« ナノエマつらつら語り | トップページ | ファントムのアインと咎狗のナノ »

2005年9月 7日 (水)

後藤羽矢子です。

ファントムをプレイしてて、もうすでに4回死んでいます
咎狗の死にバッドなんて、まだ甘いほうだったのですね…。

しかし咎狗にはアキラ以外の死もけっこうまとわりついてます。
ケイスケは、ケイスケルート以外では絶対死にますし、リンルートではシキが、シキルートはさりげなーくリンが死んでますし、ナノルートではシキがあっさり殺されてます。
そのなかで絶対死なない源泉はスゴイ。

まあケイスケはアキラ大好きフリスキーなので、ケイスケ以外のルートで、アキラが他の男とくっつくのを見たら、どっちにしろ生きていけないと思うので、まあ死ぬのもありかな、みたいなー(ひどい)

しかしなんかそれって不思議にカンジだなーと思います。
前回のプレイで愛し合うようになった男が、別のルートであっさり死んでて、アキラもそれに関して特に何も思ってないとことか。
実際の人間の運命も、こんなふうに自分でも気づかないうちに、小さな分岐をいっぱい踏んでてそれによって変わっていってるものなのでしょうか。

今まであまりこのテのゲーム(複数のキャラを攻略)をしたことがなかったので、イロイロ考えてしまいます。

今日の一枚。
怪我して弱ってるシキさん。シキさんは描きにくいキャラですが、弱らせると少し描きやすくなることに気づきました。

siki0906

|

« ナノエマつらつら語り | トップページ | ファントムのアインと咎狗のナノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133704/5823277

この記事へのトラックバック一覧です: :

« ナノエマつらつら語り | トップページ | ファントムのアインと咎狗のナノ »