨っていたのか。
 あの対決で、勝ってすべて燃焼しきって満足して自刃した赤音さんではなく、敗北を喫してしまった伊烏さんだったから、だからなのですね。
 しかも赤音さんのほうは、アンデッドになることもなく、きれーさっぱり昇天してしまっているというのが、また泣かせます。それはとても、とても腑に落ちます。そうですよ、あの赤音さんなら、あの対決の後、未練がましく伊烏さんを求め彷徨ったりしませんよ。もうこれ以上ないほどに、望みはかなえられたのですから。
 しかし、伊烏さんにとっては、そうではなかった。負けたからというのもありますが、やはりそれ以上に、あの対決において、赤音さんほどシンプルになりきれなかったからでしょう。

 赤音は伊烏のこと、というか、彼と自分の剣のことしか見ていなかったし、自分の中でそこんとこだけをキレイに守れれば、あとはすべてが汚泥にまみれようがなにも躊躇しなかった。でも伊烏は、赤音をあれだけ追い求めながらも、最後まで、死んだ女のためだとか、赤音の裏切りに対する憎しみだとか、そんな「よけいなもの」にとらわれていた。その「よけいなもの」が彼の身を重くしていたから、彼は負けたし、それが、彼の未練です。

 ここで三十鈴の話に戻りますが、三十鈴に引導を渡したのはつまり、記憶をなくした赤音さん…だとあのときは思っていたけれど、じつは記憶をなくした伊烏さん(身体は赤音さん)だったわけですよね。これはせつない。三十鈴はこれで二度も愛する男の手にかかって死んだことになります。しかも、一度目は伊烏は三十鈴の敵討ちのために、それを三十鈴と気づかず手にかけ、今回は自分のことすら何者かわからず、もちろん三十鈴のことも誰かわからずのままで。はたして三十鈴は自分を殺した男の正体に気づいていたのか。気づいていたような気がするんですが、どうなのかなー。それを優しい救済として感謝して二度目の死を受け入れた三十鈴は、やはり相手の中の人が伊烏さんだとわかっていたんじゃないのかなあ。(このへん、じつはまだクリア後に再確認していないので、もしかしたら再プレイしたらわかるかもしれないんですが、今ちょっと時間がないので、うろうろな記憶で語っていて、申し訳ありません。)一度目のときの、「三十鈴のため」などと言っている伊烏さんに殺されるのは、真実を知られたくない三十鈴にとってはいたたまれないことだと思うのです。でも二度目はもう、伊烏さんには三十鈴のことになどとらわれていません。ただ赤音にまみえたいばかりの、シンプルマインドになっています。自分が完全に忘れられた女になるのは、つらい事ですが、それは同時に自分の罪も彼の中でもう存在しなくなったということです。や、しかしそれってどっちがいいのかは、私には判断に苦しむところですが…。昔の人は逆に「私を許さないで 憎んでも覚えてて」とか歌ってますし…。(昔の人ってあんたそりゃユーミン…は昔の人か…)いいのか三十鈴…?

 で、まあ、もはや伊烏さんには、何にもとらわれていない、赤音さんしか見えない状態で、ようやくあのときの赤音さんと同じ位置に立てました。よかったね! しかし孝行したいときには親はなしとゆーか、もはや赤音さんは昇天済み…。
 この後の流れも大変納得しました。ただ、私は渡を殺すルートを通ってしまったので、戒厳たんとのエロシーンがあり、それ自体はサービスシーンとして楽しめたのですが、赤音VS伊烏としては大変余計なシーンでありました。これは腐女子として言っているのではありません。とゆーか………………いや、この戒厳たんエロシーンに関してはまた明日以降に語ります。(ってまだこれ以上語るつもりなのか!)

 今日の一枚は、伊烏さんと赤音さん。この絵自体、表情でもうある意味ネタバレなんですけど。
060120hana

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

タイピング覗き見

後藤羽矢子です。

松本さんが前回の記事で書いたとおり、やっと咎狗タイピングを見ることができました。
私はかな入力の女なので、がんばってもケイスケすらクリアできないのです。
で、松本さんはノートパソで、タイピングしにくいということで、うちのマイパソでやってもらうことになったのです。

もー笑った笑った。
キラルくんとキャラたちの会話が、ホントに楽しい。特にシキさんに対してキラルくんが「彼の頭のなかでストーリーが紡がれているようだ」には、松本さんと爆笑!
当たり前なんだけど、淵井さんは、シキさんの「そういう部分」ちゃんとわかってるんだなあと感動しました。
あとアキラたん!キラルくん見て「…動物?」 爆笑!
ガード固そうに見せといて、キラルくんの懇願にあっという間にほだされるアキラたん 爆笑!
懐柔ワードが全部食べ物がらみなアキラたん 爆笑!
もちろん爆笑の合間に「かわいい」を百回ぐらいはさんでおりました。
そして三回戦…。どう考えてもこれはネガティブワードだろ、みたいなのがOKで「えっ…アキラたん、これいいの?」と困惑することしきり。
攻略的には三回戦は、もう最後以外ほっといたほうがいいんじゃないかと思います。
ネガティブワードが多すぎるので、ほっといても半分くらい勝手にCOOLになりますよ。

