2017年3月14日 (火)

断捨離

後藤羽矢子です。

すいません…。余暇のすべてをFF15にぶっこんで世捨て人のようになってて、更新滞りまくってます。
まあネタにも乏しい時期ではありますが…。
明日はGOATBEDのライブだし、3日後にはきんとうかも発売されるので、更新ネタも潤うことでしょう。

ところで先日、妹に手伝ってもらって年に一度の断捨離をおこないました。
自分の意志では捨てる気になれないものを、妹に「これほんとに要るの?」と言ってもらうことで捨てる勇気を得るのです。

だいぶ色々捨ててはいるのですが、今年、とうとう12年ぶんのCool-Bに妹の「これ要るの?」の手が伸びてしまいました!
隔月とはいえ12年ぶん…。60冊ちょっと…。確かに部屋のなかでかなりの場所をとっているのです。
「別に何度も読み返したりしないでしょ?」と言われ、確かにそうなんだけど…うーんうーん…と悩み、半分ちょっとだけ残しました。
まあ現在はCool-Bのバックナンバーは全部電子書籍化されてるので、どうしてもバックナンバー読みたいときが来たら電子で買えばいいか…と思いまして。

まず絶対残すのは、Cool-BのVol.1とVol.2。
これが出た頃はCool-Bの存在を知らない頃で、半年遅れで咎狗にハマった私が、シキアキSS読みたさに、妹にヤフオクで落としてもらったものです。
いくらかかってもいいから絶対落として!」と指示を送り、結果的に二冊で5000円くらいになりました。

いまはもうイラストもSSも別媒体に収録されてますが、私の咎狗、ひいてはBLゲー人生のスタートともいえる記念すべき号なのです。

他に残したのは…。

Cb01

ジュリジャンツーショット。ラキドはCool-Bのなかで一番表紙率が高いと思いますが、ツーショットは本当に珍しいので。この可愛いジュリオを捨てることは私にはできなかった…。

Cb02

Lamento初表紙号。コノエたんが少し大人っぽい感じ。ライさんの髪もやや短い。このときのドクワク感が忘れがたくて。

Cb04

たたなさんの咎狗の表紙ってじつはすごく貴重なんですよ。特にこれはもう退社後のイラストなんで「久々のたたなさんの咎狗や~…」とすごくありがたい気分になったので。

Cb05

ドラマダ初表紙号。この絵を見たとき「なんて人を食った表情…。これが受けだなんて…」と期待が高まったものです。これは推測ですが、「ほにゃららさんの蒼葉」と「淵井さんの蒼葉」では少し性格が違うような気がする…。後々ほにゃららさんの蒼葉が淵井さんの蒼葉に寄っていった感があります。これは純度の高いほにゃららさんの蒼葉って感じ。

Cb06

ドラマダアニメ絵バージョン表紙。普通のイラストは漏らさずアニバ本に収録されてますが、アニメ絵は収録されないだろーなーと思って。それに雨に濡れた紅雀がなかなかに色っぽいんで。

Cb03

そして…もう何度別媒体に収録されようが絶対に捨てることができない号…!
まだツイッターもない時代でしたので、表紙の先行お披露目なんてものもなかったので、この表紙を書店で見たときの、心臓が止まりそうになるくらいの衝撃は忘れられない…。
まあこの数日後に、たたなさんの退社報告があり、また心臓が止まりそうになるんですけどね…。いろんな意味で思い出深い号です。

もちろんこれ以外にも30冊ちかくとっておいてます。選ぶために見返して、またその当時の気持ちがまざまざ蘇ってきましたね。
スロウダメージの初表紙はいつになるのでしょうか…。

拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "断捨離"

| | コメント (0)

2017年2月 3日 (金)

Cool-B3月号 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

自家通販のご購入ありがとうございます!
明日には発送しますので、数日中に届くと思います。
いやーなんか思いのほか楽しいですね!自家通販!

ビニールに入れて封筒に詰めて…イベント売りとは違うお店屋さんごっこっぽさ…。
とりあえず2月いっぱいまで受け付けております。

話は変わってCool-B最新号ゲット!

