« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

今年最後の更新

 松本蜜柑です。

 シュラバ極まり中ですので、ろくに更新しなくてすみません。でもかわりに後藤さんががんばってくれているので安心あんしん。一人じゃないって素敵なことねー。

 しかし今日くらいは、一年最後の日なので、ろくな語りは入れられませんが、絵だけでも更新します。まあうちのブログのとりえ(があるとすれば)は萌え語りのバカっぷりと熱さであり、絵だけ更新なんかしてもたいがいのかたには意味ない気もしますが、今日はお許し下さい。
 今年一年は、本当に楽しかったです。萌えがいっぱいで、大変な一年でした。
 とくに、咎狗では、後藤さんと一緒ということもあって、普段ではやらないようなことをいろいろできて、すごく楽しかったです。
 本来私は絵が苦手で、デザインぽいマメ絵以外の絵を他人にほめられたことなどほとんどなく、ゆえに漫画を描く時以外のムダな絵はほとんど描かないほうだったのです。が、今年は後藤さんに「絵がヘタだからって、人に見せないでいたらうまくならない。下手でもガンガン見せたほうが磨かれる!」とそそのか…げふげふ、す、すすめられ、いっしょに咎狗にハマってからは、ブログやるけど一緒にや ら な い か、などと誘われてその気になってはじめてみたら、これが、大変だけどもすごく楽しい。そんでもやっぱり絵は今も思うように描けないでつらい部分もありますが、当社比でずいぶんとこましになったような気がします。ある種のゴマカシの手管も憶えましたし、やはり人に見せることは無駄ではないのだなあ、恥はかけるだけかいといたほうがいいのかもなあ、としみじみ実感しました。
 後藤さんのおかげです。ありがとうございます。と、今日くらいは素直に言っておきます。

 そしてもちろん、ここなり、同人誌なりを、見て下さったかたがたにも、感謝いたします。
 まだまだ咎狗に萌え萌えですので、来年もおつきあいいただければ、うれしいです。

 とゆーわけで今日の一枚は、コミケで並んだ甲斐があったキラルのセットのトランプのナノたん。ハートのクイーンバージョン。
 でも、どっちかとゆーとシキさんがクイーンでナノたんはキングな気がします。普段はバカ殿で、有事には最強…。素敵だ!
 ではでは、皆様よいお年をー。
051231nano

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咎狗イヤー

後藤羽矢子です。

タイピングやりたさに一からローマ字入力の練習をしている私…。
あいうえおとか地味に打ってるんです。

昨日のコミケでは、私は男性向けの島にいたのですが、そんな中で堂々と咎狗本を並べているサークルさんがいて感動して思わず全部買ってしまいました。可愛くてステキな本でした。私もそうなんですけど、男性向けやってる人が咎狗描くとどーしても絵にロリはいるよね…。

それにしても、本当に今年は咎狗に尽きた年でした。ハマったのは8月頭で、まだ半年も経ってないんですが、あまりの密度の高さに8月以前の記憶があまりありません。
来年はラメントもありますが、私はまだまだ咎狗を舐りたいと思っています。
戌年だしねー。

それでは来年もよろしくお願いいたします。
皆様よいお年を。

今日の一枚。
締めくくりはやっぱりアキラたん。

akira1231

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月29日 (木)

コミケあれこれ

後藤羽矢子です。

私のサークル参加は30日なのですが、初めて買い専でコミケ参加。目当てはもちろんニトロブース。
今日は天気もよくて屋外に並んでてもさほど寒くもなく、海も見えてかえって気持ちいいくらいでした。並んでるとジョイまっくすさんが来て「来年もキラルをよろしく~」と言いながら、ランブリングエンジェルのカードを一枚をくれました。
その一枚がジョイまっくす2005。なんかイロイロな意味で強烈なカードでした。
ちなみにイラストはたたなかなさんです。
初めて見る生ジョイまっくすにちょっと感動する私。

で、キラルセット無事ゲット。私と松本さんはニトロプラスセットも購入。
その後まっすぐ咎狗スペースへ。いっぱい本買ったー。
そして明日に使う体力を温存するため、すぐに帰りました。

ラメントのCD超いいです!染みます。公式FLASHのタイトルのとこで流れる曲がたぶんメインテーマだと思うのですが、それのいとうかなこさんのコーラスバージョンが特にいいです。
あー、またラメントへの期待が高まってしまう。ヤバいです。

そしてタイピングゲームなのですが…。
私は…かな入力の女…。
まあもう買う前からわかってたんですけど、ちょっとさわりだけ見てみただけですごく面白そう!試しにやってみたけどやっぱり全然ローマ字で打てない…。
かな打ちだったら、けっこう速さには自信あるんですけど。
誰かに代わりにやってもらうしかないのかな…。
でも私の周りで一番の早打ちを誇る妹が、かな打ちの女…。というか妹をタイピングの師匠にしたので私もかな打ちなんですけど。

そしてウインドウストラップ。シキさんに設定して画面の隅でブラブラ揺れてるシキさんを「かわいー」などと最初は喜んで見つめていたのですが、だんだんうざくなってきて、アンインストールしてしまいました…。
さらに壁紙をとうとうアキラたんに設定、スクリーンセーバーもいれてパソがすっかり咎狗色になりました。他人様に見せられないなー。

というわけでキラルセットはとても満足のいくものでした。
あ、ニトロセットのカレンダーに描かれてるアキラたん、なんかすごい耽美…。

今日の一枚。
なんとなくコノエたん。

konoe1229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

咎狗原稿

後藤羽矢子です。

松本さんの修羅場を他人事のように昨日語っていた私ですが、私も松本さんの咎狗本にゲストするのでした。まあ6ページなので気楽なものなんですが。

今回は松本さんの本がギャグ本なので、私もエロギャグにしました。
とにかくエロははずせないのです…。
松本さんのご友人の方もゲストするのですが、その人もエロを描くそうです。
清純派の松本さんの本に、寄ってたかってエロを注入する私ら。

しかし私の描いてるものは、見る人が見たらかなり引かれるかもしれません。
いま私のなかで3Pブームが来てるのです。(やなブーム…)
とにかくアキラたんが二人がかりで責められるのを見たい。
カップリングは何でもいいです。
シキ&リン×アキラでもいいし、シキ&ナノ×アキラでもいいし、ケイスケ&源泉×アキラでも何でも。あ、グンジ&キリヲ×アキラの本は読みました。よかったです。

で、私がいま描いてるのは、源泉&リン×アキラです…。
まあ絵も4コマ絵だし、ギャグだし、大したものじゃないんですけど、源泉は3Pなんてやるキャラじゃないっと引かれないか心配です。

明日はコミケですね。
咎狗本いっぱい買う予定ですが、3P本があったらいいなーとひそかに期待しています。

今日の一枚。
ゲスト原稿の下描き。

manga1228

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

さむざむ

後藤羽矢子です。

松本蜜柑は現在コミケのコピー本の原稿および、1月8日のコミックシティ用咎狗原稿が逼迫しており、しばらく更新はできないとのことです。松本さんの絵&トークを楽しみにしてくださる方々には申し訳ないことですが、しばらくは私オンリーの更新になります。

それにしても連日寒いですね。
秋といえばシキですが、冬といえばナノという気がします。
そういえばナノたんルートのラストでアキラたんが「寒いのか?」と問い、ナノたんが「少し」などというやりとりがありましたが、私はナノたんに言いたい。
お前、寒い言う前にその開けっぴろげた襟元なんとかしろよと。
襟元から胸板まで見えそうになってるけど、そのコートの下は何を着てるんだよと
普通に考えたらVネックのニット着てるんだろうけど、なんだかコートの下、裸でも、もうナノたんならおかしくないように思えてくる…。

ナノたん、きっとアキラに暖めてほしくてわざとあんな寒々しい格好を…。
でもホントはナノたんあんまり寒さとか感じなさそう。
風邪とか絶対にひきそうにないし。
しかしナノたんの体って雪のように冷たいんですよね。確か。
アキラと二人、寄り添って寒さをしのいだらアキラだけが体温を奪われてガチガチになってしまう!  あ、でもそのかわり、夏はひんやりして気持ちよさそう。
アキラたん「一番辛いのは冬だ」とか言ってたなあ…。
たぶんナノたんと寄り添う冷たさが辛かったのでしょう。
アキラたんが春を待ち望むのもわかる気がします。

拍手お返事反転してます。

24日の方 ZONE00チェックしました~。情報ありがとうございます。でもホモものじゃなかったのですね。

25日の方 エロクリスマス!確かにそんな気がしてきました。デカいケーキ作らせてそれをアキラの体に塗りたくって舐めまくってるような気がします。

今日の一枚。
寒々しいナノたん。

nano1227

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

クリスマス

後藤羽矢子です。

いまだ仕事は続いていますが、クリスマスにアキラたんにケーキを食べさせたくて更新しました。
アキラたんって甘党だと思うんですよねー。たんにオムライス味が好き→お子様味覚→甘党という連想なんですけど。
咎狗キャラでクリスマス、と考えると源泉、ケイスケ、リンはきっちりこなしそうな気がする。
ケイスケはアキラと二人で楽しく過ごせるイベントなら何でもいいの精神で、仕事帰りに安いケーキなんて買っちゃって、でもケイスケはあまり甘いもの好きじゃなさそう。
それでも差し向かいでアキラがケーキを黙々と食べてるのをニコニコと見つめているに違いない。

リンはイベント大好き人間っぽい。しぶるアキラを引っ張ってイルミとか見に行きそう。
まああの時代に呑気にライトアップなんてしてるかはわかりませんが。

源泉は親心に近い気持ちできっちりとクリスマスをやりきる。
ちゃんとチキンも用意して、元クリスチャンだし賛美歌なんて歌ってくれそうだ。

シキさんは…想像してたら悲しくなってきたんでやめた。

ナノたんは、アキラのほうが何かしそう。街で見つけた小さなオーナメントひとつ買ってきてそれを部屋のどこかに飾って終わり。でもナノたんはひそか~に感動してる。

などとつらつら考える私。リアルではもう3日ほど続けて3時間以上寝てなくて、ケーキも食べていない寂しいクリスマスです。
アキラたんにはささやかながらも楽しいクリスマスを過ごしてほしいものです。

今日の一枚。
ケーキ食べるアキラたん。

akira1225

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

こまごま

後藤羽矢子です。

この数日にあった由無しごと。

友人に「のだめカンタービレの千秋とアキラ、どっちかを選べ」などと無意味かつ理不尽な選択を迫られアキラたんを選ぶ。

声優占いをやってみたら、私は杉田智和、松本さんは福山潤でした。
ちょっと嬉しい。ちなみにこの占いに鳥海浩輔ははいっていません。

ラメントの公式FLASHの美しさにシビれる。なるべく発売前に期待を膨らませすぎないように気をつけてはいるんですが、高まってしまう、高まってしまうよー。
それにしても咎狗のFLASHに比べ手のこみかたが段違いなのは、やはりメーカー側も「戦力になる」とみなしたからでしょうか。嬉しいな。

拍手お返事。反転してます。
20日4時の方 藤吉さんの本棚に並んでる本の元ネタ、ほとんどわかったのですが、「ZON
E零々」だけがわかりません…

今日の一枚。
ナノアキ者の松本さんがシキアキを描いたので、シキアキ者の私がナノアキを描いてみました。「スワッピングみたいだ…」と松本さん。
クリスマスなのでバカップル風味で。

nanoaki1224

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミケ情報

 松本蜜柑です。

 コミケですが、私の方は「蜜柑堂」でサークル参加なのですが、ジャンルはバッテリーですので、咎狗の新刊はございません。バッテリーの本と、エッセイ漫画がメインで、咎狗は既刊のナノアキ本『ゆめみるけもの』のみ置いています。それでもよい方はのぞいてみて下さい。
 西1ホールほ-37bです。

 咎狗の新刊は、今さら感アリアリのオールキャラっぽい本『トシマは大ヘンだ!』が1月8日の大阪のシティで発行予定(東京は28日だったかのシティにて)…なのですが、まだ入稿できていないので、確実になってからまたアナウンスいたします。

 ところで、シキさんルートの淫靡アキラたんが、最近描きたくてしょーがありません。このブログを開始したときには、そんなの難しくて描けない、と思っていたのに、思えば遠くへ来たもんだ…。
 咎狗をはじめるまでは、地味系の人しか描けず、美形は軽滅的だったのですが、当社比で着々といろいろ克服できた気がします。あくまで当社比ですけども。
 しかし、いまだにリンたんは克服できないのです…。たぶん、美形は絵柄が美形でなくてもなんとなくイキったムードで描けばそれらしく見える(ことに気づいた)けども、カワイイのは、カワイイムードがまったくつかめないからだと思います。もちろん、もとよりかわいい絵そのものを描くのはあきらめています…。

 とゆーわけで今日の一枚は淫靡アキラたんとシキさん。
 このルートって、アキラたんは他の男を誘惑しまくりのやりまくりなのに対して、シキさんは妻も娶らず他の愛人もつくらず、アキラたんに操立ててるんですよねえ。なんだかんだ言ってアキラたんのほうが立場強いってゆーか尻に敷きまくっている気がします。
051224sikiaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月21日 (水)

最終兵器彼氏

後藤羽矢子です。

仕事が逼迫してるのに、何でこんなことしてるのでしょう。
それというのも某掲示板で、ナノたんのことを「最終兵器彼氏」と言っているのを見て、コラを作りたい気持ちがムラムラと湧いてきてしまったからです。
といっても今回のはかなりやっつけコラです。
一時間もかかってません。

それにしても最終兵器彼女は、あんな色恋をするような感情を残したまま女の子を兵器になんかしないよなあ。普通だったらナノたんみたいに感情抑制の処置をするでしょ。
しかし感情抑制とかしないでも、ちせは「ごめんねごめんね」言いつつジェノサイド繰り広げてましたが。
今日の一枚。
最終兵器彼氏ナノたん。対シキ戦。
「ごめんねシキ、ごめんね」言いつつ瞬殺したでしょう。たぶん。
画像大きいのでサムネです。

saikare1220

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

豹変

 松本蜜柑です。

 今回、咎狗をアンインストールしてねぶねぶとリプレイして、ほかにあたらめて感心したことは、リンたんの中の人の演技です。
 や、もちろん今までだって思っていたんですが、あたらめて、……あの豹変場面の、急激な声と口調の変化が!
 かわいこぶってるときのリンたんだって、カワイイけどカワイすぎない声で、好きなんですけど、あの豹変シーンは激しく燃えます。突然ドスのきいた低音で凄まれて、荒くたい口調で「お前」とか呼ばわりされると、もう百万回聴いてて(おおげさ)知ってても、ちょっとびびるアキラたんの背後霊の私。
 あー、ものすごく男くさくてカッコいい。びびりつつも、ときめきます。
 後藤さんは、どすこい声になる寸前の、「ねえ、それちょうだい?」が萌えるそうです。あーそこもいいですよね。

 あーゆー、ふだんおとなしいとかかわいいとか地味とか系の人が、劇的に変わるシーンて、よくある盛り上げ手法ですけどやっぱり燃え(萌えでもあり)ますよね。
 あそこのスチルも、凶悪顔のリンたんが超かっこよくて好きです。

 とゆーわけで今日の一枚はリンたん。リンたんはいつも、うまく描けないです…。
051220rin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月19日 (月)

咎太

後藤羽矢子です。

「さよなら絶望先生」の2巻を読んでいた時のことです。
本編のなかに藤吉さんという腐女子の方がいるのですが、その人の部屋の本棚のに並べられてる同人誌のなかの一冊が「咎太」。
(´゚ω゚):;*.ブッ

咎太ってあんた…。
どんな内容なのかしら…咎太…。
きっとすごい太い(以下略
それとか全員が太めのキャラとかだったり。(嫌そう)
藤吉さんのメインジャンルはSEEDらしいのですが、ぜひ咎太の本も出して欲しいものです。

拍手お返事。反転してます。

17日22時の方 ファントム絶望小説だったのですか!いや松本さんがけっこうよかったみたいなこと言ってたからてっきり…。やっぱりシナリオの方の手によるものが読みたいですよねー。

今日の一枚。
久米田風味アキラに挑戦して敗北っぽい。

akira1209

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月18日 (日)

イメージカラー

後藤羽矢子です。

14日に書いた各キャラのイメージカラーについての拍手コメントを頂きました。
それによるとたたなかなさんがインタビューで各キャラのイメージカラーについて述べていて「アキラ青灰、シキ紫、ケイスケ橙、リン黄、源泉茶」とのことです。

つーかソレ、単に髪の色では…。
あ、そうか!イメージカラーに合わせて髪の色を決めたんですね。
納得納得です。
シキさんの色設定も初期はナスビ色だったというし。

私事になりますが、SSを書き始めた頃「よーしタイトルは色で統一しちゃうぞー」などと思っていたのですが、わずか3本で挫折しました。
色ってかなりイメージが限定されますよね。
カラーセラピーの先生の言うことには、色のイメージは世界共通、だそうです。
水道の表示でお湯が赤、水が青、これはどこに行っても同じ。逆はない。
つまり本能で察してるわけで、逆をいえばあまりイメージの幅がない。

いくら個々の解釈の違いがあるとしても、源泉を黒とイメージするヒトはあまりいないと思います。そういう意味では、キャラに乗せられてる色がイメージカラーだと思って間違いないみたいですね。
答えは身近なところにある…まるで青い鳥のようです。

今日の一枚。
久しぶりに描いた大人リンのラフ、これは後日ちゃんと仕上げたいです。

rin1218

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

今日もオヤジの風が吹く

 松本蜜柑です。

 昨日の狡猾な源泉の話の補足です。
 あのあとの後藤さんの記事で、源泉についておもいっきりフォロー入れられてしまい、えっもしかして私、源泉をキライみたいに思われてる?!と、ちょっとあわてました。違うねん違うねん。そんな源泉が好きやねん。と言っておかねばなりません。
 源泉は大人のずるさをてんこ盛り持っている、おそろしいおっさんです。
 だがそこがいい!
 …と思っているのです。ご理解ください。

 源泉は、必要とあらば大人の狡猾な手管を使える男でもあり、その力量もある男です。(エロ方面のことだけではなく)しかしたぶんそれを使ったら、使っただけ自分にも悲しみや後悔がきちんと残ってしまう人。基本的にはすごく健全な精神を持った誠実な人なのだと思います。
 地に足がついていて、視野が広く、大局的にものを見ることができる。しかしそれがため、妻子を失ってずっと追い続けてきた仇であるナノを前にしても、憎しみに我を忘れてしまうことができない。最後の最後で、自分勝手になれない。世界なんかどーなったっていい、自分が本当に欲しいもののためなら、みたいなキャラがほとんどの咎狗ワールドにおいて、めずらしいタイプの人です。またそーゆーところが、この人のせつなさでもあるように思います。
 対アキラたんに関しては、まあ事が恋愛沙汰なわけなので、ちょっとワガママ通しちゃった感じというのかな。しかし、そのオヤジの手管で若くて未熟なアキラたんを手に入れてしまったことを、たぶんこの先どっかで負い目に感じることもあるんじゃないかと。このへんからは、かなり妄想なんですけども。
 親子ほどに歳が離れているということもあり、源泉には、アキラたんを囲って守っていけるだけの甲斐性があります。あるなら、男としてはそーしたいところです。でもたぶん、それじゃアキラたんをスポイルしてしまうことにもなりかねません。そのへんが源泉のジレンマになるのでは。
 でもまあ、アキラたんも成績は悪そうだけどバカではなさそうなタイプですから、案ずるより産むが易しっつーか、そうそうスポイルされちゃったりはしない(影響は受けるだろうけども)と思うよ、あんまり気にすんな! だいたい実の親がそう望んだとしたって、子供をいつまでも子供のまま囲っておくことなんて不可能なんだから、他人のアンタたちなんてすぐ対等な関係になりますよ! 主導権だってそうそう握れなくなるかもよ!……などと、源泉の肩をたたいて、励ましてるんだか突き落としてるんだかわからないよーなことを言ってあげたい気持ちの私なのです。

 けど、オヤジくさいセクハラだけはほどほどにして欲しいものです。

 とゆーわけで今日の一枚は、また源泉。アップ苦手なくせにキョ−レツなアップです。ちょっと若いカンジで…えーと傭兵時代とか…?
051217motomi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月16日 (金)

素直な気持ちで

後藤羽矢子です。

うわ、久しぶりに同じ日に二人更新だ。
咎狗ファーストプレイの時、私はとにかく分岐によってシナリオが大きく変わるゲームというのをほとんどやったことがなかったので、「ここでこれを選んだらヤバいかも」みたいな機転を働かせることはほとんどなく、じつに素直な気持ちでプレイしていました。

ケイスケが合流したときの最初の分岐では「コイツ、足手まといになりそーだなあ」と思い(す、すいません!)「やっぱりダメだ」を選択。しかしついてくるケイスケ。
その後リンに声をかけられても「めんどくせー」と思い振り返らず、写真撮影も、私が写真撮られるの好きじゃないので拒否。
初回プレイの時、私けっこうテンション低かったのです…。
その後源泉の髭ジョリアタックを食らい、源泉ルートにはいりました。

源泉ルートを終え、アキラたんの可愛さにやられた私。
次は今まで選んだ選択の逆を選んでたらケイスケルートにはいりました。
松本さんが書いていたように、そこで私はビトロに勧められたパンを「アキラたんにソリド以外のものを食べさせてあげられる…」と思いおめおめと食ってしまいました。

気をとり直してパンを拒否り、ケイスケと対峙。そのときもケイスケの気持ちがよくわからなかったので「判らない」を選んだら、腸を引きずり出されました。
素直になるとろくなことがない…。
やっぱりトシマでは狡猾ぐらいでないと生き残れないのでしょうか。

ところで松本さん、おいちゃん、あのエッチ直前の「自分から迫ってるくせにアキラに選ばせる」ように持っていくところは、確かにこずるいですが、そんな手管が身についてしまった擦れた大人の悲しみがにじんでて、それはそれでいいなあと思えるようになりました。トシマを出てからはおいちゃんも素直になったよね。おいちゃんも誰かを愛することに怯えていて、それを開放してあげたのがアキラたんなんだなーと思います。

やっぱり素直な気持ちは大事ですよ!

拍手お返事。反転してます。
13日1時の方 私も見ました~。じつにうっとりする絵でしたね。あの素晴らしい絵に私の拙作を連想してくださり、本当にありがとうございます。

今日の一枚。
ビトロパンの毒にやられたアキラたん。
なんか変な絵が描きたかった…。

akira1216

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベッドとお風呂とお食事と

 松本蜜柑です。

 咎狗ねぶねぶリプレイ終了しました。

 昨日のアキラたんトシマ日記では、ろくなところで眠れず、ろくな食い物もなく、お風呂にも入れず、着たきりで雨曝し、お相手となる攻も受もやたら凶暴ぞろいで殴る蹴るしてきやがるので生傷も絶えず、…と書きましたが、これは全キャラ共通ルートの話で、もちろん例外はあるわけです。

 そう、源泉ルートでは一日だけ、ベッドで眠れます。しかもこの人は凶暴集団の咎狗メンツにおいて、唯一暴力ふるわない人であり、慣らしもせんといきなり突っ込んでくる他のガキや変態どもと違ってエッチも合意なので、だいぶアキラたんの身体は楽でした…が。
  そりゃー合意でしたよ、合意でしたとも。しかしそれは、無理矢理合意に持ち込まれた、と言うべきであります!
 ねぶねぶと源泉エッチシーンをやり直してみて、私は戦慄しました。オヤジのからめ手でくる狡猾さとゆーか、さすが亀の甲より年の功ですよ。アキラたんがNOと言えないように言えないように会話を持って行くあの手管はなんですか。そらもー上手いこと、押したりひーたりしながら、なんかあれよあれよと退路を断たれて合意させられてしまう素直なアキラたんに、涙が出ちゃいました。しかもあのオヤジ、肝心なところでは絶対一回ひーて、アキラたんにOK出させるんですよ。許可とってるんじゃない、あれは言質とってるんですよ。つまり、あとで無理矢理やられたとかゴネられないよーにしとるんですよ。すごいな、源泉!
 いやあ、いままで源泉ルートの濡れ場はこみあがるいたたまれない恥ずかしさに耐えられないので、ほとんどリプレイしていなかったのですが、今回リプレイしてみて、なんか今まであんまり気づいていなかった源泉の恐ろしさに気づけて、よかったです。ちょっと源泉を見る目が変わった気がします。

