« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月22日 (土)

石垣 西表島旅行記 三日め

三日め。今日もいい天気です。

だいたいいつも三日めに旅行疲れが出てきて、まして前日は2時間の山歩きをしていたので、けっこうぐったりめになっていました。

帰りの飛行機は19時15分。それまでのんびりいくことにしました。
やっぱり最初の2日間は時間に追われすぎててせわしなかった…。

朝食ビュッフェは野菜が豊富だし、オムレツ焼いてくれるシェフさんもいて、地味にレベル高かった。
妹が「朝食の写真って前は撮ってたけど、結局アップしないことが多いんでいまは撮らなくなっちゃった」と言う。
「私も!」
だいたい一緒の写真になるよね…。

朝食を食べ、ちょっとビーチをブラブラ。じつは沖縄で一度も海で泳いでない私たち…。
今回も水着持ってきたけど、結局泳がずに終わってしまいました。
いい年した女にとって泳ぐということは、髪やら化粧やら日焼けやら気にすることがいっぱいで面倒なものなのですよね…。
たぶん丸一日ぐらい泳ぐことに時間使わないとできない気がする。

私は以前「日程の中一日くらい、ホテルで泳いだりダラダラしたりに使ってもいいんじゃないか」って言ったことがあるんですが、妹に「それはやだ」と却下されました。

私たちが海で泳ぐ日はやってくるんでしょうか。

それはそうとビーチは美しいです。

Oki23

かろうじて海に足をつけ、ガーデンのブランコを漕ぎ、ちょっとだけビーチっぽさを楽しみ、私たちはホテルを後にしました。

ホテルは川平湾の近くなので、三回めだけど行ってみることにしました。
時間はまだ午前中。
たぶん時間的に満潮時だったせいか、いままで一番綺麗だった気がする!

Oki24

ここでまたグラスボートに乗る。乗り物酔いしやすい人は要注意らしいけど、私は三半規管が鈍いのでまったく酔うことはありませんでした。

川平湾を出て、石垣市内へ。泡盛屋でお土産を買い、辺銀食堂でランチ。

あんまりお腹がすいてなかったので、あっさりめのものが欲しくてレモングラス丼という謎の丼を食べる。

Cvg4o6gxeaar4zt

スパイスの効いたそぼろと錦糸卵。右端の緑の小山は長命草です。レモングラスは名前でメインはってるわりにそぼろの上にパラッと乗ってるだけです。
汁椀はゆし豆腐、デザートはパッションフルーツのソースがかかった杏仁豆腐です。

ああ…あっさりしてて美味い…。長命草美味い…。味は苦くてアクセントにいい感じで好きなのですが、なんせ食感が硬くてガサガサなのです。茹でてもガサ感とれないんで、こまかーく刻む以外に食べる方法ない感じです。JAでも売ってたんですが、細かく刻むのがけっこう面倒で以前買ったときに結局ほとんど食べなかったことを思い出し、買いませんでした。

その後、妹が地味に親交を育んでる、黒糖ジンジャーシロップのゆきさんのお店に行く。

いままでは見つけるのが困難な小さなお店でやっていましたが、市内の目立つところに移転、カフェも始めたとのことでした。

そこでジンジャーシロップを入れたアイスコーヒー飲みつつ、お話を聞き、楽しい時間を過ごしました。
そこで、沖縄へと移住してきたものの、やっぱり合わなくて帰ってしまう人もいる…という話を聞きました。暑さと湿気と虫がダメな人にはやはりキツい場所のようです。数日の観光ではよくても長期的に暮らすとなると問題もあるのでしょう。

じつは私も沖縄で暮らせない気はする…。暑さにも虫にも平気だけど、土地のパワーが強すぎて長くいるとちょっと疲れる…。数日ぐらいならちょうどいい感じなんですけど。

その後、私の要望で、手作り体験工房ゆんたくで、ラー油作り体験をやる。
これは最初の石垣島旅行のときからやりたかったのですが、なんとなく機を逃していた…。

体験は1500円、一回の体験で手作りラー油がふた瓶できるので、かなりお得な気がする。

Oki15

30種類の具材から20さじ分をチョイスする。割合は自由でいいんだけど、とりあえず塩と粉とうがらしだけはふたさじでいいとのこと。

フライドガーリックやフライドベーコンや粉末のナッツやゴマなどいろんな具材がある。
私は沖縄っぽさを強調したくて、月桃とピパーチと長命草とウコンと黒糖などもいれる。

インストラクターのお姉さんが、私たちの出身地を聞くので「神奈川です」と言うと、なんでも関西の人だと「ひとさじ」を山盛りにすくうけど、関東の人はすりきりっぽく控えめにすくうとのこと。
「塩ととうがらし以外は全部山盛りにすくってください」とお姉さん。
確かに山盛りとすりきりだと、だいぶ量に差がでるよなー。

そうして20さじボウルに入れると、お姉さんが「魔法の調味料」(企業秘密)を足し、そこにごま油と菜種油をぐつぐつにしたものをジュワーッと注ぐ。

Oki16

具材がバチバチと熱されていく。
それを私たちがスプーンで混ぜていく。具材が固まらないように混ぜるのかと思って、ある程度混ぜたらやめてしまったのですが、じつは油を冷ますためにやるものだったらしく、数分後お姉さんがボウルに触れて「まだ冷めてないですね~。サボってましたね~」と言うのであわててふたりでぐるぐると混ぜる。

ある程度冷めたら瓶に移し替えて完成!

ラベルは数種のテンプレートの中から選び、字も好きなものを入れられます。

O01

私は羽矢子にしました。右のラベルに黄色いのがついてるのは、注ぐとき私がこぼしたからです…。ウコンを入れたので黄色っぽいラー油になりました。

いまさっき食べてみたんですが、かなり美味しかった!
お土産にもなるし、これはマジでオススメです!!

その後JAの市場に行って野菜を買う。沖縄は旬を大事にしていて、季節ごとに品揃えがかなり違う。
いまの時期はとにかく冬瓜無双でした。あと青パパイヤがめっちゃあった!
逆に島らっきょはほとんどなかった…。あれは春のものなのです。

そうして帰りの飛行機に乗って帰りました。

今回も初めてのこといっぱいできてよかったです。

でも次はマジで泳ぎたいです…。

2016年10月21日 (金)

石垣 西表島旅行記 二日め

西表島二日め。

この日もいい天気!今日は浦内川クルーズとカンピレーの滝を目指すトレッキングです。

ところで西表島での観光について調べると、たいていツアーガイドを薦められます。

確かにガイドなしでは行くのが難しい場所もありますが、たいていの場所はガイドなしでも行けます。ツアーガイドはお弁当が出たり便利なところもありますが、やっぱりちょっとお高いので、私としてはガイドなしで自力で行くことをオススメします。

いつも旅行先では朝食控えめにする私ですが、この日は体力使うことを予想してガッツリ食べる。ホテルオススメの黒糖のフレンチトーストが美味しかった。

10時にホテルをチェックアウトして、浦内川の遊覧船乗り場へ。

Oki19

Oki18

とってもこぢんまりした船着場。ここから先は自販機もないので、飲み物を買っておく必要があります。

ところでトレッキングに際し舐めた格好でくんじゃねーぞ!みたいなことがガイドブックに書いてあり、恐怖の生足マーメイド女であり、ちょっとしたジャングルにもハーパンとサンダルで分け入る妹にも「絶対長いズボンとスニーカーだよ!」と旅行前に念を押しました。そして私たちはジーンズとスニーカーで来たわけですが、フッと見ると船着場で長靴をレンタルしてるっぽい。

妹が「なんか朝に雨降ったっぽいし長靴借りたほうがよくない?」と言い出し、私たちはそうすることに。

これが本当に大正解でした…。それについては後ほど。

10時半に船が出発。浦内川は海水と淡水が混ざり合った川で、マングローブの群生地です。川幅も広く、そこを船で走るのは大変気持がいい。

O05

30分ほど上流に進むと、軍艦岩と呼ばれる岩があり、そこが自然の船着場になっています。
そこから降りていよいよトレッキングが始まります。

Oki21

もちろん体力のない人はそのまま帰りの船に乗ってもいいし、近くの水場でのんびりするのもアリです。

私たちはカンピレーの滝を目指し歩き始めました。
ところで帰りの船は13時発で、そのあとは15時まで船がないとのこと。
私たちは15時半の帰りのフェリーで石垣島に戻る予定なので、13時の船に乗り遅れるわけにはいかない。
軍艦岩に着いた時点で11時、カンピレーの滝まで片道約一時間。
つまりかなりギリギリのタイムトライアルなわけです。

舗装されてる道は最初の数メートルぐらいで、あとは岩と赤土の道を進んでいきます。
数十メートルで微妙に息があがって、私は内心「大丈夫か…これ」と不安になりましたが、しばらくしたら身体がペースを覚えてきて黙々と歩けました。

そしてやっぱり道はグッチャグチャにぬかるんでました。
私と妹は「長靴にしてよかったねええええ~!」と言い合いました。

ちなみに私は借りた長靴と持ってるバッグの色が偶然にも似ていて、コーディネイトされたかのようになっていました。

O04

妹は途中で山の神の力を得たような光に包まれていました。

Oki20

40分ほど歩いて、第一の景観ポイント、マリユドゥの滝へ。

Oki13

以前は滝つぼの近くまで行けたそうですが、事故が多発したせいで現在は立ち入り禁止。展望台から眺めるだけです。

もう少しここで休みたいとも思いましたが、タイムトライアルなので写真を撮ってさっさと出発。カンピレーの滝まであと15分です。

ジャングルなので陽があたる暑さはありませんが、湿気は多く汗がジワジワと流れてきます。でも妹に言わせると以前行った本島のガンガラーの谷のほうが湿気がすごくて「息もできないほどの湿気だった」とのこと。どんな湿気だよ。

持ってきたペットボトルの水を飲み、タオルを濡らして顔を拭く。こういうことができるので、飲み物はお茶よりも水をオススメします。

そうしてついにカンピレーの滝に着きました!!

Oki14

高さのある滝ではありませんが、とても広く岩場も開放感があります。
まさに「神の座」の名前にふさわしい場所です。
ここでお弁当を食べている先客さんもいましたが、私たちはさっさと戻らなくてはいけません。
ちなみにお弁当食べている外国人カップル(たぶんフランス人)にリュウキュウカラスがエサをねだっていました。
沖縄のカラスは小さくツヤツヤしてて、仕草もなんだか可愛い。関東のカラスのような攻撃性が感じられなくて妹は写真を何枚も撮っていました。

そして帰り道を黙々と歩く私たち。
行きでちょっとのんびりしたせいか、残り時間が微妙にヤバめ。自然と早足になるものの、ぬかるんだ道は歩きにくい。
そこで私は道の脇の岩のほうを選んで歩いてたのですが、ふいに足が滑って、ぬかるみの中に倒れてしまった!!!

しかしなんとか両手と両膝をつき、しりもちをつくことはまぬがれました。
しりもちついてないからセーフ!!と思い、私は立ち上がってまた歩きだしたのですが、後ろでその様子を見ていた妹は「なんで何事もなかったように歩きだしてんのーっ?!!」と爆笑。
どうもやっぱり全然セーフじゃなかったらしいです。
よく考えたら両手も両膝もバッグも泥だらけでセーフの要素皆無でした。
そして私も爆笑し、西表島のジャングルに私たちの笑いが響いたのでした───

そんなこんなでなんとか船のでる時間に間に合いました。
帰りの途中、浦内川で一番深い場所(水深15mらしい)の説明があり、なんでもそこは「犬の子三匹」と呼ばれているとのこと。

カワイイ名前~と思ったら、由来は川を渡るのに犬の子三匹を抱いていけないから、泳がせて渡らせてたら三匹一気にサメに喰われたという恐ろしいものでした。
浦内川は海水が混じっているので普通にサメも生息しているらしい…。本当に秘境…。

船着場に戻り、そこの水道で軽く両膝を洗い、大原港へ向かい、帰りのフェリーに乗る…。
ここまでがあっという間過ぎて、少し呆然となる…。さっきまでジャングルの中にいたのに、もうフェリーに乗ってる…このワープ感…。

そして石垣島に着いたら「うわあ~!都会~!」ってなりました。
石垣島に最初に行ったときは「やっぱり本島に比べるとすごくのどかだね~」とか言ってたのに西表島があまりにもネイチャーすぎたんで、石垣島でも大都会に見える。

「これさあ、西表島に住んでる人がいきなり東京とか行ったらどう感じるんだろうね」と妹。

それはともかく、またレンタカーを借り、今日のお宿へ。
今日はホテルは「石垣シーサイドホテル
安さと大浴場があることで選びました。

妹には「今日のホテルはちょっとショボめだからね」と言ったのですが、意外やかなりよかった!
建物はファミリー向けで時代を感じる佇まいでしたが、私たちの泊まったてぃーだ館はこの春にリニューアルしたばかりで、すごく清潔感があったし広かった。

窓の外は目の前が底地ビーチで、眺めは最高でした。

Oki22

夕飯は今回もホテルのビュッフェにしました。お安いホテルだしビュッフェも期待してなかったのですが、これがすごくよかった!(こればっかり)

メニューは沖縄料理もあるものの全体的にイタリアン寄りでオードブルが豊富なのが嬉しいし、妹的には大きなチーズの中をくり抜いて削ったパルミジャーノが食べ放題だったのがすっごくポイント高かったらしい。「これと生ハム食べ放題なだけで評価爆アゲ」と妹。

私はビーフストロガノフがめっちゃウメエ!と思ったし、オードブルもさりげなくレベル高くて満足でした。
呑み放題が1290円なのでそれにして、泡盛2杯とシークワーサーサワー1杯を呑みました。
ワインもあったけど頭痛くなりそうだったんでやめた…。

大浴場は大浴場というにはちょっとこじんまりだけど、部屋風呂より全然いいし、トレッキングあとの疲れた身体に染み渡る気持ちよさでした。

ホテルにオシャレささえ求めなければ、このホテルはかなりお値打ちだと思います。
部屋の清潔さ広さ、眺め。風呂、ビーチの近さ、食事など、値段のわりにはかなり高得点です。リーズナブルに行きたいという方にはここをオススメします!

そうして私たちは満足しつつ爆寝しました。

今回も星はあまり見えませんでしたが、もうどうでもよくなってきた…。

三日めに続く───



2016年10月20日 (木)

石垣 西表島旅行記 1日め

沖縄に行ってきました。

4月にも行ったのにまたかよ!と思われるかもしれませんが、ちゃうねん!4月のは取材旅行だけど今度のは遊びだし!今回は本島じゃなくて石垣島と西表島だし!などと言い訳も苦しい沖縄フリークの私と妹。今回で11回めの沖縄旅行です。

とはいえ、今回の旅行、もともとは妹のダンナが「いいなあ~俺も沖縄行きたい、秋に行こう~」と提案したものなのです。そして計画を進めてたのですが、ダンナのほうが諸々の事情で行けなくなってしまったのです。まだキャンセル料も発生しない時期だったし、言いだしっぺが行けなくなったなら計画じたいを中止すればいいものの、もうすでに私の心に沖縄旅行の火がついてしまってたので、妹とふたりで行くことになりました。

前置きなげえ!!!

前日、頑張って仕事を終わらせ、近年にしては珍しく日付が変わる前に床についた私。
しかしうっかり目覚ましをセットし忘れ、妹が迎えにくるギリギリまで寝てしまってました…。

すでに準備も万端で服もアイロンにかけてハンガーに吊るしてあったので、40秒で支度できました。しかしのっけからこんな感じで大丈夫か…?

とどこおりなく石垣空港へ到着。天気予報では雨でしたが、着いたときは雨も降っていなく、日差しが暑いというより熱いくらいでした。

今回は一泊めを西表島にしたので、そのままバスに乗って離島ターミナルへ。
石垣島から西表島まで約40分。
海も空も呆れるほど綺麗で、景色を観ていたらあっという間に着いてしまいました。

Oki01

ちょっと窓が曇ってたのでクリアな感じじゃないですが…。

西表島は初めてなのですが、予想以上の辺鄙さ!いくら秘境とはいえ、港まわりはもう少し栄えてるかと思ってましたが、本当になにもない!
徒歩一分の場所のレンタカー屋もものすごくこじんまりしてて、逆にカワイイ。
レンタカー屋のお兄さんはきっぱりと「西表島にコンビニはありません」と言い放ち、何か買いたかったらスーパーを利用してくださいと言う。確かにレンタカー屋の近くに、私が子供の頃にあったような小さなスーパーがある。でも手作りのお惣菜やお弁当やパンも売ってて、旅人のオアシス感ハンパない。

そしてお兄さんに再三「イリオモテヤマネコには気をつけてください」と念を押される。
なんでもいままで平均年に3件ほどのヤマネコの交通事故が今年はすでに6件も発生してるとのこと。
店内の壁には、ヤマネコの轢死体の写真をバーンと6枚載せた注意喚起のポスターが貼ってあり「ヤマネコちゃん血まみれええええええええ!!!」と内心でかなり動揺しました。
しかしこれぐらい強烈でないと気も引き締められないのかもしれません。

道路の脇にもひっきりなしにヤマネコ注意の看板があり、この島ではイリオモテヤマネコの命は人間よりも重い…!って感じでした。

車を運転してる妹もさすがに緊張し、スピードも40キロを超えないようにしていました。
「ヤマネコ轢いちゃったら一生背負う心の傷になっちゃうよ…」と妹。

さいわいヤマネコちゃんを轢くことはありませんでしたが、道の端でリュウキュウイノシシを発見!ちょっとこじんまりしたイノシシちゃんが、ふわっと佇んでいました。
野生のイノシシ自体見るのが初めてだったので妹と「うわああああっ」とかなり驚く。
本当に秘境なんだなと実感する。

それはともかく、まずは車で20分ほどの由布島へと行く。
西表島の観光といったらココ!と言うほど有名な場所です。

由布島じたいは本当に小さな島で、現在は島全体が植物園になっています。
そこへと続く遠浅の海を牛車で渡るのがハイライトです。

Oki02

けっこういっぺんにたくさん動いてる…。

船頭のおじさんは、途中で三線を弾いて沖縄の歌を歌ってくれます。

O07

帰りのおじさんは違う人だったのですが、その人の歌う「島唄」が正直かなりヘタで、妹は内心で「なんでそこ半音下がるのー?!」とツッコミが止まらなかったそうです。

三線が弾けても唄が上手いとは限らないのだなあ…。

植物園はマングローブ林あり、ブーゲンビリア園ありと自然を生かした見ごたえがありました。
でも私と妹が一番気に入ったのは蝶々園です。

Oki04

なんだか禍々しさを感じる看板…。

ぶっちゃけ温室のなかに熱帯植物と蝶を放し飼いにしてるだけなんですが、その雑さがちょっといい…。

Oki05

沖縄で一番有名な蝶、オオゴマダラ。

Oki06

この蝶の幼虫やサナギが隔離されもせずそのへんにいて、しげしげ見られるのがよかった。

金色に輝くオオゴマダラのサナギ。

Oki07

成虫は白黒の慎ましい色合いなのに、何故サナギだけこんなにど派手なのか…。

そしてオオゴマダラの成虫も、人間を恐れてなく、妹に大胆にたかってきました。

Oki08

妹とオオゴマダラのツーショット。ちなみにスマホの画面に映っているのは幼虫です。いちおう虫嫌いの人に配慮してみました。あんまり意味ないかもだけど…。

そして由布島を満喫して、また牛車に乗って帰りました。
そこで私たちは水牛の鳴き声が「モ~」ではなく「ほわっほええっほえあ~」って感じなことを知りました。同じ牛でもカウ系とバッファロー系でいろいろ違うとのこと。

車に戻り、ヤマネコを気にしつつ車を走らせ、本日のお宿「ホテルニラカナイ」に到着。

Oki09

車から降りるとつんざくような虫の声。たぶん蝉なんだろうけど、本土の蝉とはまったく違う「ジョワッジョワッジョワッ」と挑みかかるような鳴き声でした。
そういうとこも秘境感がある…。

ホテルの部屋はめっちゃシャレオツ!

Oki10

写ってるのはデイベッドと言って、普通に寝るのとは別のゴロ寝用のベッドです。
ここでのんびり寝転がりながら読書でもしたら最高って感じですが、着いた頃は西日がすごすぎて寝転がれませんでした。
バルコニーも広く、ソファーやテーブルもあり、ここでサンセットを見ながらお酒でも呑んだら最高って感じですが、西日が強くて(以下略)

とりあえず目の前のビーチに出てサンセットを眺める。

雲が多かったので太陽が水平線に沈むところは見られませんでしたが、雲には雲の表情があってそれはそれでよい。

Cu9vbeouiaaglnu

そして夕飯。
周りには食べられるような店も少ないので(ないわけではないらしいけど)ホテルのビュッフェにしました。

ビュッフェの写真ってどう撮ってもあまり美味しそうにならないけど、沖縄料理ありちょっとフレンチっぽい料理ありで大変美味しかった。

O06

すばらしいのが泡盛ステーションというプランで、1200円で7種の泡盛が飲み放題というもの。
セルフでサーバーから注げる!

Cu9zktavyaaxw99

「3杯飲めば元がとれます」とウェイターさんが言うので4杯飲みました。
それまで5日ほど禁酒してたので久しぶりの酒は本当に染み渡るように美味しかった。

しかし久しぶりなのでかなり酩酊してしまい、9時ごろ寝入ってしまう。

でも星のチェックしたさに夜中に起きて、何度もバルコニーを往復しました。

西表島といえば星空の美しさで知られており、私も大変楽しみにしていたのですが、その日の朝まで雨で雲も多く、また月もかなり丸くて明るかったので星はほとんど見られませんでした。

でも時間や雲の流れによって、奇跡のように星が見える一瞬もあったりするので、しつこくチェックしましたが、やっぱりダメでした…。
私はいつになったら離島で美しい星空が見られるんだ…。

しかし西表島の大自然は素晴らしく、星が見られないのを補って余りあるものでした。

そうして私はすぐ近くでする波の音を聞きながら眠りについたのでした…。

2日めに続く。







« 2016年8月 | トップページ | 2016年11月 »

パヤパヤメールフォーム

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック