« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月30日 (水)

業務連絡

 松本蜜柑です。

 昨日の後藤さんのシキさん弁当、あまりの貧乏弁当っぷりに涙が出ます。のりと梅干しだけって…。
 あー、でもシキさんてあんまし食べる事に興味なさそうだし、よく考えたら兵隊として戦争に出た戦争経験者なわけですから、意外と白飯だけでもありがたがってくれるかもしれません。
 キャラ弁当だったら、たぶん一番おいしいのはナノたんな気がします。ナノたんは色味から考えて、たぶんそぼろ御飯が基調になると思うのです。鶏そぼろと卵そぼろ。うまそう…。作ってください、後藤さん!

 しかし、シキさん弁当を見て、失礼にも私がまっさきに思ったことは、「後藤さん、この絵柄でいつもシキさん描けばいいのに!」でした。後藤さんの普段の絵柄より頭身が高いカンジで、美形オーラがもりもり出てますよ。
 と後藤さんに言ったら、ヤツは「うわあああ、弁当のほうが絵がうまいって、私はいったい………!」と悶絶していました。あっはっはっはごめんごめん。(鼻をほりつつ)いやいやいや、うまいへたではなく頭身の問題ですよ。

 それはそうと、今日はずっと放置していた同人誌の業務連絡を。
 とらのあなプリンセスサイドさんとメロンブックス女性向け系リブレットさんに委託しております。(現在ナノアキ本『ゆめみるけもの』のみ)
 店鋪においているかどうかは知りませんが、WEB通販できるようですので、ご希望の方はどうぞー。
 私のサイト蜜柑堂のほうでも通販を受け付けておりますが、メールでお問合せいただいたうえで為替を買って郵送していただかないといけませんので、手間がかかると思います。
 もっとも、委託のほうですとお金が多少よけいにかかりますので、お金か手間か、はかりにかけて、お好きなほうをお選びくださいませ。

 それから拍手22時のかた。うわああああ、すみません。あのクソ重いシキさんGIFを落とされたのですね!…すみません。そのうちなんとかサイズダウンして携帯に使えるようにしたいとは思っております。そのときにはぜひ!

 GIFアニメといえば、後藤さんのお知り合いのかたも、あのシキさんGIFを落としてみられたそうなのです。そのかたの携帯はつい最近買った最新型のせいか、あのくそ重い動画を待ち受けにすることができたのだそうです。しかし、それを動かしているとみるみる電池を喰ってしまったとのこと…………マジで〜?(グンジ調で驚愕)
 いくら重いGIFだといっても、画面で動かすだけで通常より電池を喰うなんてこと、あるのですか? あーゆー液晶画面て、なにを映そうとスリープしない限り消費電力は同じだと思っていたのですが。それとも液晶の問題じゃないのだろうか…。
 だとしたら、もっと鬼のように軽くしなきゃ待ち受けにはできないのか…。
 もうちょっと勉強が必要なようです。

 とゆーわけで今日の一枚は話題とは関係なくアキラたん戦闘中(?)。
051130akira

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月28日 (月)

シキさん弁当

後藤羽矢子です。

いまキャラ弁って流行ってますねー。
特にこことかこことか素晴らしすぎ。
あと虐待弁当ってネーミングがいいです。子供への愛情をギャグに転化してるとことか。

で。
ちょっと私もシキさん弁当を作ってみました。
材料は海苔と梅干のみ
安上がりに作れてシキさんえらいっ!

今日の一枚。シキさん弁当。
しかしこれどうしよう…。あんま食べたくないんだけど。

siki1128

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月27日 (日)

バカな男でよかったね!

 松本蜜柑です。

 こないだのシキさん刀研ぎGIFですが、携帯動画用にお持ち帰りくださいーみたいな事を言っておいて、自分で携帯に送ってみたらサイズがでかすぎて入らないとゆーことが判明しました。タテヨコのピクセルがこないだのナノたん動画とほぼ同じだったので大丈夫だと思ったのですが、よく考えたら色数がぜんぜん違う(今回のはアンチエイリアスがかかっており中間色が入っているので見た目より重い)のでした…。すいません……、と言ってもまあ、ナノたん動画にしろシキさん動画にしろ反応は皆無でしたので、誰も被害は受けていらっしゃらないと思われます。よかったよかった。ちょっと寂しいけども。

 ところで、こないだ25日の後藤さんの記事に、私がションボリングエンジェルな伊烏さんの絵をつけましたが、本当にあのジャケ絵の伊烏さんの顔はすごいイキオイでしょぼん顔なのです。ぜひ見てみてください。
 あー、愛らしいなあ伊烏さんは。あの情けない顔は伊烏さんにすごく似合ってます。絵師の大崎シンヤ氏グッジョブ! 伊烏さんて、影のあるクール系とみせかけて、とんだ見かけ倒しのすごい鈍感な抜け作ぼけぼけ君ですからね。
 だがそこがいい!

 私は『刃鳴散らす』はやはり、赤音さんの苛烈で一途な生き方が萌えるのですが、伊烏さんの鈍感なところがそれをさらに壮絶に盛り上げたと思います。
 伊烏さんが、もしもうちょっとでも、その剣の腕前の十分の一ほどにも、ひとの心に聡い男であったなら、赤音さんの行動の真実に気づいてしまったことと思います。でも伊烏さんは気づかない。最期まで赤音さんの行動が愚劣な裏切りだったと勘違いしている。バカな男ですよ。
 しかしそれでこそです。そうでなければいけないのです。そうでなければ、いくら剣の腕前が立ったからといって、伊烏さんの愚鈍なほどの優しげな性格では、赤音さんを殺す気でかかってきたりはできなかっただろうし、「昼の月」を生み出すこともなかったはずです。
 赤音さんには、真実を知った伊烏さんの同情や慰めなど不要だった。あるいは真実を知ったところで女を手にかけた赤音さんを許す事はしなかったかもしれないが、少なくともその切っ先はにぶるかもしれない。赤音さんにとってはそれが一番の裏切りです。
 伊烏さんがにぶちんな男でよかったな。本当にそう思いますよ。

 と、いまごろまた『刃鳴散らす』感想みたいな事を…。

 とゆーわけで、今日の一枚はひさびさに赤音さんです。
051127akane

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後藤羽矢子です。

シキさんが刀を砥ぐ話を松本さんとしていたところ、彼女は「シキED2,3の刀はきっとアキラたんが砥いでいる」と言う。
「シキさんが自分の刀を預けられるのはアキラたんだけだから」とのこと。
それを言ったらED1のシキさんも寝たきりなわけだから(松本、貴様はいいかげんクルクルパー言うのやめろっ)必然的にシキさんEDはみなアキラたんが刀を砥いでいるということになりますなー。(妄想を事実のように思い込む腐女子の悪い癖)

ED2のアキラは当然として、ED3のアキラもあれは「壊れているけど狂ってはいない」というのが私たちの見解ですので、きっとシキさんを愛するのと同じように刀も慈しみながら砥いでいることでしょう。

なんか、いま家の周りで紅葉がとてもキレイで、心が非常にシキアキモードです。(私はいつもという説もありますが)
あ、そういえばアキラたんの「綺麗だろ。鮮やかな赤だ。まるでシキの瞳みたいに」という台詞。あれ、以前のアキラたんだったら、とても言わない台詞だよなー。
きっとシキさんと一緒にいてシキさんのボギャブラリーが移ってしまったんだと思います。
本当にアキラたんのシキさんへの染まりっぷりはただ事じゃありませんよ。

拍手お返事。反転してます。

23日22時の方 SSも絵も拙いものばかりですが、少しでも楽しみにしてくださってありがとうございます。たぶん次のSSはモトアキになると思います。

25日9時の方 盗聴器!確かにシキ総帥ならそれぐらいのことやりそうですね。ブランデーグラス片手にニヤニヤしながら聞いてそうです。

今日の一枚。
シキED1のアキラたん。けっこう何度も描いてるような気がするけど飽きないなー。

akira1126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月25日 (金)

刃鳴散らすサントラ

後藤羽矢子です。

松本さんの作った、シキさんのGIFカワイイなー。
でも、実際シキさんもこうして刀砥いでるんだろうなー。
刀って人間一人切るだけでも、脂や血でかなり傷むらしいですから、お手入れは日課でしょう。
さんざんシキさんにやられまくったアキラたんが泥のように眠り、ふと夜中に目を覚ますと、月明かりの差し込む薄暗い部屋で、シューッシューッと刀を砥いでいる…。
こわっ!

話変わって、今日「刃鳴散らす」のサントラがニトロプラスダイレクトから届きました。
やっぱりニトダイは早くていいな。
しかし、このジャケ…。
軍服を着て椅子に座っている伊烏さんと、その傍らに立つ戒厳たん…。
それはいいとして、伊烏さんの顔…。
激しょんぼりしてますよ!すごい景気悪い顔です!
玉座のような椅子に座っておりますが、なんか、子供が無理やり王に祀り上げられ泣きそうになってるような雰囲気です。

なんでこんな顔になってるかと考えてみたのですが、戒厳たんがいるという時点で、これは例のホモENDの世界なのでしょう。
と、すると、この伊烏さんは赤音を愛している伊烏さんなわけで、おそらく赤音に殺されたあと、戒厳たんによって無理やりアンデッドにさせられ、このように仮初めの王にさせられている、といった具合でしょうか。
つまり、この景気のわるーい表情の伊烏さんは心のなかで「赤音…俺は何故こんなことを…」とか考えているに違いありません。
なんかホモEND、許せないっぽかったけど、こう思うとちよっと萌えました。
あと関係ありませんが、二人のいる部屋の窓が、シキED3の冒頭に出てくる窓に妙に似てるのも気になる…。
なんかホントにイロイロ思い巡らせてしまうジャケであります。

今日の一枚。
仕事逼迫中につき、松本さんが絵を描いてくれました。
景気の悪い伊烏さん。
拍手お返事は明日にでもいたします。

051125igarasu

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月24日 (木)

リアルウボァー!(゚Д゚)

 松本蜜柑です。

 一昨日、後藤さんちでいっしょにシキさんのクルクルパーEDのルートを見直しました。
 私は基本的に声萌えの属性がなく、さらにうちの窓マシンは音のよくないノートなので、普段はかなり声をとばしがちです。
 もちろんナノたんはとても好きですし、中の人の声ももちろん今となっては好きと言えますが、しかし、やはり愛をもってしても、ナノたんベシャリはのろすぎて、ぜんぶ喋り終わるまで待っていられません…! ので、ここしばらくまともに聴いていなかったのですが、後藤さんはかなり声萌え属性の人なので、今回はつられてかなりよく声を聴くハメに…げふんげふん、よく聴けました!
 そして、ものすごくひさしぶりに聴いたナノたんの声…。シキさんにずんばらりんと斬られるシーンの声が…。字で表記するならまさに「ウボァー!」(゚Д゚)…! リアルウボァーでしたよ…。真面目なシーンなのに、笑いのもれる私。ご、ごめんよ、ナノたん…。
 あとは、アキラたんのあえぎ声などを堪能しました。うまいなあー。痛いあえぎと気持ちいいあえぎがちゃんと違っててスバラシイです。
 でも、シキさんの声は、なぜかどんなときでもちょっと笑えてしまうのは、なぜなのか…。中の人のせいなのか…。いえ、うまいと思うのです。本当にうまいと思うんですが…。

 とゆーわけで、本日の一枚は話題と関係なく、刀を研ぐシキさん。GIFアニメです。じつはまだ未完成で、もうちょっと動作を加えたいのですが、時間がないのでここまで。GIFアニメつくるのは楽しいですね。以前の11/12のぐうぐうお昼寝ナノたんを、携帯の待受け動画にしている私です。自作動画を待受けにするって…アイタタタタタ…。このシキさんも、215×215ピクセルがOKなかたは、よろしければお持ち帰りくださいませ。
051124siki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地味アキラたん

後藤羽矢子です。

PCソフトの貸借は違法、というのは知ってましたが、営利目的、コピー以外の個人的なものもあかんとは、ちょっと不勉強ゆえ頭にありませんでした。すいませんでした。(ペコリ)
一応昨日のブログの一文は削除しておきます。

いまは松本蜜柑が傍らにいるので、久しぶりに咎狗萌え語りを切々としています。
先日、久しぶりにリンルートをやり直して、アキラたんの地味さを改めて感じ入る。

「なんかリンEDのアキラたんって、スーパーの袋とか持っていそうだよね。コンビニじゃなくてスーパー」
「まあ、アキラたんは元々、地味で堅実なタイプやからなあ」
そう、リンEDのアキラたんが、一番ニュートラルなカンジなのは、結局、5年間男日照りで男に磨かれてない状態だからだと思うのです。ダイヤの原石状態。
源泉EDのスチルの、あの花のようなパアア…とした笑顔は、源泉に磨かれまくって光を放っているからですよ。
シキさんに至っては、磨いて磨いて磨きまくって、誰もが抱きたいと思うほどの美人さんに成長させました。とてもリンEDと同一人物とは思えません。
シキED3も美人ですが、シキED2のアキラも「お前を高嶺の花と仰ぐ者が多いと聞く」と噂されるほどの上玉に…。
ところで思ったんですけど、それ、誰が言ってんだ
シキ総帥にそんな噂を吹き込めるような人間がいるとは思えないんですけど。
松本さん曰く「シキが自分で言ってんじゃない?」
それだ!
自分の情人(兼部下)が、もてまくってるということにして悦にいりたいに違いない。

ホントにシキさんはアキラたんを愛しているのねえ。

というわけで今日の一枚は、イグラバカップル仕様のアキラたん、のラフ。
だいぶ前に描いてお蔵いりにしておいたものを発掘。

akira1123

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月22日 (火)

布教その2

後藤羽矢子です。

今日、モノクロレーザープリンターを導入したのですが、設置に来た業者の人に、咎狗のシステムボイス聞かれて、とても恥ずかしい思いをしました。

この日は臨時のアシスタントさんが来てたのですが、彼女のお友達さんが10月頃、咎狗にハマり、冬コミに本を出す!とはりきってらっしゃるそうです。
私たちも遅ハマりだったので、こういう咎狗セカンドエイジが生まれてる話を聞くと、なんか安心します。もっと新しい咎狗スキーの方々が増えるといいなあ。

で、そのアシスタントさんの人は、お友達の家に行き、なんの予備知識もないまま、シキさんのドラマCDを何回もくり返し聞かされるという、拷問のような布教を受けたとのこと。
私と松本さんは「それはダメだあー」「アレ聞かされたら好きになるものもならなくなる」と言いたい放題。いや、CDの出来がどうこう、という話ではなく、シキさんの恥ずかしい部分が抽出されまくってるというか…。あれ聞いて、あれが咎狗のすべてだと思われたくないというか…。(フォローになってない)
「私なんてアキラたんの喘ぎだけ聞くために、トラック5と6しか聞いてないよ」
という私もどうかと思いますが…。
いや、もちろん、私はシキアキが本命なんですよ!

しかしアシスタントさんのマイパソはMacなので、咎狗はプレイしてないとのこと。
残念残念。
すっかり私まで布教に加担するココロになっていました。
とにかくホントに一人でも多く咎狗にハマる人が増えますように。

今日の一枚。
仕事過密につき、ラフのリンたん。

rin1121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月20日 (日)

30000ヒット

後藤羽矢子です。

いつの間にかこのブログも30000ヒットいってました。
私たちの脳内だだ漏れ状態の語りを閲覧してくださってる皆々様、ありがとうございます。

私はけっこうアニバーサリー好き女なので、ここはひとつお礼絵でも描かねばといきりたつ。そしていま、松本さんが家に来てるので「せっかくだから合作絵でも描かない?」と提案。松本さん「工工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 」

「俺ら絵の頭身も線も顔の部品の大きさも、何もかも違うし…。なんかすごい事になりそうで…」としぶる松本さん。
確かに、私の絵は、ロリとエロと4コマが血肉となってできています。松本さんとはベクトルがだいぶ違いますが、「かえってそのほうが面白いよ」と説き伏せ、さっさとアイス舐めアキラを描いて、「ここにアイス舐めてるナノたん描いて」と勝手に進める。

それぞれを別紙に描いて、モニターで統合。予想どおりの不協和音っぷり。
塗りは松本さんにやってもらいました。
塗ったらちょっと統一感が出たみたいです。
その後、自分たちの絵のルーツが何であるかを、語りあってみる。
意外にも過去に真似してきた絵などに共通点が多かったのですが、絵ってパーソナルが如実にでるものですね。不思議です。

そんなわけで今日の一枚。
30000ヒット記念絵。
ナノたんがエッチいカンジで、わたし的にはウハウハです。
それではこれからも、よろしくお願いします。

なんか散漫な文章だなーとひとりごちると、後ろから松本さんが「30000ヒットなだけに」とボソっと呟きました。

30000hits

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月19日 (土)

愛がなくても大丈夫なの?

 松本蜜柑です。

 こないだ後藤さんも書いてましたが、リンたんとアキラの関係は、とても対等でダチっぽい。リンルートに入らなくても、つまり愛が(性愛含む意味での恋愛感情が)なくても大丈夫。この人たちはいい関係を築いていける、そんなふたり。なんだったら、リンルートを通って身体をかさねた後でも、ダチになれる人たちだと思います。まあそういうところが、色気の足りなさになっているとも言えるんですけど。

 源泉もまあそうですよね。ルートに入ってしまったら立派なベタ甘バカップルになりますが、ルートに入らなくても、愛がなくても、それはそれでおいちゃんは面倒見のよいいい人です。きっとつかず離れず末永くつきあっていける、いい関係を築けそう。
 だから、リンたんとおいちゃん相手だと、アキラはとてもリラックスできるんだろーなー…。よーするにリンたんとおいちゃんは、精神が健全なんだと思います。愛以外にもアキラとこの人たちをつなげる何かがちゃんとある。

 ケイスケはまあ中間というか、ひとたび愛し合ってしまったら、その後はもう愛なしでは死んじゃう(ケイスケが)と思いますが、愛にならないなら、ならないままでも…いやどうかなー…あーそりゃちょっとケイスケがかわいそうな気もしてきました…。だって他の人はルートに入らないと愛が発生しませんが、ケイスケだけは最初からガチでアキラを愛していますよね。それが友情だとカンチガイしていたかもしれないけど、一生そう思い込んで生きて行くことが、はたしてできるだろうか。ケイスケと愛しあうんでなければ、いつかアキラたんはべつの誰かと愛しあうようになるだろうし、そうしたらケイスケはもう気づくしかない。それはつらいなー。
 やっぱり、他の人のルートでケイスケが全滅しているのは、ケイスケのためにいいことなのかもしれません。
 とゆーわけで、ケイスケは、愛がなくても大丈夫かとゆー問には答えられない人です。愛がない場合があり得ないからです。
 けど、ふたりの間に愛以外のなにかがないというわけではない。いろんなものでふたりはつながっている。

 そしてシキさん。
 シキさんとアキラだと、もうキッパリ、愛がなければダメ!
 てゆーかシキさんは他の誰かと正常な人間関係が結べる人ではないので、なにか極端な感情をもたない相手と、ふつーにつきあっていくことができるとは思えません。
 アキラは、ゆーたらアレですが、多少腕っぷしが強かった(けどしょせん井のなかの蛙)程度のふつーの子なので、シキさんが強い憎しみや執着などを持てるほど歯ごたえのある相手ではないように思います。つまり、愛さなければ、なんの意味もない相手。愛がなくちゃ、ただの他人どうしなふたりですよ。
 だから、やはりシキさんは、アキラにひとめぼれだったんじゃないかなー。そーでなければ、あんな唐突な執着っぷりは理解できませんや。
 とにかく、シキさんとアキラがふたりで生きるためには、愛がなくてはダメです。
 リンたんと真逆ですな。
 そーゆー歪んだところが、色気をかもしだしているんだろうなーと思います。

 えーとそしてナノたんは、そもそもそれを愛と言えるのか、とゆーところから疑わしいのでこの話は論外にしておきます。
 ナノたんはルートに入ってエンディングをむかえても、まだそれが愛と呼ぶには未成熟というか、愛とよく似た違うものなんじゃないのかという気がしてしまうのです。それは溺れる者がワラをつかんだようなものなんじゃないかな…。アキラたんはワラ。アキラだってまだ若く未熟で、誰かをうまく導いてあげることなんかできると思えない。そんなふうにすがりつかれたら、アキラたんだって溺れてしまいます。
 ナノたんとアキラの愛は、エンディング時点でまだ不完全なんだな、と思います。あのまま閉じた世界でふたりだけでいることが、いいこととは思えない。このさい、愛でも情でもなんでもいいから、ナノたんがふつうに誰かとそれを交わせるようになってほしいな…としみじみ思ったり。
 …って、なんか論点がずれてきたー。

 結論。愛がなくてもリンたんとおいちゃんとは大丈夫。いい関係になれる。ケイスケは愛がない場合がありえない。シキさんは愛がなければ他人。ナノたんはそれ以前。
 とゆーことになりました。

 しかし、シキさんとアキラの「愛がなければ他人」な関係って、現実だとかなりうざい関係ですが、フィクションだと色気があっていいですよねー。( ´,_ゝ`)プッ なカンジもしますが、その( ´,_ゝ`)プッ なところがまたいいカンジにけれんみを出しているというか…。

 とゆーわけで、今日の一枚はシキさんと淫靡アキラたんです。
051119sikiaki

| | コメント (1) | トラックバック (0)

フード

後藤羽矢子です。

ビズログ早売り購入。
ネタバレは避けますが、一言だけ…。
フード被ったコノエたん、カワイイ!

そういえば、先月のビズログには、フード被ったアキラたんが描かれていましたが、あれも実によかった…。
本編で雨が降ったとき、アキラたんも濡れるにまかせてないで、フード被ればよかったんだよ。頭が濡れると濡れてないとじゃ、体感温度がずいぶん違うらしいですよ。
そういえば、最近の高校生の方々も、雨が降ってるのに平気で歩きながら友達と濡れながら喋ってたりするなー。いまの若者ですらそうなんだから、さらに未来の若者であるアキラたんは、濡れるのも全然平気なのかもですね。

ところでいま、ふと思ったんですけど、本編においてのトシマの季節って何月くらいなんだろう…。
リンもケイスケもおいちゃんも比較的薄着で、雨が頻繁に降ってるから、なんとなく6月をイメージしてみる。あの時代は天気がいつもよくなくて、たぶんいまの6月よりもずっと肌寒いんじゃないかと思います。

今日の一枚。
フード被ったコノエたん。勝手に耳を浮かびあがらせてみた。

konoe1119

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

立ち位置

後藤羽矢子です。

リンCDのジャケ、アキラとリンが背中合わせなところに、二人の関係性がよく表れてるなーと思います。
松本さんともよく話すことなのですが、リンとアキラたんって恋人同士っていうよりは、いいダチってカンジっぽいなーと思います。何ででしょう?咎狗のなかではガチホモだったのは、リンぐらいで、後の人たちは、本来ノンケなのに、アキラたんの魅力に狂わされた方々ばかり。なのにリンアキからは爽やかな友情の香りがするのです。

二人は背中合わせで寄り添っていて、互いに自分の道を見つめている。
ある日、ふっと道が分かれることになっても、笑って手を振ってそれぞれ歩いていく、ような。なんかリンの、まっすぐで弾丸みたいなところが、そう思わせるのかなー。

で、他のカップルはというと。

ケイスケとアキラは隣あわせで寄り添ってる。どっちも同じくらい互いに寄りかかってる。
二人が見てるのは同じ道、同じ世界、だけどお互いを見つめあうのは恥ずかしい。

源泉はアキラを後ろから抱きすくめてる。アキラは前に進みたいけど、抱かれてもいたい。
源泉はアキラに前に進んでほしいけど、引き止めてもいたい。どっちも同じ矛盾を抱えている。

シキはアキラを前から抱きしめている。アキラが息苦しくても周りが見えなくても、シキは全く気にしない。アキラは抱きしめる力の強さに苦しいと思いながら少し喜んでる。

ナノはアキラに手を引かれている(EDそのまま)少し先を行くアキラも手探りで歩いている。
未来は視界が悪く、互いの手のぬくもりだけがたより。

こんなカンジ。なんか今さらですが、ケイスケのCDのジャケ、カップル絵がよかったな…。
いや、あのジャケもいいんですけど、ケイアキって公式のカップル絵、少ないから…。
シキアキはいっぱいあるので譲歩します。

そしていつか出ると信じてる源泉のCDのときは、ぜひカップル絵でお願いしたいところです。しかもうんとイチャついてるヤツ! 

今日の一枚。
寄る辺無い子供同士のケイアキ。

keiaki1118

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月16日 (水)

俺の下であがけネタバレ

後藤羽矢子です。

すいません。また咎狗でもニトロでもない話題です。
そして、このブログではいつもの事ですが、かなり今さらな話題です。
いま「俺の下であがけ」やってます。もっ…笑いがとまらなっっ…。

発端は、私が「緑川光の受け声を聞いたことがない」と言ったらば、松本さんが「このゲームなら受けの声も攻めの声も両方聞けてお得よ」と薦めてくれたことによるものです。
で、やってみたのですが、内容はバリ攻めのオレ様社長主人公、壱哉さま(CV緑川光)がターゲットにした三人の男たち、(花屋、やもめ、勤労少年)に借金を背負わせ、身動きとれなくさせ、美味しくいただくというストーリー。

で、その借金を増やさせていく工作というのが、社長自ら変装して怪しいツボを購入させたり、海を見ているところを突き飛ばして溺れさせたり、部屋に忍び込んで風呂の湯を溢れさせたり、死ぬほどセコい。
でもまあ、ここで本当に悪辣な手段を使ったら、シャレにならなくなってしまうので、ギャグにしてなごませてるんだろうなーと思います。
このかさむ借金の額は、工作メーターの目押しにより、ハズレからレベル3まで幅があります。私は彼らの借金がかさむたび、「かわいそ~~」などと言いながらも、目押しで上手くレベル3に止まると「やったー」などと喜んでしまい、自分で自分がわかりません。

借金が一億を越えると彼らを「お買い上げ」することができます。
ここでお楽しみのエロに突入するわけですが、最初に元同級生の花屋をいただく。
そしたら…壱哉さまが受けだったよ!!
(合間、合間にはいるイベントでの会話の選択肢により受け攻めが変わるのです)
ちなみに壱哉さまの喋りは、100%シキさんと同じ口調です。
そんな壱哉さまが、「いい硬さだ…さっさと動け」などと俺様マインドそのままで受けてくれました。このゲーム、シキ受けの人にはオススメですよ!
次はやもめ…ってやもめ相手にも受けだーーーーー!
これもまたすごくエラソーで、クリームを自分のケツに塗らせて「もっと奥まで塗れ」と命令。果ては「いまいち、だな。下手くそ」などと暴言。このときのスチルのふんぞり返ったカンジがまたよくて、もうここで笑いが止まらなくなる私。
勤労少年にはなんとか攻められました。

そして、会話の選択肢を選びなおして攻めバージョンも見て、さらに借金が2億を越すとハッピーENDが迎えられると知り、がんばりました。
そしてさらに花屋をお買い上げ可能状態にしつつもやらずに最終日までいくと、秘書とのフラグが立つとのこと。

ちなみに壱哉さまの受けてる声は、「くっ…」とか「んっ…」とかばっかで、あんまり攻めと変わらんなーと思っていたのですが、秘書とのエッチシーンでようやく、緑川の本領発揮の受け声を堪能できました。確かに…この声、萌えるわ…。

ルート的にはやもめに一番萌えました。ハッピーも陵辱も。特に陵辱のときのローソク攻めしながら、自分の子供からかかってきた電話に出させる鬼畜プレイがよかった。
しかしこれだけやって、まだ全然CG回収できてない…。すごいボリューム、満足です。

今日の一枚。
昨日描いた壱哉さまが、あまりにこなれてなく、見ててだんだん気持ち悪くなってきたのでリベンジ。前のは削除。でも苺を食べるのは譲れない。
そして青年に見えないのは、もう仕様です

oresita1116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アキラ十八、番茶も出花

 松本蜜柑です。

 今日は更新しないつもりでしたが、年齢話について拍手コメントが3つも入ったので(ありがとうございますー)、それにかこつけてもうちょっとばかし年齢話を。

 13日4時のかたはシキさん19歳くさいと睨んでいらっしゃるそうです。(私が19歳説を書くより前にそうコメントが!)
 うううー、でもやはり私は26歳希望ったら希望です!(わがまま)ナノが実は35歳くらいとゆーのは、あり得ると思います。あの人は、何歳でも納得してしまいます…。じつは23歳と言われてもじつは40歳と言われても…。あっでもあんまり若すぎると、エマさんが淫行罪になってしまいますね! いけませんいけません。
 14日22時のO様、シキさんは脱走前のnと戦場で出合っててそのころ大人みたいだったから、26でイケるだろう、とのことです。
 ああ、そうですよねー。そのときにあんまし子供すぎるとリアリティないですもんね。と言いつつ、開発途中で設定されていたとゆー、リンシキ兄弟の家系が『ハンター×ハンター』のキルアんちみたいな暗殺者の家系(う、うさんくささMAX!)だとゆーのがアリなら、子供が戦場にいてもなんでもアリだとは思いますが、まさかそんなことは…ない…ですよね…。
 そして15日2時のかた、リンたんはアキラよりたぶん年上だ、とのことですが、し、しかしてその根拠は!?
 なんかありましたっけ。もしかしてリンたんがケイスケのことを「あの子」って言ってたことかしら…。しかしあれって私は、年下のリンたんに「あの子」よわばりされるケイスケ、とゆーシチュエーションに萌えたりしてました。間違ってますか、私…。たしかにリンがアキラより年上という証拠もないんですよね。ただ、背があんなにのびるくらいだから成長期前の少年だったとゆーことで17以下だと思っているのです。それ以上だと、成長しないこともないでしょうが、ああまで目に見えて大きくなることはないと思うのです。

 まあ、あれですよね、歳がハッキリしていないからこそ、いろいろ想像できていいとも思いますよね。ってゆーかハッキリさせたらたぶん販売できな(ry

 今日の一枚は、昨日リンたんと源泉部分のラフを貼った、次回の咎狗本の表紙絵がだいたいできたので、貼っておきます。6人もいてごちゃごちゃしているので、今日は大きめのを貼ります。下記画像はサムネなので、つついてでっかくして御覧下さいませ。
051116all

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月14日 (月)

アキラという名で十八で その2

 松本蜜柑です。

 とゆーわけで年齢の話の続きです。
 ナノの歳を決める材料は、子供アキラとの回想シーンの見た目の歳の差しかありません。てゆーか、ほとんどすべてのキャラをアキラ十八歳を基準にして決めているわけなので、前提がゆらぐとどーしょーもないんですが、アキラは十八です! もう勝手にそう決めました!
 で、ナノは…。とりあえず、アキラとは十か、いっててひとまわりくらいの差に見えるんですが、またこれが見た目とゆーのは非常にあやふやなものですし、そもそもナノたんて意外性のキャラなので、若いにしろ年寄りにしろ見た目通りかどうかわからない…。でももうそんなこと言っていたらキリがないので、ひとまわり違いとゆーことにして現在三十前後。これでどーですか。たたな絵の、目の下のかすかなしわとかから考えても、こんなもんだと思います。
 ちなみにエマさんはナノたんとの会話の言葉のカンジから判断してナノたんよりお姉さんっぽい。あと、絵のふけ具合(失礼)から判断してナノたんより5つばかり年上の三十代中盤とかで妥当ではないでしょうか。源泉よりENEDでの地位が上だったようですが、研究員なんて頭いいもん勝ちなので、きっと源泉より優秀だったんですね。

 そして一番の問題がシキさんなのです…。
 この人は、判断材料が、いっさいないのです。
 いや、あるには、あります。咎狗オフィシャルワークブックにあったリンたんと並んだ子供時代の絵です。しかし、あれだとどー見てもリンたんと3つ程度しか離れていません。つまり、リンたんがトシマ時点で十六だとしたら、シキさん十九ー!? そ、そんな青二才なのかよおめーは!?
 いやいやいやいや、たしかにシキさんは、行動とか見てると青二才ですよ。青二才ってゆーか、コドモみたいなものです。彼は永遠のコドモです。血まみれネバーランドの住人です。
 しかし、希望的観測では、やはり二十代中盤くらいにはなっててほしいんですよ…。そうでないと、アキラたんがかわいそーすぎます。自分とひとつくらいしか変わらない男に所有者ごっことかされてもなあ…。御主人様の風格ゼロですよ。まだビトロのほうがこの身をまかせて安心(?)な頼りがいがある気がします。あー、だからシキさんの所有者ごっこは「ごっこ」のにおいがするのかなあ…。コドモががんばっちゃってるカンジというのか…。
 とか言っているとますますシキさん十九説が濃厚になってきました。いけませんいけません。
 やっぱりここは、今までもっともらしく考察してきたことをすべて台なしにしてでも、自分の希望を重視して、シキさんは二十代中盤! 二十六くらい! リンたんとは十違い! ってことでひとつお願いいたしたいのであります。
 あのリンシキ子供時代絵は、きっと開発途中のもので、最終決定とは設定がビミョーに違うのですよ!(強引)

 ざっと番外。処刑人は、見た目しか判断材料がないので、100%自分の希望でグンジ二十四、キリヲ二十九くらいとゆーことにしときます。ビトロは源泉と同い年なので四十代前半、歳の話をすると不機嫌になる。猛はアキラと同じくらいで十八前後で。グエンさんはエマさんよりちょっと下の三十代前半。
 こんなところですか。

 ところで、リンたんCD発売決定おめでとうございます! 源泉とナノも出ますように!
 とゆー期待をこめて、次回の咎狗本表紙ラフからトリミングしてリンと源泉。え、次はナノアキじゃないのか、ですか? ナノアキはちょっと時間がかかりそうなので、3月にまわしました。ので、次回はオールキャラ本です。
051114motorin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンたんCD

後藤羽矢子です。

先日、アニメイトにトーン買い行って、オフィシャルワークスをまた買ってしまいました…。
なんか一冊しか残ってないのみたら、ムラムラと買いたくなって…。まあ保存用にと思い…。同じ本を保存用にと二冊買うというのも、私にとって初めての経験です。
オフィシャルワークスは、ねぶねぶと読むだけでなく、資料としてもガンガン使ってるわけですが、松本さんは本が傷むのが嫌で、キャラ設定表をコピーとってそれを見てるそうです。
なるほど、そういう手があったかー。私は思いっきり開いて開き癖がつくくらい使ってたよ。

話変わって。旬の話題だしリンCD話でも。
公式にあるCDのジャケ絵。イメージCD初のカップル絵。リンには悪いけど、やっぱりアキラたんのほうについ目が行ってしまう…。
対リンのアキラたんは、男っぽくてそのへんも新鮮でイイ。いや、なんか乙女だったりドジっ子だったり、所有物だったり、おかんだったりするアキラたんにばっかり目がいってたので、なんかこう初心に帰ったような気分…。

ところでやっぱりカズイ、出てくるんですかね?
私的にはカズイの声は櫻井孝宏がいいけど、たぶん無理でしょう…。
あー、でも素直に楽しみです。
シキさんのCDの時は、不安というか、恐怖のほうが強かったのに…(何でだ)

今日の一枚。
よく考えたらリンたんの全身をカラーで描いたの初めてだった。

rin1114

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月13日 (日)

楽園行ネタバレ

後藤羽矢子です。

別館にSSアップしましたー。またシキアキ…一応エロいの書きました。

そして世間では(咎狗世間だけど)リンたんのCDがでることで賑わっておりますね。
咎狗サイト巡りをしていると、リンCD発売おめでとー、みたいなノリと一緒に「リンがでるなら源泉もでるよね?」「ナノたんのもでるよね?」といった希望的観測の嵐で楽しかったです。
もちろん、私も源泉とナノたんのCD切望組ですよ!

今日の話題は、それとはかけ離れるのですが。
いまは亡きアリスブルーのBLゲー「楽園行」を今さらながらプレイしました。
松本さんもオススメするし、何よりこういうさっぱりした絵は、とても私の好みなのです。

ソフト自体が安いので、CG枚数も少なく、ボイスも無し。でも楽しかったー。
なにが楽しいかというと、主人公含む6人のキャラクター達の喋りが、ホンットーにそこらにいるイマドキの若者のそれであることです。
とにかく主人公も周りもみんなボケまくりツッコミまくり。軽口と減らず口の嵐。
ひとり、ニ志というクールメガネがいるのですが、(私のお気に入り)こいつがボケないかというとそうでもなく、逆にこいつがボケることが余計おもしろい。

一番好きなやりとりが、主人公と二志が買い物から帰ってきてホテルの部屋に戻ると、仲間たちは一人を残して遊びに出てしまっている。

主人公「他、遊び行ったそーでち
と、主人公がニ志にふると、ニ志は
「邪魔なでかいの二人いなくて丁度いいでちね」と返す。
ボイスはないけど、すごく口調が伝わってくる。たぶん主人公は一オクターブ高い子供みたいな声で言って、ニ志は普段と変わらないトーンでぼそぼそと言ったんだろうなあ。
しかしこのボケまくりの会話には重要な意味があって、各キャラたちとフラグをたてるさいにキモとなるイベントがあるのですが、そのときの会話の選択肢でボケずに真面目に話すことを選ばなくてはダメみたいなのです。
普段バカばっかりやってる連中だからこそ、ここぞというときの真剣さが生きる。

しかしエッチシーンになると彼らなりの照れ隠しなのか、また若干ボケ会話になるので、ホントーにエロがエロくないです。だいたいテキストが主人公の一人称なので、もー平気で「ケツを割り開かれ、後ろから穴に指がはいりこんできた」とか書いてますからね。
まあこういうストレートさもキライじゃないんですけど。

あと気になったとこをあげてくと。
主人公たちを追う、謎のアフロ男、彼の名前が菊男なのですが、私の伯父さんと同名なのでちょっと萎え。というかもとより萌えられるビジュアルではないですが。
しかし最初のプレイで私はこいつとのフラグが立ってしまう。ギャー、ニ志狙いだったのにー!し、しかもこいつに監禁されて犯されるならまだしも、あとに、こいつが受けにまわる展開がくるとは思いませんでした。

一応既読スキップはついているのですが、まったくテキスト的には同じなのに、ルートが違うというだけでスキップしてもらえない部分が多かったのは辛かった。このへん咎狗は上手いよなーと思いました。ラストのエマさんが出てきてのごたごたは、やってることは同じでも演出やら変えて少しは新味だしてるもんなー。

サウンドが時々音痴になるのは何故なんだろう…。

エッチシーンのときのサウンドが…あのポコポコペン、ポコポコペンという気の抜けた曲はちょっとどーなの…ってカンジです。

まあ全体的にはまあまあでした。咎狗の前にやってたら、もうちょっと印象違ったかな。
今回は咎狗でもニトロでもない話題ですいません。BLゲーム繋がりということでご容赦を。

今日の一枚。
ニ志さん。咎狗にもメガネがいればなー。タカハシが没ったのがつくづく残念です。

nisi1113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月12日 (土)

ナノたんいごかし隊

 松本蜜柑です。

 GIFアニメ試作品です。今度はMacでも動いている…はず…です。
 ナノたんがすーすー眠っていて鼻ちょうちんがぷわーっとふくらんで鼻から離れてパチンとはじけるくりかえし、が正解です。どーかしら見えるかしら…。

 こないだの試作品GIFアニメに関して、拍手にて2名のMacのかたからのご報告がありました。どうもありがとうございます。
 10日4時のかた、コメントのけつが切れていましたので最後まで読めませんでしたが、Netscape4.8では見えるとのこと、あと10日20時のかたも何かは書かれていらっしゃいませんでしたがちゃんとまばたきして見えるとのことです。うーむ、つまりMacというよりもブラウザ−の問題だったのでしょうか。ちなみにうちはエクスプローラーの5です。Winのエクスプローラー5ではどうだったのか…。

 ともかくも、今回はうちでもローカルではちゃんと見えています。アップしてみないと本当の所はよくわかりませんが。
 しかし、作っている間も、よくわからない現象がいろいろあったので、ImageReadyはもうやめようかとも思いました。

 とゆーわけで、疲れてしまいましたので、今回は年齢の話「アキラという名で十八で」の続きはお休みです。以下次号!

 今日の一枚は今日作った試作GIFアニメ、ぐうぐう鼻ちょうちんナノたんです。
051112gif-nano01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月10日 (木)

テストテスト

後藤羽矢子です。

松本さんの自作GIFが松本さんのMacでは全部動いて見えないとのこと。
しかし他のサイトさんのところのGIFは見られるので、エクスプローラーのバージョンだけのせいではなさそうです。
ソフトのせいなのかな?

つーわけで、ちょっと私,もGIFアニメ作ってみました。
私はホームページビルダーの中にはいってる、ウェブアニメーターというソフトを使ってみました。これはこれでなかなか使い勝手いいですよ。
松本さんにちゃんと見えるかなー。

拍手お返事。反転してます。

6日3時の方 あのコラはナノよりもアキラがキモですね。あんなちっちゃいアキラがナノにまとわりついてたらカワイイだろーなーと思います。
11時の方 私もコラ作り楽しいです。これからも笑えるコラ目指します。
7日19時の方 のだめはいいですよねー。ハリセンを源泉に改造しようかと思いましたがキモいのでやめました。

で、今日の一枚。
歌ってるコノエたん…のつもりだけど、ただニャーニャー言ってるようにしか見えない。

konoeanime

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アキラという名で十八で

 松本蜜柑です。

 なにかもう、たいがい今さらな話ですが、いったい咎狗のキャラたちって何歳設定なんでしょうね。

 私はとりあえず、アキラは十八だと思うです。プラスマイナス一歳くらいは許容範囲ですが、あのセルフイメージと現実の乖離っぷりとか、ドーテーっぷりとか、他人の色に染まりまくるふにゃふにゃした自我…ごほっごほっいやいやいやいや柔軟な心!とか…なんにせよ少年と青年の狭間でないと許されません。
 ケイスケはアキラと同い年ですよね。だからやはり十八前後。
 リンたんは、2年前すでにペスカコシカでぶいぶいいわせてたわけですから、その時点で最低十三、できれれば十四くらいでないとリアリティがない。つまりトシマでは十六くらいかなー。それ以上いってしまうと、5年後に会った時に背が延び延びだったのがホルモン異常とゆーことになってしまうので、まあやっぱり十六、いってて十七だと思います。
 源泉はアキラと同い年の息子がいたわけだから、まあ若いパパで二十歳のときの子供だったとしてもギリギリ三十八くらい。でも普通に考えるなら大学出て(研究員だし院まで行ってそうですが)結婚して子供ができたと考えると二十五くらいのときの子供かなー、とすると、トシマ時点では四十三前後。おっさんの年齢など、5歳くらい前後してもたいした違いはないので(ひどい言い様)、まあ四十台前半でいいと思われます。

 ここまではいいのです。

 問題はシキティーとナノたんなのです。
 以下次号。

 拍手8日1時のかたー。ううっ、やはりMacではナノたんまばたきしてませんか…。次はちゃんと見られるものをつくります!

 とゆーわけで、またしても話題と関係なく今日の一枚は、モトアキです。おっさん分補給。
051110motoaki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 9日 (水)

布教

後藤羽矢子です。

冬コミ受かりましたー!でも私は男性向けでとってるので、このブログ的にはあまり意味のない報告ですが。

今日は昼の部のアシスタントさんのほかに、夜の部のアシスタントさんも来て、ずーっと仕事しておりました。そしてなんとなく夜の部のアシさんに咎狗の布教を試みてみる。
「それざっと要約すると、どんなストーリーなんですか?」と聞くので
「えーっとね、近未来の社会でね、主人公のアキラたんはストリートファイターのチャンプでね、ある日冤罪をかけられてね、捕まっちゃってね…」
全然要約になっていません

そしてオフィシャルワークスを見せたり、松本さんの同人誌を見せたりしました。
オフィシャルワークスをパラパラ見て、アシさんは「先生はどのキャラが好きなんですか?」
と聞くので「えー、全部好き」と言うと、シーーーーン…。
「あ、でも特にっていうなら、この人かな」とシキさんを指さす私。
「ああ、なんとなくわかる気がします」
そうなのか。

布教のつもりがドン引きさせてしまったような気が…。
もう少しゆとりがあったなら、ゲーム立ち上げてエロシーンでも見せつけてやったのに(セクハラ)とりあえず、彼女にこのブログのことを教え、「全部読んだらどんな内容かはわかるから!」と言っておきました。
興味もってくれるといいんだけどな。

私のほうも拍手のお礼絵を替えましたので、今日の一枚は、前のお礼絵を微調整加えつつ塗り直ししたもの。

orei01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 7日 (月)

GIFアニメへの遠い道

 松本蜜柑です。

 こないだ貼ったナノたんのぞんざいGIFアニメですが、じつはあれはうちのMacでは、ちゃんと見えないのです。ナノたんがまばたき2回くらいしてからよだれをたれるのが正解なんですが、うちではよだれをたれるところしか見えません。でも後藤さんちのWinではちゃんとまばたきして見えるようです。よそのMacでもよだれしか見えないのかなー。
 作ったのはWinマシンでです。しかし、だからといっても、ほかのサイトさんのGIFアニメは、うちでもちゃんと見えるのです。いったい私の作り方の何が悪いのか。ふつうに、フォトショのおまけでついてきたImageReadyというソフトで作ったのですが…。
 あれは試作品なので、どーでもいいですが、これから作るものも全部こーなら、困りますよね…。 

 なにか新しいソフトを使うたびに、このように壁にぶちあたります。昔はプログラマーだったこともあるというのに、今ではhtmlもcgiもほとんど使えないこの退化ぶり。
 精進したいです。

 拍手おへんじー。5日22時のかた。ぞんざいGIFアニメをおほめくださってありがとうございますー。眠そう…とゆーことは、そちらではちゃんとまばたきしているのですね。よかったー。

 とゆーわけで、話題と関係なく今日の一枚は、拍手絵を替えましたので、前の拍手絵を。ナノシキどつき漫才。
051107orei2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラばっか

後藤羽矢子です。

興がのったので、またコラを作りました。
「のだめカンタービレ」の一場面を改造。
画面が小さくて、デジタルトーンだとドットが荒すぎるので、今回は泣く泣くグレースケール塗り。千秋さまってオレ様だけど、巻き込まれ型で世話好きなとことか、やっぱアキラとかぶるなーって思いました。髪はねてるし。
のだめってケイスケっぽい?でものだめには卑屈さのカケラもないからなー。
のだめ×千秋は萌えますね。(千秋が受けかよ)天然とツンデレのカップルは非常にツボです。千秋さま、普段つれないのに、たまにすごい殺し文句吐きますからね。
このイチャイチャしすぎないとこがいいんだけど、でももうちょっとイチャイチャしてもいいんじゃない? みたいなもどかしさ、シキアキにも通じるものがありますね。(すごい強引なシメ)

そんなわけで今日の一枚は、ひどい言い草のアキラたん。
画像大きいのでサムネにしてあります。

sikiaki1106

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 6日 (日)

ナノたんにコラし隊その2

後藤羽矢子です。

松本さんがオススメする「BLOOD+」を観てみました。
謎のチェロ奏者ハジ、確かにナノたんっぽい…。しかし台詞少ないぃぃぃぃぃ…。なんか一言しか喋らなかったような…。そして声はキリヲの中の人…。
しかしOP観るとチェロケースで敵をぶん殴って闘ってるみたいですが、ガンスリンガールみたいにバイオリンケースの中は銃、とかじゃなく、本当にチェロはいってて、しかもそれを弾いたりしてるのに、そんなにボコボコやったらチェロ、傷みますよ!ハジさん!

それはともかく、また仕事が一段落ついたので、ナノたんにコラし隊、出動です。
今回は「よつばと!」のとーちゃんをナノたんにしてみました。
これは…けっこう、かなり作るのめんどかった。
じつはこの画の元になるコミックスを、わざわざ松本さんに持ってきてもらったのですが、いざスキャンしてコラろうと思ったら、思いのほか手間がかかって、よつばの頭の部分に消しゴムかけただけで一旦力尽きる。
「「今日の一枚」はコラにしないの?」と松本さんに聞かれ、「んー…めどいからコラは後日にするわ」と私が言うと「お前はー!すぐコラ作りたいって言うからわざわざ持ってきたのにー!」
すまないねえ…(で、その日は淫靡アキラを描いた)

そんなわけで今日の一枚は松本さんに捧げます。
画像大きいのでサムネにしてあります。nanoaki1103-2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 5日 (土)

ナノたんがいごいた!

 松本蜜柑です。

 GIFアニメがつくりたいと思い、ただいまGIFアニメの作り方サイトなどを見て勉強中です。
 なぜGIFアニメがつくりたいかというと、ナノたんがシキさんを素手でがすがすどついているアイコンをナノたん同盟のほうに貼りたいからです。

 とゆーわけで、今日の一枚は、GIFアニメの作り方を読みつつためしに作ってみた、超ぞんざいなナノたんです。ソフトの使い方の練習台のため、なんでもいいかららくがきして説明通りに作業してみたらできた、とゆー試作品以前のものなのですが、いごいてみたらそれなりに味があるよーな気がしましたので、手直しとか一切せずに(手直しするくらいならもっとちゃんとしたのを最初から作った方が早いので)貼っておきます。

 そうそう、拍手おへんじー。
 ナノアキ表紙ラフのことでコメント入れてくださった、4日13時のかた、21時のかた、5日12時のTさま、ありがとうございましたー。お三人さまのご意見はそれぞれ、中庸(右と左のいいとこどり)、左、右。と、まるでしめしあわせたかのように見事にバラバラトリオで、私はまだ悩み中です。しかしご意見が分かれるということはつまり、どっちでもたいして変わらないのかなーと思いました。
 4日23日のかた、BLOOD+コスプレに受けてくださって光栄です。そーですよねー、ハジって中身がちょっとナノたんテイストですよね!シキさんとサヤは中身は全然違いますが。
nano1105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

汚れ堕ちのココロ

後藤羽矢子です。

仕事しつつ、合間合間にねぶねぶと宴で買った本を読んでいました。
なんだかんだで結局シキアキ本を一番多く買った私…。

松本さんはシキアキ者ではありませんが、そんな松本さんも「アキラたん淫乱ENDは萌えた」と言うてはります。
私もかなり好き…。
そしてイロイロネットの風評を見ても、シキアキ好きじゃなくても淫乱ENDは好きという人がけっこういます。少なくとも「淫乱END許せない!」と言った意見はいまのところ聞いていません。
何故淫乱ENDに萌えるのかというのを私なりに考えてみたのですが、やっぱり「あの潔癖で性的なことに疎くて穢れのないアキラたんが、こんなになっちゃって…」という汚れ堕ちていくカンジに萌えるのではないでしょうか。
まあどのEDにも多少そのケがあるのですが、それが一番極端なカタチで表現されてるのが淫乱EDだと思います。

私は長くエロ漫画を描いてきたわりに、「女が堕ちて行く」「壊れていく」というシチュに非常に反発を感じていて、そういう部分は避けて通ってきてたのですが、いま、やっとそのココロがわかりました!  確かに新雪に足跡を残すような感覚、萌えます!
人生は死ぬまで勉強ですね。ホント。

今日の一枚。バナナを食べる淫靡アキラたん。

akira1105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

ナノシキでBLOOD+

 松本蜜柑です。

 土曜の夕方にやっている『BLOOD+』をご存知ですか?
 主人公の娘が、黒髪、赤目、日本刀で、なんとゆーかぱっと見、女シキさんですよ。
 しかも、ナゾのチェロ弾きの男は、ぼへーと死んだような目をしつつとーとつに主人公の女に自分の血を飲まそうとして、おびえて逃げようとする娘にほとんどれーぷみたいに無理やり口移ししたり、行動がナノたん風味。外見も黒ナノたんからアホっぽさをぬぐったカンジです。
 私は、本当は、あんまし何か別の作品を見て咎狗に似てるーとか言いたくはないのです。何かに似ているからとか言って面影を重ねて何かを好きになるなんて、そんなのどっちにも失礼な話です。
 …と言いつつ、やっぱしこの『BLOOD+』は、絵ヅラから、どーにもナノシキが浮かんできてしょーがありません。

 とゆーわけで、今日の一枚はナノシキで『BLOOD+』のコスプレをしてみました。女装したからといってシキさんはシキさんの体型のままですので、きっとこの制服は特注品ですね! 188センチに入るミニスカ。
 こんなネタ絵に、えらい時間をかけてしまいましたよ…。アホだよ、アホがいるよ。
051104nanosiki

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 3日 (木)

咎狗コミカライズ感想 パートM

 松本蜜柑です。

 宴の前に書きそびれていたのですが、私も咎狗のコミカライズを読みました。
 しかし、発売日に近所の本屋に行ったのですが、ない! ものすごく念入りに探したのに、ない!
 思い余って、後藤さんに電話をかけて判型とか正式な雑誌名称などを聞き、探したのですが、それでも、ない!
 「ないよー!」とまた電話で後藤さんに泣きつくと、ヤツはあろうことか「えええー、じゃあ、売り切れたのねー!うふふふ…(咎狗人気のせいかしら!)」とハッピー気分になりやがります。貴様、すでに昨日早売りをゲットしてるからって、余裕ぶっこいてますね! 憎しみで人が殺せたら!
 まあ、こんなことでコンビ別れするのも大人としてアレなので(いや既にもうだいぶアレですよ!)、その足で電車に飛び乗って、隣の駅まで出る私。隣の駅は、オタクの町なので、オタ雑誌が豊富なのです。ダッシュで本屋に向かったら…ありました! でも一冊だけ! あっあぶなーい…! もうちょっとで憎しみで後藤さんを殺すところでしたよ。
 しかし、この品薄感は、いつものことなのかしら、この雑誌…。いかにも売れなさそうな雑誌ですから、そうかもしれません。次回は朝一で買いに走らねば。

 で、なかを読んでみましたら。
 おおおー。絵がきれいー。かなりたたな絵に似せる努力をしているように見受けられますが、もともとお上手なかたですので、もうちょっと素を出してもいいんじゃないかとは思いました。ってゆーか、最初のほうはかなりたたなチックで、後半だいぶ素に戻りかけてるムードです。こんだけ美麗なら、どっちでもいいやと思います。
 話は、後藤さんとも話していたのですが、40枚もないのに、ものすごいうまく詰め込んでます。これネーム切るの大変だっただろうなー…。アキラがトシマ潜入したところから開始してたり、ケイスケがイグラに登録するのを一回で済ませてたり、コンパクトにまとめっぷりがグッジョブ! これで主要キャラ全部出して(ナノシキ除く)、見せ場は大ゴマまで使ってますよ。処刑人の登場シーンとかかっこいいー。
 ただ、この雑誌、季刊なんですよね…。このペースでいったいどんくらいかかって完結するのか。ちょっと心配です。
 ルートは、ケイスケがメインぽく、そして無エロな予感…。
 シキさんは人気キャラなので出さないわけがありませんが、ナノたんがどのくらい出るのか、考えると夜も眠れません。嘘ですけど。まあ、ナノたんの不遇は、予定調和ですから…。

 ともかくも、期待しております。

 とゆーわけで、今日の一枚は、話題となんのかんけーもなく、次回のナノアキ本の表紙ラフ2種類。なぜ2種類かとゆーと、同シチュエーションで、微妙に違うポーズで悩んでいるからです。どっちがいいかなあ…。もしよければ、拍手ででもコメントででも、どっちがいいかお聞かせくださいませ。今日の画像は2枚で大きめなので、サムネにしました。クリックしたってください。
051102nanoaki1 051102nanoaki2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 2日 (水)

後藤羽矢子です。

咎狗の宴の時、会場の2階を宴に使っており、その旨を書いた紙が貼ってあったのですが、同じ会場の3階では「心の相談室」が行われていたみたいです。
私は「心を病んだ女子たちの集いの上で、心の相談室か…」とひとりごちてみたりしました。病とはもちろん咎狗熱ですが、治す気はさらさらないですよ。だって楽しいからね。

拍手お返事。反転してます。

29日の方 ケイスケのSSは何故か書いててすごく照れました。ケイスケがピュアすぎるからでしょうか。でもケイスケらしいと言ってくださって嬉しいです。

11月1日の方 ED2の話は今のところ予定にはないんですけど、ED1の話も書くつもりなかったのに急に思いついたので、突然書くかもしれません。次は監禁中話の予定です。

今日の一枚。
久しぶりにシキさん。なのに、ガッシュの清麿に見えるのは何故なのかしら。
ま、いいか。私、清麿も好きだし(そういう問題か)

siki1102

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »