« アホのシキティーでございます | トップページ | アキラたんを攻略するのは »

2005年9月20日 (火)

間の楔の思い出

後藤羽矢子です。

松本さんが先日の日記で、業界最古のBLドラマの話をしていたので、私もします。
松本さんはカセットJUNE第一弾の「鼓ヶ淵」でしたが、私が購入したのは、第二弾の「間の楔」でした。あー年がバレる。

私はじつはこれにかなりどハマりしていました。
そしてシキさんルートとこの話は、かなり似ています。
鼻っ柱の強い、けど、じつは姫属性の主人公と、その荒々しさに惹かれる権力者。
自宅にお持ち帰り&調教の日々。
所有の証(間の楔ではペットリング、咎狗はへそピアス)
主人公を崇拝する、ちょっと弱気な幼馴染。
所有者、いれあげすぎて自滅

まあBLの世界は、設定の類似はけっこうあるのでそういうとこを指摘していったらキリがないのですが、本当に最初シキさんルートをプレイしてるときは、常に懐かしい気持ちがつきまとっていました。
でも今は、もちろんシキさんはシキさんでアキラたんはアキラたん、と間の楔とは別のものとして好きだとハッキリ言えます。
ちなみに間の楔は、半分巻き込まれる形での心中ENDなのですが、それは美しいけど悲しい。
シキさんとアキラは生きている。
壊れても、破綻してても。
そして咎狗はどのルートも、痛みも罪の意識も過去の記憶もすべて抱えて生きるという選択を常に皆選んでいる。
その健やかさに染み入るものを感じるのは、私が年をとったからかなあ。
シキさんの若僧ぶりがいとおしいのも、たぶん年のせいだろう。

今日の一枚。
まったく話の流れに関係ない、ホーリーランドコラ、第二弾。
今回はユウたんをアキラに改造してみました。

holilan2

|

« アホのシキティーでございます | トップページ | アキラたんを攻略するのは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/6027745

この記事へのトラックバック一覧です: 間の楔の思い出:

« アホのシキティーでございます | トップページ | アキラたんを攻略するのは »