2018年8月10日 (金)

コミケの日にいろいろ届く

後藤羽矢子です。
ゴートのライブが終わってから猛然と自分の同人誌を作り、そのあと仕事して、今日はコミケの一般参加という嵐のような一週間でした。
贄町の感想も書きたいし、いろいろ更新もしないとですが、自分のコミケが終わるまでまだゴタつきそうです。
コミケの一般参加はADELTAさんのウウウルトラCの紹介本を買いたいのと、BLゲージャンルへんを回りたいのが目的でした。
去年初めて一般参加して、昼ぐらいに行けばわりかしスッと入れることを知ったので、一般参加へのハードルはぐっと下がっていました。
11時半ごろ現地に着いたら……新刊は完売していました。
ぬわあああああああああ!!!
甘くみすぎていた……。というかくろさわさん絶対ちょっとしか搬入しなかったでしょお!!
まあわかるけど!余って搬出するのやだし!
後日、通販するそうなので、そこで買うことにします…。
帰宅するとでかい荷物がふたつ届いていました。
ひとつはモジカ、ひとつは川玉ぬいと橋姫アクスタでした。
アクスタは5個セットで買っても、中身はランダムというなかなかの極悪仕様。
リーメントのミニチュアだってセットで買えばコンプできるというのに…。
まあいいや。
果たして開けてみると、玉森くん、博士、花澤、水上で水上がふたつもダブった…。
川瀬えええええええ!!
まあ玉森くんのところに川瀬がいるからそれで我慢しよう…。

そしてぬいぐるみ…。ぬいぐるみは強烈に場所をとるから、できるだけ買わないようにしてたんだけど川玉ペア仕様で来られたら、やっぱり…ねえ。

Img_4878

がわいい!
そして特典のSS…これがまたむっちゃ可愛い!!
内容は伏せますが、夫婦みがある…。川瀬の父性よ…。

そんなわけでコミケ疲れも癒された私でした。
自分の本番は明後日だけど。
拍手お返事。 おりたたんでます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年8月 7日 (火)

GOATBEDのライブ行ってきたー!(前置きがメチャクチャ長いです)

後藤羽矢子です。
8月4日、行ってきました!GOATBEDのライブ!
会場がサンリオピューロランドで、さらにサンリオとのコラボグッズまで出してしまうという、GOATBEDの歴史に残ること必至のライブ!
観る私たちの側も気合いがはいるというものです。
私は3年前に竹書房がコミケで販売した、キティちゃんがしまっちゃうおじさんに拉致されてるTシャツを着ていき

Djtqgljuyaaajij

Kさんは竹書房が去年コミケで出した、ポプテピピックとキティちゃんのコラボTを。

Poptepi001_fixw_640_hq

S女史はヘルシェイク矢野のTシャツ…ってだんだんサンリオ関係なくなってきて、Mさんは「みんなが変Tでキメてるから」と、ツモリチサトの小鳥柄のシャツを着てきましたが、それは普通に可愛いシャツでした。
そして私とKさんは物販が始まる11時にサンリオピューロランドへ。
サンリオじたいは好きだけど、あまり遊園地心がないんで、このライブがなかったら一生来ることもなかっただろうなあ…と妙に感慨に浸ってしまいました。
グッズはTシャツ、ポシェット、ぬいぐるみ、トート、メモ帳、シールで、ゴート的にもサンリオ的にもレア度が高すぎる…!特にサンリオナイズされた石井兄弟のイラストとか「これデザイン料とかどうだったんですかね~!」と妙に業界ズレした心配をしてしまうほど素晴らしいものでした。

グッズを買ったあとはせっかくチケットに入園料もはいってることだし…とピューロランドで遊んだんですが、ピューロランドって入園料だけで中のアトラクションは全部フリーなんですねー!
すごい!まあディズニーのような豪勢なライドとかではなく、デパートの屋上遊園地を進化させたような感じでしたがけっこう楽しかったです。
個人的にはぐでたまの卵を割るゲームが楽しかった。
あと短いショーやパレードをすごい小刻みでやってて、これも子供さんを飽きさせないための配慮なのかなと思ったりしました。
キテイちゃんのイルミネーションのショーが綺麗だったー!

Djzaligvaaenii

そしていよいよフェアリーランドシアターへ。
一歩踏み入れて、それだけで私たちは興奮の坩堝に呑みこまれました。
なんという異世界!!
舞台には、顔のついた大木や、キノコやおうち、おとぎの世界のようなセットがしつらえてあり、ここでゴートが歌うかと思うとわくわくが抑えられない!!
そしていったい石井さんはどんなお召し物でやってくるのか…。期待は高まります。
果たして開演すると、ツインドラムの北野さんとおかもとさんは、白いワンピースに、それぞれ毛先をピンクとブルーに染めてキキララナイズ。
石井氏は、このようないでたちでした。

Photo

私の似てない絵ですいませんが、ニュアンスだけでも感じ取ってもらえれば…。

最初は「あれ…?思ったより普通の格好…」と思ったんですが、よく見るとこれ赤いリボンにサロペットというキティちゃんアレンジなんですね!

MCによれば「あまりにも寄せすぎるのはベタ過ぎるから、わかる人にはわかる程度にちょっとだけ寄せた」とのことです。
いちおう全員サンリオ成分入れてるそうですが、ゆーじさんがなんなのかわからなかった…。
黒づくめで髪の毛立たせてたからバッドばつ丸かもしれないけど。
それはそうとライブは本当に最高だった!
今回は場所がピューロランドということで、明るめの曲をチョイスしたそうですが、すんごいドラマダ曲率の高さ!
BADEND曲以外の曲はほぼやった、ぐらいの勢いでした。
というかひっっっっさしぶりにSLIP ON THE PUMPSやったのでびっくりした。
あんまりやらないから封印したのかと思ってた。
そしてRADICAL MAT歌ってるときに、けろけろけろっぴとシナモロールが乱入してきて、歌う石井さんの傍らで踊りだしたので場内熱狂!
サンリオキャラとともにドラマダ曲ってどんなカオス?!
夢の国のお隣でキラルライブやったときも相当眩暈がしたけど、今回はヤク中の見る夢みたいな光景がひろがってて、本当にヤバかった。

ナチュラルにドラッグ体験ができるゴートのライブ…。
一部のトリでMUSK CAT歌ってるときにはキティさんが参上!キティさんは乙女のように石井さんの近くでオーディエンス。歌い終わると石井さんはキティさんに手を合わせて頭を下げていました。謎のノリ…。
ところで今回のお洋服、ニットのシャツは網のように目が粗くて薄い生地だったので、石井氏の乳首がスケスケでした。
1部が終わっての休憩時間に、私とKさんとMさんが石井氏の乳首が透けてたことに言及し、S女史だけが乳首に気づいてなかったらしく、2部では確認します!と言ってたのに、なんと2部ではニットの下にTシャツを着てしまい、乳首はガードされてしまっていたのでした…。
2部も素晴らしかった…。
BUNNY BLADEでは、うさぎ繋がりでぼんぼんりぼんちゃんが出てきて、エアギターを奏でたりしてめっちゃアゲアゲにしてくれたし、2部のRADICAL MATではキティちゃんとぽちゃっこさんが踊ってくれて息つく暇もないほどでした。
フェラリーランドシアター、音響もいいし、ツインドラムの臨場感がすごかった。
あと舞台が広いせいか、石井氏がキレのいいステップを踏んでくれました。最近お腰が悪いせいか、動きがおとなしめでしたが、久しぶりの活きのいい動きにこっちも嬉しくなりました。
そしてMCで次回のライブの告知と、なんとファンクラブの設立を発表!
もちろん私たちは全員入りました。
次回のライブは下北沢!偶然にもまたBLゲーオンリーと同日なので、またイベントの後にライブに行くという強行軍になってしまう…。どっちも行くけどね!
そんなわけで夏の忘れられない思い出になったライブでした。

| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

badegg新キャスト

後藤羽矢子です。
昨日はGOATBEDのライブで、そりゃーもう最高だったんだすけど、ライブに行ってる間にてんねん公式が更新されて、新キャストのサンプルボイスも出ていたようなので、今回は先にこっちを記事にします。
佐和さんのジャンさん…。サンプルボイスがまだひとつしかないので、これだけではなんとも言えませんが、元のジャンさんの物真似にならずに、佐和さんなりのジャンさんになってるのはいいと言えるのではないでしょうか。
アニメの声優変更もそうだけど、元の人のイメージが強いからといって、そっちに寄せていっても意味がないんだよね…。新しいイメージで拭っていこうとしないと…。
だからこそ次の人は大変なんだけどね…。
といっても私はたっつんのジャンさんを「拭う」気はなくて、前にも言いましたが、これはラキドとは別の世界線のもうひとつの物語で、そっちの世界では皆さんの声も違うというスタンスでいきます。

なので、badeggはあくまでもbadeggでこれからも「ラキド」とは表記しません。ラキドはラキド!badeggはbadegg!
大人げないかもしれませんが、これが私なりの受け入れ方なのです。
しかしそう考えると、ジュリオだけ同じなのが、世界を変えるためにタイムリープし続けてる人みたいですね。
「みんな変わってしまった…。ジャンさんも…でも俺は諦めない…何度繰り返すことになろうとも…」という台詞がゆっちょの声で再生されました。
そんなわけでラキステみたいなもんと思って、前向きに楽しもうと思います。
予約はもちろんステラワースです!
拍手お返事。おりたたんでます。

» 続きを読む

| | コメント (3)

2018年8月 2日 (木)

アレのアレな情報

後藤羽矢子です。
アレのアレを手に入れて、アレのアレな情報をゲットして、もうぐったりして死にそうなんですけど、いちおう更新いたします。
そして気持ちを落ちつけるためにもいろいろ吐き出したいと思います。
以下おりたたみー。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年7月26日 (木)

ブラッディチェインの狂ったシナリオ

後藤羽矢子です。
ブラチェに限らず、このテのゲームではレア度が高いほど絵のクオリティもあがっていくわけですが、星川伊月くんは☆3あたりでもけっこういい絵が多く、新しく入手したレポートは一目見て「おおっ」というほどいいものでした。

Photo

ナイトビーチ…夜の海辺でやるんだろうなというのはタイトルだけでわかります。
夜の海辺でしっとりイチャイチャ…などを想像してシナリオを解放してみたら…。
想像を絶する狂ったシナリオだったのです。
若者たちで海に遊びに行ったら、元アイドルの伊月くんは当然ビーチで注目を浴びてしまい…。他のメンバーの迷惑にならないよう、別荘に引っ込んでしまう伊月くん。
後ろめたさを感じた紫ちゃんは、ひと気のなくなった夜の海へと伊月くんを誘う…。
ここまでは予定調和という感じだったのですが…。
何故か突然ポケットから魚肉ソーセージを取り出す紫ちゃん。
ちぎって海にばらまくと魚が寄ってきて、伊月くんも面白がって喜びます。
しかし、魚肉ソーセージ、魚のエサ…。
私の脳裏に、一時期流行ったワグナスコラのこれが浮かびました。

1290426547025

まさか、魚肉ソーセージをケツに挿れて魚に食わす…なんて展開にはならねーよな…。いくらなんでも…。BLだし…。
戸惑いながらクリックしていると、当然ふたりはいいムードになり、エロエロし始め…。

ウワアアアアアアアアアア!!魚肉ソーセージを伊月くんのケツに挿れたあああああ!
しかもやっぱり魚に食わせてるうううううう!!!
ケツまわりを魚につつかれて、あんあんと悶える伊月くん…。
な…なんだよこれ!
あまりのことにキーボードに突っ伏すほど笑ってしまった私でした。
この爽やかなレポートの絵から、まさかこんな展開になるとは誰が思ったでしょうか。
まあブラチェはメインシナリオ以外は、基本ちょっとアホ寄りだったりするのですが、これは大概っていうか何か吹っ切れてない?
伊月くん自身のキャラがアレなのでライターの人も筆がすべってしまったのでしょうか。
とにかく本当に楽しかったので、これからのブラチェの狂気にさらに期待したいと思います。
拍手お返事。おりたたんでます、

» 続きを読む

| | コメント (0)

橋姫々のOP~

後藤羽矢子です。
橋姫々のOPもお披露目されましたね~!
新規の歌がくるとは思わなかった!
なんて贅沢なんだ…。
しかもこれもくろさわさんの作詞だし…いったいどれだけ働いてるんだ…!
最初に玉森くんが「どらまてぃっくくりえーと」と畏まって言うのがなんだかおかしくて可愛い。
ムービー綺麗なんだけど、めっちゃドラクリで作った感じ~!フィルムの素材重ねるのドラクリ好き過ぎない?!
あと後日談の絵をメイン素材に使ってるから、玉森くんが魅惑の受けになりすぎてる…。
橋姫初見の人がこのOPを観たあとゲーム始めたら、玉森くんの色気のなさに戸惑いそう。
そんな色気のない玉森くんが後日談で受けとして花開くのが醍醐味なんですけどね!!
ところでムービーのラストでADELTAのロゴの三角部分がいつもの赤から青になっていたけど、あれに意味はあるんだろうか…。くろさわさん含みいれるの好きだから、つい深読みしたくなってしまう…。
なんだかんだ言いつつ、すでにリピートが停まらない私。
水上がふわっと表情変えるとかいいねー!
あと二ヶ月…。Cool-BのSSや新作情報など舐ってたらあっという間ですね!

| | コメント (0)

2018年7月25日 (水)

ついに…!

後藤羽矢子です。
Cool-Bの予告ツイートにてとうとう次号Cool-Bでbadeggの発売日とキャストの発表があるとの告知が…!
出るのか…!いよいよ…!
もうあんまりにも蜃気楼のようになりすぎてて今年中は無理かもなーと、やや達観してたんですが、出るのか~…そうか…いよいよ…ホォォ…となんかえもいわれぬ不思議な気分になりました。
それにしても…全キャスト発表って…。
怖いよおおおおおおおおおお!!!

まあVita版のときもさんざんやきもきさせて、結局変更なしだったから、今回そう願いたいけどももし変更があったらBLゲーに関しては菩薩のように心の広い私でも阿修羅になるかもしれない。

平井さんと蒼井さんはいまもバリバリにBLやってるから(ていうかふたりともブラッディチェインに出てるな…)続投は間違いないと思うけど、他の人らがなあ…特にたっつん…。
9年という歳月は、声優さんの立ち位置を変えるのに充分な月日であるんだよなあ…。
もし変更があったら血涙を流しながらも、受け入れる覚悟はできていますが、本当に本当に全員続投を願いたい…!!
お願いします!神様!てんねん様!

| | コメント (0)

2018年7月21日 (土)

贄の町 笑男ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。
間が空きすぎて申し訳ないですが、笑男さんルートです。
見た目チャラ男で、ムードメーカーで、すぐにあすくに殴られて流血してるトホホポジションですが、この宿の住人が現世に帰りたくない理由を抱えているのは、もうわかっているので、果たしてどんな曰くが…と身構えながら始める私。

以下おりたたみー。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年7月19日 (木)

よしなしごととADELTAの新作

後藤羽矢子です。
更新が空いてすいません。繁忙期も一段落ついたのでそろそろせっせと感想とか書いていきたいです。
その間にADELTAの新作とか、橋姫々の特典とかいろいろあってわーっとなっておりました。
々はステラワースとワンダーグーで予約しました。水上推しのMさんは当然アニメイト狙いだったのですが、昨日の段階で品切れになっていて「えーっ!」となる。「立ち直れない…」とへこんでいたMさんでしたが、次の日には予約できるようになっていて一安心。
まあ刷り数の見込みのための予約ですもんね。
しかし、橋姫々の公式サイトの特典情報がいまだカミングスーンなのに、もうすでに予約難民が出かかる状態ってのもすげーな…。ツイッターやってない人だったら、完全に情弱になってしまいますよ!
そしてADELTAの新作…。ウウウルトラC!!!
うわ~!可愛い~!雰囲気めっちゃ好み~!
3組の固定カップルのオムニバスものらしいですが、これってあれかな。ラストに3組が勢ぞろいして共闘するみたいなドラクエ4みたいな流れくる?!
いや…あまりそういう期待を膨らませるのはやめよう…。
キャラクターたちはまだ名前とふわっとした属性しかわからない状態ですが、私の好みとしては鈴×史郎にいきそうな気配が…。

ところでキャラの名前は昭和の漫画・アニメ・ドラマの主人公クラスの名前を冠している──とのことですが、全然わかんねえぞ!!!
昭和って長すぎますやん…。
まあ舞台が昭和47年だからその前後あたりだと思うんですが…。
かろうじて明と正太郎は、デビルマンの明と鉄人28号の正太郎から来てるぐらいはわかるのですが、あとが全然わからん…。
主人公クラスといってるから、必ず主人公ってわけでもないんだよな…。
夜美はバビル2世のヨミかもしれないけど…。ていうか夜美くんのデザインはバビル2世の浩一くんぽいけど。
うーん…私年寄りだからかなり昔のアニメに精通してるつもりだったんですが、ダメダメですね。
まあそのうちくろさわさんが答えを出してくれると思います!
夏コミはこの設定資料集のために一般参加します!
ところで略称はくろさわさんが「ウウウ、ウルトラC、好きなように呼んでください」と言ってましたが、たぶん私はウルCっていうだろうなー。ウウウだとうめき声みたいだし…。
話はいきなり全然変わるんですが、ブラチェでちょっとクスっときたこと。
リビングのホワイトボードに平田さんが当選の願いをしたためた短冊の落書きをしていて、いいオッサンが可愛いねえと思ってたら

1410

その2分後にあっさりと刈安くんに消されてて、ブッフォ!となった。

1412

ていうか2分後にリビングの絵が切り替わるの初めて見た…。ログインしなおしたわけでもないのに…。
あと先日、窓辺にアンニュイに佇んでる黒崎さんをつついたら「夜か…熱燗が恋しいな…」とひとりごちていて、ええっ黒崎さん、ドヤりながら赤ワイン飲んでるイメージなのに熱燗が好きなんだ…!可愛い…!とますます黒埼さんが好きになった私でした。
これが窓辺にアンニュイに佇んでる黒崎さんです。

Photo

| | コメント (0)

2018年7月12日 (木)

贄の町 ココルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。
繁忙期に入って、川瀬の誕生日に何もできずに痛恨ですが、贄の感想はなんとか書きたいと思います。
そういえば他愛もない話ですが、贄の町はやってなく情報も全然入れてない松本さんに「いまやってるBLゲーってこれでさー」と絵を見せたところ「漫画家の絵みたいだね」と言うので、ちょっとびっくりしました。
「お目が高い!まさに絵師は漫画家の人です」と私が言うと「なんかイラスト専の人の絵と漫画家やってる人の絵って違うんだよねー」と松本さん。私には全然わかりませんが。
それはそれとして、まずはざっとしたあらすじを。
以下おりたたみー。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年7月 9日 (月)

贄の町 成臣ルート攻略

後藤羽矢子です。
残りCG二枚ぶんを埋めてから最後の攻略書こうとしたけど、どうしても埋まらない…。
位置的にルート以外のBADだと思うんだけど、このままじゃどんどん日が経ってしまうんで諦めて成臣ルートの攻略書きます。
ルート内のENDは達成してるはずなので。
以下おりたたみー。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年7月 6日 (金)

贄の町 あすくルート攻略

後藤羽矢子です。
贄の町あすくルート攻略です。
毎度の注釈ですが、自分がこのやり方で行ったというだけなので、他のやり方もあるかもしれません。
以下おりたたみー。

» 続きを読む

| | コメント (0)

ラキステ再演行ってきたー!

後藤羽矢子です。
ラキステの再演に行ってきました!
今回はジュリオルートというのでテンションも高くなるというものです!
しかし…舞台はよかったけど今回、箱がイマイチだったというか…。
今回はG列の真ん中あたりの席だったんですけど、けっこう私の前の人の頭がドーンと視界にあって、ここ千鳥配列じゃないんだなー。だったら私の後ろの人も私の頭が立ち塞がってるんたろうなー…仕方ないか…と諦めたものの、舞台の真ん中がほぼ見えず、キャストが端に来るときしか拝めないのがなかなかにストレスでした。とはいえラストのジュリジャンのキスシーンだけは絶対観たい!と首をニュッと伸ばして拝みました。

座席もシートが薄くてお尻が痛くなったし、次に再演があるときはシアターサンモールじゃないとこがいいな…。でも小さい劇場ってどこもこんな感じなのかな。
しかし舞台はよかったー!
じつをいうと前回の公演のときには、ジュリオに関して「CVがジュリオじゃない…」という気分が強かったのです。ビジュアルに関しては細くて長身で完璧にジュリオなのですが、ジャンさんが異様なほどジャンさん声なので、ジュリオの声が輝海さんの声であることに違和感があったのです。(すいません)
しかし今回で完全にジュリオになった!
ジュリオ可愛くてかっこよかったよお~!
笑いどころは、序盤のコーサノストラとしての生き方をジャンがジュリオに問うシーン。
「すいません…俺はソルダートなので…他の幹部ならジャンさんの望む答えを出せたと思うのですが…ごめんなさいお役に立てなくて…」としょんぼりしてたのに急に
あ、思い出しました」としれっと言うとこ。場内爆笑。
ここ原作だともっとさりげないのに、見事に笑いどころになってる…。
それとジャンさんが看守とやる回想シーン、それを見るジュリオのリアクションがより「はわわ…!」という感じになってて可愛かった!
あとイヴァンがどうも毎回一発芸をやらされてるらしく、今回は「プレゼントフォー肩幅っ!」とやって、ジャンさんが苦笑。この滑ってる感が見事にイヴァンを表現している…。

それとベルナルドがジャンを飲みに誘い、舞台の端にあるテーブルに向かうのですが、ジャンさんが「なあ、どれくらいで着くんだ?」と問うと「10歩ぐらいかな」と返すベルナルドにまた爆笑。
セットも前回とは少し変わってて、場面の切り替えもよりスムーズになってテンポよく楽しかったー。2時間ずっとガン見しっぱなしでした。
お話はベルナルドルートが基盤なのですが、ジュリオがジジイよりジャンさんを選ぶシーンを山場に持ってきて、ちゃんとラストシーンでLOVEになる下地も作ってくれます。
そしてラストシーン…。

バックのカーテンに十字架を映してちゃんと教会になってる。
そこでしゃがみこみながら花占いをしているジュリオ…。
「ジャンさんが好き…ジャンさんが嫌い…。ジャンさんが好き…ジャンさんが好き…」とやってる…。可愛すぎるだろ!!
そこへやってくるジャンさん。
「懐かしいなあ~」「そうですね…」
このへんは正直、原作やってないとちょっとわかりづらいと思うけど、ジャンさんの口にそっと飴を押し込むジュリオとか原作の萌えどころがすべて内包されてる…。
ふたりで向かい合うときの身長差…マジ原作どおりじゃんよお~。そしてゆっくりと重なる唇…。さらにジャンさんの肩に両手をまわしての後ろ抱き…。やばすぎ!!
そしてカーテンコール!今回もサービスたっぷり!キャストが舞台から引いて、ジャンさんとジュリオだけになって、ふたりで寄り添いながら退場するとことか、ありえないほど萌えた…。
そんなわけで今回も最高でした。
ジュリジャン推しではあるけど、やっぱり全ルート観たいな!
カテコでジュリオが「これからどんどんラキステの世界を広げていきたい」みたいなこと言ってたので、今後もありますよね。
次もチケットとれますように!

| | コメント (0)

2018年7月 5日 (木)

贄の町コンプ~

後藤羽矢子です。
贄の町とりあえずコンプ…。でもまだCGがふたつ埋まってない…。BADだと思うけど…。
最萌えはラストにやった成臣が持っていきました。
正直、かなりジュリオみを感じるキャラと関係性でしたが、だからこそと言いますか、おめおめと萌えてしまいました。
成臣ルートに盛大な地雷があると聞いていましたが、私としては許容範囲かなー…。でもダメだー!と言う人がいるのもわかる…。
あとどうでもいいけどこれエンディングっていうかスタッフロールでませんのん?
私は最初BADから拾って、そのまますぐにタイトル画面に行ってしまったので、ああこれは、HAPPY ENDにしかエンドロールないパターンねと思ったら、HAPPY ENDでもない…。
やっぱりエンドロールないと帰結感というか、なんか物足りない…。
OPムービーは曲も動画もイケてる感じなんで惜しい…。
別に曲はOPの使ってもいいからエンドロール欲しかった…。
とりあえずこれからラキステ行ってきますんで、明日にはあすくと成臣の攻略書いて、それから感想書きますー。

| | コメント (0)

«贄の町 笑男ルート攻略