発売日なので隠しなしでいきます!

表紙はオメガヴァンパイア。
人血飲まない掟の源馬さんが、おもくそ刑一にかぶりついてる…。まああの人スタート画面でも刑一にかぶりついてるし…。理性で人血、特に刑一の血への欲求を抑えてるのは、本編でも丸バレだったので、これが源馬さんの本音の姿なのかと思うと、それはそれで萌えますね。

描きおろしイラストとSSもあって、刑一が源馬の性奴隷になってる一枚絵にえっ?!
あれ?こんなENDあったっけ?と読んでみると、刑一のエロ夢オチ!!おいぃ!!
でもまあ刑一エロ妄想少年だし、Ωの性欲にも悩まされてるし、こんな夢を見てもしかたないのかもしれない…。
しかし夢から覚めて、様子を心配する源馬に「オレ、ちょっとナイーブになってたみたい」と言う刑一に吹いた。自分で言うなや!!
あいかわらず台詞まわしがじわじわおかしい…。

きんとうかは発売日も近いこともあって、わりとガッチリ特集していましたが、購入予定なので、ここはあまり前情報入れたくなくスッと流す。
しかしこれまでに出されてたスチル、塗りがめっちゃヘボいのが時々まじってるなあ…と思ってたけど、新規スチルにはとりあえずそういうのがなくてよかった…。でもへぼいのも正直いえばリペイントしてほしい…。塗りは分業だから、どのゲームにも必ずといっていいほどそういうムラはあるけど、きんとうかの場合、いい塗りはすっごいよくて、へぼい塗りは背景までしょぼくて高低差がありすぎる…。
そろそろ予約しなきゃだけど、どこでしようかなあ…。

ノンケ一発食べ放題も発売日が決まり、意外と早い4月28日。まあまだ延期の不安はぬぐえませんが。
いちおう購入予定。黒井鋼さんが受けだし…。

ラキドは、badeggのイラストとスピンオフゲーの情報。
ああああ~!ジュリオ~…やっぱジュリオはどうあってもジュリオだ…。
GDジャンさんに跪いて手にキスしてるやん…。もうそのままジュリオまでGDに寝返りそうな勢い…。でもこれはあくまでイメージでゲームでは違うんだろうなあ…。
あー…ジャンさんと対決することになるジュリオの心境を思うとホント辛い。

そして今回の個人的目玉は、備忘録ハレの情報…。
とうとう野々村にグラがついてしまったああああああー!!!
以前、備忘録の感想で「どんどん野々村の存在感が増していく…。そのうちグラでもついてしまうんじゃ…!」と書いてましたが、まさか現実になってしまうとは!

しかもめっちやいい男じゃん!こりゃ時雨も心配するわ…。インポの呪いもかけるよ…!
私の想像ではもうちょっと恰幅のいい男ってイメージだったんですが、乙女ゲーの攻略キャラ張れそうな色男じゃないですか…。

そして葛城のグラもついてしまった…。こっちもいい男…。まあ葛城は作中でもいい男であることは描写されていましたが…。
この人が思いつめた目で京一郎に愛を囁くのか…と思うと萌えもグッと高まりますね。そしてそんな男の恋慕を切って捨てたあげく、見せつけックスをする京一郎の冷徹にも萌えるなあ…。
やっぱりグラの力は偉大だ…。移植版とはいえ新たな萌えがはかどりそうで楽しみです。

前号の予告ででかでか名前が載ってたスロダメは、記事はかけらもなく、付録のDVDにティザームービーが収録されてるだけでした。
あいかわらずのスロウ情報が冴え渡ってます!

| | コメント (0)

2016年12月25日 (日)

クリスマス

後藤羽矢子です。

昨日のクリスマスイブは、仕事などして夜はささやかなパーティなどしてました。

で、ケーキはプリケーキのキラルバージョン!

Photo

冷凍で来たので、夕方まで室温で溶かしていました。説明書には冷蔵庫に入れて自然解凍させてとありましたが、届いたのが午後3時で、その時間に冷蔵庫に入れてしまったらたぶん食事が始まるまでに溶けない…。

味は正直まったく期待してなかったのですが、意外やかなり美味しかった!
チョコ生にハズレなし…。
しかし中にはさんである黄桃は悲しいぐらい少なかった…。別にいいけど…。

そしてサンタさん(自分)からのプレゼントも届きました!

Photo_2

購入特典のクリアファイル…くっそエロおおおおおおおお!!

Photo_3

じわじわと使うことのできないクリアファイルが増えてくる…。

1月末発売のもう一冊のほうは、年上組とジャンの3Pイラストがありますが、なんていうか…年上組の3Pはわりと実際にもありえそうな気がしますが、年下組の3Pは現実(ラキド世界においての)にはなさそうな気がする…。

年上組もそれなりに独占欲は強そうですが、そこは大人の「それはそれこれはこれ」精神でアバンチュール(死語)として楽しみそうな気もする。

年下組はまだそこまで成熟してないし、悋気もかなり強いと思うんでマジで「3Pしないと出られない部屋」にでもブチこまない限りないような気がします。

あっ…でもなんかそんな気がしてきた…!敵に捕まって牢屋にブチこまれて無理やり3Pさせられる…みたいな…。

そんなストーリーを勝手に捏造しててイラストを堪能する私でした。

1日前にはキラナイのパンフも届きました。

Photo_4

中の描きおろしイラスト、さりげなく絵柄合わせてるんですね。目の中の描きかたとか。
ほにゃららさん本来は瞳のハイライトをサイドにいれるタイプだから、このど真ん中ハイライト、なんだか新鮮!

ハイライトの入れ方変えるだけで、けっこう絵って印象変わるもんですね…。
そういう私も2年くらい前からど真ん中ハイライトにしてますが…。

そんな感じでオタ充なクリスマスを過ごせました。

次回こそは、オメガヴァンパイアの感想の続き書きます!

| | コメント (0)

2016年12月 7日 (水)

Cool-B1月号 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

オメガヴァンパイアの感想の前に、ちょっとCool-Bの感想でも。

発売日過ぎてるので隠しなしでいきます。

表紙は大正メビウスライン。
1月号ということで全員集合のお正月絵ですが、総勢7人というなかなかギチギチの絵…。
描くのも大変そうですが、レイアウトも大変そう…。

千家さん備忘録で和服解禁したから、ナチュラルに和服で溶け込んでて眼福…。
京一郎が酒を呑んでるというのに、サイダー飲んでるマイウェイな時雨…。というか時雨酒呑めるのかな…?酒呑んでる描写あったっけ…?意外と酒弱いとかだったら可愛いな!

しかし京一郎大丈夫…?このあと酔って大騒ぎにならないか心配です…。
だいたい酔ってるヤツは酔ってないって言い張りますからね…(経験則)

記事のほうは…新規のBLブランドデビューのスクープ。
ブランド名は「Astary」意味は「邪道」だそうです。
最初から王道なんて目もくれないぜ!という意気込みを感じます。

そんなAstaryのデビュー作が「ノンケ一発食べ放題」という、もうどこからどう見てもバカゲー以外ないタイトル。総攻めゲーださうです。
もしこれでフタを開けたら欝とシリアスなシナリオだったら逆に感心しますが、たぶんそれはないでしょう…。

内容は、伝説の痴漢と伝説の痴女の間に生まれた主人公吉岡学…ってこの一文だけで軽く奇跡を感じる。
反社会的な両親を反面教師に真面目に生きてきたものの、ある日突然伝説の痴漢神として目覚めてしまい、伝説の雄っぱいと伝説の雌尻をもつノンケを判別できるようになってしまう。その運命に逆らうことはできず…。

って、短いあらすじのなかに何個伝説入れてんねん!!!

まあ…とにかく痴漢ものなんですね…。女性向けで痴漢ものなんてそれだけで邪道のオーラムンムンです。
私が知る限り「俺の下であがけ」のなかのイベントにあったくらいですね。痴漢。
そして主人公はこれまたあがけを思い出させるフロンゲ。

しかし発売日は未定で、キャラ絵もまだ未完成状態なのに、すでにCVが決まってる!!
3人の攻略キャラたちは、佐和真中さん、一夜愛さん、黒井鋼さんです。
一夜愛さんはメス男子の人でしたっけ…。まだやってないけど。そして黒井鋼さんが受けをやるのか…。

正直、私はやっぱり受けゲーのほうが嗜好に合ってるのですが、面白ければ別です。

特にバカゲーはバカ以外の部分をちゃんと作りこまないと、バカしか残らないので、シナリオも絵もシステムも頑張ってほしいです。(偉そう!)
新規ブランドではできるだけ購入する所存なのでいろんな意味で期待しています。

ラキドbadeggは、新キャラのご紹介!
GD側のジャンさんの配下になる4人…。しかもそのうちの3人はベルナルド、ルキーノ、イヴァンの配下だったいう寝返りメンバー。
ひとりだけCR-5と関係のない日本人です。

こいつらのビジュアルがいい…!!!
本当に100回くらい言ってますが、由良さん絵上手くなったなあ…。

ちなみに彼らとジャンさんが色っぽいことになるような展開はまったくないとのことです。
ホッとしたような残念なような…。

しかしこれでジャンさんだけでなく、他のメンバーも対立の構図ができあがるわけで、ワクワクするなあ…。燃え展開待ったなし!ですよ!

RoomNo9は後日談SSがあり、FENDから三ヶ月後くらいのお話。ふたりで焼き芋食べながら将来の話などする小話でしたが、一番びっくりしたのが焼き芋が1200円したことでした。
もうずっと屋台の焼き芋買ってなかったからこんな高騰していたとは知りませんでした。

でも確かに私が子供の頃からすごくお高いというイメージはありました…。

それにしても誠二くんの真面目さと心の強さが胸を打つ…。あの事件を闇雲に忘れようとするんじゃなく、ちゃんと受け止めて、次のステップにしようとしてるなんて本当すごい。

あとまだ誠二を自分の部屋に呼べない(ふたりきりになれない)大地のぎくしゃくした感情とか「わかる~」って感じだし、甘酸っぱいような哀しいような絶妙の味わい。

でも親友としての関係の修復はちゃんと進んでるし、ホッともしました。

やっぱりFENDの彼らには親友でいて欲しいのでした…。
って…いま気づいたけど、FENDのFってフレンドのF?!

他のENDもそういうもじりあるのかな…英語力皆無なんで推測できないけど…。

まあそんなわけで今月も満足の内容でした。

次号予告にはやっっっっっっっっっっとスロウダメージの名前が!
でもまあたぶん、こないだのニコ生で見せたラフ画のお披露目くらいであろう…。

| | コメント (0)

2016年10月 6日 (木)

Cool-B 11月号 BLゲーム大賞 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

Cool-B買ってきた!
表紙はラキド!見出しはでっかく「BLゲーム大賞!宇宙初り栄冠をかっさらったのは!?」と書かれてますが、まあこの全員が王冠被っているイラストから火を見るより明らかです。

それにしてもこのジャンさんのふてぶてしい表情…いいわ…。

そしてドキドキのBLゲーム大賞の発表…。

中間発表ではラキド無双でしたが、意外やけっこうな変動があった!

大賞はやっぱりラキド!おめでとうございます!
2位はメビウスライン!
3位咎狗!
4位スイプー!
5位鬼畜眼鏡!

咎狗、中間発表のときは4位でしたが巻き返した!

発表は20位まであり、それは割愛しますが、入賞した20作品のうち13作品をプレイしていた私…。でも全部プレイしてる人もいるんだろうな…。

主人公部門は

1位ジャンさん!
2位京一郎!
3位アキラ!
4位佐伯克哉!
5位蒼葉!
これは中間発表とほぼ変わらない順位。ただそのときは佐伯さんと蒼葉が同率4位でしたが、その後やや佐伯さんが票を伸ばしたモヨウ。

キャラクター(攻め)部門は

1位千家伊織!
2位シキ!
3位ジュリオ!
4位御堂孝典!
5位イヴァン!

中間発表ではジュリオ1位でしたが、千家さんが追い上げました!ベスト3、自分の本命尽くしなので大変嬉しい結果です…。

ビジュアル部門は

1位ラキド!
2位ドラマダ!
3位咎狗!
4位メビウスライン帝都備忘録!
5位Lamento!

1位はラキドに譲ったものの、さすがにこの部門はキラル強い…。

シナリオ部門は

1位メビウスライン!
2位ラキド!
3位新学校!

まったくもって文句のつけようのない順位です。というか私の脳内ランキングがそのまま反映されてるような。

音楽部門は

1位Lamento!
2位ラキド!
3位ドラマダ!
4位メビウスライン!

Lamentoはさすがに揺ぎない1位!!いまもってLamento以上に音楽のいいゲーム思い当たらないもんなあ…。歌の数は他のキラルゲーに比べると少ないんですが、そのすべてが神曲なうえにサントラに捨て曲がほぼないっていうのが凄すぎる…。

そんなわけで白熱の結果となりました。
いちおう雑誌のハガキのみ複数投票可だったわけですが、さすがに組織票にするにはCool-Bを100冊も200冊も買わなきゃいけないわけで、それは無理でしょうし適正なランキングであると思います。

ただもうちょっと部門の裾野というか、変化球な作品がフォローされるような部門があればなと思いました。

もし次にBLゲーム大賞を開催することがあれば、エロ部門とかギャグ部門とかトラウマ部門とかも欲しいなと思います。

拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "Cool-B 11月号 BLゲーム大賞 感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2016年8月 4日 (木)

Cool-B 9月号感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

キラナイチケットとれましたあああああ!!!
嬉しいよおお…。
しかし今回ツイッターでサーチしてみたところ、落選って人はいないっぽい…。
とりあえずファンクラブ会員の人は全員チケットとれた…?
私も周りも全員取れてたのでよかったです。
しかし全員席バラバラ…。まあいいんですけど…。
最初とチケット取れさえすればいい!と思ってたのに、取れれば次はいい席だったらいいなと願ってしまう…。人間って欲深いですね。

そして話は変わりますが。

Cool-Bゲットー。
今回はぶっちゃけラキドの話しかしません!!

やっと再始動のbadegg!

とはいえ正式な発売日が決まったわけでなく、発売は17年予定。
お…おう…。

とはいえ発売日未定のまま宙に浮いた状態が長らく続いてたので、発売日予定があるだけでもなんだか感慨ぶかい…。

以下おりたたみー。

続きを読む "Cool-B 9月号感想ネタバレ"

| | コメント (0)

2016年6月19日 (日)

男性にオススメできるBLゲー

後藤羽矢子です。

コメント欄にて「後藤さんが男性にオススメするとしたらどのBLゲームを選びますか?」との質問をいただいたので、ちょっと考えてみました。

男性といっても、個人で好みも嗜好もあるでしょうからひとくくりにはできないんですけど、私の独断で選んでみました。

俺の下であがけ

ラッキードッグ

神学校

大正メビウスライン

Lamento

あたりでしょうか。

俺下は元々かなり男性向けエロゲメソッドで作られてるし、相手に借金を背負わせてお買い上げするというコンセプトが男性の狩猟本能を刺激するし、目押しなどのゲーム性の高さも男性好みではと思いました。

そしてここに挙げたゲームで共通してるのは、「主人公が目的を持っていて物語がそこに帰結する」というところ。
BLゲーの恋愛要素はメインともいえる部分だし、そこをおろそかにしては絶対ダメですが、当初の目的がいつの間にか恋愛にすり替わってると、男性的には「??」になるかなと思いました。
もちろん話の発端はあくまでもとっかかりで、物語を進めるうちに別の目的を見出したり、主人公が特に目的を持ってなく巻き込まれることで話が進むとかいろいろありますが、とりあえず主人公が目的を持ってそこに突き進むタイプの話が、男性的には共感が得やすいかなと判断しました。

