2016年8月26日 (金)

スパダリの定義

後藤羽矢子です。

先日、松本さんとチャットでだらだら喋っていたら、松本さんがふいにこんなことを言い出しました。
「私「スパダリ」の認識だいぶ最近違ってきてることに気づいたわ」
「ほう」
「自分がこないだ描いたジョカゲのらくがきの、和服でゲタの鼻緒を直してあげる攻めっていうのに「スパダリだね」って言われて、ちょっとえってなって」

スパダリと言いますと私らなんかは、金持ちで美形でそして受けをメチャクチャに甘やかしてあげる存在──というイメージですが、昨今はそうでもなくなっている…という話なのです。

「その話、私もツイッターで見たことある。なんでも世の中不景気で、スパダリに対する要求というかハードルがだいぶ低くなってるって

不景気の波がこんなファンタジーの世界に押し寄せてるなんてしょっぱい話ですね。

「だから金持ちとかじゃなくても、包容力があって、なんだったらご飯作るのすごい上手いとかでスパダリになれる」

「しかしその定義じゃBLのほとんどの男がスパダリになれるよな~」
「そうやねん…」

ドラマダだと、ノイズがスパダリスパダリ言われてて、本当に完璧にスパダリの要素を満たしていますが、紅雀だってそこそこ金回りがいいし優しいしでスパダリだし、クリアも料理が上手でスパダリだし、蓮だって全能全知の包容力だしスパダリですよ!

「ミンクさんは…本編だとDVダンナだからちょっと違うけど、続編まで加えるとスパダリだよなあ…」と松本さん。
「でっかいキングサイズのベッドを買えなくても、DIYでベッドを作ってくれるなら、それはもうスパダリなんや…」

ちょっ!それ公式ちゃう!私の二次!!

まあでもミンクさんも充分スパダリですよ!大人の包容力!

そしてドラマダ以外の作品に目を向けてみると…。
シキさんは…スパダリじゃない気がする…。あれはスーパー攻め様だ…。

スパダリとスーパー攻め様の違いは「甘やかし」にあるような気がする…。
ケイスケも…ちょっとスパダリじゃないな…。ナノたんはアキラが包容する側だし、源泉とリンがスパダリ寄りかな…。
意外にスパダリ成分の低い咎狗…。だからこそ画期的であったんだけど。

Lamentoなら、ライは完璧にスパダリ、アサトも範囲内。バルドが…ちょっときわどいかな~。あのひと大人子供だから…。好きだけど。

スイプーは哲雄は非の打ち所のないスパダリ!!善弥と睦はBAD要員だから査定しません。姫谷は攻略キャラならスパダリ枠なんだけどな~。まあ姫谷は善弥専用スパダリみたいなもんだよね…。

メビウスラインだと、スパダリはぶっちぎりで時雨!
そういえば初めて時雨ルートやってたときに「なにこの…正統的な胸のときめき…」とやたらキュンとなったんですが、この正統的なときめきこそがスパダリ成分な気がする。

千家さんは…あの人もスーパー攻め様だな…。美形だし金持ちだし外面的な部分ではスパダリの条件を満たしてるけど…。でも千家さんはその「欠け感」がいいのだ。
舘林さんも…ちゃんとスパダリの条件満たしてるはずなのに、あんまスパダリって感じしない…。ちょっとボケ要素強いからか…?なんか公式に弄られ気味なキャラってスパダリ感薄くなりますよね…。

まあこれら全部私個人の感想ですので「舘林さんはスパダリです!!!」と言う方ももちろんいらっしゃると思います。

スパダリはそれぞれの心のなかにいるものなのですから…(いい感じっぽくまとめてみた)

| | コメント (0)

2016年8月20日 (土)

本気はまた今度!

後藤羽矢子です。

ニコ生「本気はまた今度!」を定時にコーヒー飲みつつ視聴。

前回の記事の予想どおり、ゲストの淵井さん、外郎さん、ゆーぽんさんは顔出しナシだったわけですが、その隠しざまが凄かった…!

ゆーぽんさんはサイン会のときにも被ってた猫の被り物。外郎さんは…正直、絶句した!

自画像の、ピンクのういろうを再現すべく、ピンクの紙を貼った段ボールで頭から胴体までをすっぽりと隠し、サイドに開けた穴から両手を出し、その両手も黒いシャツと動物の手袋で覆われ、完全にゆるキャラと化していました。

しかし、ゆーぽんさんの被り物が、ちゃんとプロが使うようにきちんとした造形のものなのに、外郎さんのは高校の文化祭的というか、そのギャップがじわじわくる…。

そして淵井さんはというと…。その場にいたのですが、カメラのフレームにはいってくることはなく、ノーパソのモニターから筆談で参加するという変化球。

かくして、その場の絵面がすごいことに…。

Cocolog_oekaki_2016_08_20_10_58

なんかスペースダンディとかに出てくるいろんな異星人が集まる酒場みてーじゃねーか!!しかも淵井さんは筆談参加でもかなり寡黙で、あたりさわりのないことしか言わないし、外郎さんはここまで体を覆い尽くしてさらに声出しまでNGの完全にゆるキャラ状態だし、すさまじいコミュニケーション不全空間になっていた…。

唯一、ゆーぽんさんだけが喋ってくれて、けっこう会話をクルクル進めてくれたので、なんとかなった…みたいな感じ…。

一時はどうなることかと思いましたが、むーさんとおがみさんのトークによりつつがなく進行していった…。

最初は今度、咎狗LamentoスイプーのWin10対応版が出るということで、3作品の紹介から始まったのですが、ムーさんがふっつ~にウィキのあらすじ読んでて吹いた!
しかもLamentoのあらすじ読んでて「逼迫」が読めなかったムーさん…。そしてコメントから「逼迫」のツッコミが。

キラルナイトの情報はパンフレットの描きおろしのチラ見せ!
正直これが一番有益な情報だった気がする…。
チラ見せは水玉コラみたいな感じが要所要所を隠していたのですが、ドラマダのイラストは何故かミンクさんだけどどーんと見えてて、そのミンクさんがえらい熱いというかアグレッシブな感じでちょっとブフッてなった…。そしてちょっとだけラゼルさんに見えた…(というコメントをいれたのは私です)

そしてキラルナイトでお送りする、ドラマパート、全作品クロスオーバーのチラ見せ…。
キラルカフェと違い、淵井さんがシナリオ書いてると、キャラ崩壊の心配はなさそうで安心…。
見せてもらったのは、アキラが異世界に飛ばされて、コノエと邂逅するとこまで。コノエが「お前こそなんだ。耳も尻尾も隠して…」みたいなこと言うのがムッチャ可愛い…!
なんというかキラルキャラ特有のマジレスのおかしみというか…。
あー早く声のついたやつが観たいよおおお…!

ここではムーさんとおがみさんが即興のアテレコをしてて、それはそれで面白かったけど。

そんな感じで、たまにでじたろう氏が乱入してきたり、いろいろカオスで面白かった…!

もちろん会社だから楽しいばっかりではないんだろうけど、このニトロのアットホーム感がなんか好きだなあ…。

そしてキラルナイトがいよいよ楽しみになってきたなー!!!

| | コメント (0)

2016年8月16日 (火)

ニコ生

後藤羽矢子です。

昨日、キラル公式から19日のニコ生はキラル特集で、淵井さん外郎さんゆーぽんさんがゲストで来るよ~との告知があり、光の早さでタイムシフト予約しました。

たぶん顔出しはせずに被り物とかしてくると思いますが、外郎さんはお絵かき配信でも、声出しすらしてなかったので、なんかすごく意外というかレア感が…!

まだ私がキラルのハマる以前(私は半年ぐらい遅く入ったので)淵井さんとたたなさんがネットラジオに出て咎狗の宣伝をしていた…という話は聞いたことがあるのですが、それ以降はほぼ公の場に出てくることのない淵井さんですので、声聞けるだけでもすげーワクワクする…!

ってなんかストーカーでみたいで私キモい…。

そんなわけで楽しみですが、でもたぶん新作の話はしないような気がする…!
なんかほんのちょっとだけチラ見せ…ぐらいはあるかもしれない…。
そう思っておこう…と最近予防線張るクセがついてしまってる私です。

拍手お返事。折りたたんでます。

» 続きを読む

| | コメント (1)

2016年8月12日 (金)

ご新規様に向けてLamentoの奨め

後藤羽矢子です。

いまニトロオンラインストアのランキング、廉価版Lamentoが1位になってますね。

嬉しい…。

私のように再購入の方もいるでしょうが、Lamentoのご新規様が増えてくださるのは大変嬉しい。もちろん咎狗やスイプーでもドラマダでもキラルに来てくださるならすべてが嬉しいですが、キラルのなかではLamentoは長さから二の足踏む人が多い印象なので…。

ここでもう一押ししたい私は、未プレイの方に向けてLamentoの布教をしたいと思います。

推しポイント その1

猫である

そんなこと言われなくてもわかってるよ!と思うかもしれませんが、なんというか本当に考え方や仕草がいろいろ猫なんですよ。もうここで100万回ぐらい言ってますが、どのキャラも若干ケダモノというか本能に忠実な部分があって、そのへんも、メンタル的にいろいろややこしい現代社会において、シンプルで気持ちいい。
あと、悪魔という猫じゃない人種の存在!
これが大きい。
これによって猫キャラたちは皆もれなく「可愛い猫ちゃん扱い」される。精悍なオスもオヤジも全員、悪魔側からすれば可愛い猫ちゃんなんです。
そりゃ私たちだってリアル猫ちゃんならどんなオッサン猫でも、ああん可愛いよお可愛いよおってなるでしょう?
つまりもう全員がもれなく可愛いんですよ!!!!

推しポイント その2

ヒーリング効果

とにかく音楽は、個人的にはいままでやったすべてのBLゲーのなかでダントツにいいと思ってます。
サントラとかマジで捨て曲一曲もないし。
だからプレイしてるだけでいい曲が勝手に耳に飛び込んできて、それだけで癒されるっていう寸法ですよ!
そして背景が基本森とか緑とかで、それも目から癒される。
プレイしてるだけでマイナスイオン浴びてるような気分になるのです。

そういえば友人が昔「北へ…」ってギャルゲプレイして、「北海道旅行して北海道の美味いもの食ってる気分になれて癒された」って言ってて、ギャルゲの意義は…と思ったもののそういう楽しみ方も充分アリだな!と思うわけです。
LamentoはBLゲーやりながら森林浴もできるお得さがあります!

推しポイント その3

わりとエロがエグい

ファンタジー要素強くて、清々しいイメージのあるLamentoですが、意外とエロは豊富。
伝家の宝刀、発情期を駆使したエロや、最高のNTRなどバリエーション豊かです。
あとこういう言い方はなんなんですが、いまは超メジャーレーターになったたたなさんの、ヨダレ鼻水垂らしまくりのエロ絵が拝めるというのも貴重なんではないでしょうか。

だいたいこんな感じ。

これで購買意欲がそそられたかはわからないですが、ちょっとでも興味持ってくだされば嬉しいな~みたいな…。

そういえば今年はLamento10周年になるんですね!
そんなわけでまたLamentoをガンガン推していきたいと思う私でした。

拍手お返事。おりたたんでます。

» 続きを読む

| | コメント (2)

2016年8月10日 (水)

そのままの意味

後藤羽矢子です。

キラルが、咎狗、Lamento、スイプーのWin10対応の廉価版だすよーんとのことですが。

3本とも予約しました

まあぐっとお安いし、やっぱりこの先もリプレイしたいし…私のパソはWin7で、あの怒涛のアップデート攻撃をなんとかかわしたものの、今後のことを考えればやっぱりWin10対応版は必要だなと思ったのです。

ていうかMさんはスイプーを買ったものの、いまのOSに対応してなく、プレイできるやり方をサポートに教えてもらったものの、手順の途中で頓挫してプレイできないまま…の状態なわけですが、もう諦めて10対応版買っちゃいなよ!と思ったりしている私です。

そして話はまったくガラッと変わるのですが。

BLゲーをやってると、異常なまでに出くわすやりとりがあります。

「それはどういう意味だ」
「そのままの意味だが?」


言い回しはいろいろ違えど、とにかく「そのままの意味」の使用頻度の高さ!

いやお約束といっていいほど頻出する表現ってありますよ。「噛みつくようなキス」とか。
でも「そのままの意味」ってそういうエロやラブのお約束でもないし、なんでこんなによく出てくるんだと昔から謎でした。

こういっちゃなんですが、けっこう不毛なやりとりっていうか、自分だったら使わないな…みたいな。漫画ってとにかく極限まで無駄を省くことが命題なので、このやりとりに1コマは使わないな…と思うのです。

もちろんこのやりとりのなかには
相手の主人公をケムに巻くスタイルだとか本心を明かさない感とかいろんなものが含まれてるからまったくの無駄だとは思いませんが。

しかしもはや気になりまくってますので、そのやりとりが出てくると「ハイーーー!!そのままの意味はいりましたーーーーーー!!」とつい心の中で叫んでしまう私でした。

好きとか嫌いとか最初に言い出したのは誰なのかしら~♪じゃないですが、「そのままの意味」を最初に使ったのはどのゲームなのか調べてみたい気持ちで一杯です。
いまから過去ゲーさらうのも大変だからやりませんが、今後「そのままの意味」に関してはチェックしていきたいと思います。

限りなく、わけわかんない作業ですが。

| | コメント (0)

2016年8月 7日 (日)

Cool-B9月号 感想ネタバレその他編

後藤羽矢子です。

今号のCool-Bはラキド特集に尽きましたが、そのほかにもいろいろ注目の記事が。
発売日過ぎてるので隠しません。ネタバレ回避の方はご注意を。

いま一番関心が高い、RoomNo9は、声優さんも発表。
大地のCVは天然才、誠二のCVは刺草ネトル…どっちもわからない…。

声優さんけっこう裏名変えるので、既知の声優さんで知らない裏名かもしれない…と思って「天然才 声優」でぐぐってみたものの、金田朋子ばかりがヒットしてしまう始末…。
刺草ネトル氏のほうは、兄ブランドのエロゲの主人公やってるとのことで、サンプルボイス聴きましたが、なんかイッちゃってる系の台詞ばっかりでヤバい!!

ウンコが便器から溢れそうだぞおお~~」ってどういう状況だよ!いやわかるけど…。
ていうかこのブランドスカ常備なのか…。RoomNo9にも大スカあるらしいし…。

少女に強制排便させていた役をやっていた人が今度強制排便させられる役をやるのか…。なんだか胸アツですね…。ちなみにこのエロゲ、絵師さんも名義は違うけど同じです。

私がやったなかで大スカがあったのはピルスラのマスカレードぐらいだった気がするけどRoomNo9ではどういう処理のされかたをするのか楽しみです。もちろん楽しみはそこだけじゃないですよ!!

それとまた新しいBLゲーブランドが!しかもホリワの暖簾分けで!
エロゲ絵師さんを引き連れてきて、ガッツリエロを売りにした総攻めゲーだそうです。
最近総攻めゲー増えてますねー。私は基本総受けのほうが好きですが、バリエーションが豊富なのはいいことだと思います。

キャラ絵は現在ラフしか出ていませんが、かなり男くさいデザイン…。正直なところこの状態ではあまりそそるものがない…。きちんとした状態の絵が出てから判断したいです。

あと最近手をまわす余裕のなかった18禁乙女のほうも、いろいろ本数増えてきてるー!
絵もすごくどれも上手いなあ…。
近々、チョイスしてみたいですが、どれにしようかなあ…。

そして次号予告には、やっぱりスロウダメージはない…。
こりゃ本格的なお披露目はキラルナイトかもなあ…。まさかティザーサイトオープンから10ヶ月も情報引っ張るとは思わなかったぜ!!

拍手お返事。折りたたんでます。遅くなってすいませんです。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年8月 4日 (木)

Cool-B 9月号感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

キラナイチケットとれましたあああああ!!!
嬉しいよおお…。
しかし今回ツイッターでサーチしてみたところ、落選って人はいないっぽい…。
とりあえずファンクラブ会員の人は全員チケットとれた…?
私も周りも全員取れてたのでよかったです。
しかし全員席バラバラ…。まあいいんですけど…。
最初とチケット取れさえすればいい!と思ってたのに、取れれば次はいい席だったらいいなと願ってしまう…。人間って欲深いですね。

そして話は変わりますが。

Cool-Bゲットー。
今回はぶっちゃけラキドの話しかしません!!

やっと再始動のbadegg!

とはいえ正式な発売日が決まったわけでなく、発売は17年予定。
お…おう…。

とはいえ発売日未定のまま宙に浮いた状態が長らく続いてたので、発売日予定があるだけでもなんだか感慨ぶかい…。

以下おりたたみー。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年8月 3日 (水)

貴方日記 総評

後藤羽矢子です。

貴方日記、すべてのENDを回収して、おまけシナリオも全部観てフルコンプ!

スチルが少なかったり、シナリオが若干ハンコだったりしますが、それはソシャゲからの移植ということで差し引けます。
全体的には満足の一作でした。

システムは音量が異常に小さいのと、画面がちょっと小さいのが難かなー。あとは概ね良好です。

ギャラリーにある着せ替えが地味におかしい…。作品中に出てきた服だけでなく、軍服や執事服やナースやセーラー服もあり、しかもサブキャラにまである…。しかもセーラー服やナース服もキャラにそぐったデザインで、いいこだわりです。

ギャラリーっていうから普通にイベントCGかと思ってこれが出てきたときにはコーヒー噴きそうになりました。

そして内容についてですが…。

以下おりたたみー。

» 続きを読む

| | コメント (3)

2016年8月 2日 (火)

貴方日記 神尾征司ルート 感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

貴方日記神尾征司ルートクリア。これでコンプなわけですが…。
えっ?!他のキャラのルート開かれないの?!!

意味深に貴裕に片思いしてた後輩くんや、陰ながら心配して見守ってくれてる幼なじみのルートは??!
ジャケ絵で彼らもはべらせてるから普通にルートあると思ってた…。

まあよく見たら、攻略キャラより色がくすんでて、それが攻略対象外アピールだったのか…。

うーん…幼なじみとかビジュアル的に一番好みだったんだけど…。
でも純粋に恋愛以外の情で結びついてる間係というのも好きだから、これもアリといえばアリ。

それはそうと神尾ルートです。

貴裕より8歳も年上の35歳。貴裕の上司でバリバリのエリート。貴裕にとっては尊敬の対象で、彼が無限伴侶と判明したときは、「神尾さんが無限伴侶なんて…マヂ無理…」状態の貴裕。

まあ刑部のときは「メチャクチャ嫌われてるしマヂ無理…」大輔のときは「弟のように想ってるしマヂ無理…」って感じでハードルはどのルートも高いんですが、確かに一番おとしにくいように感じる神尾さん。

果たしてどうやって恋愛にもっていくのか…。

以下おりたたみー。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年7月27日 (水)

貴方日記 由利大輔ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

貴方日記、由利大輔ルートコンプ。

どうも基本的なストーリーはどのルートも同じみたいですね。
しかし意外と退屈はしなかった。そしてこのルートはかなり萌えた!!

大輔くん可愛いよ…!それにしても由利大輔って音だけ聞くと百合大好きみたいで、なんか百合オタ漫画のキャラにありそうな名前ですよね…。
そんなことはどうだっていいんですが。

大輔くんは貴裕のイトコで、子供の頃からのおつきあい。やんちゃでワガママで、だけどナチュラル愛されキャラで、貴裕も弟のように可愛く思っている。

そんな彼が無限伴侶として夢にでてきたわけですから貴裕も愕然。
男ってだけじゃなく、家族のような存在であるわけですから、ハードルの高さも倍。

以下おりたたみー。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年7月25日 (月)

いとうかなこキラルオンリーワンマン行ってきた!

後藤羽矢子です。

行ってきました!Nitro+CHiRAL×いとうかなこワンマンライブ ~only CHiRAL songs~

いつもなら松本さんと一緒に行くのですが、「7月24日とか絶対夏コミの本できわきわになってると思うからたぶん無理だ…」と言って不参加。果たして本当にきわきわになっていました。

ぼっち参加でもいいかあ…と思ってたのですが、MさんとS女史が行くと言ってくれました。
でもこの二人、ドラマダしかやってないけどいいの…?と思いましたが、Mさんは紅蒼担、S女史はクリ蒼担なので、いいのかもしれない。

当日、新宿アニメイトで待ち合わせ。そこで色を自由に変えられるサイリウムを購入。

Mさんはその日の昼まで、家族と河口湖にいたそうで、正しい夏とオタな夏を一日で行き来しててある意味すごく夏を満喫してるな!と思いました。

箱はZirco Tokyo。わりと出来たばっかりのとこっぽい。
入場待ちしながら、ドリンク代いるだろうからいまのうち用意しとこ…細かいのあるかな…よし!なんとか500円あった!と思ったら「ドリンク代600円用意してくださーい
なにぃ!?

こないだのゴートのライブもドリンク代600円だったし、もうこれからは600円がデフォなの…?世知辛いでんな。まあいいけど…。

毎度チケット運が大変良いMさんが取ってくれたおかげで、整理番号は19番。
ちょっと端になりましたが、なんとか柵ゲット。「柵サイコー」といつものように柵を讃えあう。

前置き長すぎますね。すいません。

そして開演。
一曲目がいきなり謎の曲。
歌詞はなく「ラ~ラ~♪」とコーラスのみで歌うかなこ嬢。歌詞がないってことはなんかのBGMをアレンジした曲なんだろうか…。しかしわからない…。
チラリと場内を振り返ると、他のお客さんもみな微妙に困惑を隠せないご様子…。サイリウム何色にしたらええんや…感が伝わってきました。

あとのMCでネタバラシがあったのですが、この曲はかなこ嬢が今回のキラルワンマンのために作った、キラルをイメージした曲だそうです。
タイトルは「言葉にならない

LaLaLa…LaLaLa…ってそりゃ「言葉にできない」!

この曲をCDにして入場者に無料配布してくださったので、後でじっくり聴いてみたいと思います。ライブで聴いたときは「なんの曲だ?」で頭が一杯になってしまってたので…。

二曲めは「STIL」でホッとしてせいせいと盛り上がりました。
その次が「追憶の風」。この曲も好きだなあ…。
そしてアニメ曲を二曲ほど…。すいません。アニメのサントラ結局買わなかったんでそっち方面が微妙にうろい…。

そしてLamentoのターンに。
「伝承の詩-Vox-」のコーラスと「迷いの森」のコーラス。はLamentoのターンはじつにいい仕事してた…。かなこ嬢は他のゲームではしっとり担当が多いので、Lamentoの曲は数少ないアップな感じで気持ちよくノレました。
「讃えし闘いの詩」のあと、残りは「When The End」だけどどうするのかなあ…。デュエット曲だからパスされるのか、それともかなこ嬢ソロバージョンでもお披露目されるのか…と思ってたら、なんとワタナベカズヒロさんがきたあああああああああ!!!

わっと沸く場内!!私もまさかワタナベさんが来るとは夢にも思ってなかったのでびっくりしたー!!!
なんとワタナベさんはこの曲を歌うためだけに来たそうです。すごい…。
ワタナベさんは軽く今後のライブ予定などを告知していましたが、そのなかで新高円寺で25人限定のライブをやると言っていてあまりの限定っぷりに吹いた!!

そして歌いあげる「When The End」…!はあ…やっぱりこの曲はいい…。染み渡る…。

次はスイプーのターン…だけどもスイプーってボーカル曲は多いけどかなこ嬢担当は「Miracles may」だけだよなあ…。どうすんだろ…と思ってたら、スウ~っとスイプーのターンをスキップしてさらっと「Tears」が始まり、困惑が隠せない私…。
これは「Miracles may」をトリかアンコールに持ってくるのだろうか…。
「Immer Sie」「BY MY SIDE 」「Lullaby Blue 」と曲は続き、その後かなこ嬢のMC。
「ここまではちょっとBADの曲だったけど、次から幸せな曲だから」的なことを言い、そこで紅雀のことを「紅雀ちゃん」と呼んでたのがプチウケた!!

そして「Scarlet」と「Voyage Lucid 」
私これどっちもすごい好きで、作業用にかなりヘビロテしてる…。後でMさんに聞いたところによると「Scarlet」は紅蒼の披露宴の入場曲と呼ばれてるらしく、あまりに言いえて妙に吹いた。あまつさえMさんは「自分が結婚前だったら自分の披露宴に使いたかった」と言ってブホワッてなりました。でも本当にいい曲だからこれから結婚する人は使うといいんじゃないでしょうか。

そしてやっぱりトリは「Miracles may」でしたー!
ああ…この曲もやっぱり好きだなあ…。染みるわ…。
最後の曲といいつつ、当然アンコールがあるわけですが、そのアンコールの手拍子が最初異常なまでにハイテンポで場内から「早い!」「早い」って小さな声があがり、テンポがじょじょに調整されていくさまがなんとなくじわじわきました。

わりとすぐに出てきたかなこ嬢。

アンコールは「STIL」「Lamento」「Miracles may」の日本語バージョンというなかなか粋な構成。「Miracles may」の作詞は、淵井さんにキーワードをもらい、ロシアに行く飛行機のなかで一時間でできてしまったという小話がちょっと面白かった。
日本語バージョンはどれも内容掬ってて特にLamentoなんてヘタなあらすじより内容よくわかる!ラテン語バージョンももちろん好きだけど日本語バージョンの冒険譚アニメの主題歌みたいな雰囲気も好きだな!

そんなわけでとっても楽しめたライブでしたー!
かなこ嬢は今後もオンリーライブができるよういい曲出していきたいと言っていて、私もとことんついて行きたいな!と思った次第です。

| | コメント (0)

2016年7月22日 (金)

谷間

後藤羽矢子です。

ちょっと夏コミの新刊の入稿などしていて、貴方日記に触れていませんでした。昨日やっと入稿したので再開したのですが、由利大輔ルートでまたBLACK ENDから抜け出せない…。

おっかしいなあ…。ちゃんとGOODになるように考えてやってるんだけどなあ…。
しょうがないのでまた攻略見ることにします…。

明後日は、いとうかなこキラルオンリーワンマンに行きます!
そのレポもしっかり書きたいと思うので脳裏に焼きつけつつ楽しみたいと思います!

他にもRoomNo9の発売日が決まったとかbadeggが動き出しただの色々あるんですが、まずは貴方日記を頑張りたいです。

あ、ところでいま世間で一番熱いポケモンGoはやらないと思います。すさまじく時間泥棒になりそうな予感だし、考えてみたら私はポケモンに関するゲームを一度もしたことがなかった…。あ、いや遠い昔にポケットピカチュウは持ってましたが…。

あーキラルGoとかあったら廃人になるまでやるんだけどな…。ていうか来年のエイプリルネタでやってくんないかな…。
などとしょうもないことを考える私でした。

拍手お返事。おりたたんでます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2016年7月16日 (土)

貴方日記 刑部ルート感想ネタバレ

後藤羽矢子です。

とりあえずキラルナイトの先行抽選に申し込んだ…。どうか当たってますように!

それはそうと貴方日記です。

Cool-Bに載ってる絵を散見して「いい感じだな」と思うくらいで情報を全然入れてなかったから、主人公総攻めゲーということも知らなかった…。
でもこれぐらい未知な状態でプレイするのもなかなか乙なものでした。

システムは普通に快適ですが、なんか音量が異常なまでに小さいぞ!
PCのボリューム最大にしてもまだ小さいんですけど…。システム面に関してはそこだけが不満かな…。
ボイスはフルボイスではなくパートボイス。いままでやったゲームはフルボイスかボイス無しの両極でパートボイスって初めてなんですが、慣れるといちいちボイス聴かずにサクサク進められるのでいいかもしれません。

お話をざっとあらすじると。

ええとこのお坊ちゃんの久世貴裕は、12歳のときお父さんが突然の発狂、お母さんがその後自殺というヘヴィな過去を持ちながらも現在はエリートサラリーマン。
しかし彼には重大な秘密が。

それは他人の心が勝手に読めてしまう病気、フォリアを患っているということ。
その病気は華族に多く発症すると言われ、父親のその病気のせいで発狂したとのこと。
他人の心を読むことを「ローディング」と言い、自分でその能力をコントロールはできない。

発症したのは半年ほど前からで、他人の心がわかってしまう煩わしさと、発狂の恐怖にじんわりと怯える日々。
しかし祖父の書き残した手紙から「無限伴侶──あるとき夢のなかで自分に愛を囁く人物、その者と愛し合い、15年経つまでに真実の愛にたどり着けばフォリアは完治する。それができなかったら父親のように発狂する」という情報を得る。

そこから普通にキャラ選択でルートに入れるのですが、当たり前ですがそこにいるのは全員男で。
ノンケの貴裕さんは「なんで男なんだ…?」と愕然としたりします。そりゃそうだよね…。

とりあえずビジュアルと、ツンデレっぽい性格が可愛い感じだったので刑部くんを選択しました。

以下おりたたみー。

» 続きを読む

| | コメント (0)

キラルナイトー!!

後藤羽矢子です。

キラルナイトの詳細出ましたね!

まさかの怒涛の5時間ライブ!
でも以前にあったいとうかなこスーパープレミアムライブも5時間だったからどんとこい!みたいな気分です!

しかしもう漏らすほど楽しみだけど、もしチケット取れなかったら…と考えると不安で吐き気がしてくる…。
こないだキラルライブ落ちたから、ファンクラブはいってようが安穏としてられないと思うと…。
あー神様お願いです!どうか当選しますように…!といまから天に祈る私でした…。

ドラマパートもあるのかなあ…。こういうのが数少ない燃料だから、心して味わわないと…。
あー…もう楽しみすぎる気持ちと落ちたときの絶望の予感で心がユラユラするー!!

拍手お返事。折りたたんでます。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«マジョリ画