« アキラ十八、番茶も出花 | トップページ | 立ち位置 »

2005年11月16日 (水)

俺の下であがけネタバレ

後藤羽矢子です。

すいません。また咎狗でもニトロでもない話題です。
そして、このブログではいつもの事ですが、かなり今さらな話題です。
いま「俺の下であがけ」やってます。もっ…笑いがとまらなっっ…。

発端は、私が「緑川光の受け声を聞いたことがない」と言ったらば、松本さんが「このゲームなら受けの声も攻めの声も両方聞けてお得よ」と薦めてくれたことによるものです。
で、やってみたのですが、内容はバリ攻めのオレ様社長主人公、壱哉さま(CV緑川光)がターゲットにした三人の男たち、(花屋、やもめ、勤労少年)に借金を背負わせ、身動きとれなくさせ、美味しくいただくというストーリー。

で、その借金を増やさせていく工作というのが、社長自ら変装して怪しいツボを購入させたり、海を見ているところを突き飛ばして溺れさせたり、部屋に忍び込んで風呂の湯を溢れさせたり、死ぬほどセコい。
でもまあ、ここで本当に悪辣な手段を使ったら、シャレにならなくなってしまうので、ギャグにしてなごませてるんだろうなーと思います。
このかさむ借金の額は、工作メーターの目押しにより、ハズレからレベル3まで幅があります。私は彼らの借金がかさむたび、「かわいそ~~」などと言いながらも、目押しで上手くレベル3に止まると「やったー」などと喜んでしまい、自分で自分がわかりません。

借金が一億を越えると彼らを「お買い上げ」することができます。
ここでお楽しみのエロに突入するわけですが、最初に元同級生の花屋をいただく。
そしたら…壱哉さまが受けだったよ!!
(合間、合間にはいるイベントでの会話の選択肢により受け攻めが変わるのです)
ちなみに壱哉さまの喋りは、100%シキさんと同じ口調です。
そんな壱哉さまが、「いい硬さだ…さっさと動け」などと俺様マインドそのままで受けてくれました。このゲーム、シキ受けの人にはオススメですよ!
次はやもめ…ってやもめ相手にも受けだーーーーー!
これもまたすごくエラソーで、クリームを自分のケツに塗らせて「もっと奥まで塗れ」と命令。果ては「いまいち、だな。下手くそ」などと暴言。このときのスチルのふんぞり返ったカンジがまたよくて、もうここで笑いが止まらなくなる私。
勤労少年にはなんとか攻められました。

そして、会話の選択肢を選びなおして攻めバージョンも見て、さらに借金が2億を越すとハッピーENDが迎えられると知り、がんばりました。
そしてさらに花屋をお買い上げ可能状態にしつつもやらずに最終日までいくと、秘書とのフラグが立つとのこと。

ちなみに壱哉さまの受けてる声は、「くっ…」とか「んっ…」とかばっかで、あんまり攻めと変わらんなーと思っていたのですが、秘書とのエッチシーンでようやく、緑川の本領発揮の受け声を堪能できました。確かに…この声、萌えるわ…。

ルート的にはやもめに一番萌えました。ハッピーも陵辱も。特に陵辱のときのローソク攻めしながら、自分の子供からかかってきた電話に出させる鬼畜プレイがよかった。
しかしこれだけやって、まだ全然CG回収できてない…。すごいボリューム、満足です。

今日の一枚。
昨日描いた壱哉さまが、あまりにこなれてなく、見ててだんだん気持ち悪くなってきたのでリベンジ。前のは削除。でも苺を食べるのは譲れない。
そして青年に見えないのは、もう仕様です

oresita1116

|

« アキラ十八、番茶も出花 | トップページ | 立ち位置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/7136762

この記事へのトラックバック一覧です: 俺の下であがけネタバレ:

« アキラ十八、番茶も出花 | トップページ | 立ち位置 »