« シキさんドラマCD感想 | トップページ | アホのシキティーでございます »

2005年9月19日 (月)

ホモドラマCDの思い出

 松本蜜柑です。

 あああー! また後藤さんがシキティー濃度を上げてるー!
 …って、もういいです。昨日も書きましたが、私ももうだいぶ諦観してきました。なんだかんだ言って、私もシキさんを愛しているのでしょう…。(遠い目して鼻をほりつつ)

 ところで、後藤さんがドラマCDのことを書いていますが、私はまだ聞いていないのです。ブツは購入して手元にあるのですが、どーしても聴けないのです。
 だって、マジメにじっくり聴くなんて、恥ずかしすぎますよ! ツッコミ入れながらじゃないと、聴けませんよ! かと言って、ひとりでホモドラマCDを聴きながらぶつぶつツッコミを入れるなんてゆーのは、すごく変な人ですよ!
 …とゆーわけで、明日後藤さんちに行って、一緒に聴いてもらうのです。一人でできないことでも、二人ならできる。一人じゃないってステキなことね。天地真理はいいこと言った。

 しかし、じつはこんな私でも、過去に一度だけ、そーゆーものを購入したことがあるのです。それは、だいぶ歳がバレるのですが、ジュネの『鼓ヶ淵』です。業界最古のボーイズドラマCD…じゃなくてカセットでした。家族に聴かれないように、ヘッドフォンをして、悶絶しながら聴きました…。たぶん今聴くとすごくひかえめなものだったと思うのですが、当時は声優さんが男同士のエロシーンを演じるなんてあり得なかったので、なんだか中の人の心境にまで思いをはせて(よけいなお世話)、いたたまれない気持ちになったりした、若き日の思い出です。こんな恥ずかしさを一人でかかえこむことはできない!と、友人に聴かせまくったりして、もー本当に若さってアレなカンジで…。

 そんな私に、十数年ぶりにホモドラマCDを買わせた咎狗。
 なんだか咎狗は私の若さを掘り起こしてくれる気がします。

 今日の一枚はドラマCDにちなんで、ケイスケ。もーなんだかだんだん似せる努力を放棄してきたような…。050919keisuke

|

« シキさんドラマCD感想 | トップページ | アホのシキティーでございます »

コメント

後藤さま、みかんさま、再び失礼いたします。
お二人の咎狗声トークを拝見し、うちのパソ
を再びえいやーと設定変更してみたりした
ところ、なんと現在使用号(ハイスペック号)
で音もばっちりインストールできました!わー
い、これで音声しょんぼりゲーマーからサヨナ
ラです。今は回想シーンの音声確認をして、
それからナノルートにココロおきなく挑む
所存です。あとシキティ登場音もききました
黒い人のバックミュージックだ~と大喜び
です。ああ、諦めが悪くてよかった~。
今後は声トークも楽しく拝見しますね。

投稿: 園也 | 2005年9月19日 (月) 22時13分

そうですか、音声が聴こえましたか。
よかったです。やはり音なしでは寂しいですからねー。
余裕がおありなら、今までやったルートももう一度音出してやり直すとか、どうでしょう!

投稿: 蜜柑 | 2005年9月20日 (火) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/6009520

この記事へのトラックバック一覧です: ホモドラマCDの思い出:

« シキさんドラマCD感想 | トップページ | アホのシキティーでございます »