ところで松本さんは、アルビトロを攻略してる最中、突然すごい勢いで鼻血を吹きました
「あわわわ~」とティッシュで鼻を拭ってると、そのとき画面に映っていたワードが「この状況ではしかたがないな」でした。
松本さん、アルビトロに同情されてるよ…。
とにかく楽しめました。私は後ろから見てただけで、まったく関与してないのですが、ここ数年、私は大作RPGを後ろから見てるだけでやった気分になる、ということをしてるので、そのへんはまったく痛痒を感じないのでした。

拍手お返事 反転してます。

15日の方 喜んでいただけて嬉しいです。私もあれついボーッと何回も見てしまうのです。動いてるものってつい見ちゃいますね。これからも頑張りますのでよろしくです~。

16日 21時の方 SSのご感想ありがとうございます。私のただの妄想なのですが、楽しんでいただけて幸いです。私は本当にシキさんに幸せになって欲しいのです…。
23時 鬼蛹様 弱シキに萌えてくださりありがとうございます。シキアキにはバカップルの称号がよく似合うと思います。

17日 2時の方「ありがとう」はとても好きな言葉なので、ついアキラに言わせてしまいました。2月発売の小説、ちょっと怖いけど楽しみですね。シキアキどうなるんでしょう…。

18日 サトミ様 そうなんですよー!どっちも切ないですよね。ほんの少し歯車が違えば、この源泉もアキラと愛し合っていたんだなと考えると、ナノルートの源泉はホント切ないです。

今日の一枚。
話題に全く関係なく、女体化女子高生シキさん。
ネーム用紙の裏に描いた落書きを松本さんに塗ってもらいました。
シキさんは女体化したら、絶対貧乳だと思います。
ナノたんは巨乳。たぶん。

siki060118

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

咎狗タイピングソフト超ネタバレ

 松本蜜柑です。

 すいません、なんだかうかうかしている間にすっかり間があいてしまいました。
 後藤さんだけにまかせておくと、またこのブログが汁とかなんとかにまみれてしまうので、ここらで私ががっつり清純派の風を吹かせておかねばなりません。

 コミケで買ったサバト鍋の戒厳聖都をクリアーして、大変驚愕したり感動したりと、心ゆさぶられたので、いろいろ感想を書きたいところですが、今日はそれは置いておきます。
 とりあえずひとこと言わせていただくと、刃鳴散らすファンは絶対やるべきです。最初はお遊びのなんちゃってシナリオかと思っていたのですが、ものごっついマジでした。あれは、刃鳴散らすの正当な続編と言ってもいいと思います。

 で、その戒厳聖都の話をおいといて、何の話をするかといえば、今日やっと後藤さんちでクリアした、咎狗タイピングソフトのことを少々…。(自分でももちろん持っているのですが、自分のマシンはノートで、ノートだと不慣れなのであまり早くタイピングできないのです)

 難易度はそう高くなく、普通にローマ字入力の人なら、すぐクリアできそうなヌルさです。
 しかし、タイピングしたら好感度の下がるネガティブワードがすごく楽しいのです。
 ええっこんなのが通るのー、とかこれは当然言ったらアウトだよなー、とか、咎狗ファンなら各キャラの特性が見えてすごく楽しい。
 ケイスケが黒ケイスケっぽいワードや普通にネガティブな言葉がダメなのとか、リンがシキさん関係ワードがダメなのとか、源泉がENED関係ワードがダメなのとか、ビトロがENEDと源泉関係ワードがダメなのは、わかりやすい部類です。しかし、他の人たちはちょっと微妙というか…。
 シキさんが、普通人にとってのネガティブな言葉(殺人鬼、とか、逆らうような言葉など)が通って普通の人にとっての良い言葉(ささやかな幸せ、みたいなの)がダメなのは、大変「らしい」カンジですが、アキラの話題をことのほかお喜びになられるのが、すごくカワイイ…。やだーシキさんてばやっぱしそーなのお~?うふうふ!…ってカンジでした。
 そしてナノたんの、ENED関係がダメなのは当然として、色などに関するちょっと変な言葉がダメなのは、なんでかよくわからない…のですが、ナノたんのネガティブワードに関して一番ツッコミたいのは、「エマ」がネガティブワードなことです! や、そりゃそーなんでしょうけど、そーなんでしょーけど! 「エマ」とタイピングして不機嫌になられた瞬間、後藤さん(後ろで見ていた)と私は、同時に「ひどいよナノたん、ナノたんひどいよ!!」と普段はこよなく愛しているナノたんを非難しまくりでした。裏切ったと誤解されて勝手に片手ぶっちぎられて逃げられてそのあげくに自分の名前がネガティブワードになっちゃってるなんて、エマさんが不憫にすぎます…。あー、でも、木の皮をぺり…ぺり…もぐ…もぐ…とやっているナノたんは激しく愛らしかったです。もう…あんなに愛らしいと、許してしまいますよ…!
 あとアキラたん…に関してはきっと後藤さんが書きまくりたいだろうと思うので、ひとことだけ…おめーは本当にマゾだな

 えーと、それから、昨日の後藤さんの書いていた、アキラがケイスケルートでナノたんからもらったナイフをなくすとゆー話は、ちょっと間違っていて、失くすのは源泉ルートにおいてです。源泉ルートで、ケイスケとすったもんだしているときに失くすのです。そして護身用に源泉からべつのナイフをもらうアキラたん。せ、せつない…! 私がいろいろ読み違えているだけかもしれませんが…。でも、このエピソードはとても象徴的でせつないなーと思うので、そうだったほうがいいなと思います。

 とゆーわけで、今日の一枚は、話題とはかんけーなく、後藤さんのシキアキSSを読んで描いた、シキ覚醒後の初マッパ、かつ初幸せHシーン(入ってませんが)です。ラフに簡単に色乗せただけですので、後日描きなおすかもしれません…。
060118sikiaki

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月17日 (火)

寝取られ

後藤羽矢子です。

3P捜索隊はあいかわらずネットの海を彷徨っておりますが、以前拍手コメントでご紹介してもらったサイトさまの、シキED1のアキラが寂しさから源泉と寝てしまうSSに存外萌えさせられて困惑しております。
なんというか、寝取られ萌え、みたいなー。

寝取られというのは、男子の世界ではれっきとした萌えジャンルのひとつとして確立されております。かなりマゾ志向の萌えであり、上級者向けであることに間違いはありませんが。

でも咎狗って普通にやってるだけでも、ちょっとその気分味わえると思いませんか?
自分の肩入れしてるカップリング以外のルートをやってると、「ああ…アキラたんが…シキさんのアキラたんがケイスケにやられてよがってるよ~」なんて思いつつゾクゾクしたりして……私は変態でしょうか。

それ以外にも、源泉ルートのナノとナノルートの源泉の表裏一体ぶりが切なかったり…。
雨のなか、銃を構える源泉のスチル、どっちのルートでも同じスチルなのに、ナノの時には、「ああこの源泉はアキラたんに愛されてない源泉なんだなー」とかわざわざ考えて切なくなったり。ナノLOVEの松本さんは、「他のルートで、ナノたんが身を引いていく様が可哀想で…」と泣き濡れてます。
あと私は未確認なのですが、ケイスケルートで、アキラたんがケイスケとすったもんだしてるときにナノからもらったナイフを失くしてしまうそうなのです
「このときにもうナノたんとは、決別してしまったのだなあ」と考えてセツナスな松本さん。

まあしかしこれらは、プレイヤー側が勝手に感じてる寝取られ気分ですが、ゲーム内では、ED3のシキさんが実践しています
さすがシキさん!こんな上級者向けの萌えを実践しているなんて!
私はそんなにあなたに萌えですよ。

今日の一枚。
淫靡たんは、下半身丸出しがデフォになってるようですが、たまにズボンなど穿いてる絵やテキストがありますです。しかし私的にはなんとなく、バリの人々のような腰巻を穿いてるようなイメージがあるので、ちょっと描いてみました。
アジア風味淫靡たん。
過去に作った素材バリバリ使いまわし絵。

akira060116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月16日 (月)

願い

後藤羽矢子です。

別館のほうにSSアップしました。ま、またシキアキ…。
以前に次はモトアキとか言ってたような気がしますが、なんか私が書くとすごく辛気臭いものになる…。もうこれまでに3回くらい、書いては全消しとかやってます。

話変わって。

咎狗、またコミック化!?しかも絵師が茶屋町勝呂さん!?
すっごい偶然なんですけど、数日前狗友達の方とお話してるときに「茶屋町勝呂さんBLゲーやってくれないかなー」みたいなこと言い合ってたばかりだったのですよ。

茶屋町勝呂さんがBLゲームの咎狗の血のコミカライズをやる
願いが叶った!真ん中を抜けば…
いや、私としては、咎狗をやってくれるというのは、かえって嬉しいです。願い大盛りで叶ってますよ!
私、じつを言うとわりかしこのテの願いが叶ってしまう人間なのです。
願いを叶えるポイントは、口に出して言う。これです。
ナイフに刻むより、よっぽど効果的ですよ!

今日の一枚。
過去にアップしたラフ、クリーンナップシリーズその1。
て、手抜きじゃないですよ!

akira060115

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月14日 (土)

50000ヒット

後藤羽矢子です。

このブログも50000ヒットいきました。
ダラダラ萌え語り、しかもここ最近、3Pだのぶっかけだのろくでもない話題ばかり振っているこんなブログですが、閲覧してくださる皆々様に感謝感謝でございます。

で、50000ヒット記念にまたなんかやろーということになり、合作4コマGIFアニメを作りました。
作業分担は、ネーム私、アキラたん私、あとの作業、シキさん、着色、構成、GIFアニメは全部松本さんの手によるものです。なんか激しく不公平感の漂う作業分担になってしまいました。松本さんは「戒厳聖都」をクリアしてそれについてあれこれ語りたいらしいのですが、この作業で力尽きてしまったので今日は更新できないとのことです。

それはともかく、ラメント、ニトロ作品を交えつつも咎狗萌えはまだまだ続きますので、お暇なときなどにこれからも覗いてやってください。

今日の一枚。
50000ヒット記念4コマ。
私がネームやったので当然のようにシキアキ。

060114gifanime-300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セルフ顔射

後藤羽矢子です。

前回の松本さんの記事を読んですぐさま、クレームの電話をかける私…。
「アキラたん、ぶっかけはされてないって言ってるけどさー。ケイスケBADEND1のほうでぶっかけられてるよっ」と。
それを聞いて松本さんはしばし絶句し、「そういえばケイスケのこと、すっかり忘れとったわ…」
かわいそうなケイスケ! 

