« 石垣 西表島旅行記 二日め | トップページ | この世界の片隅に 感想ネタバレ »

2016年10月22日 (土)

石垣 西表島旅行記 三日め

三日め。今日もいい天気です。

だいたいいつも三日めに旅行疲れが出てきて、まして前日は2時間の山歩きをしていたので、けっこうぐったりめになっていました。

帰りの飛行機は19時15分。それまでのんびりいくことにしました。
やっぱり最初の2日間は時間に追われすぎててせわしなかった…。

朝食ビュッフェは野菜が豊富だし、オムレツ焼いてくれるシェフさんもいて、地味にレベル高かった。
妹が「朝食の写真って前は撮ってたけど、結局アップしないことが多いんでいまは撮らなくなっちゃった」と言う。
「私も!」
だいたい一緒の写真になるよね…。

朝食を食べ、ちょっとビーチをブラブラ。じつは沖縄で一度も海で泳いでない私たち…。
今回も水着持ってきたけど、結局泳がずに終わってしまいました。
いい年した女にとって泳ぐということは、髪やら化粧やら日焼けやら気にすることがいっぱいで面倒なものなのですよね…。
たぶん丸一日ぐらい泳ぐことに時間使わないとできない気がする。

私は以前「日程の中一日くらい、ホテルで泳いだりダラダラしたりに使ってもいいんじゃないか」って言ったことがあるんですが、妹に「それはやだ」と却下されました。

私たちが海で泳ぐ日はやってくるんでしょうか。

それはそうとビーチは美しいです。

Oki23

かろうじて海に足をつけ、ガーデンのブランコを漕ぎ、ちょっとだけビーチっぽさを楽しみ、私たちはホテルを後にしました。

ホテルは川平湾の近くなので、三回めだけど行ってみることにしました。
時間はまだ午前中。
たぶん時間的に満潮時だったせいか、いままで一番綺麗だった気がする!

Oki24

ここでまたグラスボートに乗る。乗り物酔いしやすい人は要注意らしいけど、私は三半規管が鈍いのでまったく酔うことはありませんでした。

川平湾を出て、石垣市内へ。泡盛屋でお土産を買い、辺銀食堂でランチ。

あんまりお腹がすいてなかったので、あっさりめのものが欲しくてレモングラス丼という謎の丼を食べる。

Cvg4o6gxeaar4zt

スパイスの効いたそぼろと錦糸卵。右端の緑の小山は長命草です。レモングラスは名前でメインはってるわりにそぼろの上にパラッと乗ってるだけです。
汁椀はゆし豆腐、デザートはパッションフルーツのソースがかかった杏仁豆腐です。

ああ…あっさりしてて美味い…。長命草美味い…。味は苦くてアクセントにいい感じで好きなのですが、なんせ食感が硬くてガサガサなのです。茹でてもガサ感とれないんで、こまかーく刻む以外に食べる方法ない感じです。JAでも売ってたんですが、細かく刻むのがけっこう面倒で以前買ったときに結局ほとんど食べなかったことを思い出し、買いませんでした。

その後、妹が地味に親交を育んでる、黒糖ジンジャーシロップのゆきさんのお店に行く。

いままでは見つけるのが困難な小さなお店でやっていましたが、市内の目立つところに移転、カフェも始めたとのことでした。

そこでジンジャーシロップを入れたアイスコーヒー飲みつつ、お話を聞き、楽しい時間を過ごしました。
そこで、沖縄へと移住してきたものの、やっぱり合わなくて帰ってしまう人もいる…という話を聞きました。暑さと湿気と虫がダメな人にはやはりキツい場所のようです。数日の観光ではよくても長期的に暮らすとなると問題もあるのでしょう。

じつは私も沖縄で暮らせない気はする…。暑さにも虫にも平気だけど、土地のパワーが強すぎて長くいるとちょっと疲れる…。数日ぐらいならちょうどいい感じなんですけど。

その後、私の要望で、手作り体験工房ゆんたくで、ラー油作り体験をやる。
これは最初の石垣島旅行のときからやりたかったのですが、なんとなく機を逃していた…。

体験は1500円、一回の体験で手作りラー油がふた瓶できるので、かなりお得な気がする。

Oki15

30種類の具材から20さじ分をチョイスする。割合は自由でいいんだけど、とりあえず塩と粉とうがらしだけはふたさじでいいとのこと。

フライドガーリックやフライドベーコンや粉末のナッツやゴマなどいろんな具材がある。
私は沖縄っぽさを強調したくて、月桃とピパーチと長命草とウコンと黒糖などもいれる。

インストラクターのお姉さんが、私たちの出身地を聞くので「神奈川です」と言うと、なんでも関西の人だと「ひとさじ」を山盛りにすくうけど、関東の人はすりきりっぽく控えめにすくうとのこと。
「塩ととうがらし以外は全部山盛りにすくってください」とお姉さん。
確かに山盛りとすりきりだと、だいぶ量に差がでるよなー。

そうして20さじボウルに入れると、お姉さんが「魔法の調味料」(企業秘密)を足し、そこにごま油と菜種油をぐつぐつにしたものをジュワーッと注ぐ。

Oki16

具材がバチバチと熱されていく。
それを私たちがスプーンで混ぜていく。具材が固まらないように混ぜるのかと思って、ある程度混ぜたらやめてしまったのですが、じつは油を冷ますためにやるものだったらしく、数分後お姉さんがボウルに触れて「まだ冷めてないですね~。サボってましたね~」と言うのであわててふたりでぐるぐると混ぜる。

ある程度冷めたら瓶に移し替えて完成!

ラベルは数種のテンプレートの中から選び、字も好きなものを入れられます。

O01

私は羽矢子にしました。右のラベルに黄色いのがついてるのは、注ぐとき私がこぼしたからです…。ウコンを入れたので黄色っぽいラー油になりました。

いまさっき食べてみたんですが、かなり美味しかった!
お土産にもなるし、これはマジでオススメです!!

その後JAの市場に行って野菜を買う。沖縄は旬を大事にしていて、季節ごとに品揃えがかなり違う。
いまの時期はとにかく冬瓜無双でした。あと青パパイヤがめっちゃあった!
逆に島らっきょはほとんどなかった…。あれは春のものなのです。

そうして帰りの飛行機に乗って帰りました。

今回も初めてのこといっぱいできてよかったです。

でも次はマジで泳ぎたいです…。

« 石垣 西表島旅行記 二日め | トップページ | この世界の片隅に 感想ネタバレ »

旅行、レジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石垣 西表島旅行記 二日め | トップページ | この世界の片隅に 感想ネタバレ »

パヤパヤメールフォーム

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック