2018年3月28日 (水)

ラキステ行ってきたーーーー!!!

後藤羽矢子です。

行ってきました。THE STAGE ラッキードッグ1 first luck!
チケットとるとき「プレミアム幹部席」と「幹部候補席」と分かれてて、まあどうせ取るならプレミアム幹部席やろ…と何気なくそっち選んだら、なんと最前列の真ん中寄り!めっちゃかぶりつきの席になりました…!

いや~面白かったああ!!

2.5次元の舞台って、タイバニの舞台のライブビューイングを松本さんと観ただけだったので、ナマはこれが初めて。こんないいものだったとは…。

そんなわけで感想書きますが、舞台素人なので、舞台のお約束や用語などに疎くてアサッテなことを書いてしまうかもしれませんがご了承ください。

事前に感想などを漁って、どうも内容は日替わりでルートが変わるという情報を得る。
大胆な構成だな~!それだと稽古量がハンパないことになるんでは…と慄く私。
自分は誰ルートになるんだろ…。ジュリオルートは前日だったみたいだし、ルキーノかな…?みんな好きだから誰が来てもいいんだけど…といろいろ覚悟を決めて臨みました。

会場の立行会ホールはややこじんまりしたホール。ロビーもあまり広くないのでスペースの都合上、関係者以外の贈花は受けつけてないとのこと。有志の方々のスタンド花とか見るの好きなのでちょっと残念。

舞台は二階建てで、両側に階段とドア。真ん中に舞台装置を出入りさせるためのでかい扉がありました。煤けたレンガの壁とか、1930年代のアメリカ感を醸しだしています。

開演前にジャンさんからのお客さまへのお願いが流れたのですが、めっちゃジャンさんに似てるな!声!

そして開演。最初は舞台背景を説明するために、裏通りのゴロつきなどにクダ巻かせたりする。
すると突然「号外号外ー!」と客席を駆け抜けていく新聞屋。CR:5の幹部4人が逮捕されたという号外をばらまいていく。
この号外…もらえなかった…!新聞屋さんすごい勢いで走り去って行ったしまったんで…!
そしてGDの幹部たちが「フフフ…」とか暗躍感だしたあと、舞台は刑務所に。

いっきなりロイドが囚人たちとお楽しみしてるシーンが!
フェラとかしてるし、バックからズコズコキメられてる!
もちろんモロにやってるわけでなく、白い布で前を隠し、シルエットで見せるという手法をとっています。
そしてやることやって満足したら急に鬼看守になるロイドに吹いた。

CR:5の皆様の登場はいきなり脱獄シーンから。死体安置所に並べられた袋から颯爽と飛びだすジャンさん。後に続くベルナルド、ルキーノ、ジュリオ、イヴァン。カッコイイいいい!
見張りの2人を蹴り飛ばし、脱獄成功!その後逃亡編もちゃんと押さえてて、イヴァンが山小屋でオナニーしたり(ここは隠さずイヴァンが本当にズボンに手を突っ込んでシコシコ動かしてたのでブホワッってなった)女の子の水浴びを覗こうとしたら男だったー!というエピソードまでやってて爆笑!

しかしその後、追っ手をぶん捕らえて足の指折ったり、最後にジャンにとどめを刺させるなどのシーンもあって、このバカさとヘビーさの隣り合わせ感がまさにCR:5って感じでよかった。
ジャンが夢の中でコーサノストラとしての生き方について考えるシーンもちゃんとあって、そこでは何故か黒子がラーヌのぬいぐるみを水先案内人にしていてブフッとなった。
こういう舞台ならではの演出っていいですね。

そしてお話はデイバン編へ。全員衣装もスーツにチェンジ。
ひええ…ジュリオほっせえええ…。細くて長身で、たたずまいがまんまジュリオだな…。イヴァンも再限度すげえな…何気に靴がまんまですごい!ルキーノは最初ちょっと若々しすぎる印象があったんだけど、実際に見たらちゃんとルキーノしてた…。ベルナルドもどこからどう見てもベルナルドだ…。

そこで今後どうするかーという話し合いのシーンになったわけですが、そこでイヴァンがジャンのことをホモ野郎と言い出し、脱獄編で情報交換にロイドとやったことを持ち出してきました!
すると突然、回想の形をとってそのシーンが再現される!
舞台の二階部分で、例のごとく影絵が始まり、舞台の裾ではジャンさんが、ロイドのケツを叩くパントマイムをしながら「ほらこれが欲しいんだろ淫乱看守!」などと言葉責め。その様子を幹部たちが眺めてるわけですが、ジュリオがそわそわしてる感じなのがウケた。

まったく地獄の時間だったぜ…」と吐き捨てるように言うイヴァンに「だってお前ら誰もやりたがらねえんだもん」と返すジャンさんは、ゲームから抜け出てきたようでした。

ゲームだとその後幹部ひとりの仕事をお手伝いすると決めてルートに入りますが、ここではとりあえずみんなの仕事をひととおり手伝います。
イヴァンの女への挨拶まわり七変化のシーンは、もう場内爆笑の渦だった!
イヴァンが一人芝居で女の側も演じてるんですけど、イヴァンから女、女からイヴァンへの切り替えがキレがよすぎて吹く。さらにパントマイムの交えて「壁ドン顎クイ」などと補足の台詞も入れたりして本当おかしかったあー。
それに呆れたようにツッコミを入れるジャンさんも可愛かった。

あとコミカルいうと、ジャンがベルナルドにサンドイッチの差し入れをするシーン。ベルナルドがあーんしてジャンが食べさせてあげるとこはゲームと一緒なんですが、なんかなかなか飲み込めなかったらしく「……(もぐもぐ)」「次なに食べる?」「……(もぐもぐ)」「まだ?」「……(笑いそうになるのを俯いてこらえるベルナルド)」「なんか前のより大きかったかな」とアドリブ入れるジャンさん!可愛い!

そうこうしつつ、ルキーノの過去やジュリオの闇などもしっかり入れてきて、まんべんなく幹部たちの見せ場はありました。
本当にまんべんなくやっていたので、誰ルートに入ってるのか中盤まで全然わかんなかったのですがベルナルドルートでした!!

デイブに捕らえられたベルナルドを救出に行くシーン、ゲームではジャンさん単独、途中でイヴァンが応援に来てくれますが、ここでは全員が駆けつけてくれます。そして最大の見せ場はバクシーとの大立ち回り!
これがねえ…すごかった!
まずはバクシーの再現度がすごい!再現度だけならバクシーが一番なんじゃ?と思いました。なんせ身体がすごくて!無駄肉のいっさいない身体に浮き上がった腹筋!陰毛見えるスレスレって感じのローライズから覗く腰骨!二次元のように綺麗な肉体でした。

アクションもすごい!ルキーノの蹴りが何気にすごい足のあがり方…。ジュリオのながーい足から繰り出されるステップのキレがすごい…。アクションのこととか全然わからないけど、とにかくすごい!というのはわかる。

ベルナルドもいちおう戦闘に参加してましたが、拷問受けてたし、文弱なので早々に地面に臥せってたのが、可愛いしわかる!って感じでした。

そしてラスト──花束を持ってたたずむベルナルドに「イェーイバカ発見」と声をかけるジャンさん。煙草を咥えて火をつけ、ベルナルドとシガーキス!おお!本当に煙草に火をつけてる!いいねえ…シガーキス…自分は吸わないけど、小道具としての煙草は好きだ。

ここが最大限のBL表現かなーと思ったら、ベルナルドが「お前が俺の証だ。ジャン」って言ってガチのキスしたあああああああああああ!!!!
わー!ここまでやると全然思ってなかったから度肝抜かれたーーーー!!もちろん場内もめっちゃざわついてた…。ちなみに私の隣のお嬢さんは泣いていました。

そして舞台は美しく幕を閉じ(幕はないけど)カーテンコールは、キャスト全員の歌とダンス!
幹部の皆様は舞台におりて、観客とタッチしたり、隣の席に座ったりとファンサービス。私もジュリオさんにタッチしてもらいました。

この歌が幹部たちそれぞれのパートがあり、歌詞も「ピカピカの男にしてやるぜ」とか「ずっと共にいてやる。太陽と月がある限り」とか「ナイフでも切れない絆」とかそれぞれのルートからの引用があって感動した。(歌詞はうろ覚えです。そしてベルナルドのパートは聞き損ねた…)

そんなわけで、めっちゃ楽しんだし興奮した!!!
制作側がちゃんとゲームのこと理解してリスペクトしてるのが伝わってきた!
そもそも日替わりルート違いってのが、BLゲームの構造そのものだし、つまりこの舞台はラッキードッグというBLゲーそのものといえる!
幹部全員のルートが観たいよおおおおお!!絶対再演して欲しい!まあタイトルが「ファーストラック」って表してるんだから、絶対「セカンドラック」もあるだろう…。
そしたら私もがむしゃらにチケット取りたい!!

また新しい世界が広がった!BLゲームって本当に素晴らしい…。

| | コメント (0)

2018年3月24日 (土)

ラキステ初日~!

後藤羽矢子です。

ラキステ始まりましたね!
私は27日に行くのですが、我慢できずにツイッターで検索してネタバレみまくっている…。
なんかすごいことになってるっぽいぞ!!

BLゲーの舞台いうても、コミカライズのようにラブ要素はほとんどなく、ちょっとイチャイチャしたりしてニアホモ感出す程度かな…とか思ってたのですが、どうもそうじゃないっぽい。
脚本と演出の方のインタビュー記事が流れてきて読んだところ、「想像力がキーワード」となるラブシーンを入れるとあったので、ほほお…と期待が高まっていました。
しかしツイッターでの感想はそんなものじゃないっぽくて、現実はガンガンと私のチャチな予想を超えてくる!!

身体に血がめぐってザワザワする…。ああーはよ観たい!
もちろん観たらがっつり感想書きますんで!!

ちなみに家人にVitaを占有されたままなので、まだラキドVitaもやれてません…。それまでになんとか取り返して始めなくては…。

| | コメント (0)

2018年2月19日 (月)

ラキステビジュアル解禁~

後藤羽矢子です。

ラキステのビジュアルが解禁されましたね~!

TL上にいきなり、ラキドの皆様が三次元になって現れたので「うぉぉぉっ?!」と心臓止まりそうになりました。

す…すげえ再現度…!
特にベルナルドとイヴァン…!
正直いうとイヴァンの髪型って少々謎というか、構造よくわからん…みたいなとこあるのですが、その髪をよくあそこまできちんと三次元に落とし込んだ…。
ジャンさんもすごい…。ジャンさんの髪は本編のツンツンよりもLHLの頃の柔らかめの風情で大変によい。

ジュリオは髪型の再現は完璧なんだけど、個人的にもうちょっと紫濃いほうがよかったな~…。すいません…ジュリオに関してはどうしても見る目が厳しくなってしまって…。
しかしよく見ると、ジュリオ、アホ毛まで再現されとる…。すごい…。
ルキーノ、なんかキムタクの若い頃に見える…。どこからどう見てもイケメンだ…すごい…。

と、すごいとしか言葉が出てこなくて語彙力死んでますが、初めて推しの2.5次元に接して冷静でいられない気分を察してやってください…。
ほんとにね~…9年前にタイムスリップして自分に「ラキド舞台化するよ」なんて言ってもたぶん信じてもらえないだろうな~。
現実が一番何が起こるかわからないですね…。

| | コメント (0)

2018年2月 6日 (火)

ラキステ当選したあああああ!

後藤羽矢子です。

やったあああああ!ラキステ当選したああああああ!!!
3月27日だから、第3希望あたりが通ったっぽい…?

最初はBLゲーの舞台化とか、あんまりえげつない倍率にはならんやろ…と思っていましたが、ラキステの公式ツイッターのフォロワーはすでに4000人近いし、箱のキャパは200人ちょいぐらいだし、けっこう厳しいのでは…と不安になっていたので、本当に取れてよかった…。

舞台というと、何年か前に松本さんとタイバニの舞台のライビュを観たのが最後だったので生で観られるのドキドキする…。新しい扉が開きそうでちょっと怖いけど、本当に楽しみです…。

| | コメント (0)

2018年1月27日 (土)

ラキステ先行申し込みした…!

後藤羽矢子です。

舞台ラッキードッグ、ラキステ(なんからき☆すたみたいだな…)の先行申し込みがいつの間にか始まっていたので、申し込んできました!

本当に舞台のことって全然勝手がわかんないし、ラキドはBLゲー界ではメジャーどころだけど、舞台を観ようという層はどれぐらいいるのか…。そして箱めっちゃ小さいけど大丈夫なんか…とかいろいろ錯綜してわけわかんなくなったので、とりあえず第3希望まで全部ぶっこんでおきました。とりあえず平日のほうが倍率低そうなので平日狙いにしました。
もちろんCR:5プレミアム幹部席 狙い!