あ、私の想定している男性というのは腐男子ではなく、ちょっとBLゲーってどんなものかなと興味を持ってるだけのタイプです。
私は男性向けエロゲもやりますが、正直「これでヌクぜ!」と思ってやってるわけではなく、可愛い女の子と男たちのイケてる中二ストーリー目当てでやってるので、話は性差抜きで面白いほうがいいな…と。

あと男性ってネタにまで昇華するとホモネタ好きですよね…。
そういう意味では「コイビト遊戯」や「マスカレード」あたりもネタとして楽しめるかと思います。

しかしいま挙げたゲームらはどれもそこそこ長いので、萌え抜きで進められるかどうかはまた難しいところ…。
萌えはありとあらゆるものの動力源だから…。

| | コメント (2)

2016年6月18日 (土)

ラキドコミカライズ最終巻

後藤羽矢子です。

ラキドコミカライズの最終巻がKindleになってたので、サクッと購入。

逃げも隠れもしない完璧なベルナルドENDでした。
いやまあ、前巻からの流れからそうなるとは思ってましたけど。

しかし「愛してるぞジャン!」も「お前が俺の生きた証だ」もしっかりやって、うお?!とちょっとびびりました。
しかしそこに至るまでキスもセックスもしてないわけで。
とりようによっちゃ、生きる指針を見失っていた男が、新しいボスに忠誠を誓うことで、生きる意味を見出した…とも読み取れる。

そう考えると、ゲーム本編より崇高な感じに仕上がっているような。
そして話の流れや大団円感はやっぱりベルナルドルートが一番おさまりがいいし、いい感じにまとまったと思います。

しかし欲をいえばそのラストの後に、全員集合エピソードがちょっとだけでもいいから欲しかったところ。
LHLの大ラスみたいな、これからみんなお前についていくぜ!的なやつ…。
まあ正直に言ってしまえば、ジュリオの出番がもう少し欲しいと思ったからでした。
特に最終巻はちょろっとしか出てこなかったから…。

でも無事に完走できてよかったです。このコミカライズを読んで、ラキドのゲームをやる人はいるのかな…?どうなのかな?
あえてなのか、あんまり色気を含まない作画だったので、「えっ!この人らがホモんの?」と思う人もいるかもしれません。

ホモるんですよ!!しかも全員のルート、どれもめっちゃ面白いし、値段も安いから是非ラキドやってください!!

と…見えないラキド未プレイ者に訴えてしまった…。
ここ読んでる人はかなりプレイ済みだと思いますけど…。

そんなわけでコミカライズも完結したし、badeggにまた想いを馳せる私でした。


| | コメント (0)

2016年6月 6日 (月)

BLゲーム大賞への道

後藤羽矢子です。

BLゲーム大賞、中間発表されたとたん、なにやら胸がざわめき、「もっと投票したい!」みたいなスイッチが入ってしまった…。
とりあえずうっかり忘れていたWeb投票のほうもして、今月のハガキも出すことにして、あとは店舗投票か…。店舗投票は一店舗につき当然一回だろうな。でも秋葉原と池袋巡ればとりあえず四店舗ぶんはできるか…。いやさすがにそこまでやるかどうかはわからないけど。でも東京行く用事があったときにできるだけ行きたい。

一番ポイントが高いのは、ハガキ投票で、しかも制限なし。
とはいえCool-Bの付属ハガキでしか送れないので、Cool-Bを10冊も20冊も買わない限りはそんなに影響力はないと思うけど。

そしてTLでも、中間発表により火がつき投票を始めた人も多いモヨウ。これによりいろいろと順位が変動すればそれはそれで面白い。
特にラキド以下の順位はかなりポイント僅差なので、ここからいろいろと巻き返しがあるかもしれない。

ところでスイプーの3位はけっこう意外でしたが、ある意味では納得です。
考えてみると、スイプーに似たゲームってひとつもないよなあ…。

この唯一無二感は充分にランク入りする価値があると思います。
なのでスイプーの健闘も祈りつつ、私はさらに投票に勤しみたいと思います。

あー…なんだかワクワクする…。

私、本当にBLゲーが好きなんだなあ…と実感する次第です。

| | コメント (1)

2016年6月 4日 (土)

Cool-B7月号 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

Cool-B7月号ゲットー!

表紙はNew World Order。なにげない一瞬を切り取ったような絵がアニメのスクショみたいですなあ。

そのNew World Orderですが、キャラの立ち絵のお披露目と、御雄Pのインタビュー。なんでも立ち絵をリアルタイムで動かす予定とか。へえー!常に立ち絵がぬるぬる動いてるというと
ティンクルベルの「輪舞曲Duo~夜明けのフォルテシモ」を思い出しますが、女の子と違って、男の身体は揺れる部分が少ないから、あそこまでぬるぬるはしないんだろうな。
それ買ったんだけど途中で積んでしまった…。

チャイニーズの子はやっぱり女装攻めありそう…?とにかく楽しみです!

そしてParadeの新作RoomNo9!!
セックスしないと出られない部屋ネタを大真面目に、そして凶悪にやってくれそう!
天宮Dのツイートや今回のインタビューを読むにつけ、とにかくお互いセックスする気が微塵もない親友同士を性の冥府魔道に突き落とす過程をねっちりと描くようで、震えがくるほど楽しみだ…。NO THANKYOUではテキストだけでサラッと流してたグロ要素もわりとあるっぽいし(ただメインはあくまでエロなのでそっちは控えめだそう)

ふたりが親友になるなれそめ的なSSも載っていました。大地くん明るいけど苦労人なんだな…。しかしビジュアルにしろ、SS読んだ限りのひととなりにしろ、個人的には受け攻め逆な気がするんですが、そこがここのこだわりなんだろうな…と思う。
受け攻めの要素をアニマで割り振ってないみたいな…。

そういうこだわりのあるブランドは大好きです。
とりあえず現在、これが一番早く発売される予定なので、ワクワクしますね。でも延期はありそうな気がする…。インタビューじゃまだ4割ぐらいの進行って言ってたし…。

そして!!
BLゲーム大賞の中間発表!!

じつを言うとこのランキング、キラル無双になるかしら…と思ってたのですが、意外とそうでもなく。
ていうかラキド無双でした。
作品、主人公、キャラクター、シナリオ、ビジュアル部門までラキドが総なめ!音楽部門はなんとかLamentoがもぎとってました。

ラキドは大好きだし、確かにこれぐらい獲ってもいい作品だとも思いますが、個人的にはもう少しいろんな作品とデッドヒートして欲しい。そのほうが面白いじゃないですか。
ちなみに私の投票は、作品咎狗、主人公ジャン、キャラクタージュリオ、シナリオメビウス、ビジュアルドラマダ、音楽Lamentoとけっこうバラけさせました。意図的ではなく、本当にそう思って。

とりあえず投票〆切は8月3日までだし、Cool-Bのハガキは何枚でも投票可なので、今月も投票したいと思います。

皆さんももっとガンガン投票しよう!!!

んで、そのラキドですが。
次号予告にて、やっとbadeggが再始動とのこと!
うわー!!嘘みたい!!なんかもう私は悟りの境地にはいってて、このまま地味にラキドが「終らない」状態が永遠に続けばいい…などと思っていたので、逆に信じられない気分…。時は流れている…。明けない夜はないんだ…。

それにしてもスロウ・ダメージのほうはまったくかけらも話題がなく、次号の予告にも名前がなかった…。いったいいつになったら全貌がお目見えするのか…。やっぱり夏コミかなあ。

拍手お返事。折りたたんでます。

続きを読む "Cool-B7月号 感想ネタバレ"

| | コメント (0)

より以前の記事一覧