そしてもうひとつのアキラたんぶっかけといえば、シキさんルート。
まああれは自分で自分にぶっかけてたんだけど…。(松本さんもそれに関しては忘れてはいなかったのですが、セルフはカウントにいれてないとのこと)
確かにシキさんはオナニーの強要はしましたけど、セルフ顔射しろとまではいってませんよ…。
人に扱かれてるならまだしも、自分でやってるんだからイク瞬間に先っぽを手で覆うとか、射程範囲を変えるとか、少しは対処のしようがなかったのでしょうか。
こういうの見ると、アキラたんってしみじみマゾだなあと思ってしまうのでした。

ところでケイスケを忘却しまくってた松本さんの代わりにケイスケのぶっかけ考察をすると、ケイスケはアキラたんにはぶっかけないでしょう。
彼はアキラを愛しつつ崇拝してますから、そんなアキラを穢すような真似できないっと思っていることでしょう。
でもアキラはケイスケが思うほど神聖な存在じゃないんだよーと言ってあげたい。
アキラのマゾ心をケイスケは満たしてあげることができるのか…と思いましたが、よく考えたらケイスケは言動こそ、したてにでてるもののやることは図々しいので、アキラのマゾツボも押さえてあげられるでしょう。

今日の一枚。
セルフ顔射アキラたん。
微エロにつきサムネイル。
もうぶっかけネタは、ホントにこれっきりにします…。すいません。

akira060113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月12日 (木)

シキさんにもぶっかけ隊

 松本蜜柑です。

 な、なんということか、ちょっと人が帰省している間に、ブログが汁にまみれてます!
 どうしたのアキラたん、そんな激しくぶっかけられて……! と、帰った早々驚愕の嵐に。後藤、貴様は…。

 しかしまあ、楽しそうなのは、いいことですね。
 そういえばゲーム中やたらめったら色々されまくりのアキラたんですが、顔にぶっかけは一度もありませんでしたね。
 ナノたんはケモノの仔なので、たぶん本能的にツッコむことしか思いつかないんだろうと思います。ぶっかけるなんてそんな無駄なこと…ってそもそもアキラたんは男なので中で出そうがどのみち無駄なのですが…。
 シキさんはとにかくいろいろマニュアルに則ってプレイしているだけの人なので、たぶんそのマニュアルに書き漏れていただけなんじゃないかと。可愛いなー。つーかシキさんにむしろぶっか(ry
 そしてたぶん、おいちゃんは本当はすんごいやりたかったと思います。でも最初からとばしすぎると引かれると思い、それは後の楽しみにとっといてるんじゃないかと。おいちゃん未来に夢がいっぱいあっていいな!
 リンはやるのもやられるのもまったくもって躊躇なさそうだけど、まあやはりアキラが初心者なので今日のところはカンベンしたったといったところか。受に情けをかけられるアキラたん…。

 とゆーエロい話は後藤さんの担当だから、やめておきましょう。(いやいやいやいやいやいや)

 そうでした、8日のコミックシティ大阪でいらしてくださった方々、ありがとうございました。じつはひそかに「サイトみてます」って誰か言ってくれないかなと期待していたら、思うつぼに言ってくださった優しい方々が! そのほかにも、がんばってくださいとかいろいろお優しい言葉をかけてくださった方もいらっしゃり、イベント自体はたいへんまったりのんびりムードでしたが、人の情けが身にしみました。てゆーか、まったりしてるときこそ、声とかかけやすいのかもしれないと思いました。ハイテンションな燃え燃えイベントも楽しいですが、こーゆーのだったらまったりも悪くないですね。
 はっ、もちろん、本を手にとってくださった方々も、ありがとうございました。
 新刊は、あまりに大急ぎで作った本なので、後で見たらあちこち細かく間違っていました。タグのチェーンはボールチェーンなのにふつうのチェーンに描いていたり、アキラのジャケットになぜかフードを描き忘れていたり、ページの左右を間違えたレイアウトをしていたり…。大目に見てくださいませ。

 っと、そんなことはおいといて、戒厳聖都プレイ中です。戒厳が出てくるとゆーことはあのふざけたホモENDと地続きなのかと思ったら、どうも違うっぽいですよね…? これは刃鳴散らす本編のサイドストーリーと言っていいでしょうか…? 硬質な武人の魂の響きを感じます。
 もうすぐ終わりそうですので、終わったら感想書きます。

 今日の一枚は、上のぶっかけ話を受けて、シキさんに………………すいませんすいませんすいません。
060112siki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月11日 (水)

3P捜索隊 その後

後藤羽矢子です。

3P捜索隊が情報を募りましたところ、お優しい方々からの情報がいくつか。

松本さんのご友人、ちー先生から「源泉リンアキラの3P同人誌持ってる」
拍手コメントにて某サイトさまにて、シキEND1のアキラと源泉(別室にシキさん)
メールにてPromised Landのサトミ様から、テキストサイト情報。源泉ケイスケアキラのガチ3Pテキストとケイスケ源泉アキラが同居しているシリーズもの。
皆様、どうもありがとうございました。

