« 19日のお仕事情報 | トップページ | 今年もありがとうございました »

2015年8月26日 (水)

京都に行ってきました

24日に京都に行ってきました。日帰りで。

友人の松本蜜柑が、週末に大阪に里帰りしてたのですが、帰るついでにどっかに立ち寄って観光しようかと思うんだけど一緒に行かないかと言ってきたのです。

私は最初、愛知のトヨタ博物館に行きたい、と思ったのですが、調べたら月曜日が休館。
その次にちょっと気になっていた、京都の月桂冠大倉記念館に照準を合わせました。
日帰りで行くには京都はちょっと遠いけど、うわばみ彼女の取材のつもりで行こう!と京都に決定しました。

小田原は本来こだましか停まらない駅ですが、日に数本、小田原に停まるひかりがあります。
これは西に行く小田原の人間にとっては、非常にありがたい存在。絶対に押さえなくては!と思い、3日前に駅で10時8分発の切符を買う。
しかしその時点ですでにE席は満席になっており、A席をとりました。ふー…危ないところだった…。やはり西に行く新幹線に乗るのに窓際じゃないとかありえないからな…。

そして24日。
これを乗り過ごしたらおしまいだ!という緊張感から、40分も前に駅に着いてしまう私。
小田原駅のホームは外国人観光客の人でいっぱいでした。
小田原は箱根の玄関口だからだと思うのですが、それにしても本当にここ数年、海外の人増えた。

そして出発。
私は新幹線に乗るのが大好きで、新幹線に乗ることじたいがもはや娯楽。
特に好きなのが浜松の、浜名湖を通過するあたり。
水の上を走ってるみたいな感覚で、思わず小さく「イエーッ」と口走ってしまう私。
そして木曽川や長良川のでかさに「やべえー」とか思いつつ見入ってたりするうちに、あっという間に京都に着きました。

京都駅で松本さんと合流。時間も12時だし「お昼食べようかー」と言うと「えっ。お昼食うんかい。私はすぐにそのなんとか記念館に行くと思って電車でパン食ってもうた」と松本。
全然計画の疎通ができていない私たち…。
「まあでもパン1個だし、食べられないこともないから食べよう」と松本さんが言うので、ネットで調べておいたレストランに向かう。

とりあえず今回は日帰りであまり時間がないので、味とかそういうのは二の次で、できるだけ移動時間の短いところを狙いました。
なので伊勢丹のレストランです。
市場小路という、眺めのいレストランです。
レストラン街からちょっとはずれた、妙に奥まったところにあるのと、ちょっとだけお高いせいか、お昼時だったのにさほど混んでなく、窓際の席に座れました。

Kyoto01

デデーン!京都タワー!
京都は建物の高さ制限があるらしく、ものすごい高低差のある東京のビル街と違い、まるでヘラで均したかのような景観。
そして全体的に昭和感の漂う雰囲気…。京都タワーも一周まわってレトロフューチャー感。
でもそれがなんかいい味。

Kyoto02

料理は、私はチキン南蛮御膳にしました。松本さんはあんまりたくさん食えないとか言ったわりにうな重御膳でした。
京都に来てチキン南蛮かい!ってツッコミがはいりそうですが、美味しそうだったから…。なんか京都っぽいおばんざいもあれこれ付いてるし…。
このチキン南蛮、タルタルに生卵が絡めてあって、すごい美味かった…。あと漬物がゆず風味で甘酸っぱくて美味かったし、生麩と湯葉のあんかけもダシが美味かった。
ていうか、えび天以外、すべて美味かった。

松本さんもあんかけを食べながら「ダシが美味いな~。東京はすべての料理が醤油汚染されてるからな」と呟く。「それは認める」と私。

そうして料理を完食し、大倉記念館へと向かう私たち。
近鉄線に乗り、桃山御陵前駅へ。途中、任天堂の本社が見えてテンションがあがる。

桃山御陵前駅から徒歩10分とのことで、歩きで向かいましたが、しっかり道に迷って結局タクシーに乗る。
私は稀代の方向音痴なのです。松本さんは自称「方向音痴じゃない」とのことで、地図とか松本さんに見てもらってましたが、私の方向音痴に巻き込まれてしまったモヨウ。

Kyoto03

月桂冠大倉記念館。
シブい建物!

入場料は300円とお安く、しかももれなく日本酒の小瓶がお土産についてくる!お得!
とはいえ館内はかなり小さく、あっという間に見てまわれる規模です。

Kyoto04

しかし建物の風情は最高!

Kyoto11

伏見の美味い水も飲み放題だぜ!!

館内を見終わると、3種類のお酒を試飲させてもらえます。

昔ながらの甘口の日本酒と、最近のニーズに合わせた辛口の日本酒と、梅から作ったプラムワインです。
それらはお土産コーナーで購入できます。
味は確かに最近のニーズに合わせたほうが好みだったのですが、昔ながらのほうのレトロな瓶が可愛くて、瓶ほしさにそっちのほうを買う。

このあたりは酒どころのせいか、近くにキザクラカッパカントリーというやはり見学のできる場所があったのですが、月曜は休館日でした。月曜休みのとこ多いよお。

そんなわけで大倉記念館はわりとあっという間に見終わりましたが、松本さんが「この近くに寺田屋があんで。ついでに見るかー」と言うので、そこへ向かいました。

寺田屋は、坂本龍馬が襲撃された旅籠。私たちは歴女でなく、むしろ私はかなり歴史に疎いですが、やっぱり有名な場所だし…。

Kyoto06

風情のある建物。この日は休館日だったので(またかよ!)中には入れませんでしたが、いい感じの写真が撮れたのでヨシです。
入り口近くの石碑に「坂本龍馬遭難の跡」と書かれていて軽く吹く。

そして京阪伏見桃山駅に行き、今回の旅のある意味メインである伏見稲荷へと向かいました。

Kyoto13

伏見稲荷は駅舎から朱色でいい感じ。

Kyoto14

参道のお店もシブい。うずらはともかく、すずめ…。満腹じゃなかったら食べてみたかった。

伏見稲荷は、外国人観光客が選ぶ人気観光地第1位に2年連続で選ばれたという場所で、とにかく本当にメッチャクチャ海外の人が多かった!!

とりあえず私たちの体力で全部観てまわれるような気がしないけど、千本鳥居だけは見ていかないと!

Kyoto15

ぞろぞろと鳥居の中を進む私たち。
鳥居のスキマから西日が差し込んで、内部をほわあっとオレンジ色に光らせている。
それがなんともいえず幻想的なムードでよかった。

千本鳥居と言っても実際は千本どころではなく五千本ほどあるらしい…。最初は人でぎゅうぎゅうだった鳥居内部も、先に進むにつれ人も減り、山深さと涼しさが増していく…。

Kyoto07

人の切れたところをすかさず記念撮影。

熊鷹社というところまで来たところで私たちの体力は尽き、自販機でスポドリを一気飲みして、本殿まで戻りました。
熊鷹社は池のほとりにあって、池には亀や鯉がダラ~ッと泳いでてなごみます。

Kyoto16

本殿に着くころには微妙にヘロヘロになっている私たち…。私はなんだか、かなり頭がかすんでいました。夏真っ盛りの時期よりちょっと涼しかったとはいえ、やっぱり京都暑い。

京都駅に戻り、帰りの新幹線の時間までダラダラしました。
京都に来て、アンコと抹茶ものを食べないわけにはいかないと思い、駅構内のカフェで抹茶パフェを食べる。

Kyoto12

うめえええええ……!
じつは現在糖質制限中で、ここ二ヶ月ほどろくに甘いものを食べていなかったせいで、脳にじんわりくる美味さでした。
ところで松本さんは稀代の偏食女で、アンコもきなこも食べられなくて、抹茶も好きではないという、京都グルメのしがいがない女です。
でも半透明のお菓子の見栄えが大好きで「味はあんまり好きじゃないけど…」と言いつつゼリーっぽいお菓子や飴をいくつも買っていました。

そんなことをしているうちに新幹線の時間になったので、車内にいろいろ食べ物を持ち込んで、飲み食いしながら帰途につきました。

とりあえず京都の日帰りは強行軍すぎたな!と思いました。
楽しかったけど。京都の爪の先ほどしか楽しんでない気がします。
といっても京都はどこへ行ってもみどころ満載で、観光の殿堂!!!って感じがします。

次に行くときは2泊ぐらいしたいなと思いました。













« 19日のお仕事情報 | トップページ | 今年もありがとうございました »

旅行、レジャー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 19日のお仕事情報 | トップページ | 今年もありがとうございました »

パヤパヤメールフォーム

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

最近のトラックバック