そしてラキドの舞台のこと自体、じつはうっすら忘れていて、LINEでMさんに言われて思い出す始末…。しかも「ラキド、ジャンさんの子可愛いですね」と言われて、それがキャストのことだと少しの間気づかず、めっちゃ斜め上の返事してしまった…。ハア恥ずかしい…。

発表されたキャストさんもチェック!本当に私、筋金入りの二次オタなんで、俳優さんのこととか全然わかんないけども皆さんカワイイ!

ツイッターやブログで見られるのは素の状態なわけですが、個人的にイヴァン役の人がすごく雰囲気合ってる気がした!
ベルナルドの人はちょい可愛すぎるな…と思いましたが、これらは衣装を身につければいろいろ変わってくるでしょうし、楽しみだー。
ジュリオは…どんな感じになるかなー…。切れ長の目が確かにジュリオっぽくもある…。

しかし何度も言いますが、まさかBLゲーの舞台を観にいくなんていう未来が来るとは思わなかった…。私にも新しい世界が広がる…。といって、チケット全滅だったらどうしよう…。

どうか当選しますように!!!

| | コメント (0)

2018年1月 1日 (月)

謹賀新年

後藤羽矢子です。

元旦から飲んだくれて感想とか書くにはちょっと頭がバカになっているのですが、元日にはやっぱり更新したいなと思うので無理やり更新します。

今年はラキドが熱くなりそうなので、以前に描いて置いていた絵をあげておきます。
本当に今年こそはお願いしますよ!てんねんさん!

昨年はなんだかんだでけっこうBLゲーやったなあ…。移植も含めれば5本かあ…。
しかもハズレと思うものはひとつもなかったから、なんだかんだで10年前と比べれば発売本数は減りましたが、少数精鋭になってるなという感じがします。

ご新規ブランドの参入もありますし、今年もたくさんBLゲーで萌えられるといいな!

1801

それでは本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2017年12月25日 (月)

ラキド舞台化?!!

後藤羽矢子です。

年末進行最後の追い込みをしつつ、ツイッターを覗いておりますと

ラキド舞台化の報がRTされてきました。

思わず二度見してしまった私です。

マジかよーーーーーーーーーー!!!!!!

しかも来年の3月ってはええな!

ミュ関係とか自分には縁のない世界だわ…と思ってたのに、思いもよらないところから球がきたな!
会場の東京都 六行会ホールをぐぐったら、キャパ200人前後の小ホールらしい。
うん妥当だと思います。
もちろん行くつもりですが、チケットってどれぐらいの争奪戦になるのかなあ…。舞台方面って全然知識ないから勝手がわかりません…。

それにしても年の瀬にすごいニュースが飛び込んできたものです。
これでいよいよ2018年はラキドが熱くなりそうです!
いまからでもご新規さんカモーンと叫びたい!

拍手お返事。おりたたんでます。

続きを読む "ラキド舞台化?!!"

| | コメント (0)

2017年12月 4日 (月)

Cool-B1月号 ネタバレほぼラキドのこと

後藤羽矢子です。

Cool-Bゲットー!

今月は橋姫のSSも載ってないし(表紙は嬉しいけど)情報的に一番気になるのは、ラキドのキャストのことですよね…。

果たして…。

以下おりたたみー。

続きを読む "Cool-B1月号 ネタバレほぼラキドのこと"

| | コメント (0)

2017年11月27日 (月)

困惑

後藤羽矢子です。

Cool-Bの詳細が出ましたが、案の定あんまりスクープではなかった…。
でもご新規ブランドは楽しみです。

それはともかく、私が気になったのはラキドの記事の予告。

ファン大注目のCASTが遂に決定!!
無論、オリジナルメンバーでの完全再現となります!

これ見たとき、あっ!キャスト変更じゃないんだ!やったー!となったのですが、よく見ると、んん…?って感じ…。

まず「無論」。これは「はっきりしているさま」「言うまでもなく」「もちろん」という意味で、つまりはファンが願っている結果である、と思うんですよね。

まず私はそこが目に入ったので、変更なし!と思ったのです。

しかし続く「オリジナルメンバー」「完全再現」のワード…。
オリジナルメンバーは、移植によって裏名から表名になることだとも取れるし、Vita版のオリジナルキャスト(つまり新規)と取れなくもない…。
何より不安を煽るのが「完全再現」の文字。
これをあわせると、Vita版オリジナルの新メンバーでラキドの世界を完全再現しますというように見えるのです。

まどろっこしい言い回しやめーや!!

とはいえ来週には真偽もはっきりするわけで、待つしかないんですけど…。
表名…表名でお願いします…。鈴木達央で…。

| | コメント (0)

2017年10月 6日 (金)

Cool-B11月号 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

やっと仕事波越えた…。最近月末と月頭がいつもキツキツ…。

そういえば今日から大正ちっちゃいさん始まりますね!
開始時間21時54分とか微妙だから忘れないようにしないと…。でも深夜アニメと違って眠気と闘う必要がないのが気が楽でいいですね。

そしてCool-B…。ツイッタの公式がBL界を震撼させる超弩級スクープ!とやたら煽ってて、なんなんだろう…と思ってたら、ラキドのVita移植。

へええ~!とは思ったものの、正直それほどの衝撃ではなかった…。
ていうかスマホのアプリになってるから、ちょっと今更という気分にすらなった…。

移植において気になるのは追加要素ですが、記事を読むとストーリー的な追加要素はないけど「ここスチルにして欲しい~」という要望のあった部分などに新規スチルを加える…とのこと。

へえ…。時間経ちすぎてるから、当時の絵といまの絵で浮いたりしないかと思いましたが、由良さんは器用な方だから大丈夫だろう…。

移植といえば新規要素!という感覚なので、このベタ移植加減は古参としては、ちょっと物足りないですが、でもPCゲーム市場が縮小ぎみな昨今、Vitaでご新規ユーザーが増えてくれればなあ…と思います。

badeggもよううううううううううううううやくシナリオが完成して出す出す詐欺から脱するみたいですが、もう発売日が決定するまでは、静観の構えです。
そのbadeggのほうの新規お披露目は、バクシーがジャンさんをレイプした後っぽいスチルとテキストで、バクシーとセックスするんかあ…という不思議な気分に。
なんかバクシーってやたらマンコとか下ネタ連呼するけど、LHLとかいままでのSS読む限りでは彼から不思議なほど性の匂いを感じないんだよなあ…。

いや、まあ本編ルキーノルートでジャンさんレイプしようとしてたけど…。その後のSSとかでは、ケダモノのようなピュアとイノセンス…みたいなイメージになってて…。

考えればバクシーのエロシーンって初めてだし、彼がどういうセックスするのか楽しみです。すっごい雑で気持ちよくなさそうだけど…。

そのほかの記事はー。

こちらはbadeggとは対照的に、発表からあっという間に発売日が決まったピルスラの新作、主人公のCVが刺草ネトルさんなのでちょっと楽しみ。
正直いうと現時点で、攻略キャラにいいなと思うやつがいないんですが(強いて言うならマツダかなあ…)考えてみればピルスラのゲームはいつもそんな感じではあった…。
それでも蓋を開ければいつも絶対楽しめるので、期待しています。

girls★dynamicsの新作、「PrincessBritania~ミューズの宝剣~」も色っぽいスチルがお披露目されたり、順調な感じで安心。
しかしこのタイトル、プリンセスブリタニカでから、通称プリブリになるのだろうか…。いやいいんだけど…。
キラルのほうは、リズムカーニバルの記事で、特に目新しいものはなし。
スロダメの情報があまりにも皆無すぎるせいか、先日は外郎さんがツイッタで「開発してます!」のツイートとともに写真をアップしたりしていました。
いまが水面下の活動中なのは重々承知なので、浮上してくれるのを待つばかりです。

橋姫のSSについては、ちょっと別記事にします。

ところで今回ちょっとブッとなったのは、後ろのほうにひっそりと、女性用ラブグッズirohaのショートストーリーが載ってたこと。よく見たらVol.2とか書いてあるけど、全然気がつかなかった…。内容は、男の一人称で彼女にラブグッズ「RINGOTORI」を使ってイチャエロするという話。そして商品の写真と説明も入ってる!

タイアップとしては、なかなか新しいアプローチだな…と思いました。

そんなわけで今月も楽しめました。

ところで予告に「特報!皆様すでにご存知かもビックリ移植その2」と長すぎる見出しが出ていましたが、何だろう…。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