 さて、そして、シキさん。
 シキさんのルートでは、なんと3日間もベッドで眠れます! しかもお風呂にも入れてもらえます
 ……………………。
 基本的人権をすごいイキオイで剥奪されているこのルートで、いちばん最低限人間らしい生活をさせてもらえているのか…。
 まあ、あれです、アキラたん、がんばれ。

 それから、食事とゆー点では、一番いいのはアルビトロです。
 なんと、アキラたんのよーなド庶民ではたぶん今まで見たこともないよーなご馳走が!……………………まあ、食べたら改造されちゃうんですけども。
 私などは、このビトロのご馳走を見たとたん、あーこれは食ったらヤられるな、とピンときたのですが、後藤さんなんかは「うわー! これでやっとアキラたんにおいしいもの食べさせてあげられるー!!」と素で喜び、よかれと思ってアキラたんに食わせてしまったそうです。あんたいいヤツですね…。
 ……………………。

 とゆーわけで、結論としては、トシマでは、いいもん食ったり、ベッドで眠ったり、お風呂に入ったりしたら、ひどい目にあう。とゆーことになりますね。
 せちがらいな、トシマ。

 拍手16日0時のかた、はい、そんなわけで今日はシキさんのお風呂などのお話でしたー。こんなお風呂に、入りたいかどうかは、激しく謎ですよねえ。

 今日の一枚は狡猾なおやじ、源泉。着替え中。
051216motomi

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

アキラたんトシマ日記

 松本蜜柑です。

 咎狗ねぶねぶリプレイは、現在ナノたんを残すのみです。
 日にちごとに区切って、各ルートで起った事象をメモにせこせことまとめているため、なかなか進みません。いや、メモするだけならまだ早いのですが、けっこーこれが、ちゃんとやってても、各キャラでズレたらおかしい出来事の日がズレたりするのです。アキラたん、ちゃんと夜は眠ってよー! そのたび見直したりするので、それが手間というか。

 とゆーわけで、まったくもって今さらですが、各キャラ共通の事象を、日にちごとにまとめてみました。

 トシマ1日目。
 アキラトシマ入り。いきなりホモの死姦を目撃して超びびる。
 喫茶店跡でケイスケなしくずしに合流。

 トシマ2日目。
 飲み屋街の裏路地でリンと遭遇。
 ケイスケがイグラ参加案内をきく名目で、みんなでヴィスキオの城へ。
 処刑人と狗と初遭遇。
 リンにクラブで源泉と引き会わされる。リンが記念撮影。
 ケイスケとふたりで喫茶店で眠る。

 トシマ3日目。
 トシマ入りしてからはじめての食事。ソリドのオムライス味をアキラが、グリーンカレー味をケイスケがたべる。
 ケイスケがイグラに参加するためふたりで城に。源泉が待ち伏せしていて3人で城に入る。
 帰りに派手な男(猛)に襲われる。タグを落として行く。
 喫茶店に帰り着くとリンがぶっ倒した男共を記念撮影。さらにアキラとケイスケも記念撮影。
 処刑人に追われている猛と再び遭遇。
 リンとケイスケと、ホテルに。
 アキラが一人でホテルの外に出ると、シキと遭遇。
 ホテルに帰る途中で3人のラリった雑魚に犯されかけるアキラたん。アキラの血をなめて悶絶する雑魚からちゃっかりタグをとって逃げるアキラたん。
 ホテルに戻ろうとして道に迷いかけ、処刑人に遭遇しかけたところを源泉に助けられるアキラたん。
 軽くセクハラなどされつつホテルによーやく戻るアキラたん。
 …………って、本当にこの子ブラスターのチャンプなのかとたいがい不安になるわしらプレイヤー
 ホテルでケイスケとけんかになって、飛び出て行くケイスケ。「俺が死ねって言えば死ぬのかよ!」って子供のけんかかよ!
 一方猛は、一人美人局で失敗して処刑人に追われ中、ナノたんに遭遇して誘惑され、ラインをそっと握らされてしまう。
 リンについててもらうかどーかはお好みで、ホテルの階段で眠るアキラ。なんで階段??

 …と、ここまでが共通ルートです。
 4日目からは各キャラルートが分かれますが、共通の事項はあります。

 トシマ4日目。
 クラブが血の海。
 アキラ、猛と遭遇してバトル、アキラの血をなめて悶絶する猛。
 ケイスケが猛殺害。
 アキラ、廃ビルで眠る。

 トシマ5日目。
 アキラ、クラブ前で青シャツ黒シャツとバトル。
 アキラ、ケイスケと遭遇。クラブの惨劇がケイスケの仕業だと知って超ショック。心弱い子…!
 アキラ、廃ビルで眠る。いいかげん、かーいそーになってきたよ…。

 トシマ6日目。
 アキラ、後ろからぶん殴られて昏倒。ケイスケに拉致される。
 ケイスケとすったもんだしているうちに朝。猛のタグと十字架を拾う。
 
 トシマ7日目。
 アキラ、猛の死体発見。超ショック!

 トシマ8日目。
 雨が降る。
 アキラ、ケイスケとバトル。ケイスケ、アキラの血を飲んで悶絶。
 ケイスケのことでいーかげん心がひよひよになっているアキラ。

 …と、このへんから、ひよひよの心のアキラに付け込んでくる各キャラとの仲が詰まっていきます。

 トシマ9日目。
 とくに共通事象はないが、雨。

 トシマ10日目。
 とくに共通事象はないが、雨足が弱まり、いったん上がる。

 トシマ11日目。(最終日)
 雨は上がっていたが、途中でまた降ってくる。
 エマとグエンが現れ、いろいろ種明かし。
 アキラ、トシマを脱出。

 あー、激動の11日間だった! ろくなところで眠れず、ろくな食い物もなく、お風呂にも入れず、着たきりで雨曝し、お相手となる攻も受もやたら凶暴ぞろいで殴る蹴るしてきやがるので生傷も絶えず………。
 トシマを抜けたら、とにかくひとっ風呂あびて、洗濯した清潔な服を着たい、となんとなくアキラたんの背後霊していたプレイヤーたる私は、しみじみ思うのでした。

 拍手13日11時のかた。幼子リンたん&シキさん、萌えてくださってありがとうございます。あんまり人を萌えさせられない絵柄なので、大変嬉しかったです。でもあれ、あとで自分で見たら、全然シキさん13歳に見えないことに気づいてしまいました…。あれじゃせいぜい9歳くらいですよね。

 今日の一枚はまた話題に関係なくエマ。そろそろちゃんとまともな絵も描きたいのですが…。
051215ema

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月14日 (水)

アキラたんの染まる色その2

後藤羽矢子です。

松本蜜柑が、同人誌のネタづくりのために、最初から咎狗をねぶねぶとリプレイしていて、私もそれを傍で見て、なにやら二人して初心に帰った気分になり、また今さらな話題をここで蒸し返したいココロになりました。(迷惑な話…)

アキラたんが、くっつく男の色に思いっきり染まっていくことが、エンディングの楽しみでありますが、じゃあ攻略キャラたちはそれぞれ何色なのか、ということを松本さんとつらつら語り合ってみました。

アキラが白なのは鉄板。ナノたんは自分のことを「黒」と言っていましたが、ナノたんは「透明」だと思います。ナノたんの周りが黒かったから、それが透けて自分も黒だと錯覚していたんだと思います。だからナノルートでは、アキラたんがナノたんを染めていく。白に。
でもナノたんには、いずれ自分だけの色を見つけてほしい、と松本さんは言っています。

シキさんは赤。でも鮮やかな赤というよりは、ちょっと濁った血のような赤。
赤は狂気でありシキさんの激情の色でもある。
そしてアキラたんを一気に染め上げる強い色。

源泉はオレンジ。
暖かくて優しい色。私はじつはモトアキには擬似近親相姦のような匂いを感じてそこに萌えているのです。アキラは源泉の妻ではなく、あくまで息子でいてほしい。で、年をとったら源泉のようないい男になって源泉を乗り越えてほしいなと思ってます。つまり「藍より出でて藍より青し」になってほしいのですが、どうでしょう。

リンは悩んだんですけど、明るいグリーン。
新緑の色。明るくて気持ちよくて、癒してくれる色。

ケイスケが一番悩んだ~…。
イロイロ考えて空色ってことにしました。
穏やかでうるさくなくて落ち着く色。
ケイスケは空色というよりも、空そのものってカンジがします。時々どんより曇ったり、大雨になったりするとことか。

これらは私たちが勝手にイメージで決めたものですが、皆さんのイメージするキャラのカラーってどんなカンジでしょう。解釈も人によって違うだろうし、ちょっと興味のあるテーマであります。

拍手お返事は明日にいたします。

今日の一枚。
みんなに染められようとするアキラたん。
無駄に手間のかかった絵…。

akira1213

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月12日 (月)

戒めて再プレイ

 松本蜜柑です。

 今、オールキャラな咎狗同人誌をつくるにあたって、咎狗を最初からプレイしなおしております。考えてみたら、いつも見たい場面だけピンポイントでしか再プレイしておらず(しかも同じ場面ばっかり…おおむねナノたんとシキさんのルートばっかり…)、ぶっとばし機能なども使いまくりのため、わりと各キャラのルートで起きたことが頭のなかで混ざっていたり、流れがつかめていなかったりすることも多々あるのでした。
 アンインストールして、ぶっとびたくてもぶっとべないように自分を戒め、どーでもいい場面などもねぶねぶとねぶりつつ…。などとやっていると、わりと自分、こまごまと思い違いとかもしていたモヨウ。今までこのブログでたれ流していたことも、じつはわりと嘘言ってたなーと思いました。たぶん「それ違う!」とツッコミたかった人も多かろうと思います。すみませんでした。でもめんどーなので直さないのであります。

 拍手10日1時のかたと11日0時のかた、シキさん刀砥ぎGIFもらってくださってありがとうございます。しかし、そうかー、携帯機種によっては動きの速さが違うのですね…。日々勉強! 源泉もそのうちつくりますねー。

 とゆーわけで今日の一枚は話題となんの関係もなく、シキさんとリンたん子供時代。オフィシャルワークスのたたなさんのラフよりだいぶ歳を離して描いています。リンたん3歳、シキさん13歳くらいの気持ちで。私は今も、あのラフは初期設定であり、リンたんとシキさんは10くらい離れていると信じております。(かたくなー)
051211rinsiki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月10日 (土)

咎狗小説絶望祭り

後藤羽矢子です。

ペダルキコキコやるヤツで運動したら頭が朦朧として、少し気絶していたらいつの間にか咎狗小説の発売が公式で発表されていたのですね。
ライターは淵井さんではなく、挿絵もたたなさんは表紙だけとのこと。
キラル避難所に行ってみたら、そこは絶望祭り真っ最中で、屍累々という有様でした。

こういうとき、わりと平静でいられるのが年寄りの利点といえますが、私も、正直、かなり、微妙…。
一番のネックが「それぞれのED後のアフターストーリー」というとこでしょう。
それなら、まだ咎狗そのもののノベライズのほうがマシな気がする…
私はSSサイト巡りが大好きだし、自分でも拙作を垂れ流しておりますが、それは、書き手の方々の「こういうものが読みたい」という渇望と愛が生み出したもので、だからこそ共感も感動もできるわけです。
だけども淵井さん以外の人が書いたものを公式だと言われたら、やはり、うーんと言わざるをえません。

思い返せば、ドラマCDの脚本が違う人でもなんとか許せたのは、本編からあまり逸脱してなかったからなんだなー。
でもアフターストーリーという「なかった部分」を表にだすってのは、他の人ではかなり地雷感あふれますよ。
ましてシキさんのアフターストーリーなんて、例え淵井さんが書いたとしても、賛否両論あると思うんですよ。(シキEDそのものが賛否両論という説もありますが)
それを他の人が書くなんて、たとえ淵井さんが「これこれこういうカンジで」と話の概要を作ったとしても、なかなか受け入れがたいです。
もー、今まで淵井さんが書いたSSをまとめたものだけで充分なのに…。

文句ばかり書きましたが…でも怖いもの見たさで買っちゃうだろーなー。
いいなあ「ファントム」の小説はシナリオの虚淵さんが書いてて。

拍手お返事。反転してます。

5日23時の方 源泉弁当カッコイイと仰ってくださり、ありがとうございます。
リン弁は、修羅場あけになると思います~。
6日4時の方 確かに存在感が…。おいちゃんのでばってるカンジが弁当にも滲んじゃってますね。
9日5時の方 似てますよね~!ホント。あの白髪を思わず黒髪に塗り変えたくなります。
でもやっぱり熱いシキさんがいいですよね。

今日の一枚。
読書といえばナノ、ということで久々にナノアキ。黒ナノたん初めて描いた。

nanoaki1209

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯待受用シキさん

 松本蜜柑です。

 『デメント』
 『ラン・ライク・ヘル』
 が近所のゲーム屋の棚に並んで置かれており、いちいち「ラメント?!」とビクッと反応してしまう今日この頃です。心臓に悪いから、並べて置くのはやめてほしいです。

 ところで、以前に作ったシキさん刀とぎGIFアニメを携帯待受動画用に、軽量化してみました。
 どうも待受動画がバッテリーを喰うとゆーのは本当のようですが、いったいどのくらいの軽さが適切なのかはわからないままです。そのへんは機種に依存するのかもしれません。
 とりあえず、215×215ピクセルで44kのものと、132×132ピクセルで72kのものを作ってみましたので、よろしかったらどちらでもお持ち帰りくださいませ。
 なぜ132ピクセルのほうがファイルサイズがでかいのかとゆーと、そっちにはアンチエイリアスがかかっている(つまり中間色が入っている)ためです。ちっこい画像は、アンチエイリアスがかかっていないとシャギーが激しくなってなにがなんだかわからなくなります。本当はどのように作るのが一番いいんだろう。

 次はコミケのシュラバが終わったころにでも、源泉の煙草ぷかぷかGIFあたりでも作ってみたいです。
051209siki-light
051209siki-132

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 9日 (金)

代償行為

後藤羽矢子です。

突然ですが、ゾイドジェネシスのセイジュウロウさんって、シキさんにそっくりだと思いませんか?
ホントにまんまシキさんを白髪にしたカンジです。ポン刀持ってるし。
そしてなんとなく、ゾイド観てセイジュウロウさんにチェックをいれるようになったのですが、松本さんも以前に書いてたように、○○に似てるから◇◇を好きになる、というのは、両者に対して失礼なことだとはわかっています。
しかし代償行為が多いのも、またオタクの業…。

セイジュウロウさんは、キャラでいえば、ルパン三世の石川五右衛門のポジションに近いです。クールで物静かで、周りがバカやってるのを傍で見てて、「馬鹿め」が口癖。
一見シキさんに近いようでいて、その実だいぶ違います。
シキさんは、「俺が俺が俺が」の人だから…。
クールキャラを目指してるっぽいけど、若さと熱さが内からにじみ出ちゃってるような…。
アキラも大概、セルフイメージと現実が違う人ですが、シキさんも相当なものだと思います。

しかし最近になって、セイジュウロウさんが35歳らしいということが判明。(プチショック…)
シキさんもその年ぐらいになれば、あんなクールキャラに…
ならないな
シキさんは、一生あんな熱い人だと思います。回遊魚のように立ち止まったら死んでしまうような人。それこそがシキさんで、そんなシキさんが私は好きなのだなあと思います。

今日の一枚。
ホントーに何の気なしに描いたアキラ。

akira1208

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日 (水)

BL倶楽部の陰謀

 松本蜜柑です。

 今さらですが、咎狗の着メロ欲しさに先月BL倶楽部(なんでこんな恥ずかしい名前なのか)に入りました。多少お高くても、一曲いくらで買えたほうがよかったのですが、BL倶楽部は月会費制だったので、入会するしかなく。咎狗だけ拾ったらソッコーで脱会するつもりでした。
 しかし、月会費380円だかで10曲まで拾う権利があったので、どーせだったら権利いっぱいに拾おうと思ったのが運のつきというか。よその着メロサイトで入っていなかったアクエリオンの後期オープニングやエンディングなどがあり、それはラッキーだったのですが…。咎狗3曲とアクエリオン2曲のほかラーゼフォンのオープニングとか拾って(さりげに菅野よう子ファン)、さーあとはどうしよう、これといって欲しいものはないが、知ってる曲のうちでどれか拾ってもいいし…、と悩んでしまい、後で考えようと放置してしまったのでした。

 そして。

 ここまで書けば、もうみなさんお察しでしょうが、……すっかり忘れ去ったまま月をまたいでしまったのでした。
 私の380円…。(自分が悪いです)

 そしてまた今月もあと10曲の権利をどうしようか迷っているのです。はやく脱会しなくては、また月をまたいでしまいます。
 もうそんな権利など捨ててとっとと脱会するべきかもしれませんが、どうしても貧乏性がそれをさせません。
 私は今月こそあと10曲拾って無事BL倶楽部を脱会できるのでしょうか。
 ってゆーかもしかしてそれが狙いなのか、BL倶楽部め! ……嘘です、ありがたいですBL倶楽部さま。できれば咎狗の他の曲も入れてください。シキさんの曲とか超絶希望。なんだったら全部入れてください。もちろん『lamento』が出たらそれもまたよろしくなのです。

 そーいえば、そのBL倶楽部の着メロの「今月の人気曲」みたいなところを見たら、咎狗の3曲が全部トップ10入りしていましたね。おおー、咎狗、すごい人気…!ってゆーよりは、きっとBL倶楽部の会員自体がすごく少ないんだと思いますが、それでもすごいです。まだまだ咎狗だー。

 拍手4日23時のかた。おお同世代ー。これからもオバ臭あふれる古ネタをお楽しみください!

 とゆーカンジで今日の一枚は話題とは関係なくグンジ。よく考えたら、初描きです。好きなんですけど、描きにくそうで避けていました。まあ、らくがきなら、なんとか………なってない…か…。

051207gunji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

源泉弁当

後藤羽矢子です。

源泉弁当できたよー。
ちょっとは上手くできた、気が、する。

材料は肌がハム、髪が薄焼き卵、白目がかまぼこ、眉、その他顔の部品が昆布。シャツが白身のみの玉子焼き、襟がかまぼこ、サスペンダーが味つき稲荷。

薄焼き卵は黄身を少し取って半分くらいにし、醤油も前回の倍以上いれたのに、やっぱりかなり黄色がかってるなー。これでやっと本来のナノたんの髪の色ってカンジ…。
最初は稲荷で髪作れないかなーと思ったけど、ヘニャヘニャしすぎて型どおり切れそうになかったです。
とにかく髪さえピシッと切れていれば、他が微妙でもそれらしく見えるものです。
次はリンかなー。髪とか楽そうだけど、服がめどー。

拍手お返事。反転してます。

2日22時の方 ありがとうございます~。確かにあの穴、返り血にみたてれば…。途端に怖いナノたんってカンジです。

3日0時の方 食べてみたらやっぱり玉子焼きしょっぱすぎました…。でも他は美味しかったです。まあハムとかなんで当たり前なんですけど…。
3日同じく0時の方 ちょっと失敗気分だったので、凄いと言っていただけて嬉しいです~。

今日の一枚。源泉弁当。
もう現物は食べてしまいました。

motoben1205

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cool-Bネタバレ

後藤羽矢子です。

松本さんも書いているように、咎狗オフに行ってまいりました。
緊張もしたけど楽しかったー。待ち合わせたとき、メンバーの二人がCool-Bを持っていたという。これでこそ咎狗オフというものです。またこういう機会があるといいなー。

ところでそのCool-Bですけど。
いよいよラメント動きだしたってカンジで、頭に血が上りました。
キラルの公式もページが出来たし、タイトルはラメントで決定みたいだし。
とりあえず、思ったことをそのまま箇条書き。

メインコピーかっこいい!
背景オンラインRPGみたい…。
おいちゃん、また非戦闘員かよ。
アサト、ネイティブアメリカン系?
ライさん、チンコケース状態、改善されてる…。
よく見たらおいちゃんの立ち絵も変わってる!
コノエたんは左利き?主人公の左利きもキラルの伝統なのでしょうか。
塗りが優しい。ニトロで例えるなら、咎狗は「ファントム」のような塗り、ラメントは「沙耶の唄」のような塗り。まあまだ一部しか見てないのでわかりませんけど。

このようにぐつぐつと考えておりました。
私の予想では、発売は6月! それ以上待つのは辛い…。すいません、予想じゃなく願いです。とにかく本当に期待しております。

今日の一枚。コノエたん。あいかわらず似せる気ゼロ。

konoe1204

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 4日 (日)

脱ぐとすごいんです

 松本蜜柑です。

 昨日は咎狗飲み会でした。はじめてお会いするかたが多くて緊張しましたが、たのしかったー。
 2次会でゲイバー(ノンケ女子も入れる観光バー)に行き、そこでお店の人に「アンタ小さいわねー!」とかなんとか言われて姫抱っこをされてしまう。つい心の中でシキアキ姫抱っこスチルがよぎる。
 シキさんは上背があるといってもそれなりに細身なのに、背が低いといってもそれなりに筋肉ついてるはずのアキラをあんなへーきな顔で姫抱っこするなんて、鍛えているんだろうなあ。
 おかまの人たち(おかま口調なのは単に演出でふつーにゲイの人かもしれませんが)も皆、細くても脱ぐときれいな筋肉がついていました。ムキムキじゃなく、服を着ているとふつーに細身で、脱ぐときれーな筋肉。ナルシストな人々なので、きっと鍛えているんだろうなあ。
 シキさんやアキラたんはきっとこーゆーカンジなんだなーと思いましたよ。あー、脱ぐと黒い入れ墨がボディのあちこちに入っている人がいて、当然のようにグンジを思い出す私。
 ってなにもかも咎狗を連想なのか!アイタタタタタ…!

 とゆーわけで、今日の一枚は見たことないけどシキさんの裸(腹だけ)。アキラたんは、トシマでは一度もシキさんの裸を見ていないけども、その後見られたのだろうか…。クルクルパーエンディングはたぶん下の世話までしていると思うので見ているはずですが、ほかのエンディングのはどうなんだろう。
 まさか永遠に半ケツ出して着衣エッチってことはないと思うのですが、ちゃんと脱いでまぐわっているシキさんが、想像できません。(無理にしなくても…)
051204siki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

ナノたん弁当

後藤羽矢子です。

ナノたん弁当作ってみたんですけど、なんか負け戦気分…。
具材は、ハム、薄焼き卵、チーズ(ミモレット)チャーシュー、白目部分はかまぼこ、眉、黒目などは昆布の細切り。周りに植物のつもりでブロッコリーを添える。

ハムに穴があいてて(全部に)ナノたんの顔にあばたが…・゚・(ノД`)・゚・。
細切り昆布は、ぬとぬとしていて扱いづらかったー。
薄焼き卵は、ナノたんの「金に近い茶髪」の色に近づけるため、醤油をたっぷりいれたうえ、切りやすくするため小麦粉をいれて粘り強化。まずそう。

前回のシキさん弁当は、ある意味切り絵みたいなものだったけど、今回は難しかった。でも楽しかったので、またやります。次は源泉にチャレンジしたい。
うわ、地震だ。

今日の一枚。ナノたん弁当。これなら松本さんも食べられるでしょう。

nanoben1202

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

角の人たち

後藤羽矢子です。

11月28日にアップしたシキさん弁当。私が素の絵で描くシキさんより弁当のほうがカッコイイと、もっぱらの評判です。それは当然なんです。あれオフィシャルワークス見ながら作ったから…。
でも興がのったので、またヒマがあったら作ってみます。次はナノたんかなー。アキラは色味的に作りにくそうだ…。

ところでもうすぐCool-Bの発売ですね。ラメントが表紙とあって激しくワクワクしています。
しかし最初見たときから思っていたのですが、角軍団の哀の人…。あの人あの角の向きでは、仰向けになって寝られないんでは
きっと江戸時代の人みたいな高さのある箱マクラ使ってるんだろうなと思います。
そして怒の人は、バックでエッチしてて、相手のうなじにキスでもしようものなら、相手の後頭部に角が突き刺さると思います。

とりあえず一人一人角の向きは違うので、キスするときに角がぶつかる心配がないのは安心しました。
なんか私は、角×猫でなく、角同士でカップルができてるような気がしてならない。
怒の人は哀の人をいいようにしてると思う。いや単に願望ですけど。

拍手お返事。反転してます。

28日19時の方 ありがとうございます。他のキャラにもチャレンジします。次はもう少し凝りたいです。
23時の方 たしかに食べづらくて一日放置していました。でも次の日の夕飯に食べました。
29日1時の方 シキさんの冷たい瞳に見られながら食べるのは、勇気がいりました。

今日の一枚。
高い枕で寝る哀の人。早くこの人の情報、もっと出ないかな。

ai1130

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »