日常

2016年12月31日 (土)

今年もありがとうございました

今年一年ありがとうございました。

今年はけっこう仕事してた気がするなー。

初めての体験を増やすという豊富はずっと継続中ですが、今年の初めてで思い出深いのがアシさんの結婚式で乾杯の挨拶をしたことでしょうか。

なんかすごい大人!って感じじゃないですか!
緊張もしたけど、この先そうそうやることもないだろうし、いい経験でした。

アシさんにとっては、元日に入籍して4月に神前式やって、7月に友人仕事関係の人への披露宴をやって…とかなり激動の年だったと思います。そういうのもちょっとうらやましいな。

とりあえず来年はちょっと仕事も増えるし、自分のやれることをコツコツとやっていくしかないと思います。

そして恒例の年賀状催促。

ブログのメルフォからメール年賀状くださった方には、松の内の間にメール年賀状送らせていただきます。

年賀状ください!!!

自分で言うのもなんだけど、今年の絵はなかなか気合がはいってますよ…!
私本当に年賀状好きすぎるよ…。

それでは皆様よいお年を~!

2015年12月31日 (木)

今年もありがとうございました

今年ももう終わりですね。

しかし前回の更新が8月26日…。マメに更新したいとか言いつつさらにひどくなってる…。

といっても、なんか今年は全体的に発信不精になってて、ツイッタも趣味のブログのほうも、以前ほど更新しなかったです。

自分のこと知って欲しい!って意欲が薄れてるような感じでしょうか。

漫画さえ描けてればそれでいい…みたいな。


今年もつつがなくお仕事できてよかったです。
8月にコミックス3冊出せたのがトピックスかなー。

来年の抱負は…面白い漫画を描きたいということしか、やっぱりないですなー。
あ、あと人といっぱい会って喋りたい!
あとここ数年、自分に課してるのが「初めてのことをする」ですが、それも引き続き継続していきます。

今年の初めてで思い出深かったのは、糖質制限始めて5キロ痩せたことかなー。
こんな体重10年ぶりくらいだし、もう二度と痩せられないと思ってたから嬉しい。
もう着られないと思ってた服が蘇ったし。

あ、糖質制限のリスクについても色々言われてますが、私はちゃんと無理のないやり方でやってますし、そもそもダイエットというより糖尿病予防の一環ですんで…。

そして恒例の年賀状催促。

元旦から松の内の間までにメールフォームから年賀状くださった方には、今年のリアル年賀状と同じイラストを添付して年賀状お送りいたします。

年賀状ください!!!

それでは皆様よいお年をー。

2014年1月 8日 (水)

液晶タブレットを買いました。

あけましておめでとうございます。

今年も後藤羽矢子をよろしくお願いいたします。

年明けに私は液晶タブレット(以下液タブ)を買いました。

去年の春ごろに私はペン入れもデジタルでやるようになりました。
それまではペン入れまではアナログでやり、それを取り込んで、線の修正、仕上げという段階を踏んでたのですが、どうせ取り込んでから修正するからという考えからどんどんペン入れがおざなりになり、原稿取り込んでからの二度手間感がハンパないことになっていたのです。

そんな理由でデジタルペン入れに移行したのですが、なんだか頚椎が地味に痛むようになってきたのです。

いままで仕事してて、肩が痛くなることはあっても、手の甲が痛くなることはあっても、そんなところが痛くなることはありませんでした。
痛みといっても微々たるものですが、これを続けてたらとりかえしのつかないことになる……そんな予感がしたのです。
椅子を変えたり、モニターの向きを調整したり、いろいろやってもみましたが、どうにも改善されませんでした。
そんなわけで「下を向いて作業したい」という気持ちから、液タブを買う決意は固まったのですが、不安要素も多かったです。

何年か前、おおばやしさん宅で液タブを触らせてもらったとき。
ペンが触れてる部分と、画面に表示されてるカーソルに微妙なズレがあって、それがすごーく気になったのです。
しかし液タブで作業してる人は大勢いますし、その人たちが慣れて自分が慣れられないわけがない!と思い自分を納得させました。

あと一番怖かったのが、熱問題です。
液タブはモニターとおんなじようなものですから、当然けっこうな熱を発しています。
夏場になるとツイッタで多くの人が、液タブ熱い~!と言ってるのです。
なかには腕を熱から防護する、液タブ専用の腕カバーを作る人もいました。

「もう取り説にも「長時間使ってると低温やけどするかもしれんから、あまり長時間使うなとか書いてある!」と松本さん。

しかし最新のやつは熱の放出がだいぶ抑えられてるとのことで、私は一番新しいやつを買うことにしたのです。長く使うものなら新しいに越したことないし。

ちなみにこれが液タブ設置前の私の作業環境です。
普通のパソコンデスクの前に、イベントなどで使う長机を置いてあります。

Ekitab01

今回購入したのは、これです。
さすがにぽちるのに、けっこうな勇気がいりました…。

2日後にブツは届きました。

Ekitab02
でっかー!

しかし重量はさほどでもなく(13キロ)一人でも軽々運べました。
そして設置…。最終的に彼氏の手を借りるのはわかってましたが、できるとこまで自分でやろっと!と思いクイックスタートガイドを開いたものの…。
一番最初の「スタンドを閉じる」の段階で、わけがわからず彼氏を呼びにいきました…。

人間としてどうなんだ…私…。

そして接続などの面倒なことも全部やってくれた……。ありがとう…ありがとう。私一人だったら一週間経っても接続できなかったかも…。

Ekitab03

こんな感じで設置しました。

絵を描くときはキーボードを横に置いて、液タブをぐいっと前に持ってくるようにしています。
ちょっと不便ですが、おいおい改善していきたいと思います。

そして昨日4コマ6ページを液タブで作業してみたのですが……。

いいね!!!!!

あっという間にもう板タブには戻れない…と確信しました。

最初に描きだしたときは「うっ!自分の手が邪魔!」と思いました。
いままでは自分の手が視界に割り込むことはなかったので、当たり前なんですが。
しかしアナログのときと同じなわけで、その違和感はすぐに消えました。

カーソルのズレ問題もわりとすぐに慣れました。というか、以前使わせてもらったブツよりズレが少ないような気がする。

熱問題も覚悟していたより全然ぬるかったです。
まあ真夏になったらしんどいんでしょうが、「すごい熱を発してる」ようには全然感じませんでした。
頚椎にもまったく負担がこないし、最高!と思いました。

しかし。

肩が痛い………。

まだこれは私が慣れてないせいだと思うのですが、板タブと違い、液タブは、絵の大きさ=実際自分の手の動きになるわけで、アップにして大きい絵を描くとそのぶんストロークも大きくなるわけです。
そうすると以前より手を多めに動かすわけで、久しぶりに右手と肩がこりっこりになりました。

あとトーン作業のときに、盤面がでかいぶんツールボックスまで手を移動させるのが疲れる…。私はショーカット専用キーボード使ってるので、だいぶその作業は軽減できてるのですが、それでもけっこう大変でした。

このへんもおいおい改善していけるだろうなとは思います。

あ、あと液タブはちょっと目が乾く。熱を発してるもののそばで作業してるせいだと思います。ドライアイ専用の使い捨て目薬が必須だと思います。

そんな新しい一歩を踏み出した私です。

しかしデビューした頃は、未来の自分がパソコンでペン入れまでやるようになるとは思ってなかったな~。本当に未来だよ!未来すぎるよ!と新年早々思いました。

ところで反射防止と紫外線防止のために保護シート買ったのですが、それを自分で貼ったらありえないほど気泡だらけになって、結局それも彼氏に貼り直してもらった…。
今回のことで、彼氏の株も急上昇です。

よかったよかった。

2013年12月31日 (火)

今年もありがとうございました。

今日で2013年も終わり…。

じつをいうと数日の遊び疲れか、昨日は吐いたり下したりして、いまも体調よろしくない状態です。

でも今年最後の禊だと思うことにします。

今年はいっぱい遊んだな~…。特に漫画家さんとのリアル交流が今年は盛んにできました。
いろいろ刺激になったり、本当に楽しかったです。

来年もいろいろバリバリやりたいものです。

そして毎年恒例の年賀状の催促です。

右横のメルフォからお年賀メールくだされば、松の内までにこちらもお年賀メール出せると思います。

年賀状は年初めの私の活力なのです。

そんなわけで

年賀状ください。

それでは皆様よいお年をー。

2013年3月26日 (火)

花見

友人二人が泊まりにきて花見をやりました。

とりあえず前日の夕方6時に小田原駅で待ち合わせ。

そのギリギリまで私は仕事をしていました。

原稿送信して早足で小田原駅に向かい合流。

ここ数日とても暖かかったのに、この日は少し肌寒い。
友人Mは「寒い~」と震えている。私は春物のコートを着ていたが、Mはペラいロングブラウスを羽織っているだけだった。
「キミ花見のときいっつも寒い寒い言ってるじゃん」と私が言うと
「私寒いの苦手だけど着膨れるのも嫌いやねん」とM。
「そういうときはショールを持ってるといいよ」と私が言うと「荷物が増えるのも嫌やねん」

お前はもうずっと震えていろと思いました。

そしてビールと乾き物などを買って、お堀端の桜をぶらぶら眺めながら飲みました。

今年の桜は満開なのにいまひとつ盛りが足りない…。

そして駅ビルに戻って食料と酒を本格的に買いました。おのおの自分の食べたいものを本能的にチョイスしてたらけっこうな量になりました。

そしてダラダラ飲み食いしてたら友人二人がつぶれました。
Mは下戸なのですが、たんに寝不足でつぶれました。

Sakura13032601
どうしようもない女宴会の図

しかし私は私で、夜中の3時くらいに二日酔いが襲ってきて「うぐ~頭痛い。気持ち悪い…ぐぬぬ…」と布団のなかでもだえ苦しみました。
しかし朝10時に目覚めたときにはスッキリでした。

この日は昨日よりさらに寒い。
微妙に薄曇りでしたが、街も城址公園も人でいっぱいです。
あれーいつも花見のときこなんな人いたっけ?」と言うMに「春休みだからだよ」と言う私。
そうなんです。だいたい毎年新学期が始まってから桜は咲くのに今年は10日以上も早いです。
でもまあ賑わう小田原の街というのもいいものです。

Sakura13032605

しかし自然というのは毎年なにかしら違う顔を見せるものですね。

2013年3月22日 (金)

ツイッタの問題点

ツイッタの問題点についてですが。

前回の記事でツイッタを御用聞きと例えましたが、確かにわざわざ企業のサイトに出向かずとも情報が流れてきてくれるのは大変ありがたいです。

最新情報の欲しい企業をフォローしておけば、ホームにいながらにして情報が得られます。

私の場合、目当ての企業のほかに自分の仕事関連の企業も多くフォローしています。

しかし。

企業のアカウント、雑誌やコミックスの発売日になるとすごい宣伝無双と化してしまうのです。
延々とタイムラインが宣伝で埋まってしまうのです。

もちろん企業は宣伝してナンボですので、宣伝はいくらでもするべきです。
しかし発売された本の感想をエゴサーチして、それを企業が延々とリツイートするのは、どうにも耐えられなかった…。
そんな理由でリムーブしてしまった企業がいくつかありました。

世の中には与えて欲しい情報と自分で選びたい情報があるのです。

私自身もコミックスの宣伝などしますが、心のどこかでウザがられない程度にしなきゃ…などと考えしまう最近です。

それが私にとっての一番のツイッタの問題点でした。

まあツイッタではへらっと馬鹿なことを呟きつつ、たまに切り込むように宣伝を入れ、ちゃんとした宣伝はこっちでしようと。そういうスタンスを目指します。

とうとうブログに

ブログ始めました。

数年前に読者さまから「ブログサイトにしないんですか?」と訊ねられ「いまのサイトの形が好きなのでしません」みたいなことをきっぱり言ったのですが、人の心なんてたやすく変わるものですね…。

ブログを今更始めようと思った理由はみっつあって

1 現サイトがダサすぎて改装したいけど、もうどう改装していいのかもわからない。

2 とにかくログ管理を自分でするのがイヤ。

3 ホームページビルダーが古すぎていまのパソコンに対応してない。

です。

まあ、3つめの理由は本当に言い訳で、最大の理由はやっぱり1です。
この、ビルダーで作った感あふるるミレニアムセンスまるだしのサイトが、嫌でたまらず、最近ではトップを見るのも嫌だったので、ずっと放置していました…。

この10年ほどでサイトの在りようも大きく変わりました。

ブログが台頭してきたのはだいたい8年くらい前からですが、その頃は同人サイトなどのサーチはブログサイト登録不可というところも多かったのです。
つまりブログはサイトにあらず!という認識がまだ強かったのでした。

しかしいまはブログどころか、Webにおける同人活動は、Pixiv&ツイッターが一番手堅いという状況です。ホームページはおろかブログ持ってる人すら少数派の勢いです。

企業にしたって、ちゃんとしたサイトはもちろんありますが、ツイッターが広報として大きな役割を担っています。
サイトがちゃんとしたお店なら、ツイッタは御用聞きといったところでしょうか。

私もかなりツイッタ依存なのですが、ツイッタにはツイッタの問題点があるということも、ぼんやりとわかってきたので、やっぱり本家ともいえるサイトは持っていたほうがいいと思い、ブログ開設に踏み切った次第です。

そんなわけで、あまりハイペース更新ではないと思いますが、よろしくお願いします。

パヤパヤメールフォーム

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック