« アキラたんの心と身体 | トップページ | ナノエマ »

2005年9月 5日 (月)

普通の頭身

後藤羽矢子です。

松本蜜柑がアキラたんの肉体のことについて語っていたので、私も便乗。
咎狗の絵は本当に良いものですが、私が特にいいなーと思うのは、キャラクターたちが普通の人間の頭身をしてること。
オフィシャルワークスに、各キャラの立ち姿の設定画が載ってるのですが、一番モデル体型っぽいシキさんですら6.5頭身しかありません。
でもスラッとしてる、かっこいい。
確かにファッション誌の男性モデルなどを見ても、頭身はそれぐらいです。
いいかげん少女漫画は、かっこいい男=八頭身という呪縛から逃れてもいいと思います。

そしてアキラたんの筋肉の適度についた体も大変よいものです。
エロシーンのスチルでは、上体を起こしたときにできる腹のしわまで描写されてましたが、それも自然かつエロでありました。眼福眼福。
ただ唯一の不満があるとすれば、アキラたんの乳首に色がつけられていない、ということです。やっぱり乳首は大事だと思うんです。乳首は。
あともっと言ってしまえば、モザイク越しですが、チ×コも妙に色白だなーって気がします。
もちょっとほんのりと色がついててもいいんじゃないかしら、と思うのは、やっぱり私がエロ漫画家だからでしょうか…。

今日の一枚。
シキED3の淫乱アキラたん。塗りは松本蜜柑。
もちろん乳首には色をつけてもらうよう指示しました。

inranakira

|

« アキラたんの心と身体 | トップページ | ナノエマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/5790606

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の頭身:

« アキラたんの心と身体 | トップページ | ナノエマ »