ていうか、源 泉 大 活 躍

まあ源泉は全ルートで生き残ってるキャラだし、エロ親父だし使いがっていいんでしょうね。
テキストどれも美味しゅうございました。
私の3P探しの旅はまだまだ続きます。

ところで、例の精液編集ソフトですが。
あれブラシを走らせるたびに、ねちゃっ、にちゃっ、ぬちゃっとか粘液質なSEがはいって大変イヤ感が増しますです。
それはともかく、商品説明をよく見ると、プロ仕様のヤツは、ある程度自分で絵が描ける人向け。ノーマルのヤツは全く絵心がなくても、液体のテンプレがあって、それを貼りつけていくだけだそうです。
何だ。ネタとして使うなら、むしろそっちのほうがよかったんだ…。
しかもVer2のほうには男根プラグインもついてるとのこと。
男根プラグイン!

ぶわっはっはっはっは!こんなん誰が買うんだ~!
…私が買いました…。

まあ安いから(750円だっけかな)いいんですけど。
で、使ってみたんですけど、こっちはホントにネタ用だなー。
プロ仕様のほうはまだ、別の方面で使えそうだけど。

拍手お返事。反転してます。

1月8日 鈴ケンさま、初めまして~。AV男優!そういえばAV男優は女優の肌の白さをひきたたせるために日焼けするそうですよ。アキラの白さをひきたたせるために黒い服でエッチしてたのかもしれません。シキさんも色白だから…。

1月9日 ちー先生、情報ありがとうございます。今度ぜひその本見せてくださいませ。というか飲み会やりたいですね。

19時の方 情報ありがとうございます。萌えました。おいちゃんもアキラも切なくてよかったです。他のテキストもじっくり読もうと思います。

今日の一枚。
また精液編集ソフト使ってぶっかけ淫靡たん。
男根プラグインも使ってみました。
微エロにつきサムネイル

akira060110-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

3P捜索隊

後藤羽矢子です。

ちょっと前に自分のなかで3Pブームが来てると描きましたが、いまだブーム継続中です。
コミケで買った本のなかには、残念ながら3Pはありませんでした。

でもLet sleeping dogs lie様のところで、ケイスケ&ナノ×アキラのテキストを発見。
大変美味しゅうございました。
しかしやっぱり3Pってアレすぎるかしら…。なんかシキさんは絶対しなさそうだし、ケイスケもアキラとLOVEになる前ならアリかもしれないけど(Let sleeping dogs lie様のテキストは、ナノルートでケイスケが死んでなかったら、という仮定で作られたお話で、つまりアキラとLOVEになってないケイスケなのです。このへん上手いなーと思います。だって未LOVEのケイスケなら例え他の人と一緒でもアキラとやりたいと思うでしょう。内心複雑だろうけど)。

私のなかでは、リンと源泉がSEXに対してリベラルっぽそうで、一番3P要員として有力候補にあがっております。源泉ルートはちょっと厳しいかもだけど、リンルートならありえそうな気がする。

しかしとにかく3Pではあまりに限定されすぎてしまうので、捜索対象をもう少し広くして、二人がやってるところに誰かもう一人いる、というシチュもありにしました。
それだとequinox様の「戦場のボーイズライフ」にあった、寝ているナノの隣で源泉とアキラがやっているというシーンがヒットします。
あれも萌えたな…。

と、いうわけで、もし3P、もしくは上記にあたるシチュの漫画、テキストの情報がありましたら、こっそりお教えください。3P捜索隊は駆けつけます。

ところで話はガラッと変わりますが。
女子の方にはにわかには信じがたい話かもしれませんが。
世の中には精液編集ソフトなるものが存在します。

今日の一枚にアキラたんのエロい絵でも描くかと思い、なんとなくそのソフトのことを思い出し、話のタネに使ってみよーかなーとシェアウェアだったんですけど、買ってみました。
しかもプロ仕様のヤツを…(精液のプロ仕様って何なんだ)
ぶっちゃけブラシと消しゴムにに液体っぽいテクスチャーがついてるだけってカンジで、フォトショップで充分かなーと思いました。あ、でも精液だけじゃなく血の表現とかに使ってもいいみたいですよ。

そんなわけで今日の一枚は思いっきりぶっかけられたアキラたん。
最初貼ったバージョンにはチ×コがなかったのですが、あまりに股間がスッキリしてるのが違和感でチ×コ付け足しました。ついで毛も描きました。
微エロなのでサムネイルにしました。
拍手お返事は明日にいたします。

akira060108

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

清純派シキさん

後藤羽矢子です。

松本さんはただいま明日のインテに参加するため、大阪に帰郷しております。
そのまま何日か実家に滞在、そこはネット環境ゼロ地帯だそうで、またしばらく私オンリーの更新となります。

と・こ・ろ・で。
キラル公式のシキさん年賀状!
シキさんの半裸!
あー眼福眼福。やっぱりたたなさんの絵はグーッときますなあ。
サイト巡りをしてみれば、どこもその話題で持ちきり。
しかし裸の肩を出しただけで、ここまで歓喜してもらえるなんて、さすが清純派シキさん。

以前にも書きましたが、エロスチルのなかで裸もチ×コも晒してないのシキさんだけですよ。ナノたんなんてキン×マまで晒してるし…リンなんて裸、チ×コ、キスとサービス度は一番高いのにあまり喜ばれてなさげ…。
そういえば某掲示板でリンのエロスチルのリンの髪を黒く塗って、瞳を赤に変えて、無理やりシキさんに仕立てたコラがあったけど、それほどまでにシキさんの裸は貴重なのだなあと思いました。リンの立場は皆無だけど。

シキさんを清純派というのは、たんに裸を見せてないだけではなく、心の面でもそうなんじゃないかと私は思うのです。
あのアキラたん調教短期集中フルコースは、なんかシキさんの本質じゃないような気がする。無理してるというか、たぶんあんなことしたのアキラたん相手が初めてじゃないかなあと思います。気になる相手にどう接していいかわからず、またそういう気持ちも認めたくなくて暴挙にでてみました、みたいな。
根は乙女なような気がします。シキさん。お家では厳しく育てられてたんだろうなあ。その反発からあんなファッションに走っちゃって…。
シキさんて作品内じゃ、キングオブ攻めみたいな立ち位置にいるくせに、妙に受け受けしいし、隙のあるカンジがしてホントいとおしい。
これからもチラチラとでもいいですから、シキさんの肌を見せてくれればいいなあと思います。

拍手お返事。反転してます。

オレ様さま あけましておめでとうございます~。昨年はお世話になりました。今年もよろしくお願いします。シキさんの弓道姿にはホントに鼻息が荒くなりました。絵は保存しましたが、もっと大きい画像みたいですねー。

あと戒厳聖都の攻略ポイントをもう少し。反転します。

最初の八坂戦は一回攻撃したあとすぐに「撤退する」を選ぶだけでオーケー。
渡し舟の問答は「どちらとも言えない」「はい」「いいえ」「いいえ」

今日の一枚。
友人しゃーりーさんが遊びにきたとき描き残していったラフをクリーンナップしたもの。
素材は無駄にしないのが咎耳クオリティ

akira060107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 6日 (金)

戒厳聖都 クリアー

後藤羽矢子です。

戒厳聖都クリアしました。
昨日の記事で、わざわざやるこたないとか書きましたが、前言撤回します。
松本さんは絶対にこれをやるべきです!!
そして松本さんのご友人のちー先生もやるべきです。
ラスト激燃え萌え!
さすがにここまではネタバレしませんが、涙腺ゆるみました。

私は変なとこで詰まったりしてたので無駄な時間かかりましたが、サクサクいけば五時間ぐらいでクリアできるはずです。ちょっとシステム的にたるいところがあるのは確かですが、刃鳴散らすをやって幾ばくかの感銘を受けた人はぜひプレイしていただきたい。

そしてこれからプレイする人のために攻略ポイント、反転してます。

困ったことがあったら刀鍛冶の女のところへ。
各エリアにはアイテムをくれる敵の固定出現箇所があるよ。何度も行ってアイテム貯めよう。
シキさんは必ず出るとは限らない。ランダムで違うキャラになることもあり。
敵として出現する都知事は、某イベントのあと違う反応するので話を聞いてみよう。
塔のアナグラムは、文章の整合性より、文章のなかの数字を探すこと。
剣技は出すタイミングを誤ると即死する局面あり。
一度クリアすると高レベルでのリプレイが可能。
一度クリアするとタイトル画面の楽曲が蛍火になります。


今日の一枚。
久しぶりに赤音さん。

akane060105

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

自分内ラメント解禁

 松本蜜柑です。

 モーレツなシュラバを乗り越えて、とりあえず8日のコミックシティ大阪に咎狗新刊が出ることになりました。
 スペースは、6号館Dゾーン り-18b「蜜柑堂」(咎狗の耳ではありませんのでご注意ください)です。
 大阪に行かれる方は、よろしければ覗いてみてくださいませ。
 新刊は『トシマは大ヘンだ!』、オールキャラっぽい本です。後藤さんも6枚も描いてくれましたし、マイフレンドどーもとさんも4枚描いてくれました。

 あと、これの東京初売りは1月29日のコミックシティ東京です。
 スペースは東5ホール ト-19a「蜜柑堂」です。
 もしかしたら、余裕があればなにかコピー本かポストカードか何か作って持っていこうかと思いますが、どうなるかわかりません。また寸前になったらインフォメします。

 大晦日から元旦までシームレスにシュラバしていたので、なんだか正月気分をちっとも味わえませんでした。ホモエロゲのパロ原稿を描きつつ新年を迎えるなんて、今年一年がどのようになるのか目に浮かぶようです。でもそれも悪くないかなーとも思います。

 シュラバっていたおかげで、コミケでゲットしたニトロプラスのセットもキラルのセットも、ラメントのCD以外はまだ開けただけに留まっておりますので、これからねぶり倒そうと思います。
 ラメントCDだけは、シュラバ中エンドレスで聴いていました。
 私は、ラメントに関しては、かなり意識して、過剰な期待をすまいと心を抑えているのですが、このCDを聴いているとどう抑えても胸が期待でみちみちに満ちてしまいます。
 あー、いけませんよ、期待しすぎなければ楽しめたはずだった2作目、なんてものが、私の人生には多すぎるのです。ニトロプラスのときだって、『ファントム』にあまりにもハマりすぎたため超絶期待して『ヴェドゴニア』をやってしまい、どこかガッカリというか、拍子抜けしたものでした。あれだって期待しすぎていなければ十分に面白かったはずなのに…。惜しいことした…。
 と、いちユーザーである私が思うくらいですから、キラルの中のかたがたは、きっと大変な重圧を感じているだろうなーと思います。当った作品の次作って、ここが正念場というか、売れるのがわかっているだけに、期待はずれだったときの世間の評判が恐ろしいですよね。がんばって、超がんばって、淵井さん!

 まあ、しかし、咎狗に遅ハマリした身としましては、ラメントはあまり早く出ないで欲しい気もします。なぜなら、まだしばらくは咎狗をねぶり倒していたいからです。せめてあと半年。
 できればラメント発売は夏コミ入稿に絶対間に合わないくらいの日程がいいなあ。下手に間に合う時期だと、ハマってしまったときに、無理してしまいそうですから。もうコミケにギリギリ入稿はイヤだ…。
 と、勝手なことを言う私。でも思ったより早く出たら、それはそれで嬉しいんだろうなあ。どっちに転んでも、やっぱり嬉しいなあ。あー………、いや、いかんいかん、期待しすぎちゃいかんです。無念無想で待つとです…!

 本日の一枚は、正月っぽい絵…は、もう三が日でもないので今さらかと思い、ラメントからバルド。どういうキャラかわからないうちはラメントには手を出さない、という自分内戒律があったのですが、年もあけたしいいかげんいろいろ情報も出て来たので解禁しました。
060105bardo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戒厳聖都 超ネタバレ

後藤羽矢子です。

2日前の記事で戒厳聖都の攻略を救援したところ、お優しい方々のコメントや拍手コメントなどがあり、無事詰まっていたところから脱出できました。

西方鎮守域を出て、刀鍛冶の女に話しかけると「中性的な美少年なんて、そういるもんじゃないぞ。女の子を男装させたほうが早いんじゃないか?」という激しく大雑把な提案をされ、行き着けの蕎麦屋に行き、そこの娘に男装をさせて連れていくことにする。

あー…刀鍛冶や蕎麦屋なんて全く歯牙にもかけてなかったよ。
本編のネタバレになりますが、赤音が桂葉恭子のショタ愛人をやっていたという事実がどうしてもチラついてて赤音単体で城に乗り込むことしか頭になかったです。
で、そのあと城に行くと、桂葉恭子が玄関のカメラで、連れてきた美少年のチェック。

そのとき画面に映っていたのは…シキさんでした
工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工
ということは蕎麦屋の娘を男装させたらシキさんになったの!?
どういう変装させたらそうなるんだよ。特殊メイクかよ!
それにしても…シキさんは美少年言うには、ちょっとトウたってませんか?
しかし桂葉のお気に召したらしく、無事、城に潜入成功。

その後、何か詰まったら刀鍛冶の女に話を聞くという流れを覚えたので、着々と進んでいます。でもこれ…正直言ってバランス悪いです。
新しい場所へ行くと瞬殺されるような敵が目白押しで、もう一回の戦闘ごとにセーブ、みたいなプレイをしています。
松本さんみたいに大作の積みゲーが何本もあるような人は、やることないと思います。

でもこういうところで思いがけずシキさんに会えて嬉しかったです。
ところで思ったんですけど、こういうありもの素材の使いまわしだけでRPGが作れるなら咎狗のRPGだってわりと簡単にできそうじゃないですか?
イベントスチル何枚か描きおろしただけのミニゲームでいいから出してほしいなー。
次の夏コミはどうでしょうか…ってまあ夏はラメント一色だろうな、たぶん。

拍手お返事 反転してます。

2日の方 あけましておめでとうございます。シキさんの右足…全然意識していませんでした。でもシキさんならきっとやってますね。あの人は本当にアキラたん弄り隊ですから。
3日の方 ありがとうございます。無事解決でき、シキさんも拝めました。でもホントーにたるいですね。でももうすぐクリアーできそうです。

今日の一枚。
蕎麦屋の娘、男装す。

kaigen060104

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

あけましておめでとうございます

 松本蜜柑です。

 モーレツに原稿中で、8日のシティ合わせに間に合うかどうかの瀬戸際の花嫁です。本当は更新している場合ではないのですが、どうしても三が日には更新して御挨拶しておきたかったのです。

 あけましておめでとうございます。
 今年も激しく萌えますので、激しくよろしくお願いいたします。激しくまではよろしくしたくない、とゆーかたは、鼻をほりつつテキトーによろしくお願いいたします。

 ところで、冬コミで私のナノアキ本を渡した友人に、「アンタの描いてるキャラと後藤さんの描いてるキャラって、同じキャラなの?」と真顔で聞かれました。あんたそんな初めてパロ同人誌見たパンピーみたいなボケ、ギャグにしたっておもしろくありませんよ。え、ギャグじゃない? ギャグじゃないのですか?? マジでー?(グンジ調)
 友人は、咎狗はまったく知らないけれど、同人はもう100年くらいやっている人です。
 …つまり、そんなにミスマッチなのですか、私たちの絵柄は。いや、そりゃミスマッチですよね。わかっているんですよ、そんなこたー。別の友人にも、あのナノアキ本を見て「君たちの絵があまりにも違い過ぎて笑える」と言われました。笑うなあー!(泣きながら猫パンチ)
 そしてさらに、2日に後藤さんの貼った、しゃーりーさんの咎狗絵を見て、私よりよほど後藤さんとマッチしていたので、「君たち二人でこのブログやったほうが、いいんじゃあ…」と呆然としてみた、そんな新年の夜明けです。

 しかしまあ、しゃーりーさんは咎狗ファンではない(ビトロはお好きなご様子ですが)ので、やはり私たちが組むしかないのです。
 別々にやるとゆー選択肢もありますが、やはり誰かと一緒にやるのって、すごく楽しいですよね。
 それに、私たち、絵柄はミスマッチですが、ハートはわりと近いんですよ。本当ですよ。

 新年イラストくらい描きたいですが、それは改めて後日とゆーことで、今日の一枚は原稿途中の下描きを。
060103name

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戒厳聖都ネタバレ&救援

後藤羽矢子です。

ニトロセットにはいってたサバト鍋にはいってるゲーム、「戒厳聖都」をプレイ中。
「戒厳聖都」は「刃鳴散らす」のおまけゲーム。隠しシナリオである戒厳ENDをRPG仕立てにしてみました~という主旨のものです。

もう私はRPGゲームは何年もやってないのですが、これはミニゲームっぽいし軽くやってみっか~などと思い始めてみたのですが…。
もう詰まった…。
しかもまだ序盤なのに…。
(注 ここから激しくネタバレになるので未プレイの方はスルーで。空間空けておきます)

最初のイベントが終わり、中ボスを順番を倒していく流れになり、まず西方鎮守域というところにはいると…
そこはトシマでした
たんに背景を咎狗から流用しているだけなのですが。
で、そこの中ボスである桂葉恭子の住む城(思いっきりアルビトロの城)に行くと、入れてもらえない。
近くをうろついてた衛士をどついて、衛士の服をゲット。これを持っていけば入れるに違いないとまたビトロ、じゃない、桂葉の城に行く。でも入れない。
アイテムは装備できないし、使うこともできない。元々ミニゲームだからコマンドも少ないし、他のエリアをまたぐようなイベントでは絶対ない。とにかくあらゆる手を尽くしましたが、城にはいれないのです。
そういえばたしか衛士が、桂葉は中性的な美少年の好きなショタ女だとかどーとか言ってたがそのへんを私はざっと読み流していたのです。そのへんで重要なヒントでも言ってたのでしょうか。(ちなみに主人公はハッキリ言ってませんが、たぶん、絶対赤音。とすれば中性的な美少年は赤音自身であって、衛士の服持って変装すりゃー城にはいれるだろうとタカをくくっていたのでした)

そしてわけもなくトシマを彷徨って、雑魚を倒しまくっていたらレベルあがりすぎて、もう経験値がもらえないほどになってしまいました
あーマヌケだ。マヌケすぎる…。
そこで、もし戒厳聖都をもうクリアーしたという方がいらっしゃいましたら、攻略の糸口を教えてくださいませ…。

今日の一枚。
私を罵る戒厳たん。

kaigen060103

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

いただきもの

後藤羽矢子です。

前の記事に書いたとおり、友人しゃーりーから強奪した絵をアップします。
彼女も比較的ロリ絵の人なのですが、すっごくカッコカワイイアキラたんで、彼女が描いている傍らで「あーアキラたんカワイイ(;´Д`)ハァハァ」などとやっていて大変キモがられました。

なんか、いただきものがあるっていかにも二次創作サイトっぽくていいですね

今日の一枚。
しゃーりー作新年咎狗絵。

miyuki0101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

後藤羽矢子です。

自分の本サイトのほうのトップ絵描いてたら、元旦に更新できなかった…orz
それでも気をとり直して新年絵を描きました。
今日はお友達のしゃーりーさんが遊びに来ていて、一緒にお絵かきをしていました。
彼女は松本さんと共通の友達で、この夏私と松本さんが咎狗にどハマりしたのを見て、「どれ」と咎狗を買ってプレイしてくれたのですが、私たちほどは乗れなかったようです。
彼女はアルビトロがお気に入りです。ちょっと変わってると思ったらいけないでしょうか。

そんな彼女に無理やり咎狗絵を描いてもらいました。
彼女はオフィシャルワークスをパラパラと見て「やっぱりリンが描きやすそうだなー」と言うので「えーアキラたん描いて!」とまた無理やり…。
そしてアキラたんの髪に悪戦苦闘していました。

そんなわけで絵は完成したのですが、同じ記事に絵をふたついれるのは、勿体無いのでしゃーりーの絵は別に分けます。
今年もこんな調子でがんばります。よろしくお願いします。

今日の一枚。
新年シキアキ

sikiaki0101

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »