« 日本語が不自由な女 | トップページ | 咎狗の宴 »

2005年10月29日 (土)

コミカライズ感想

後藤羽矢子です。

明日は咎狗のオンリーですね。
私と松本さんは一般で参加です。私はとにかく買って買って買いまくろうと思ってます。
しかし明日までに、全部の仕事を終わらせてキレイな体でイベントに参加したかったのですが、終わりませんでした…。あとカラー8ページ…。

ところで、MAGAZINE GOLD買いました。
早売り書店で、咎狗アンソロジーコミックと一緒に…わっかりやすぅー!
以下ネタバレ

39ページにしてはすごくよくまとまってると思います。
私がこのページ数で、世界観の説明いれてキャラの顔見せを一通りさせて、ここまで話を持ってけと言われたら泣いてしまうかもしれません。
そして絵もキレイ!アキラたん美人!
しかし、やっぱりシキさんは、思いっきりレアモンスターでした…。現在のところ後姿(しかもイメージ映像っぽく)しか出てません。
しかし松本さんは、「ナノたんなんて影も形もないのよ!表紙にもいないのよ。でも、ま、わかってましたけどね。すべて予定調和ですよ…」とふてくされてましたが。
次回には、ナノたんもシキさんも出てきてほしいものです。

しかし思ったんですけど、これの載ってる雑誌、別にBL雑誌じゃないんですね。
もしかして恋愛展開ないのかしら…。いや、なくても特に差しさわりのないシナリオですけど、やっぱり咎狗は殺伐とした世界プラスエロがキモだと思うので、やっぱりあってほしいなーと思いました。

今日の一枚。
絶望先生コラでシキアキ。
今回は画像がデカいのでサムネイルです。

sikiaki1029

|

« 日本語が不自由な女 | トップページ | 咎狗の宴 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/6730715

この記事へのトラックバック一覧です: コミカライズ感想:

« 日本語が不自由な女 | トップページ | 咎狗の宴 »